ダンジョンキーパー3

 過去ログを消してしまったので、なんとも言えないのだが、私はこのサイトを運営する上で、1億回くらい「ダンジョンキーパー3を熱望する」と言い続けてきた。(※心の声を含む)

 昔から来てくれている方が居たらきっと、またDK3の話してるよ!って思うところであろう。

 さて、サイトを再開するにあたって書いた

War for the over lord」について触れなければならない。

 このゲームは、私のようにDK3を熱望し続けた人間が、出ない事に絶望して、ついに有志で集まってDK3を作ってしまったという、ある意味完全なる「精神的後継作品」と言えるものである。

 そもそも、DK3を求める我々は、幾度かの絶望を味わっている。
 たとえば「DUNGEONS」である。ビジュアルはまさにDKなのだが、そのゲーム性は全く違うものだった。

 単体で見れば良いゲームかもしれないが、DK3を求める我々にとっては違ったのである。

続きを読む “ダンジョンキーパー3”