両者が同時ってどうだろう

2018/03/30

 デジタルTCGが増えて、今までアナログのカードゲームでは出来なかったルールが実現している。

 その最たるものが、ターンを超えてのダメージ持ちこしである。
 アナログのカードゲームでは、喰らったダメージを覚えている事などできないので、基本的にはターンエンドでダメージは一旦リセットされる。だが、デジタルでは、覚える必要が無いので蓄積される。

 ここらへんは、デジタルの強みである。

 半面、ファッティの意味合いが薄れるという問題もあるのだが、まあそれは置いておくとして・・・

 デジタルなんだし「先攻後攻の無いカードゲーム」というのも実現できるのではないだろうか。
 ボードゲーム全般において、先攻後攻のどちらが有利かというのは、どうしても出てきてしまう要素である。

 私は知らないだけかもしれないが、同時ターンというのは、デジタルなら実現できるのではないだろうか。

 ターン進行はこんな感じ

 1:召喚・詠唱フェイズ・・・順番などはなく、マナを消費して召喚した順に処理され画面に反映。
               スペルの仕様タイミングもここ。何かを詠唱した事が相手にも見える。効果は不明。
               ここでの処理は早い者勝ちで処理される。

 2:攻撃指定フェイズ・・・召喚したクリーチャーの攻撃orブロック宣言or何もしないの選択。
              対象を指定しての攻撃は不可。召喚ターンの攻撃も不可。
              詠唱完了しているスペルの対象指定等もここ。

 3:処理フェイズ・・・2で指定した行動を順に処理する。
            ブロック宣言だけクリーチャはフェイズ開始時に即時に反映される。
            クリーチャの攻撃やスペルは1のフェイズで処理された順で行動していく。
            つまり1のフェイズで先に出すと、相手に対策を打たれやすくなるが、先に動ける。
            逆にあとに出すと相手を見て対応できるが、このフェイズで行動で先にやられる可能性。

 

 こんな感じで、同時処理してターンを進行していく事もできるのではないだろうか。面白いかどうかは別として
 なんかカードゲームなのに、せわしなさそうに見えてしまう。

 

 ちなみに、同時ターンというと、どうしても思い浮かぶゲームが「ラングリッサーIII」である。
 SRPGなのだが同時ターン制を取り入れた意欲作である。
 味方と敵がお互いに移動目標地点を指定。指定がすべて完了すると、行動フェイズにうつって全ユニットが動き出す。

 接触すると戦闘になっていくというものなのだが・・・。
 「移動しようと思った場所に移動できずに敵にぶつかるストレス」が思いのほか激しく、ターン進行も冗長になってしまって、微妙だった記憶しかない。

 やはりゲームをやるとき、少なくとも自分の行動時は、「誰にも邪魔されず自由で なんというか 救われてなきゃあダメなんだ」ってヤツであろうか。

 そんなわけで、同時ターンはやっぱりだめかもしれない。

 

 天の神様

 こんなことわざを思い出しました。
「今のゲームは3つのステップに分かれている。第一段階がコイントス、第二段階がマリガンチェック、第三段階が先手1ターン目だ。」

 こんな風に先攻ゲーが極まることがありませんよう、父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

シャドウバースが・・・

2018/03/29

 シャドウバースを一時期やっていた。という話はしたと思う。最近ちょっとナーフが酷い。

 バハムートという最高コストのカードをナーフした。
 具体的にはスタッツの調整と、今まであったcipのフォロワーとアミュレット(場のエンチャントみたいなもの)全破壊の効果を、フォロワー全破壊のみに改めた。

 これによって、今まで成立しなかった準即死級のコンボが生まれてしまった。

 具体的には、カード2枚のコストを0にする最高コストカード(魔海の女王)があったのだが、今までこいつを経由してバハムートを出しても召喚酔いで攻撃できなかったところを、cipで速攻を与えるアミュレットと一緒に出せるようになったので、凶悪コンボが生まれてしまった。

 対応はどうしたかというと、この魔海の女王をゴミカードにするエラッタで乗り切った。

 バハムートも魔海も最高レアリティのカードであるにも関わらずだ。

 

続きを読む “シャドウバースが・・・”

サガスカの完全版?が出る

2018/03/28

 サガスカをプレイしてから、もうどれくらい経つだろうか。(思い出したり発売日をググるのが面倒という意味)

 なんだかんで言って、サガシリーズを待ち望んでいる者として、プレイせずには居られなかったのでプレイした。
 不思議なプレイフィールのゲームであった。

 最初の1~2週間は文字通り「狂ったように」熱狂し、プレイに没頭していた。

 が、あるとき・・・育成のために、ある敵と何度も戦う必要性が出てきた時に、突如として冷めた。
 ゲームの世界観にどうしても魅力を感じられなくなったのである。

 

続きを読む “サガスカの完全版?が出る”

ニューゲームしたい

2018/03/27

 大乱れ雪月花【咲乱】!
 あいさつ代わりに、一番好きなゲームの必殺技名を叫んでみた。

 ゲームで一番楽しい時期というのはどこらへんであろうか。個人的な感想としては以下のあたりである。

 「最初の四魔貴族を倒すあたりまで」
 「竜城ナーガプールから脱出するあたり」
 「とりあえず仲間が揃って、最初のシナリオ(たとえば不死鳥編)をクリアするあたり」
 「なんか洞窟もぐっていったらスカイツリーだったらしくて、崩壊した東京に降り立って新宿についたあたり」
 「リバーウッドのあいつらが実はブレイズだったことが分かり、アルドゥイン討伐に本格的に乗り出すあたり」

 というわけで、だいたいメインシナリオの進行度30%~55%くらいのあたりが一番楽しい気がする。
 そこを乗り越えて強くなってくると、だんだんパワーバランスが崩れて、敵を蹂躙していく傾向になってくる。上の例の4番目のゲームは別だが…。

 というわけで、ゲームを何度もニューゲームするのが好きである。
 その都度、条件をつけて自分でプレイしてみたりする。

 世の中に、縛りプレイのプレイレポだったり動画だったりをアップしている人は多数いる。
 だが、そういう目的ではなく、単純に楽しむために縛りプレイをする。

 これはある意味、色々なことで自分が試される。

 ルールを見張るものは何もない。自分自身で決めたことと、自分自身の矜持の戦いである。
 ある意味、審判の居ないスポーツであるゴルフとかと近いのかもしれない。

 全て自己が決定する。

 というわけで、e-sportとかいう言葉がはやっているが、やりこみプレイ、縛りプレイの類は、ある意味、紳士のe-sportsなのである。自分を見つめながらプレイしていくのである。

 ちなみに、やり込みプレイで難しいのが、最終的な目的の着地点をどうするかである。

 私も「超低BRでひな、はなを仲間に」という目標でラスレムをプレイしたことがある。狂ったように白沢を狩り続ける事になるのだが、BR34で目標を達成した後、プレイしなくなってしまった。まあ、このやり込みについては、ひな・はなを仲間にするのが目的だったので、ある意味のクリアと言えなくもないが・・・。

 つまるところ、ラスボスをどういう条件で倒すかという事と、途中の条件をどうするかを、最初に明確に決めておかないと上記のような事になってしまうので注意が必要だ。

 ちなみに、本気で研究しつくさないとできない系のやりこみをやっている方には頭の下がる思いである。
 最低歩数クリアとか。最低戦闘回数とか。

 最近、FF6の最低歩数とかの理論値が、シドタイマー持ち込みバグとかいう恐ろしいものが発見されて変わったというニュースを見て、ふとやりこみをまたやってみたいと思った次第である。

 

 天の神様
 久々にまた、ラスレムをやりたくなってしまいました。
 ラスレムまたリメイクとかされて注目されると嬉しいです。父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 

 えいめん!

 

危険なラーメン屋

2018/03/26

 芝大門地域に「帆のる」というラーメン屋がある。
 ハラールに適合するラーメンを出しているという、どこ向きなのか若干謎なラーメン屋である。

 鳥白湯のラーメンがウリの店なのだが、一度行ったが、なんだかあまり印象に残らない味だったのを覚えている。確かに美味しいのだが、あの辺りは個性の強烈なラーメン屋の激戦区なのである。
 この店が最近、危ない気がしている。

 まず、直近の場所に「麵屋 土竜」
 野菜もりもりのつけめんと、トマトとショウガのスープ割が美味く、女性客もつかんでいる。
 さらに、毎月29日は巨大な肉の塊がのるし、もともとボリュームもあるので男性客もつかんでいる。
 また、フラッグシップのメニューが1000円越えという高価格帯でありながら繁盛しているという、高収益の店である。かなり美味い。

 つぎに、鳥でキャラが被る「鳥ポタ thank」
 オシャレな内装と、ピクルスなどのテーブル調味料など、キャラが被っているのが致命的である。
 基本的には味を一言で言うと「オシャレな天下一品」。ドロドロ系の鳥ポタである。

 また、以前に紹介した「いづる」
 唯一無二の強烈な煮干しパワーで異彩を放つラーメン屋。服が臭くなる。美味しいのだが、痛風・高血圧・尿管結石への早道とも思える不健康系グルメの代表選手である。

 次に、大門交差点付近の「福気」
 王道から少し外れた家系スープのラーメン屋。味は非常に良いのと麺が美味い。接客のオバちゃんの愛想がとてもいい。

 大門交差点脇の雑居ビルを地下に入ったところにある「たかし家」
 ド王道の家系ラーメンである。

 また、その向かい側にある「壱角屋」
 家系原理主義者としては、企業資本のチェーン店が家系を名乗る傲慢に怒りを覚えるのと、家系を名乗っているくせに変なスープのバリエーションがあったり許せない面が多いが、カジュアルなチェーン店として客をおさえている。
 英語メニューの充実で、インバウンド需要も高い。

 さらにその並びにある「大勝軒」系列のつけ麺屋。名前は忘れた。ボリュームがすごい。
 大勝軒について無知な知り合いを連れて行って「腹減ってるなら大盛りにしたら?」と言って、その後強烈に恨まれたことがある。

 さらに同じ通りの逆サイド。
 「広島風汁なし担々麺のキング軒」
 強烈な花椒の味わいでシビれる。けっこう日々行列。

 

 ざっと出しただけでも、これだけの激戦区にあって、帆のるは、ちょっと無個性な「きれいな鳥白湯」を出している。
 しかも最近なんだか迷走していて、「豚骨はじめました」という謎アピールをしている。

 そもそも、ラーメンスープは数あれど、仕込みおよび、出汁ガラの廃棄などで最も手がかかる部類の豚骨を片手間に提供できるはずがない。客数もやや周りの店舗と比べて伸び悩んでいる。

 迷走して色々なスープに手を出した結果、強烈な個性のぶつかり合いのような激戦区にあって、無個性系の店舗として、埋もれ始めている。

 鳥白湯路線では、あの辺りでは個性としてやや弱いのが辛いところである。

 色々、芝大門地域のラーメン屋に行っている中で「今一番危ない店」だと個人的に感じている。
 チェーンなので、撤退したとしても他で食べられるが、食べるなら今のうちである。

 私はたぶんいかないけれど・・・。

 

 天の神様

 個人的に私が働いている近くに「パパパパインとかが出店してほしいな」と思っております。
 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

テレビでもAIAI

2018/03/25

 AIに奪われない仕事とは・・・的な話題が、教育現場においても、テレビなんかにおいても最近やたら語られるのだが、そんなもんを議論するよりも、AIを使ってどんな仕事をぶっ潰してやろうかを子供たちに考えさせた方が、建設的で面白いのではないだろうか。

 とりあえず先生結構危ない。
 授業という意味では、一部のカリスマ講師たちを使って多種多様な学習コンテンツを作り、それを適切に使っていくアダプティブラーニングのマネジメントをするAIが居れば良い。

 ただ、学級経営という意味では、以外にも必要になってくるのが、学生の暴走を抑止するための、暴力装置としての教師である。ただ、暴力装置として使うだけではもったいないので、当然ながら、カウンセリング的な面や、チューター的な面、ファシリテータ的な面を担ってもらう必要も出てくるであろう。

 ついでに、よく言われるのが、税理士なんかも危ないと言われている。

 個人的にAI化してほしいのは、マッサージである。
 こちらは、多種多様な施術データや、体のこわばりかたの情報などから、適切な施術を機械的に施すという意味で、ハードウェア的にもマッサージなら作りやすいであろうし、向いているのではないだろうか。

 それと、服を見ていると「よろしかったらご試着いたしますか?」とか声をかけてくるショップ店員もAI化&ロボット化である。

 そうなったら「いや結構、不要だ」と言えばすぐ片付くが、人間だと断りにくいという人もおるであろう。

 タクシー運転手と、美容師もAIでいいだろう。
 「今日お休みなんですか~?」とか話しかけて来られて、なんだか会話に苦労するであろう。

 AI化すれば、ここらへんも話を切りやすくなるし、さらに一歩進んで、自分の普段の検索履歴などが把握されて、それにあった話題を提供してくるとかできるはずである。

 

 と、ここまで書いて気づいたのだが、どうやら私は「コミュ障のケ」があるのかもしれない。

 天の神様

 AIAIと言葉ばかり先歩きしている現状、みなが一度冷静になりますよう父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

熟成肉について

2018/03/24

 なんか、どこもかしこも、肉を出している店は「熟成」という言葉をやたら使うようになった。
 適当に冷温で放置しているだけの実質「冷蔵」を「熟成」と表現していたり、ヤバいところになると、若干保存温度高めで「熟成」と言い張っている店もある。

 「熟成」という言葉に法令上の制限がないのと、適当な「熟成肉ブーム」のせいである。

 熟成肉と言っておけば、日の経った肉をありがたがって食ってくれるのだから素晴らしい話である。

 

 こんな事を言うと「熟成肉ポリス」扱いされてしまいそうだが、熟成肉というのは、いわゆるニューヨークスタイルのドライエイジングビーフを指すべきではないだろうか。

 風をあてながら余計な水分を飛ばして、表面にカビをつけたりするヤツであって、発酵のプロセスを含んでいる。
 カビをつけるあたり、「かつおぶしの仲間」と言えるかもしれない。
 専用の熟成庫が必要であるし、適切な微生物のバランスなどもあって、一朝一夕で作れるものではないという。

 ウルフギャングなんかが日本でも本物のドライエイジングビーフを食べられる店であるな。
 割と、肉に香りが出るので、ひとによって好みがあるというが、私は割と好きである。

 

 最近、肉を出している店はどいつもこいつも「熟成」とか言っている。
 ひどいところになると「霜降りの肉」に対して「熟成」というワードをあててきている。赤身を美味しく食べるための技術が熟成であって、実にとんちんかんな事になっている。

 このままいくと、いい感じに熟成というワードが拡大していって、豚やら鳥やらにまで飛び火し、果ては野菜にもつく日がやってきそうである。

 収穫後、じっくり熟成させた野菜のサラダみたいのを出す店が出てきたらどうしよう。
 レタスがしんなりして優しい口当たりに!とか・・・。

 まあ、干し野菜というジャンルはあるが・・・。

 

 ちなみに、同様のいい加減具合のものに「有機」というものがある。

 近所にある、いい加減な感じのオーガニック風食品屋で、有機の塩を見かけたことがある。
 有機塩ってそれもう「塩化ナトリウムじゃない」。

 

 そういうノリで「熟成塩」とか、よくわからない方向に拡大していって、最終的に陳腐化して、もともとのマトモなところだけが「熟成」のワードで生き残ることになるであろう。

 そして、今、とってつけたように「熟成」とか言ってる店は、そのうち何かあって「さばきたて!超新鮮」みたいのが流行ると、とってつけたように「新鮮肉」みたいな看板になるであろう。

 

 天の神様

 本当に美味しい赤身肉がもっと普及しますよう、父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

AI

2018/03/23

 最近、教育現場で良く語られる話にこんなものがある。

 今ある仕事のうち何割かは、AIによって取って代わられて失われる。

 

 AIの急速な発達によって、人間の仕事が奪われるというのである。
 愚かな考えである。

 何割とか言わずに、最終的には10割りに達したって良いのである。

 私個人の意見としては、
 AIにすべての職業が奪われ、働く必要がなくなった世の中で、哲学とかやっちゃいながら、ロボット同士の殺し合いをコロシアムで観戦。酒を飲みながら「いいぞー!ぶっ殺せー!」とかヤジを飛ばしながら暮らす。
 AIを奴隷として使いながら、原始共産制のような世の中で、ベーッシックインカムで生きていくというのも悪くないものである。

 完全に古代ローマである。

 そういう明るい未来をもっと子供たちに語ってやってほしいものである。

 

 とはいえ、今、単語として「AI」が大ブームである。学習教材においても、機械学習で色々なパターンを学んだAIが、生徒の学力に応じて、最適の出題をするなんていうものもある。

 まさにAIだらけである。

 

 そもそも、奴隷制に依拠した原始共産制というのは、ある種の理想社会である。
 だが、現代において奴隷制は許されない。

 そこを考えると、AIというのは非常に夢のあるテクノロジーである。

 あとはエネルギー問題が何とかなれば、明るい未来がやってくるであろう。

 

 天の神様

 スパルタクスみたいなAIが現れませんよう、父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

共産党は唯物なのか信心深いのか

2018/03/22

 三種の神器の承継など 国事行為にすべきでない

 と、共産党の志位委員長が言っておるらしい。
 まあ、共産党は唯物論と切っても切れない関係で、神仏を貴ぶような高尚な精神性は持ち合わせていないので、ある意味、ブレない対応であると言える。

 立派である。

 だが、ここで矛盾が一つある。

 彼らの主張である「三種の神器の承継をもって天皇の代替わりの証しとする儀式を国事行為として行うことは、憲法の国民主権の原則と両立しない」というものだ。

 言いたい事はなんとなくわかる。
 日本は王権神授説の国ではないし、天皇は国家元首であるが、主権は国民にある。
 だから、そんな儀式で国家元首の地位の継承が図られるのは、おかしいんじゃないか?国民主権なんだから、国民が承認するのが普通なんじゃないか?

 と、いうことだと解釈できる。

 だが、不幸なことにこの日本に住んでいる多くの日本人が、これらの伝統的な儀式、国事行為については、単純に過去からの慣例だったり、伝統的な行事だったりで、政治的な意味合いは持たないものであると認識して、割り切って考えている。

 つまり「全然気にしていない」

 ある意味、こんな国民たちの方こそ、天皇陛下が三種の神器を代々守り、日本における神道の長として、毎年の祭礼を執り行ってきている事など、気にもしていない。

 逆に共産党は違う。
 彼らは、国民主権というものが、因習に縛られた儀式によって脅かされている!

 この科学の時代において、カビの生えたような国事行為で国民主権が脅かされている!と、そうした行為を強く認識して嫌がっているのである。

 なんか、信心深くてかわいい連中である。

 本当に極まった唯物論であるならば、そんな視点ではなく「なんの意味もないバカバカしい儀式やめようぜ」という理屈になるはずである。

 そうなれないのは、彼らが心のどこかで信じているからである。

 あの行為に意味がある…と。

 だから、やめてはならない。

 

 天の神様

 共産党がこれからも面白くありますよう、父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 

 えいめん!

プレイ報告

2018/03/21

 昨年12月末からプレイをはじめたグラブルだが、苦節3か月。昨日、ランク101に到達した。

 これでやっとCLASS4ジョブの準備に取り掛かれるというものだ。

 

 まあまあ面白いストーリーなのだが、プレイしていて気にかかるところがある。
 最近追加された最新のストーリーではそんなことは無いのだが、初期の頃からあるストーリーは

 会話が進行 → 「ちっ!魔物どもが寄ってきた、話はあとだ、まずはこいつらを蹴散らすぞ」 → 会話の続き

 

 という、強引にバトルを挟む進行をしている。
 この強引さといったらかなりのもので、街であろうが、城であろうがこの展開である。

 城の部屋まで行く話になる → 城までの道中敵が出るから気を付けて → バトル → 会話の続き

 こんな流れや、もっとひどいと

 城のとある部屋から別の部屋に移動する流れ → なぜか魔物が寄ってきてバトル → 会話の続き

 

 この強引に挟んでくる流れが、なかなか良い味を出している。
 ゲームである以上、バトルを挟まないと!という義務感が漂っている。

 どんな状況、どんな環境においても、魔物が集まってきてバトルになるのである。

 最近は逆に開き直ったのか、会話だけで進行して全然バトルがないイベントがザラにある。
 読む派の人にとっても、スキップ派の人にとっても優しい仕様である。

 ちなみに、私は読む派である。

 天の神様

 銀天の輝きが速く集まりますよう、父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!