黒歴史ノートの分類

2018/3/4

 けっこう前なのだが、道で黒歴史ノートを拾ったことがある。
 拾ってパラパラとめくったあと、可愛そうだから道の端っこにまた投げ捨てておいた。

 さて、黒歴史ノートには、いくつかの種類があると思う。
 諸君らも、覚えがあると思うし、私も覚えがないわけでもない。

 己の記憶の傷をえぐりながら、それらを改めて分類していきたい。

[1:痛い創作ノート系] 危険度:★☆☆☆☆
 いわゆる、ラノベとかに触れて触発されちゃった系の痛い創作ノートである。
 漫画の場合もあれば、イラスト+キャラ設定の場合もあれば、ストーリーがあるケースもある。
 漫画が描いてあるケースは割と少数である。
 敵が神だったり、堕天使が良い奴らだったりする。(別にバスタードをディスっているわけではない。)

[2:ひたすらキャラ設定系] 危険度:★★☆☆☆
 1とほぼ近いが、物語があまり無いものが該当する。
 ただただ自分が格好良いと思うものを書いていっているだけなので「枕草子」に近いかもしれない。
 「武器は日本刀、やうやう強くなりたる魔力は少し邪悪で・・・」

[3:ゲーム系] 危険度:★★★☆☆
 ノートを使った自分オリジナルのアナログゲームを展開しているケース。
 利発でコミュニケーション力に長ける明るい子は、これを使ってクラスのみなを楽しませ、黒歴史とはならない。
 一方、楽しませてもらう側でありつつも、その姿に憧れ、自分もそうなりたいと思い、作ってみたが、誰かにやらせる勇気もなく、自分で作って自分でソロプレイしている独りよがりなスタイルの陰キャの描いたものは黒歴史となる。
 自分で作って自分でやるため、成功判定系がガバガバ。ていうかお手盛り。
 なぜか格ゲー寄りの場合、コマンドが書かれていたりする。(別にバスタードをディスっているわけではない。)

[4:自分についての設定] 危険度:★★★★★
 堕天使の生まれ変わりだったり、天使と堕天使のハーフの生まれ変わりだったりする事に気が付いてしまった人が書きがち。1・2と似ているが、異なる点としては、「自分の設定である」という点である。
 多くの場合「ダークヒーロー」である。「公明正大な光の善神の生まれ変わり」とかはあまり居ない。

[5:お互いについての設定を共有しているケース] 危険度:★★★★★
 2人以上において4を共有しているケース。
 交換日記的に、お互いの前世であった出来事が赤裸々に綴られていたりする。世界を救った代償に命を失って、現代に転生していたりする。
 二人はソウルメイトだったりする。前世で結ばれていたりする。お兄ちゃんどいて!そいつ殺せない!
 ムーの投稿欄とかで仲間を探してそう。

[6:エロ絵と設定] 危険度:★★★★☆
 色ボケした陰キャラがやってしまいがちな過ち。萌え絵での自給自足を目指す第一歩。
 むっつりスケベが極まったものである。
 ただし、ここから突き詰めていって大成する者もいるのであなどれない。
 しかしながら、この路線に進む者の78%程度は、深刻な「ファッションロリコン」や「ファッションサディスト」になる傾向が強い。
 ロリに対する嗜虐趣味というダーク感が中二心を刺激するのである。本当はおっぱい好きなくせに

[番外:教室にテロリストが来る妄想]
 男子学生の98%程度が授業中に抱いている妄想。
 最初のひとりさえ不意打ちでなんとかして武器を奪えば、それで戦えると思っている。
 

 という具合に、黒歴史ノートにもいろいろあるのである。
 書いてて心にダメージを受けたが・・・

 これを読んだ皆は、どのタイプだったであろうか。
 過去を振り返って、心の痛みを味わおう。

 天の神様

 世間の人々が、黒歴史と言って、苦々しい顔で思い出を振り返れますよう、父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。えいめん!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。