プレイ報告

2018/03/21

 昨年12月末からプレイをはじめたグラブルだが、苦節3か月。昨日、ランク101に到達した。

 これでやっとCLASS4ジョブの準備に取り掛かれるというものだ。

 

 まあまあ面白いストーリーなのだが、プレイしていて気にかかるところがある。
 最近追加された最新のストーリーではそんなことは無いのだが、初期の頃からあるストーリーは

 会話が進行 → 「ちっ!魔物どもが寄ってきた、話はあとだ、まずはこいつらを蹴散らすぞ」 → 会話の続き

 

 という、強引にバトルを挟む進行をしている。
 この強引さといったらかなりのもので、街であろうが、城であろうがこの展開である。

 城の部屋まで行く話になる → 城までの道中敵が出るから気を付けて → バトル → 会話の続き

 こんな流れや、もっとひどいと

 城のとある部屋から別の部屋に移動する流れ → なぜか魔物が寄ってきてバトル → 会話の続き

 

 この強引に挟んでくる流れが、なかなか良い味を出している。
 ゲームである以上、バトルを挟まないと!という義務感が漂っている。

 どんな状況、どんな環境においても、魔物が集まってきてバトルになるのである。

 最近は逆に開き直ったのか、会話だけで進行して全然バトルがないイベントがザラにある。
 読む派の人にとっても、スキップ派の人にとっても優しい仕様である。

 ちなみに、私は読む派である。

 天の神様

 銀天の輝きが速く集まりますよう、父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!