e-sportsの難点

2018/04/02

 e-sportsには、良く知られている難点が1つだけある。ルールである。

 わかりやすく、将棋で言うとどういうことなのかでたとえてみた。

 

 【アップデート内容 2018/4/2】
 先手番の勝率が高い事を調整する為、以下の調整を行います。
 ・先手側は、飛車・角を奪い、持ち駒として盤上の任意の箇所に打ち込む場合、その試合中最初の場合に限り、追加コストとして、任意の手ごま1枚を対戦相手に渡す必要があります。

 ・銀の動きが意図していたものより強力になっている為、敵陣に入り込んだ際の「成」の機能を削除いたしました。

 ・3月の試合結果のうち、振り飛車を用いた戦型の勝率が、他の戦型より高くなっており、運営チームはこれを適正な範囲を超える値であると考えます。
  この状況を是正するため、初期配置されている歩のうち、5七の歩の位置を、一段下げた5八の位置とします。

 ・本日のアップデートより、新規駒「戦象」および「破城槌」を追加いたしました。
  戦象は、前方の3コマにしか進めない代わりに、金・銀・飛車・角・王以外のコマからのダメージを無効化します。
  破城槌は、手ごまの飛車を打ち込む際、追加コストとして自分の盤上の香車・桂馬を各1枚消費(対戦相手に渡す)する事で飛車が変化します。
  動きとしては、前方にのみ何マスでも移動でき、取った相手コマを中心として3×3の範囲の対戦相手のコマおよび、破城槌自身をゲームから除外します。

 ・王の性能調整
  環境の変化により、王の奪われやすさが上がっている事から、王の性能の上方修正を行いました。
  これまでの移動範囲に加えて、斜め後ろおよび後方については、何マスでも進むことができます。

 

続きを読む “e-sportsの難点”