ipv4から変わらない

2018/04/05

 回線速度は相変わらず1Mを切ったりする。

 とりあえず、現在BBユニットレンタルを申し込んでおり、BBユニット+新しく買ったルータをAPモードで接続の道を選ぼうとしている。

 BBユニットはもう発送したとなっているが、契約情報を見てもipv4+pppoeから変わらない状態が続いていて、早く何とかしてほしい次第である。

 

 さて、本日はテレビで妙な番組をやっていた。
 海外の変な寿司やテンプラ店に、日本人のその道のプロを潜入させて、成敗してスッキリみたいな番組である。

 ちなみに、海外のアレンジされた寿司だったりにケチをつける江戸前握りずし原理主義者のような面倒な連中のことを一般的に、海外では「sushi police」と呼んでいる。

 同種に「pizza police」がある。

 

 

 そもそも、食の多様性や、文化の融合による新しい価値創出のダイバーシティを認めない姿勢が、番組の作り手の古臭さを如実に表している。
 公共の電波を使って、恥ずかしげもなくsushi policeをやっちゃうあたり、何とも残念な次第である。

 食べ物は行く先々で変化する。たとえば、ラーメン。長い時を経て、すでに「日式拉麺」という名で、中国でも認知されている。
 それからカレー。インドで生まれて、大英帝国つながりで、イギリス人によって欧風カレーになって、日本に入ってきて金沢で金沢カレーになり、北海道でスープカレーになりと、独自の進化を遂げている。もはやインドカレーの面影はない。

 最たるものはピザである。ナポリピザがアメリカ経由でアメリカンなピザになって、さらにそいつが日本に入って、ネギやらプルコギやら、マヨネーズやらコーンやらツナやらが乗って謎の食べ物になってきている。

 が、これもまたピザである。進化である。

 どうせだったら、本物のピザ職人つれてきて、ネギとかプルコギとか載せてるようなピザ店に突撃して、こんなんピザじゃねぇ!という烙印を押して笑うという方が、実物が身近にあって面白かったのではないだろうか。スポンサーとか考えるとムリだがな。

 

 天の神様

 皆がお互いの価値観を認め合えますよう、父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。