爆死マギア

2018/4/28

 クロノマギアという、ガンホーの当たらなそうなカードゲームが、やっぱり当たらずに大爆死。お通夜状態になっている。
 様子を見て、面白そうならプレイしてみようかと思っていたが、スルー安定である。

 爆死の原因は、色々あるだろうが・・・そもそものパック配布の渋さと、パックの高さと、その他もろもろ・・・

 ググると色々出てくると思うが、
 チュートリアルクリアでもらえるのが1パック。
 1パックが高い&枚数少ない。
 デジタルTCGで当たり前の、分解・生成のレートが異常にキツい上に、生成用の粉が属性別。
 マスターがアンロック要素。しかもアンロックに粉を使う。

 

 当たる要素が皆無である。
 仮に1~2万課金しても、マトモなデッキは組めないというのが大方の見方である。

 もっとも、TCGにおいて、たとえば「パララクス補充」みたいな超絶金満デッキが存在し、そこに金を投じる人が居るのは事実である。 

 だが、大部分はカジュアルプレイヤであるし、トーナメントレベルのプレイヤであっても、そこまでの金満デッキを組むとは限らないわけである。

 

 それが・・・始まったばかりのデジタルTCGが、そこまで強気な価格設定。
 先輩ゲーム達を見て、何を考え、何を学んだのか謎である。

 

 だが、逆に考えてほしい!

 ひょっとしたら、逆転の発想なのかもしれない。

 TCGを始めたころ、お互いにメタゲームとか解らず、そもそも強いデッキレシピも知らないし、カード資産もなく、一生懸命考えて組んだデッキ同士で、友達と対戦した事があるだろうか?
 色が足りなくて、無理くり基本土地で2色とか。

 たまたま手に入れたフィニッシャー級の強力ファッティを使いたくて、タッチカラーを入れるとか。

 この上なく楽しい体験ではないだろうか。

 だが、普通これは長く続かない。
 少しずつカード資産も知識も増えて、テンプレデッキを組めるようになり、それを回すようになってくると、この時代は終わりである。

 あの頃の楽しさがずっと続けば・・・

 

 そう、クロノマギアならね。

 

 という事ではないだろうか。マトモに数万課金した程度では、デッキが組めないようにしておけば、皆ありあわせの自前カードで工夫したカジュアルデッキで戦う環境にできる。

 そういう事なのではないだろうか。

 デッキのテンプレートがあり、メタゲームがあり、それにのっとってデッキビルドするという当たり前の常識。これが違うのである。

 何もかも無いなかで、ありあわせで作ったデッキで戦う楽しさを提供しよう!

 e-sportsなんかとは対極を行く、地元の友達との初心者同士対戦を目指したゲームなのかもしれない。

 

 天の神様

 ガンホーサイコーマンクルポであります。
 これからも、マンクルポなゲームを出していきますよう、父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 

 えいめん!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。