ドラゴンボールが金になる

2018/04/29

 ドラゴンボールが金になるという事を発見した点において、ドラゴンボールコラボという企画をやったパズドラの功績は捨て置くことができないものであろう。

 かつて、ガンホーは明らかにオッサン層を狙って「北斗オンライン」をやって失敗している。

 しかしながら、同じオッサン層を狙ったとき、短時間でプレイできるソシャゲというのは、比較的有効だった。

 

 一般的な萌えオタからすると、ドラゴンボールコラボガチャの魅力はサッパリ分からない。
 孫悟空のたくましい胸筋よりは、たゆんたゆんの可愛い子のおっぱいを装備した売女のような恰好をしたSSRレアキャラが必要であるというのは、作り手側からしても当たり前の意識だったはずだ。

 だが、実は静かにプレイを続けていたオッサン達の心は惹きつけられた。

 ドラゴンボールコラボは大成功となる。

 

 そして、この成功により「ドラゴンボールは金になる」ということが分かったのであろう。
 ドッカンテーブルで有名なアレだけではなく、他にもドラゴンボールのゲームが出てきている。

 

 昔からのゲーマーにしてみると「原作が漫画のゲームは9割がたクソゲー」というイメージがどうしてもある。
 ただそれは、コンシューマの話であり、ソシャゲには大いに向いていたようである。

 

 電車の中でドッカンとかやってる人を観察していると、設定したであろう顧客のペルソナがなんとなく見えてきた。

 30台後半~50台

 MMOをやる時間は無い。
 ゲームは好き。
 でも新しい事にチャレンジする気力があまりない。(日本社会における仕事のストレスの闇!)
 金はまあまあある。
 →短時間で気軽にできて、知ってるキャラで安心なもの。

 

 まさにぴったりである。

 

 今雨後の筍のように、オッサン向けっぽいものが出てきつつある。

 

 なんだか、ジャンプ系ゲームというと、ファミコンジャンプみたいな壮絶なクソゲーを想起させられるところだが、頑張ってほしいものである。

 

 天の神様

 オッサンたちを奪い合うゲーム業界に幸多かれと
 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 

 えいめん!

ドラゴンボールが金になる」への2件のフィードバック

  1. ソシャゲの大成功、特に、FGOのヒットから各企業が学んだことは、「IPだいじに」コレだと思います。ソシャゲから成功したグラブルは、新規展開としてコンシューマのアクションゲーを出しますし、コンシューマからソシャゲ展開に踏み切ったドラクエ、FF、スターオーシャン等も、継続可能な事業を持っています。これはソシャゲが集金装置であるという悲しさが前面に出ていることを指しますが、コンシューマの新作や、1/1スケール瑞雲を見るために、各信者が投資し、その恩恵を投資者が受けられるなら、これは健全な経済活動な気がします。
    この流れでおかしな部分があるとすれば、破綻する事が分かりきっているソシャゲ運営に投資し続け、尚且野郎に媚びたイラストに煽られるプレイヤであることは明白。ってか日本人ギャンブルに弱すぎだろっ、課金してごめんなさいまた召喚石外しましたっ!

    1. ウリエルほしかったね。よしよし。

      グラブルの課金は、沼が深すぎて、仮に課金するならサプチケかスターレジェンドじゃないと怖くてできないところである。
      IPを大事にはまさにその通りで、大事にしなかった結果スクエニはひどいことになっておるな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。