チーズタッカルビって美味い?

2018/04/09

 チーズタッカルビである。

 先日、こいつを食べる機会があった。私が望んだわけではなく、流れの中で出てきた。
 最近、流行っている(誰かが流行らせようとしている)ようで、都内ではチーズタッカルビを扱う店が雨後の筍のごとくに出てきている。

 単純に疑問を呈したい。

 チーズタッカルビは美味しくない。
 まずいとまでは、いかないのだが「店で食う料理ではない」というのが感想である。

 念のため、どういう食べ物かというと、鶏肉にキムチとなんか赤いタレをかけて、大量の安っぽいとろけるチーズをぶっかけて、火にかけて出来上がりである。

 恐ろしくジャンクな料理で、ジャンクフードの仲間として出てきたら、まぁ良いのだが、居酒屋なんかでコースメニューで出てくると、ちょっと残念な子。それがチーズタッカルビである。

 そんなでも、メディアがこぞって、インスタ映えとか、女子が好きそうとか、テキトーなこと言っておけば当たるのである。

 

 ただ、インスタ映えについては疑義を呈したい。

 

続きを読む “チーズタッカルビって美味い?”

ソフトバンク光をマシな回線にする戦い

2018/04/08

 やっとこさipv6での接続ができるようになった。回線速度591Mbpsである。

 ひとつ判ったことがある。
 ソフトバンク光は、最低料金を安く見せるために、基本サービスをipv4+PPPoEにしている。

 この状態では、クソみたいな回線速度しか出ない「仕様」である
 ここにBBユニットというipv6接続をする為のルーターをオプションでレンタルさせる仕組みである。

 ちなみにこいつ、wifiを利用するには、wifiマルチパックという+1500円のサービスに加入しないといけなくなる。

 私はそれだけは絶対絶対イヤだったので、このルータに有線でバッファローのルータをAPモードで接続することで解決した。

 

 つまり、基本サービスを社会通念上許されるギリギリアウトくらいのラインまで引き下げることで、オプションサービスを事実上の必須サービスにしている訳である。

 これにより「パっと見安く見える」

 だが実際には「+400円しないとipv6での高速接続ができない」「+1500円払わないと、ある程度の機器の知識がないとwifiすら使わせてもらえない」

 という、後から後から追加で買わせる商売である。悪徳商法の定番である。
 ただ、ipv6にしたことで、回線速度だけは改善した。

 金額は魅力あるものではなくなったが、妥協点というところであろう。

 天の神様

 最初からipv6のみで売ればこんな悲劇を生まないものを・・・これ以上被害者が増えないよう、父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

ちょっと手違いで

2018/04/07/

 

今日近所の薬局でまた、衝撃の張り紙を見つけてしまった。

(※権利とかいろいろに配慮して、ディケイド修正しておいた)

 「おまえが言うな」の代表格である。
 強くたたかないでね。

 ここに張っておくなら、頬を抑えて涙目のバイキン〇ンであろう。

 彼ならば強くたたかないでねという資格がある。しかし・・・彼はだめだ。

 

 

 さて、それはそうと、ソフトバンク光の「送付先住所」が旧住所になっていたので、修正をしようと思ってヘルプデスクに今朝電話をしたら、オペレータにつながるまでに30分ほどかかった。

 まあ、繁忙期としてそれは良しとしよう。

 無事に、迷走していたBBユニットを我が家に向けて軌道修正する事に成功した。
 どうやら、BBユニットを介して、ipv6接続を一回成功させない事には、回線サービスがipv6のものに切り替わらない仕様であるらしい。

 もう数日はクソ回線継続である。

 もっとも、ipv6にしてもクソ回線の可能性はあるわけだが・・・。

 

 色々と支障が出ている。
 ちょっと趣味でtensor flowの勉強を始めてみようと思ったら・・・。CUDAのインストールでストップである。1.5Gくらいベースのインストーラの容量があるので、今のソフトバンク光のクソ回線には荷が重すぎる。

 尻の穴から東京タワーをひり出すくらいの労力である。まさにクソ回線。

 これは、BBユニットが届いてからということで、お預けであろうか。

 

 

 天の神様

 早くBBユニットがとどきますよう、父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

インターネットの情報の低質化と均一化

2018/04/06

 最近、検索というものが、あまり意味がない。

 かつて、インターネット上には玉石混交の様々な情報が混じって存在しており、多くの人間が自分勝手に様々な発信をしていた。
 しかしながら、ネットの発達とともに「ページビューの換金性」に、企業が目をつけてしまった。

 いわゆるキュレーションサイトや、企業運営によるゲームの攻略wikiだったり、健康相談のサイトだったり・・・。

 ググって出てくる情報のうち、1ページ目と2ページ目は、おおよそ似たようなものばかりに、成り果ててしまった。

 さらに、個人でやっていた色々な情報サイトは、そうした低質なパクりキュレーションサイトやパクり攻略wikiに駆逐されて行ってしまった。

 商業主義に、インターネット上の情報発信が汚染されてしまった。
 かつて好き勝手な屋台村や、路上販売の集まりのようだったインターネット上の情報は、現在では、大通りの企業の看板みたいな、面白みのない似たようなものだらけになっている。

 大槻ケンヂ氏の書籍の中で、インディーズが商業主義に囚われて面白みを失っていくという話が書かれていたが、同じようなことがインターネットで起きてしまっている。 

 今、必要なのは・・・
 アフィリエイト等、ページビューを現金化する仕組みを一切採用していないサイト限定の検索エンジンである。

 一次情報を、趣味で生み出している人々を、もう一度表舞台に立たせるにはこういうものが必要である。

 

 単純に面白く無いのである。

 逆に言うと、なんとなく個人で発信する情報を見て楽しむ場というのがtwitterに移っているというのは、こうした背景があるかもしれない。

 もう、個人の情報サイトやブログが生きる時代ではなくなってきているのが悲しい限りである。

 

 天の神様

 情報発信を辞めてしまった人々が、再び何か書き始めたりする環境がかえってきますよう、父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

ipv4から変わらない

2018/04/05

 回線速度は相変わらず1Mを切ったりする。

 とりあえず、現在BBユニットレンタルを申し込んでおり、BBユニット+新しく買ったルータをAPモードで接続の道を選ぼうとしている。

 BBユニットはもう発送したとなっているが、契約情報を見てもipv4+pppoeから変わらない状態が続いていて、早く何とかしてほしい次第である。

 

 さて、本日はテレビで妙な番組をやっていた。
 海外の変な寿司やテンプラ店に、日本人のその道のプロを潜入させて、成敗してスッキリみたいな番組である。

 ちなみに、海外のアレンジされた寿司だったりにケチをつける江戸前握りずし原理主義者のような面倒な連中のことを一般的に、海外では「sushi police」と呼んでいる。

 同種に「pizza police」がある。

 

続きを読む “ipv4から変わらない”

ソフトバンク光を多少まともにする戦い

2018/04/04

 今日も1Mbpsのソフトバンク光。一言で言ってゴミ回線。

 とりあえず、もう5年前に買った古いルーターをipv6対応のものに買い替えた。
 で、ムカつくが、追加料金数百円を払って、BBユニットを申し込んでみた。

 ソフトバンク光はクソみたいな商売をしており、ipv6を使う為には、BBユニットというipv6対応のルータを申し込まないといけない。ちなみに有線ルータである。
 こいつは、ipv6対応の普通のwifi使える市販のルータで置き換え可能であるので、バッファローのマトモなルータを買ったわけである。

 しかし、だからといって申し込まないわけにはいかない。

 実は、このBBユニットというしょうもない品のレンタルを申し込むことで、ipv6ハイブリッドのサービスが始まるのである。
 つまり、届いたユニットは置物にして、自前のルータでipv6接続を使うわけである。

 なぜかと言うと、BBユニットはwifiがない。

 もしwifiに対応させようとすると、wifiマルチパックという、そびえたつクソみたいなプランで、月々1500円くらいかかるのである。

 ひでぇ商売である。
 最悪乗り換えてフレッツにしてしまえば良いし、ルータは無駄にならないので、一旦、BBユニットを申し込んでみた次第である。

 手続きは完了して出荷の案内も出ているのだが、ipv6網につながっていない事になっていて、速度も改善しない。
 到着日ベースで明日からなのだろうか。

 まずは、明日をまって、再度チャレンジである。

 

 天の神様

 ipv6網の仲間にいれてください!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 

 えいめん!

ソフバン光最低

2018/04/03

 今日のソフトバンク光のクソ回線。
 738.63kbps (92.32kB/sec) 22:33分計測。

 信じられないだろ?光回線なんだぜ これ。

 

 他に重いファイルのやり取り無しでBNRスピードテストでこれである。冗談じゃない。ここまでクソな回線速度をおしつけられると、もはや「侮辱された気分」である。

 ムカついたので、ソフトバンク光は1Mbpsも出ないクソ回線!

 と、あと10回くらい連呼してみることにする。

 ソフトバンク光は1Mbpsも出ないクソ回線!ソフトバンク光は1Mbpsも出ないクソ回線!ソフトバンク光は1Mbpsも出ないクソ回線!ソフトバンク光は1Mbpsも出ないクソ回線!ソフトバンク光は1Mbpsも出ないクソ回線!ソフトバンク光は1Mbpsも出ないクソ回線!ソフトバンク光は1Mbpsも出ないクソ回線!ソフトバンク光は1Mbpsも出ないクソ回線!ソフトバンク光は1Mbpsも出ないクソ回線!ソフトバンク光は1Mbpsも出ないクソ回線!ソフトバンク光は1Mbpsも出ないクソ回線!

 勢いあまって11回言った。だが、大事な事なので、あと2回言う。ソフトバンク光は1Mbpsも出ないクソ回線!ソフトバンク光は1Mbpsも出ないクソ回線!
 引っ越しの際に、面倒だからと勧められるままにソフバン光にした自分をぶっ殺してやりたい気分である。それ以上にハゲをブン殴ってやりたい気分である。

 ベストエフォート型というのは分かってても、いくらなんでもこいつぁ許せない速度である。
 使い始めたころは99Mbpsとか出ていて、満足していたのだが、この半年くらいで急激に落ち込んで夜間はこれである。

 回線輻輳だろか。それとも、ソフバン側の設備の問題だろうか。

 しかも、家についていたフレッツの回線からソフバンに転用しているせいで、工事費とかの問題がある訳である。
 今、選択肢が二つある。

 1・・・3万くらいはたいて、フレッツに乗り換える。

 2・・・いちかばちかで、月額400円程度払ってBBユニットなるものを手に入れてIPv6 IPoE + IPv4の通信に切り替えて高速化を狙う。

 3・・・IPv6接続対応のルータ(1万程度)に買い替える。

 

 合理的に考えると2にチャレンジしてからダメなら解約が正しいのだが、これ以上1銭たりともハゲに払いたくない気持ちもある。
 どうしたらいいんだ!

 

 それにしても、ここまでクソみたいな回線速度をおしつけられたのは初めてである。

 

続きを読む “ソフバン光最低”

e-sportsの難点

2018/04/02

 e-sportsには、良く知られている難点が1つだけある。ルールである。

 わかりやすく、将棋で言うとどういうことなのかでたとえてみた。

 

 【アップデート内容 2018/4/2】
 先手番の勝率が高い事を調整する為、以下の調整を行います。
 ・先手側は、飛車・角を奪い、持ち駒として盤上の任意の箇所に打ち込む場合、その試合中最初の場合に限り、追加コストとして、任意の手ごま1枚を対戦相手に渡す必要があります。

 ・銀の動きが意図していたものより強力になっている為、敵陣に入り込んだ際の「成」の機能を削除いたしました。

 ・3月の試合結果のうち、振り飛車を用いた戦型の勝率が、他の戦型より高くなっており、運営チームはこれを適正な範囲を超える値であると考えます。
  この状況を是正するため、初期配置されている歩のうち、5七の歩の位置を、一段下げた5八の位置とします。

 ・本日のアップデートより、新規駒「戦象」および「破城槌」を追加いたしました。
  戦象は、前方の3コマにしか進めない代わりに、金・銀・飛車・角・王以外のコマからのダメージを無効化します。
  破城槌は、手ごまの飛車を打ち込む際、追加コストとして自分の盤上の香車・桂馬を各1枚消費(対戦相手に渡す)する事で飛車が変化します。
  動きとしては、前方にのみ何マスでも移動でき、取った相手コマを中心として3×3の範囲の対戦相手のコマおよび、破城槌自身をゲームから除外します。

 ・王の性能調整
  環境の変化により、王の奪われやすさが上がっている事から、王の性能の上方修正を行いました。
  これまでの移動範囲に加えて、斜め後ろおよび後方については、何マスでも進むことができます。

 

続きを読む “e-sportsの難点”

2018/04/01

 年末にグラブルをはじめて、はや4か月。本日やっとこクラス4ジョブにジョブチェンジできた。とりあえずセージ取得である。

 明日から、新年度スタートというわけで、希望に満ちた新社会人が世の中に出て働き始める訳である。
 働き方改革とか言っているが、きちんとトップが明言してあげる事が何より大事であると思うのだ。

 「残業が多い人は評価しません」
 「だからといって勝手にサビ残してる人はもっと評価しません」
 「有給の消化率50%を全員が超えている部署は、ボーナスの査定を上げます」

 これくらい明言して初めてスタートラインである。

 サビ残して長時間労働で製品やサービスを安く世に出すというのは、早い話がダンピングな訳で、労働法規というルールの中で勝負している市場経済にとって悪でしかないと、皆が認識すれば良いのである。

 事実、今は名前を隠して立ち直っているが、ワタミなんかは、そこらへんのイメージ悪化で赤字転落したこともあった訳である。

 悪い企業からは買わない。基本である。
 悪の組織から、何かを買ったら悪の組織を潤わせる事になるのである。

 

続きを読む

お前にチャンスはない

2018/03/31

 ジミン君は、みんなが憧れる美少女「セイケンちゃん」とずっと付き合っている。
 ちょっとワルい面もあるけれど、お年寄りに優しかったり、田舎の農家に優しかったりするし、何より行動力があるのでみんなの人気者。

 多くの人は彼がセイケンちゃんとお付き合いしている事を喜ばしいと歓迎しています。

 そんな彼と彼女を、物陰からじっと見つめているのが「ミンシン君」。
 かれはもう、ずっとずっとずっとセイケンちゃんに片思いしています。

 彼の家は複雑な事情を抱えていて、親がくっついたり離れたりで、もう何度も名前が変わっています。可哀そう。
 彼はとても外罰的な性格で、ジミンくんのちょっとした事を、何でもかんでもあげつらって、重箱の隅をつつくような非難をしたり、時には彼の行いをねつ造してまで批判します。

 そんな彼も、何年か前、一度だけ、ウソで塗り固めた言葉で、「セイケンちゃん」を言葉巧みに口説き落として、お付き合いをしていたことがありました。

 ただ、口先ばかりで行動力の無い彼は、「やだ!絶対別れない!」とかなり粘りましたが、最終的に破局しました。

 ジミンくんは再びセイケンちゃんとお付き合いを再開し、まさに雨降って地固まるといった様相です。

 

 そんなジミンくんに、今日もミンシン君は、ある事ない事非難をぶつけます。
 いまだに未練たらたらのセイケンちゃんを、ジミンくんと別れさせる為なら、手段は選んでいられません。

 今日も「やってないことを証明してみろ!」という無茶な理屈でジミンくんを攻撃しています。

 でも、可愛そうな事に彼は気づいていないのです。
 たとえ、セイケンちゃんがジミンくんと別れても、彼にはチャンスは回ってこないのです。

 

続きを読む “お前にチャンスはない”