〇〇RPGの限界

2018/05/01

 パズドラ以降、爆発的に増えたジャンルに「〇〇RPG」がある。

 パズドラはパズルだが、パズルだったり、何らかのカードだったり、クイズだったりという、トリガーとなる行動のクオリティに比して攻撃に倍率がかかって敵に殴りかかるタイプのゲームである。

 一時期私も、クイズ好きなので黒猫をやっていたのだが、この手のゲームには一つ欠点がある。
 それが「最良手を選んでいって負ける」というものである。

 ゲームである以上、キャラが育っていなければ戦闘で負けるのは当たり前の事である。
 たとえば、グラブルみたいなRPGで、ボスに負けても「ああ、装備もキャラも育ってないしな」と、あきらめがつく。

 が!

 黒猫だとなぜかこれが、我慢ならなかった。
 「なんで全問正解しとんのに、負けなあかんねん!ナメくさるのもたいがいにせぇや!」と、なるのである。

 パズルならまだ、落ちコンとかのせいにできるのだが、クイズだとそうはいかない。
 ここらへんが納得いかなくて、私は黒猫をプレイすることを、ある日突然やめた。本当に突然だった。

 

 不思議な所である。
 キャラが揃っていなかったし、客観的に見て、仕方ない敗北なのだが、トリガーとなる行動が「クイズである」というだけで「全問正解なのに!?」と理不尽さを感じてしまう。

 〇〇RPGというのは、ここらへんの危険性を孕んでいる。

 そういう意味では、純粋に戦闘に特化したグラブルは先見の明があったと言えるかもしれない。灯台下暗しという方が正しいであろうか。

 ちなみに〇〇RPGという時、RPGという単語は「ターン制コマンドバトルを採用しているステレオタイプ的なJRPGの戦闘部分」の略で「RPG」である。間違いない。

 パーティ全員ガチャキャラ美少女でロールプレイもへったくれも無いゲームでも、〇〇RPGであるのは、きっとそういう理由である。

 ちなみに一つ思いついた新〇〇RPGがある。

 「RPGRPG」という、〇〇RPGへのアンチテーゼのようなジャンルはどうだろうか。

 パズルRPGのパズルが表示されている部分にコマンド制RPGのバトル画面があって、そこでのバトルの結果を評価して、倍率がかかった攻撃を、上の画面のキャラがするという・・・。 

 天の神様

 何かまた画期的な〇〇RPGが出てきますよう、父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

 

JKを家に

2018/04/30

 TOKIOの山口勃也が淫行容疑で話題になっている。

 同じジャニーズでも、だれも居ない公園で全裸ででんぐり返しをしていただけの草薙くんが、どれほど善良な人物だったかと思い出された。

 

 そんな男の家にホイホイついていった女子高生を批判している連中もいるが、基本的には、男が悪いのである。

 

 それに、基本的には「捕まるのはたいてい、累犯者」である。
 世の中、初犯で露見している犯罪者なんて、ごくわずかで、たいていは犯罪を重ねていくうちに露見するというパターンである。
 彼もおそらく、余罪がゴロゴロあるのであろう。

 

 ダッシュ島で男5人、なにもおきないはずがなく・・・的にイチャイチャ楽しく開拓してるのを見て、ほほえましいゆるホモ具合を楽しんでいたが、普通にただのエロオヤジだったというわけである。

 

 女が悪いという連中は、何かしら「女性に対するコンプレックス」があるか「若い女に対する嫉妬心がある」のどちらかのパターンが多い。

 前者は男性、後者は女性である。

 

 女性解放の成果として、女性が出歩いたり、誰かのところに行ったりという自由を勝ち得たにも拘わらず、貞操観念の部分において「襲われるのは気のゆるみ」的な、前近代的な発想が残っている為、このような論調になってしまいがちである。

 襲われたのは気のゆるみでも何でもなく、信頼関係の悪用に他ならないはずである。

 こういうオス豚(久々にこの言葉使った・・・ていうか思い出した)は、どうせまた同じことをやらかすので、TOKIOから切り離すというリーダーの判断は立派であると思う。

 

 ところで、全然関係ないのだが・・・
 初代ときメモで、古式ゆかりと植物園にデートにいくと食虫植物を見て「お父様が男はみんな食虫植物みたいな事を言っていた」的な話をしたような気がする。

 そんな誰も覚えていないような話題で今日は締めくくりたいと思う。

 というか、今日は昼間から、三ちゃん食堂というところで昼飲みしていたので頭が回っていない・・・

 

 天の神様

 被害にあう女性が減りますよう

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!