JKを家に

2018/04/30

 TOKIOの山口勃也が淫行容疑で話題になっている。

 同じジャニーズでも、だれも居ない公園で全裸ででんぐり返しをしていただけの草薙くんが、どれほど善良な人物だったかと思い出された。

 

 そんな男の家にホイホイついていった女子高生を批判している連中もいるが、基本的には、男が悪いのである。

 

 それに、基本的には「捕まるのはたいてい、累犯者」である。
 世の中、初犯で露見している犯罪者なんて、ごくわずかで、たいていは犯罪を重ねていくうちに露見するというパターンである。
 彼もおそらく、余罪がゴロゴロあるのであろう。

 

 ダッシュ島で男5人、なにもおきないはずがなく・・・的にイチャイチャ楽しく開拓してるのを見て、ほほえましいゆるホモ具合を楽しんでいたが、普通にただのエロオヤジだったというわけである。

 

 女が悪いという連中は、何かしら「女性に対するコンプレックス」があるか「若い女に対する嫉妬心がある」のどちらかのパターンが多い。

 前者は男性、後者は女性である。

 

 女性解放の成果として、女性が出歩いたり、誰かのところに行ったりという自由を勝ち得たにも拘わらず、貞操観念の部分において「襲われるのは気のゆるみ」的な、前近代的な発想が残っている為、このような論調になってしまいがちである。

 襲われたのは気のゆるみでも何でもなく、信頼関係の悪用に他ならないはずである。

 こういうオス豚(久々にこの言葉使った・・・ていうか思い出した)は、どうせまた同じことをやらかすので、TOKIOから切り離すというリーダーの判断は立派であると思う。

 

 ところで、全然関係ないのだが・・・
 初代ときメモで、古式ゆかりと植物園にデートにいくと食虫植物を見て「お父様が男はみんな食虫植物みたいな事を言っていた」的な話をしたような気がする。

 そんな誰も覚えていないような話題で今日は締めくくりたいと思う。

 というか、今日は昼間から、三ちゃん食堂というところで昼飲みしていたので頭が回っていない・・・

 

 天の神様

 被害にあう女性が減りますよう

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。