シノン開拓民とはなんなのか

2018/5/5

 ロマサガ3のリマスターを控えて、ロマサガ3の話をここぞとばかりに書き続ける。

 さて、主人公たちのうちエレン・サラ・ユリアン・トーマスの4人もの比率を占めるシノンの開拓民とはなんなのか・・・。

 そもそも、彼らはシノンの生活に未練は無いようだったので、ユリアン・エレン・サラについては、「開拓民の子」と捉えるべきであろう。

 つまり、自らそこの開拓に赴いた者ではないということである。

 特に、彼らはその環境に飽き飽きしている節があり、ストーリー中でもシノンに戻ることはできない。

 トーマスについてだが、彼の家は資産家であり、ピドナを拠点にしている事がうかがえる。

 これらのことから、トーマスは3人とは立場が違う事が考えられる。
 彼は産業資本家層の人間である。

 このことから、トーマスに関しては、シノン地域の寄生地主のような形で、シノンの開拓についても、ベント家(トーマスの家)による、荘園開発でもあるのではないだろうか。

 となると、トーマスの立場は何だろうか。
 他の3人のリーダー的立場である。このリーダー的立場というのが曲者である。本来であれば、産業資本家層である彼が、シノンで生活して開拓に精を出す必要はない。

 そう、彼の本来与えられている任務は「代官」としての任務かもしれない。

 つまり、巧みに、シノンの開拓民の人間関係の中に入り込んで、彼らをコントロールしている。小作人たちに自らの不利な立場を気づかせないためのコントロール役なのである。

 となれば、サラをやたら手懐けているのも頷ける。
 いざとなれば、カーソン姉妹の間において、離間の計によって団結を割く事ができるのである。

 しかしながら、彼はそうした役割を嫌っていたかもしれない。

 だからこそ、ゴドウィンの反乱により、皆が新たな道を歩き出したのを機に、シノンを離れて自らも好き勝手に生き始めたのかもしれない。

 

 と、勝手にベント家をネタに妄想をしてしまった。
 私はトーマスは好きであって、特に悪意は無いのであしからず。

 

 ちなみに、トーマスでプレイするなら、個人的に、トーマス タチアナ フルブライト ミューズ モニカみたいな、高貴な家系パーティとか組んでみたい気がする。

 

 天の神様
 トーマスといえば、トレードです!
 リマスター版でも、トレードがあのすばらしさのままでありますよう、

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

ガンダムゲーはクソゲーの法則

2018/5/4

 バンナムの出すガンダムゲーはもれなくクソゲーという定説が論じられ始めたのは、いつの頃からだろうか。

 おそらく、PS3が出た時期くらいから、そのような定説がささやかれ始めたと記憶している。
 ちなみに、この理論はさらに悪化している。

 クラクラが流行ったと思ったら・・・まるパクりで、課金要素と課金無双を強化した感じの、ガンジオを出す。

 クラロワが流行ったと思ったら・・・まるパクりで、即応戦線を出す。

 

 間違いなく、偉い人が「最近流行ってるアレみたいの作ってよ」と言ってる系のやつである。

 ジオニックフロントとか、コロニーの落ちた地でとか、名作が多かった時期もあるのに、今やガンダムゲーはクソゲーの見本市状態である。

 コロ落ちなんかは、「ガンダムに乗れないガンダムゲー」で、逆にここが評価が高かった。
 ワンオフ機であり、一般人が触れられるようなMSではないという設定を守った結果である。

 逆に、ガンダムを安売りすると失敗する傾向にあるのかもしれない。

 

 個人的には、ガンダムオンラインも、ワンオフ機を出して、お祭りゲーに路線変更するまでは、割と好きだったのである。現在は、ZZガンダムはジ・Oが乱れ飛ぶ凄い戦場になっている。

 

 特に、宇宙世紀ものの根底には「戦争をめぐる人類の罪業」みたいな思いテーマが流れている為、ガンダムだらけのお祭り状態の世界観では興ざめしてしまう。

 量産型MSを支給されて戦うような、質実剛健なガンダムゲーの方が、評価が高いのは、ガンダムが好きというより、ガンダムの世界観を大事に思っているユーザが多いからであろう。

 

 以上のことから、ガンダムゲーとして理想的なのは、
 量産機メイン。
 ワンオフ機はプレイヤは使えない。

 ここらへんを守っているものである。
 ガンダムオンラインは、一度色々見直して、競技性を高めたクラシックサーバとか作ってもらいたいものである。

 ジム・ガンタンク・ガンキャノン・ジムスナ VS ザク・グフ・ドム こんな構図で良いのである。

 実弾が飛び交い、ザクやジムが死屍累々と積み重なる戦場が懐かしい。

 

 天の神様

 ガンダムを大事にするガンダムゲーが、また増えますよう、父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!