スタンダード落ち

2018/5/10

 シャドウバースが相対的に素敵なカードゲームとなっている。
 ハースストーンは確かに優れたゲームだが、実はシャドウバースよりも、より「課金ゲー」としての要素が強い側面がある。

 ハースストーンは、カードパック購入ではなく、エピソード的なものを課金でアンロックして、そのエピソードの報酬として手に入るカードがあるので、結構、初期投資が必要なのである。

 半面シャドウバースは、とりあえずパック購入以外には必要ないので、やさしい設計となっている。

 

 さらに、きちんとスタン落ちをやった点が高評価である。
 当初、ハースの真似をしているとはいえ、ハースのように果断なスタン落ちをできるかどうかは疑問であった。

 なんだかんだで、スタンダード落ちをさせる勇気がある運営は、なかなかないであろう。
 なぜなら、今までのカードが使えなくなるので、反発するプレイヤが表面上非常に多い。故にしり込みしてしまいそうだが、それ以上に望んでいるプレイヤも多い。

 反対するプレイヤは声高に文句を言うが、賛成しているプレイヤは静かなものである。

 しかしながら、シャドウバースがこういう状況で、スタン落ちを押し切ったのは見事であった。

 おかげで、メタゲームは強制的に回って、新しい環境が生まれ続けている。

 そして、スタンダード落ちは、カード資産に上限を作る事でもあり、初心者がどこまで古いカードパックを買わねばならないかということを緩和する効果がある。

 新規が居ないゲームは終わってしまうので、このように初心者に優しい側面もある。

 

 最近プレイしていないのだが、新しいスタンダード環境に興味があるので、ちょっと復活してみようかと思うところである。

 

 天の神様

 シャドウバースの新環境のバランスが割と良いと聞いています、久々に楽しめることを、父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 

 えいめん!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。