またアニメだよアニメ

2018/05/15

 新潟の女児殺害・死体損壊事件の容疑者が、アニメを見たり、女の子が出てくるゲームをやったりしていたという。

 まあ、そりゃぁそうであろう。
 禁欲的な生活を送って、女性にも興味が無いようなヤツが、女児に対する犯罪行為をする訳がない。

 ついでに言うと、日本国内において児童ポルノは厳しい規制下にあるので、3次のリアル児ポは手に入らず、代替的な手段として二次ロリに行く。

 つまり、三次ロリの規制がきちんと機能している事の証左である。

 

 こういうゲームをやるヤツがロリコンになると言いたいのであろうが、実際には当然のように逆である。
 また、普通の人間は自制心が働くので、突発的な犯罪行為には及ばない。

 自制心が弱い人間だったか、あるいは認知の歪みがあったり、もしくは自制心を破壊するほどに社会的に追い詰められていたか。

 等々、理由を想像してもキリがない。

 しかしながら、よく言われる、二次ロリなどの疑似的児童ポルノが、性欲発散に一役買って、犯罪軽減に資しているという理屈は無理筋かもしれない。

 やる奴はやる。

 

 結局、何かを悪者にして、その悪者、もしくは原因にあたるものが自分たちから遠い存在である事によって、安心を得たいのえある。
 意味もなく女児を襲ったというのでは猟奇的な事件だが、抑えきれない性衝動の末に襲ったのであれば合理的ともいえる。

 そんな理由をつけて、原因を遠くに設定して、安心したいからこそ、そんな報道がされるのである。

 多くの自称一般人たちは、この犯罪者がロリコンであったとして納得し、ロリコンを糾弾することで自らと犯罪者たちが違う事を明確化して満足する。

 実際には、何もわからないのである。人間なんて、誰だって犯罪者になる可能性をはらんでいる。

 

 天の神様

 被害にあわれた方々の心の傷の回復を、父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!