はじめまして。わたしは電子の世界に生きる、宣狂師です。そして、修行を積んだお陰で今では大司狂の地位についています。
強引に勧誘されても、ブラウザを閉じてしまえばいいし、バヨネットも振り回しません。現実の宣教師以上に理想的な存在と言えるでしょう。

あと、このページ内にはやたらと宗教的なことが書いてありますが、これはレイホウの愚兄が高校時代に礼拝のある学校に通っていたため、レイホウもそれに影響されたからであります。

あと、あまり堂々と名乗ってしまうと、プリクラとか開発して、本来殺伐としているべきゲーセンをメス豚どもの集う場所へと変貌させてしまったA社から文句がきたらヤなのでレイホウとだけ名乗っておきます。

このサイトは宗教のサイトではない。たんに神と呼ばれる何かのファンサイトである。いやならば・・・とっとと失せろ。


バーチャルネット大司狂から、殲教師になった
レイホウ19歳

レイホウ日記
(いいかげんにブログにしたいぞ・・・)

3月31日

まあきっとそういう意味

 義姉ができそうである。

 意味については勝手に考えたらよろしい。

 関係ないが、バトルレボリューションにハマっている。@レイホウとか、@R-19とかいう雰囲気の名前である。ゴリ押しっぽい上に、テンプレキャラばっかりの明らかに初心者を脱却して中級者になった程度である。

 まあ、ランダム対戦ばかりだが、どこかであったらフルボッコしてほしい。

 

 ポケットモンスターをやっておると思うのだが、ゲーム性というのは、やはりゲームの根幹にいるのだろうという事だ。ぶっちゃけいえば、画像なんて確かに丁寧なキャラ絵だが、大した事は無いし、戦闘等のシステムも、特段目新しい部分は皆無に等しい。

 極端な言い方だが、非常に古めかしい、由緒正しいJRPGというヤツである。

 だが、それを補って余りある何かがある。

 それは、長く継続的に、データの互換性を持ちながらゲームを発展させ続けてきた事による、ある種の絶妙なバランスと、非常に練りこまれた戦闘のバランスである。

 強弱関係、技の多様性、戦略の多様性、どれをとっても秀逸である。

 ゲームとしてのルール、仕様、バランスの部分が非常に良いのである。

 これこそ、ゲームの根幹だろう。

 

 どんな豪華な絵柄だろうと、ババ抜きはババ抜きであるし、麻雀は麻雀である。
 逆に言えば、数字だけでもトランプは十分楽しいし、麻雀も楽しい。将棋やチェスだって、戦闘は至って地味だが楽しい。それは、ルールやバランス、システムが非常に高いレベルで完成しているからである。

 

 結局のところ、練りに練られたゲーム性こそが、ポケモンの最大の魅力なのであろう。

 

 本来、RPGはそちらに進むべきだった。ハードの制約があった頃は、どこもより面白いゲームを作ろうと必死だった。面白いというのは、根幹となるゲーム性の部分である。

 フリーシナリオ然り、マスコンバット然り、モンスターが仲間になったり、強くてニューゲームができたり、いくつもエンディングがあったり、勝手に自分で技の名前をつけられたり、さらにはつけた技の名前で魔法の効果が決まったり。

 野心的な試みが沢山あった。

 我々は、綺麗な画像よりも、新しいシステムと戦闘にワクワクしていたはずである。

 

 ポケモンの成功は、決してマーケティングの勝利でも、任天堂が商売上手だからでもないはずである。
 それはただ、ゲームとしての面白さを真剣に追求したつくりだからにほかならない。

 みならってほしいものだ。

 

 天の神様

 ケッキング最高です!

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

2月18日

デリート

 絵柄が変わってきた気がする

 デリートされました。

 何って、FEZの公式掲示板に投稿したら、相応しくないと判断されたようで削除されてしまったのである。実は、名誉のデリートこれで二度目である。二度ほどデリートされて、だんだん解ってきた事がある。

 たぶん、パンツがダメだ。
 今回、かなり気を使って、ムネは何も作為的なものがない、いわゆるセガサターンのスーチーパイ型にしたのであるが、ダメだった。

 逆に、その他のものを見ておると、公式設定でパンツと変わらんような、淫売スタイルの格好な装備は描いても問題ないようなのである。
 何ということだろう・・・。

 こんなこと、体験から学ぶことではないがな…。
 大丈夫だと思って投稿したわけで、二度とも確信犯(ご用ではない意味で)なのだが…アカデリされたらどうしようとか思っている。
 ヲリ・スカ40、サラ35、セス32レベルという羽で何でも楽しめちゃうキャラがおるのに消されたら泣く。怖いから、もうFEZの公式への投稿はやめよう。

 というか、これのパンツも私が思うに、公式設定であると思うので、削除は残念である。残念っ!

 

 ちなみに、最近もFEZはすっかり世界観ブチ怖しな装備が増えてきて残念な限りである。
 下着で戦うんじゃねぇぞ!と思う格好がたくさんである。

 まあ、ビキニアーマーは日本の二次元の伝統的装備であるので仕方がないとも言える。
 でも、そういう媚びた装備ばかりじゃなくて、もうちょっとかっこいいのも出して欲しい。

 

 たとえば、レッドコートマスケット。これはガチである。せっかくスカウト装備に銃を実装したのだから、可及的速やかに実装すべきである。英語で言うとASAPだ。

 続いて、ウイングフッサー。
 こいつの中二臭さは只者ではない。気になる人は、ウイングフッサーとか、ポーランド重騎兵でググってみると良いだろう。これを見ていると、ナインティナインナイツの主人公のプッツン女の装備に違和感を感じなくなる。

 

 関係ないが、これを書いていて思いついた事がある。最近は、FPSやらTPSが粗製乱造されまくっておるが、私としては以下のようなFPS(TPS)が欲しい。

 職業は以下の通り。

 戦列歩兵
 士官
 砲兵
 猟兵
 騎兵
 軍楽隊

 プレイヤの7割くらいが戦列歩兵である。
 戦場は基本的には原っぱである。軍楽隊の奏でるユーキャンのCMの曲とともに、戦列歩兵のプレイヤ達は一糸乱れぬ足並みで前進する。その歩兵隊の少し前には、銃撃命令を出す士官のプレイヤが歩いている。

 ちなみに、士官のプレイヤや、砲兵隊は皆の嫌われ者の猟兵に狙われやすい。

 両陣営の戦列が近づき始めると、両軍の大砲が火を噴く。

 回避行動とかステップ移動とかは無い。不要。不幸にも砲弾が直撃したキャラクタは即死となり、戦列の最後方に一定時間後にリスポーンする。

 さらに行進を続け、互いが十分に近づいたところで、痺れを切らして一方が銃撃を命令する。膝をついてマスケットが一斉に火を噴く。撃たれた側は、数名に弾が辺り倒れこむが、すぐに後ろの戦列歩兵がオーバラップしてきて戦列を補修する。仲間がバタバタ倒れる中、相変わらず軍楽隊の調べにあわせて行進を続ける。

 ちなみに、ここで弾の当たったキャラも死亡。

 そして、空いての白目が肉眼で確認できるくらいまで近づき、まだ装弾中の相手方に向けて一斉射撃を加え、甚大な被害を与える。

 互いが十分に接近し乱戦に突入すると、騎兵隊がなだれ込んできて、一気に趨勢が決する。

 

 という具合の戦闘を行ってみたい。

 ちなみに、戦闘後にリプレイ動画で上空視点とかで見られると嬉しい。お互いに「いやー、いい戦列だねぇ」なんて褒めたたえ合ったり…。

 

 まあ、2回くらいやったら飽きそうだが。

 

 天の神様

 削除されました・・・アカウントをお守り下さい。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

1月6日

友愛ってなんだろうね

 民主党の皆々様は、まるでどこかのスタンド使いのように「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄!!!」

 と、おっしゃいますが・・・そうではないと思うのだ。

 「あそび」って知ってるだろうか。
 たとえば、ボルトとナットを作るときに、徹底的に無駄を省いて、ボルトの直径とナットの穴の直径を同じにして、ネジ山の切り方も0.00001ミリの誤差もなくピッタリに作ったらどうなるかというと、ほぼ入らない。

 あそびが必要なのである。

 一見無駄なように見えるそれは、無駄ではないのである。

 そもそもだ・・・民主党の連中は、子ども手当の発想からして、短絡的で愚かである。

 金というのは、その通り道が迂遠であれば迂遠であるほど良いのである。
 お金は、ストックによってではなく、フローによって効果を産むのである。

 ある経済活動を行う団体から、別の団体へと流れて行く事で効果を産む。そこからさらに別の団体へと流れ・・・という具合に、お金は移動して行く。お金の移動に伴ない、そこには対価である財物やサービスの逆方向への移動が伴なう。

 経済を刺激する為であれば、その経済活動を行う組織の末端である「家計」ではなく、最上流である「企業」金を出すべきであった

 2兆円の持つ力は、2万円が1億個集まっても出ない。金は巨大な塊である程大きな力をもち、上流に置く程に下流に影響を与える。

 

 とはいえ、国民というものは当然ながら目先の金が欲しいし、お金がもらえるならそれに越した事はない。大衆というのは(当然私を含めて)その程度の考えしか持たないものである。

 だからこそ、国はしっかりと経済というものを理解した上で、たとえ国民の反感を買ってでも、断固として企業を支援するべきなのである。金をくれ、職をくれという言葉に流されて、ホイホイと金を出していれば、それこそ衆愚政治というものである。

 これが民意だとかいう言葉は情けないにも程がある。
 超然内閣を作れとまでは言わぬが、専門家として経済政策をしっかりと国民に説明し、企業を支援して行く形にしなければ、何の意味も無い。

 愚かなのは国民ではない。民は元々愚かなものである。だからこそ、政府は賢くなければいけない。極端な話、政府は民意を完全に反映してはいけないのだ。法律、行政の専門家として行動していただかなければならない。

 そもそも、子ども手当は何の解決にもなっていない。
 まず、経済政策としては終わっている。対して経済効果は生まないであろう。

 では、少子化対策としてはどうかというと、すでに生まれたヤツに金払っても仕方がない。13歳の子供に、毎月手当を出すと、そのうち13歳が2人に分裂するというなら話は別だが・・・。
 結婚して子どもが居ない家庭の負担が上がるのは妙な話である。ここの生活を楽にしてやらない事には、子作りなどするはずもない。

 民主党は民意を代表していると思う。だがそれは、叶えてはならない願いである。

 安直に金を支払って何になるのだろうか…。 

 

 天の神様

 pixivはじめました。最底辺で頑張ります。閲覧が200ちょいしかなくても…10人くらいしか評価してくれてなくても頑張ります。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

1月4日

ゆうあいっ!

 裡門頂肘。躍歩頂肘。崩撃雲身双虎掌。修羅覇王靠華山。進歩里胯。斜上掌。連環転身掃脚。連環転身脚。波動拳。瞬獄殺。神龍剣。昇龍裂破。千裂脚。卍禁太封。天鎖斬月。大紅蓮氷輪丸。白帝剣。鬼灯丸。八意永琳。九頭龍閃。汎用人型決戦兵器。妹紅。天雷破。円閃牙。乱れ雪月花。九蓮宝燈。縮退砲。聖騎士団ソル。大木戸博士。
(去年の暮れに入れたgoogle日本語入力が面白くて、色々なムチャぶりをするもののことごとく変換されて狂喜するレイホウさんをお送りしております。)

 

 さて、台湾海峡の危機や、朝鮮戦争の再開、インド中国の全面戦争突入、中国の尖閣諸島武力占拠こういった出来事は、起こるかもしれないし、起こらないかもしれない。

 起こるとしても、十年後かもしれないし明日かもしれない。

 だからこそ、安全保障体制というものには、空白期間があってはいけないのである。
 「兵は神速を尊ぶ」とも言う。

 つまるところ、いつまでもグダグダ普天間の事でゴネているのは、あまりに危機意識がなさすぎるし、国防のなんたるかを理解していないのか、あるいは理解した上で破壊しようとしているのかである。

 そもそも、平和というのは「戦争をしない」状況を言うのではない。宥和政策により戦争を回避し続けてきたヨーロッパ諸国が招いた最終的な結果は、第二次世界大戦と言う惨禍だった。

 平和と言うのは、消極的に戦争を回避する事ではなく、より積極的に維持していかなくてはならないものなのである。

 

 だから、待ってもらうとか頭おかしい。

 そもそも、アメリカだって伊達や酔狂で米軍基地を置いているわけではない。
 当然、趣味で戦争をしているわけでもない。

 普天間移設の問題は、当然ながら相手方にとっては「自国民の命」の関わる問題なのである。

 

 さて、そこでいつまでたっても煮え切らない民主党のために、憂国の士レイホウ様が素敵な方策をいくつか考えた。

 

 1:普天間村移転

 発想の転換である。
 基地を退けられないなら、村を退ければいいじゃない!!!!

 引越し代全て持って、全て新築にしてあげよう。名前は「第2新普天間村」

 かっこいい!これはかっこいいぞ!すごいぞかっこいいぞ!
(関係ないけど・・・google日本語変換は、青眼の白龍が一発変換できるんだな…。)

 

 2:遠くにメガフロート

 かなり巨大なメガフロートを竹島の脇とか、尖閣諸島の横とかに設置。そこに駐留してもらう。うまくいけば領土問題も解決!

 

 3:麻雀で決めry
 ry・・・あいつは弱そうだ。

 

 

 

 天の神様

 うん・・・。明けましておめでとうございます。ことしもよろしくお願い致します。あなた様の御業と御慈悲で、どうか我らが宰相鳩山めを友愛してやってください。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

12月13日

こくれんっ!

 三権分立が如何なるものか、学んでから発言したまえ。小沢くん。

 司法・行政・立法のどのカテゴリに自分が属しているのかを考えてから発言して欲しいものである。

 

 いつから、あの薄汚いオッサンは政府の人間になったのだ。入閣してないヤツが、あれこれと政府の方針に口出しするとは愚かしいにもホドがある。

 とっとと、あの民主党とかいう国賊どもを、国会の場から排除する必要があるとおもうのである。
 与党は当然政府ではないし、政府はあくまで政府であって民主党ではない。

 オバマ大統領に「トラストミー」とか言っておいて、普天間の事をズルズルと先延ばしにして、中国様には媚びへつらって。

 完全に左巻きである。

 

 非常に危険であると言える。

 そもそも、不景気の時には左翼政権が発足しやすいという傾向にある。だが、それが良い結果を産んだことは殆ど無いわけである。少しでも早く民主党政権に退陣いただく為に、いいかげん国民は声を上げなければならない時に差し掛っておる。

 ところで、まーーーーーったく関係ないのだが、「国際連合」という言葉を考えた人に、ノーベル平和賞をあげても良いのではないだろうか。

 どういうことかというと、国連は当然ながら、英語でUnited Nationsである。
 これは、当然ながら第二次世界大戦時の「連合国」を指す言葉である。

 第二次世界大戦の戦勝国である「連合国」が中心となって作った組織であり、名前もそのままUnited Nationsが採用されているわけである。

 つまり、現代社会の教科書に「国連安全保障理事会」などと書いてある言葉は、言い換えれば「連合国安全保障理事会」な訳である。特に、安保理の常任理事国こそ連合国なので、まさにである。

 いろんな「国連」の部分を「連合国」に変えてみると、急激にイメージが悪化する。

 国際連合憲章 → 連合国憲章
 国連難民高等弁務官事務所 → 連合国難民高等弁務官事務所
 国連貿易開発会議 → 連合国貿易開発会議

 
 とてもイメージが悪い。

 詳しくは分からないが、戦後の外務官僚が「国際連合」という訳語を宛てたらしいが、もしこの素晴らしい意訳がなければ、日本人は国際社会に対して遺恨を残したままだったのではないだろうか。

 こんなにも気持ちよく、国際連合を盲目的に信奉するようにはならなかったのではないだろうか。

 

 

 天の神様

 アメリカ様に怒られませんように・・・。見放されませんように。たのむよ、アルフレッド・F・ジョーンズ。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

10月30日

きょうごく

 本を買った。

 ルー・ガルー 忌避すべき狼

 という、京極夏彦の作品である。どうやら前からあったらしいが、アニメ化に伴って新装版が出たのだろうか。
 とりあえず思うのは、最近はメフィスト作家のアニメ化が流行中なのだろうか。

 化物語がヒットしたからだろうか?
 なんにしろ、京極夏彦が少年少女の物語を描いている事に違和感を禁じえない作品であるが、なかなかに面白い作品であるとは思う。まだ読みきってないけど。

 よくよく考えたら、京極夏彦は自分を主人公にしてみたり、その主人公のコスプレをしてメディアに出てみたりと、元来割と痛い作家であるので、アニメ化についても問題なかろう。

 この勢いでいくと、森ミステリィもアニメ化されるのだろうか…。

 

 ところで、もう一冊だいぶ前に買って読みきっている本に、銀河不動産の超越がある。森ミステリィのシリーズ外単発作品である。

 すばらしい。これの感想は素晴らしいに尽きる。
 なんとも爽やかで、心地よい読後感の作品である。

 これは、同時期に読んだ、ちょっと変わった子ありますと同系統である。

 最近、シリーズ外作品のクオリティがとても素晴らしい。

 

 私の中では

 1位:探偵伯爵と僕
 2位:銀河不動産の超越
 3位:ちょっと変わった子あります

 という順番である。

 探偵伯爵は、読み終えた瞬間、二週目に入らざるを得ないという特異さが素晴らしかった。

 銀河不動産は、キャラの魅力がほとんど無い(オッサンとかオバさんとかばかり)という状況ながら、全員が非常に魅力的調理されているのが素晴らしい上に、とても美しい話だった。

 ちょっと変わった子ありますは、注文の多い料理店にも似た、ある種不思議な雰囲気のある作品である。かなり好きである。最後は少々意表を突かれた。あと、美味しい和食が食べたくなった。

 とりあえず、現在は「トーマの心臓」を買うかどうか悩んでいる。

 

 はたして、大好きな作家が大好きな漫画を小説家したらどんな作品なのか…というのが気になるところである。

 どうしよっかなぁ…文庫待ちか、あるいは新書で買うか。悩みどころである。

 天の神様

 人気が出るのはファンとしてもうれしいのですが、アニメ化で変なファンが増えるのは・・・というのは我侭でしょうか。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

10月14日

てん

 人に薦められて、ポケモンHGをやっておった。

 ハードゲイではない(古っ!)ハートゴールドだ。

 ちなみに私は、ポケモンには今まで興味がなく、このハートゴールドが人生初ポケモンである。

 で、今日めでたく、ラスボスであるサトシくん・・・じゃなかった、レッドくんに勝利をして、ひと段落ついたところである。

 それはもう厳しい厳しい戦いであった。

 なぜかって?私は、とにかく、必要以上にレベル上げをするのが、なんだかあまり好きではないのである。それ故に、何度も何度もトライアル&エラーを繰り返しながら、敵の行動を分析し、対応策を考え、構成を変えつつ、何度もリセットして乱数と戦いつつ…激戦を繰り広げてきたのである。

 

 ちなみに、殿堂入り時点ではパーティ最高レベルは41のシャワーズ(名前はエリザベス)で、平均37レベル前後であった。
 これはこれで辛い戦いだった。

 

 で、今日なんとかレッドくんを倒したわけである。

 

 倒したメンバーを称えてみんなに自慢をしたいと思う。

 

 ゲンガーのマキャベリ 47レベル : 主に催眠術→のろい→夢喰い で戦うアタッカー。先制の爪装備の運ゲーキャラ。卑怯だが主力。
 (呪い攻撃のやり口の汚さから、マキャベリと命名。今回の戦いは、まさに手段を選ばぬ戦いで、その名に恥じぬ健闘であった)

 チルタリスのオルレアン 46レベル:極限まで努力値を防御と特防に振った変な奴。硬いのが特徴。一撃耐えられれば、二人蘇生できるのだ。
 (チルット数匹を掛け合わせ、近親交配の末に出来上がった防御と特防がやたら高いヤツ…。とりあえずオルレアンと命名)

 ウインディのナポレオン 45レベル:威嚇要員。最終的なフィニッシュを決めたのは彼だった。
 (色々活躍してくれて、勇ましい奴だが、水上戦だと弱いのでナポレオンと命名)

 シャワーズのエリザベス 46レベル:HPがやたら高い。スペシャルアップを一個積めば、一撃耐えたりする。蘇生でゲンガーへと繋ぐ。
 (ネルソンにしようかと思ったらメスだった為にエリザベスと命名。パーティ紅一点。エリザベスという名の割には、下のエーフィは彼女の息子)

 エーフィのスレイマン 44レベル:数合わせ。本当は強いのだが、レッド戦では出番なし。とにかく蘇生でゲンガーへと繋ぐ。
 (なんか超能力ってイスラムっぽくない?というだけでスレイマン。ごめんなさい)

 メガニウムのチェーザレ 45レベル:お情けでつれている。あまり出番無し。やはりゲンガーへと繋ぐ要員。時折リフレクターが強力だが、今回は役に立たず。
 (初期ポケモンという高貴な生まれながらも、あまり活躍できずにいるあたりチェーザレっぽかった。あと外見の美しさもチェーザレの名が相応しい)

 

 とにかく戦い方は姑息の一言に尽きる。正直、勝ったと言えない勝利ではある。

 初戦:ピカチュウ
 ゲンガーが主に催眠術→のろい→夢喰いで見事にSATSUGAI。

 2戦:ラプラス
 ゲンガーが催眠術→呪いまでは行ったが、吹雪で死亡。シャワーズとチルタリスどちらかが生き残らないかなぁ?と、元気の欠片でお互いに蘇生→死亡→交代を数回繰り返すうちにラプラスを呪殺。

 3戦:カビゴン
 ゲンガーが華麗に催眠術→呪いを決めるが、さすがにその後起きて押しつぶされる。何とかダメージを下げられないかと、ウインディを何度も蘇生させて交代しては蘇生させてを繰り返して威嚇してみたが、生き残れず…。そうしている間に呪殺。

 4戦:カメックス
 前回までの流れだと3匹目にフシギバナが多かったのだが何故かカメックス。
 なんかもうアレだが、先制が決まってゲンガーが呪いを決め、あとは蘇生連発で耐えて呪殺完了。

 5戦:リザードン
 ゲンガーが催眠術→回復→呪い を決めてくれた上、相手がしばらく寝ていた為、全員の蘇生を完了。最終的にゲンガーはプチ殺されたが、5匹が生存した状態で最終戦へ。

 最終戦:フシギバナ
 まさかの4連続での先制失敗。最早生き残りは一人。ここまでかと思われた。
 ただひたすら、奇跡を信じてウインディ→チルタリス→ウインディ→チルタリスという蘇生ループを繰り返す。でも、フシギバナの技はすべて特殊攻撃。
 元気の欠片が心もとない数となり、残り1になったら、いちかばちかでゲンガーを蘇生して催眠術で先制狙いの特攻を考えていた。
 すると、途中でフシギバナがヘドロ爆弾、ギガドレイン共にPP切れ。さらに、ウインディが何気に、残りの攻撃であるハードプラントを一撃耐える事が発覚。ハードプラント→ギリギリ生存→回復→スペシャルアップを積む。という行為を繰り返して、余裕で耐えるようになった時には、最早フシギバナは「眠り粉」しか使えなくなっていた。粘り勝ち。

 

 総評

 汚い!さすが呪い汚い!

 

 「ポケモンに愛情とかは必要ない。屍山を築き、血河を流しながらであろうとも、累々たる屍の上に勝利の旗をつきたてれば良いのである」

 「オールフォーゲンガー、ゲンガーフォー呪い」

 

 クリアした後に気づいたが、どうせ呪うだけならシルクのスカーフのが安定したかもしれないと思えてきた…。

 

 絶対、呪ったポケモンが死亡した時点で、解除されるようにすべき。
 現状では呪われた時点で打つ手がない。かいふくの薬すら無効なのは異常である。

 

 これで、ストーリー上戦わねばならん連中とは概ね戦ったので、気兼ねなくレベル上げができるというものである。めでたしめでたし。

 天の神様

 人を呪わば・・・おそろしいですね。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

9月22日

てん

 貴様も友愛してやろうか!?

 

 ところで、鳩山の方針はそこまで悪いとは思わない。

 米国の金魚のフンを脱却して、多極化を目指していくという発想は悪くない。

 

 だが、そう考えるなら、アメリカにも中国にも距離を置くべきである。

 さらにいえば、核武装と軍拡と憲法改正が必要であり、普通の国になってもらいたいとも思う。

 

 まあ、さすがにそれはムリであろうがな。

 

 ところで、鳩山はそのうち本気で、中国に朝貢でもするんじゃないだろうかと思えてくる。

 中国政府から「汝を封じて日本国王と為す」とか書いてある親書をもらって、得意げに天皇とかに渡しそうである。
 そもそも、東アジア共同体を作るという発想が分からない。

 東アジア共同体とやらが何なのかを国民に説明していないうちから話を進めているのも気になる。

 NAFTAのような関税同盟であるのならば、それはそれで使いようによっては価値があるだろう。
 だが、おそらく彼の言う東アジア共同体とは、そういうものではないのだと思う。

 もっと恐ろしい、おぞましい何かである。

 そもそも、EUのような共同体を作るうえで重要な前提がある。
 それは、ある程度の同程度の発展具合であり、同程度の所得水準や同程度の物価であるという点であろう。

 少なくとも、日本と韓国、中国で通貨統合ができるかと言われたら無理と言わざるを得ない。

 

 それに、中国は斜陽の国家である。そこと仲良くする外交上の利点が良く分からない。

 一人っ子政策による過度の産児制限により、急激に高齢社会に向かって驀進する国。そして、国内に資本主義と社会主義の二重体制という矛盾を抱え、農村と都市部の壊滅的な所得格差や教育格差、ひいては文明的なレベルでの格差を有している。

 正常は不安定で、少数民族に対して苛烈な産児制限などの弾圧を行っており、人道的な面から見ても、許しがたい行いをしている中国。

 そこと仲良くする利点はどこだろうか。

 

 その意味で言えば、麻生元総理のインドとの同盟関係の構築は非常に有意義であった。

 中国と、国境紛争も抱えているインド。そして、日本と逆側から中国を挟む位置に居る。
 さらに言えば、アメリカで拡大したインド人の富裕層の努力により、アメリカに対して核保有を認めさせた国でもある。

 この国との同盟がどれほど素晴らしいものであるかをニュースは告げない。なんでだ。

 

 政治は…外交は友愛では解決できない。

 鳩山はペロポネソス戦争史のメロス島対話でも読んで来るが良い。外交とはいかなるものかを知る事ができる。

 

 

 ところで、最後にこれを見てほしい。

 と、いう夢を見たんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 というのはウソで、実は転生した。 
 いまはアヌビスとかもあるので、毎日30分とかでも転生できる良い時代になったものである。

 特に、今回の1.5倍期間はありがたかった。

 

 さまざまな人々の協力をいただき、大いに感謝している。

 

 

 元気に、純正殴りハイプリの道を歩んでいるので安心してほしい。

 今度は間違ってフラットになったりしないよ。

 ちなみに…下から二番目は、転職しに行って、勢いあまってヴァルキリー部屋まで行ってしまっただけである。

 

 

 天の神様

 鳩め・・・。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

8月30日

鳩が跳ね返って豆鉄砲など撃ちおって、分をわきまえよ!

 That whenever any Form of Government becomes destructive of these ends, it is the Right of the People to alter or to abolish it, and to institute new Government!!!!

(アメリカ独立宣言前文、抵抗権についての文章。「政府が破壊的なものになってしまったときはいつも、人々は政府を変更や撤廃を行って、新しい政府を設ける権利を有する」というような意味)

 

 鳩が跳ね返って豆鉄砲など撃ちおって、分をわきまえよ!

 大震災フラグが立った。

 これで、関東大震災でもおきるのだろうか。
 自衛隊の災害出動は、今度こそすばやくお願しますね。内閣総理大臣。

 米軍の協力申し出も、快く受けてくださいね。今度こそ。

 

 アジアを大切にする外交を考えるならば、当然、中央アジアも大切にしてくださいね。インドも、西アジアも大切にしてくださいね。東南アジアも大事ですよ?

 

 天国のフリードマンに謝らねばならない。

 我々は、かつて欧米が見せた、修正資本主義の同じ轍を踏もうとしている。いや、それ以上におぞましい何かだ。
 異常な最低賃金と、巧妙にカムフラージュされた増税、そして農家の所得保障。福祉の皮を被った社会主義が忍び寄っている。

 

 日本に亡霊が徘徊している。民主党という亡霊である。

 まあたまには良いだろう…。

 彼らが野党となったとき、今まで批判や反対のみでアイデンティティを築き上げてきた彼らが、どのような道をたどるのかが見ものである。見事、現実的な政府としての資質を手に入れ成長するならばそれも善し。

 崩れ去るのも善し。

 

 見せてもらおうではないか・・・。本当はヤだけど。

 天の神様

 鳩め・・・。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

8月17日

とてもひどい

 こち亀の来週の予告のあらすじがまた酷い。

 そのまま、TBSのサイトからコピペしてくる。
-以下引用-

ある日、亀有を地盤にしているヤクザ・御所ヶ原組の連中が公園に集まっているという通報が入る。その組長・御所ヶ原 (西田敏行) は俳句をこよなく愛し、ことあるごとに妙な俳句を披露するお茶目な組長であったが、両津 (香取慎吾) とは会えばすぐにケンカの因縁の仲。その通報に暴れたくてウズウズしていたという両津は、中川 (速水もこみち) を引き連れ急いで現場へ駆けつける。

その場は何とか話し合いで済んだものの、派出所へ戻った両津はどこか物足りない様子。その時、その両津のもとへ組長の右腕・政 (堀部圭亮) がやってくる。
両津を男と見込んで話しがあるという政は、親がヤクザだから出席して欲しくないという理由で結婚式を挙げていない娘・夏子 (片瀬那奈) と、娘の幸せな姿を見たいと願う組長の間に入って、ふたりの仲を取り持って欲しいと頼む。

その話しに始めはまったく乗り気ではなかった両津であったが、結婚式の費用として1千万用意しているという組長の言葉に一転、“娘さんの結婚式は俺に任せろ” とすんなり引き受けてしまう。

しかし、1千万円もの大金を手にした両津が普通に結婚式を計画するはずもなく誰もが予想もしないとんでもないアイデアで大暴れする。
果たして組長は無事娘の晴れ姿を見ることができるのか !?

-引用終わり-

 

 さて、まず一つ…名前間違えんなコラ!

 実際にも表記にブレがあるものの、ここ最近は「御所河原」で統一されておったような気がする。確かに、御所ヶ原と表記されていた事もあったかと思うが、最近のものを見る限り、正式には御所河原なのだと理解していたが。

 原作を1000京回くらい読み直して来い。

 

 そもそも、御所河原と両津の関係についての理解も間違っている。
 会えばすぐにケンカする因縁の仲とか書いておるが、そんな因縁無いだろう。

 どちらかというと、基本パターンとしては…
 「御所河原が珍妙な事をしはじめる(稀に悪事)」→「両津が咎めに行ったが迎合」→「一緒になってやりたい放題(もしくは金儲けを思いつき単独で悪さ)」→「部長や中川が懲らしめる」

 これが基本パターンである。

 暴走族になった御所河原組に参加した事もあったし、花見の為に桜を奪っていった彼らのところに乗り込んで、一緒に宴会を始めた事もあった。

 

 まあ、御所河原組長じゃなくて、御所ヶ原だから別人なんだな?そうなんだな?あぁん?

 原作を1000垓回くらい読み直して来い。

 

 続いて…娘の話云々だが…。

 勝手にキャラ設定作るなよ。

 御所河原組長の私生活については謎の部分が多い。既婚なのか独身なのか。
 だが、そんな点は問題ではなく、彼の突飛な行動が面白いのである。アニメのセルを集めたり、食玩のフィギュアをコンプリートしようとしたり、バイクのがかっこいいからと言って、突然暴走族になったり。

 そこらへんが重要なのである。

 毎度毎度思うのだが、無理に人情話にしないでほしい

 そもそも、こち亀にはそういう話はあまり多くない。稀にある程度だ。稀だからこそ意味があるわけで、毎度毎度やっていたら面白くない。

 結婚式の話をやりたいのだったら、素直に原作でもあった本田の妹の結婚式の話にしたら良いではないか。

 

 ちなみに、先日の土曜の話を見ていて思ったのだが…あの流れで話を作るというのだったら・・・私だったらこのようにする。
 

 寺井が購入した夢のマイホーム。しかし、やたらと安かった事が不安になり、調べてみるとそこは地元では有名な幽霊屋敷であった。ガックリと落ち込む寺井だったが、そんなのはただの噂だという両津に、実際に行って幽霊がいないか調べてもうらう事にする。

 寺井とともに調査に出掛ける両津。しかし、屋敷の中へ足を踏み入れた瞬間、次々と超常現象が起こる。一刻も早く売り払おうという寺井に対し、両津は、冷静に調査をし、それらが住み着いた野生動物や、下水管の共振現象が原因であった事を突き止める。幽霊屋敷は一転、奇妙な現象も修理により解決し、豪華な邸宅となった。

 寺井を羨んだ両津は、いわくつきの不動産を扱う仕事を開始。幽霊屋敷を買い取っては、次々と原因を解明し、修理を行い転売して荒稼ぎをしていった。

 そんな折、部長が家を引っ越すので、今のマイホームの売却先を探しているという情報を手に入れた両津。
 日ごろの仕返しにと、本田を巻き込んで幽霊に変装し、部長の家を安く買い叩こうと画策するが…

 こういう流れなら、こち亀と言えるであろう。これこそが、こち亀の王道パターンである。
 もっとも、所詮私が考えたテキトーなものなので、秋本先生には遠く及ばぬ発想であるが。

 

 まあとりあえず、脚本家は、原作を・・・1000穣回くらい読み直して参れ。

 

 

 天の神様

 だめすぎますね。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

8月12日

ひどい

 財源の無い高福祉より、中福祉・中負担を!

 国を守るのは曖昧な理想論ではなく、現実的な政策です!

 

 こんにちは。バーチャルネット自民党の手先。レイホウである。

 マニピカット・・・じゃなくて、マニフェストをもらった。

 やっぱり、今の状況を任せるとしたら自民党である。
 政権童貞の民主党には任せられんというものだ。

 さて、こち亀のドラマがひどい。
 ここで、世を忍ぶ仮の小学生時代から買っており、カメダスだって持っていて、全巻コンプリートしている私が、一言物申したい。

 

 とりあえず、まだ未放送だが、第三話のあらすじを見ただけでも酷い。

 

 駄目。ぜんぜん駄目。
 こち亀の本質を判っていないのである。あれでは、まともな話が作れるわけがない。

 そもそも、部長がマイホーム購入を失敗する時点でありえない。
 土井中(字わすれた・・・)村のような場所に家を建てたり、あるいは周りが開発されて環境が悪化してしまうというようなケースはあったワケだが、少なくともクオリティの高い良い家を手に入れている。ただ、不便だったり環境に問題が後から発生しただけである。作中でマイホームの鬼とまで言われる部長が家で失敗する時点でダメなのである。

 脚本家は原作1000回読んで来い。この話にするなら、家を買う役は部長じゃなくて寺井だ寺井。

 

 さらに言うと、いきなりのっけから日暮を出してきたあたりにも問題がある
 最近は、そのパターンが減りつつあるが、思うに日暮の登場シーンで最も魅力的なのは何かというと「彼の部屋」である。

 時には膝までカビにうもれてたり、古代生物が出てきたり、ナウシカの腐海のようになっていたりだとか・・・滅茶苦茶なのである。

 そのシーンが日暮の70%を占めていると思うのだ。
 日暮を出すならば、ちょい役として出すのではなく、日暮を如何にして起こすかというのをメインストリームに持ってこなければならない。ここらへんの基本が判ってない時点で、脚本家はダメである。

 原作を10000回読んで来い。

 さらに、本物の幽霊が出ておるのだが、私の記憶が確かならば、霊的な存在を暗示するラストになった事は幾度かあるものの、結局のところ本当に幽霊が出てくるようなケースは、ほぼ無かったと記憶している。

 神とか魔法使いとか宇宙人はあったが、幽霊は一度あった気がするが、そんなに良くあるパターンではない。
 確か…法条が引っ越した部屋の前の住人が自殺していて、その自殺した住人が勝手に引っ越し祝いの寿司を食うラストだったと記憶している。

 キワモノキャラ出すなら、特殊刑事出せ。特殊刑事。
 もうどうでもいいから、ジャニーズ枠を全部特殊刑事にしてしまえ。

 あとな・・・中川だが。
 F-40とか、BBとか、カウンタックとかディアブロとかムルシエラゴとか、ブガッディとかマクラーレンで出勤してくるのが大事なのだ。麗子もポルシェで出勤してこなければならない。

 用意しろよTBS。

 そこらへんの基本を押さえてもらいたい。

 全体的にダメである。本当に原作読んだのか?と思うのだ。
 無理くり人情話にしようとしているあたりもダメである。

 話にならん。

 

 とりあえず…もう打ち切りで良いから、残りの予算を全部使い切って、江崎コロ介出して、マクラーレンとか大破させる話にしてくれ。
 あるいは、飛行機でスキーしてホテルに突っ込む話でもいい。

 天の神様

 だめすぎますね。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

7月11日

やらしい
不自然な腕と髪のリボンは上からかぶせてるだけの差分ファイルなのです。

 注:このサイトに登場する、人物、名称、団体等はすべて架空のものであり、バーチャルのものでもなく、とにかく架空のものであり、何かに似ていたとしても他人の空似です。

 いつもと変わらないように見えて、前回あたりから、常識に縛られなくなっている。
 長い間私を縛り続けていた、グラフィッカー時代のエロゲーの常識を捨ててみた。黒を多様してみたり、変な感じの色合いだったり…。暗中模索中。

 ちなみに、散々悩んだ末に、左の青い小娘の手首に謎のリボンと、髪の毛にも謎のリボンを、線画の上から差分レイヤーとして追加している。つまり、リボンを非表示にできるわけである。しないけど

 ちょっとだけ、少年漫画家の気持ちが解った。

 左の人は特に名も無いアコライトだと思う。たぶんそう。いやきっとそう。

 左のアコライトが毎晩毎晩亡霊に悩まされているので、助けるために全身に聖句を書き込んであげようとしている優しい私である。
 というのは真っ赤な嘘で、特に何も考えてない場面である。

 各自で勝手に考えてくれ。

 それと、もらいもの↓。

ありがとう。。。

 上手いねー…超上手いのである。困った。
 よく、うちに来てちょいちょいっと絵を描いていたりするのだが、そのちょいちょいっと描いてるのが上手かったりするから困る。
 一緒に描いていても、その才能に当てられて私は硬直したりする。

 人体の描き方の上手さとかセンスとか、いろんな面で負け負けである。私よりも年下なのに、嫉妬にかられたりするのである。うーむ…。

 こういうセンスを見ると、まだまだ私は常識に捕らわれている事に気づかされるというものだ。

 

 

 天の神様

 一日に二枚アップするのって、かなり珍しいかも・・・。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

7月7日

七夕

 たまにはアサシンクロス。

簡単な勝負だ。私が五歩歩いてお前の首を掻き切る前に、お前は私の心臓を銃で撃てばいい。心臓の位置は解るな?ここだぞ。さあ、始めよう。

 アサシンクロスなんて持ってないのだがな。

 

 アサクロってこんな服だったかな・・・いや、たぶんこんな服だ。間違いない。公式サイトを見たので間違いないはずである。

 

 それはそうと、ふと気づいた。レッツラグナロクが閉鎖して、もう七年の月日が流れようとしている
 長い長い年月である。

 あの掲示板の荒れ方が良かった。

 煽られもしたし、煽りもした。

 韓国に行ってヒャック氏と握手をしたのも、遠い彼方の出来事だ。

 掲示板で叩いたり叩かれたり、美しい思い出である。(思い出は無条件に美しいものである)

 当時の高校生は、もう大学生だろうか。(何人が大学生になれたやら)

 当時の大学生は、もう社会人だろうか。(無事に働いてるのが何割だ)

 そんな年月の中で、ROは不気味なほどの恒常性を維持して、ずっと続いている。それはまあ、悪いことではないのだろう。
 ネットゲームの時間の流れというものに、一抹の恐ろしさを感じる瞬間である。

 私は今も少しだけROをやっている。
 ギロチン持ちのBSで、延々と敵をまとめて吹き飛ばすという作業をするゲームである。

 今も新しいモンスターが実装され、新しいマップが実装され、さらなる高性能装備が実装されていっている。

 

 血眼になって、ミストレスからダマスカスを狙っていた時代がアホみたいである。いや、アホだな。

 こんな事を言っていると懐古厨といわれてしまう。

 

 まあ、それはそうと、最近はネットゲームの恐ろしさが色々現れてくる時期じゃないかと思う。

 もともと、ネットゲームがだんだん盛んになってきた時期から2〜3年は、廃人は大した問題ではなかった。
 なぜなら、高校生は単なる落ちこぼれの高校生になり、大学生は単なる落ちこぼれの大学生になっただけである。

 2〜3年では、その実態は明らかにならなかったのは当然とも言える。

 部分的に見れば、彼らは普通のダメなやつである。

 

 問題なのは、麻薬的な依存性である。

 現実とは異なり、ネットゲームの努力(つまり消費時間)と、成果はほぼ正比例の関係になっている。
 現実においては、努力は必ずしも報われるものではなく、望んだとおりの結果も得られることは少ない。

 そうして抜け出せなくなっていくのである。

 

 で、7年とかが過ぎた今。

 当時のダメな高校生は、ダメなニートやフリーターになった。

 当時のダメな大学生は、ダメなニートやフリーターになった。

 

 ダメであるな…。こいつぁいかん。
 まことに遺憾である。(などとダジャレを言っていてはいけない)

 まあ、言うなれば究極の趣味人である。

 それも一つの人生であろう。めでたしめでたし。

 とはいえ、これからどんどん出てくるであろう。増えてくるであろう。この分野に専門家が居ないのも問題である。

 病気として治療していかなければならない気もするが、比較的無害な連中なので、一生そこで過ごしていてもらっても構わん気もする。

 

 豊かな国ゆえの問題であるな。

 とりあえず、現在は第一段階の問題である。
 つまり、ニート、フリーター、ひきこもりの増加である。

 あと10〜20年で第二段階の問題が出る。
 親が死にはじめる時代である。

 自分で食っていけないネトゲ廃人がどこにたどり着くのか。謎である。
 少なくとも、私は私の払った税金でそいつらを養うのは、まっぴら御免である。
 

●追記日記●

 ROの凄いと思う点。

 装備品でグラフィックが変化しない。(頭とかしか変わらない)

 これは実は色々良い効果を生んでいるように見える。
 つまり、最強装備でも外見最悪というような事に一般的ネトゲではなりがちである。

 つまり、アイテムを際限なく上限突破させていくROにおいては、鎧などのグラフィックなどを実装しない方がプレイヤとしては嬉しいわけである。

 なんか、悪魔の皮みたいのかぶってる自キャラは見たくないはずである。(どこの皮だよそれ。ボス倒して割礼したのかな)

 

 

 バランスを調整しない。

 あきらめる事によって、あきらめさせる。究極の手法。
 多分もう、バランスを取るのは不可能である。

 最終的に高性能アイテムをドバドバ投入していくことによって、もはやプレイヤはバランスが良いのか悪いのか判断できない。見事に有耶無耶にした。

 

 

 公式掲示板が無い。

 有象無象の連中の、不毛な議論や言い争いを見なくて良い。
 ひいては、ネガキャンとかもできない。

 悪い面が公式掲示板で書かれるという事が無くて安心。

 

 

 現金販売アイテムがやたら高い。

 びっくりするほど高い。
 買う人=金のあるプレイヤ ではない。

 買う人=それに金を出しても良いと思えちゃう人 である。

 ゲームの経験値テーブルや、レアドロップ率、金銭効率がかなり引き絞ってあるので、それでも買う人がちゃんと居る。

 

 

 2が出ない。
 賢明な判断と言う。

 

 

 総評。

 ピサの斜塔みたいなゲームである。私としては大いに感心している。
 無理を通せば道理が引っ込むという言葉が良く似合う。

 

 

 天の神様

 微妙な問題ですね。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

6月28日

インフレーション理論

 ふと思った。オンラインゲームにおけるインフレは回避不能の運命である。
 (通貨的な意味だけではなく、全体として。むしろ通貨はインフレしなかったりもする)

 そもそも、現実の経済においても、経済や国力の成長とインフレは切っても切れない関係で、戦後から見ても、現在の通貨価値というのはかなりのインフレ状態なワケである。

 といっても、これは異常ではない。

 内部で生活している経済単位が成長すればインフレは不可避の運命なのであろう。

 それはオンラインゲームにおいても同様である。そして、オンラインゲームは困ったことに実体経済とは異なり、基本的に内部の経済単位を構成しているキャラクタは成長が停滞することはなく、日増しに日増しに日増しに、毎日刻一刻とゲーム内キャラの総レベル、総資産は上昇し続けていくわけである。

 つまり、成長し続けている以上、最早インフレは不可避の運命なのである。

 では何が問題なのだろうか。

 そもそも、現実世界においては長期的なインフレ傾向はそこまで問題ではない。

 インフレに伴って、基本給もあがるし、新たに社会の一員となった社会人の、新卒給与も上がっていったわけなので、特に辛い事は無かっただろう。

 ここが、ゲームとの最大の違いである。

 

 通常、インフレ傾向にある社会では、所得もそれに応じてあがっていく傾向にある。
 社会人LV1の人が手に入れる給与も上がるのである。

 だが、オンラインゲームでは、あまりそういう傾向に無い。

 たとえば、ポリンから手に入るアイテムが高額になったりしない。バルシャを沈めて大金は得られないし、モンバットからAFは出ない。

 つまり、一見してゲームは通貨的な面からも、装備やキャラクタ、スキルの性能的な面からも「インフレ」と言われているが、実は全体的にはそうではないのである。

 低レベル層において、相対的なスタグフレーションを招いている事が問題である。

 周りの性能はどんどん天井知らずで高くなっていくが、だからといってレベル1のキャラクタの装備や成長が上がるわけでもなく、最初からレベル20や30でスタートできるようになるわけでもない。

 低レベル帯ではスタグフレーションに陥っているわけである。

 オンラインゲームにおいて、トップユーザの嗜好を満たすためにはインフレ傾向は必要悪と言える存在である。そうしなければ飽きられてしまう。なので、性能の上限を上げていくのは必要であろう。だが、下限が変わらない事によって、低レベル帯でのスタグフレーションが発生していく。

 さらに、レベルがそれなりに高かったとしても、一度その世界のインフレ傾向の速度から転げ落ちた者も、迫り来るスタグフレーション層に転落していく。

 どんどん天井をあげるほどに、中レベル、中高レベル層までも相対的スタグフレーションの影響に巻き込まれていく。

 

 とはいえ、もしROを…初心者修練所を出たところで80レベルからスタートとしたらそれはそれで反発が大きいだろう。
 10000円のチケットで転生ノービスから開始などさせても反発が大きいだろう。

 結局のところ、下限を切り上げない限り、インフレ傾向による悪影響は相殺できないのだが、下限は切り上げられないのが辛いところである。

 

 

 ところで、最近知ったのだが…遊戯王カードって、インフレ傾向にあるのだな…。
 どんどん数字がデカくなっていってるそうな。

 てっきりMtGみたいに、質実剛健にやっているのかと思ったらそうでもないらしい。派手好きの子供に媚びた何とも言えぬビジネスモデルである。

 

 それはそうと…続唱スワンはちょっとひどすぎる。速度はそこまで早くないものの、マナ基盤は磐石であり、キーカード一枚引けば勝ち確定で、MoMAの再来を思わせる恐ろしいコンボデッキである。

 というかスタンダード環境で土地カードが40枚のデッキが大会優勝できるようなカードを設計した連中はクビが飛ぶんじゃないだろうか。
 ウルザブロック、神川ブロックの悪夢再び…とならない事を祈る。

 スタンダード環境で禁止カード出したら、カードデザイナの首が危ういのう…。

 

 天の神様

 続唱スワンひどすぎます。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

6月17日

最悪のアップデート

 最近のFEZ。

 こんにちはー、FEZショッピングのお時間です。

 今日お届けする商品はこちら。「ソードランページ」です。

 目の前のウォーリアの動きを止めたいんだけど止まらない。
 中距離での牽制を効果的に行いたい。

 そんな時ありますよね?

 そんな時に便利なのが「ソードランページ」

 これ一本で、牽制、中距離での刺しあい、削り、追撃、トドメまで全ての攻撃が可能なんです。
 今ならばもれなく、長距離型範囲スマッシュのエクステンブレイドもおつけします!

 何とこれが、今ならお買い得価格970円でのご奉仕です!

 さあ、今すぐオーブショップの大剣に!

 

 

 という感じ。

 ソードランページがヤバい。
 何がヤバいって、両手斧ヲリが絶滅した。戦場でドラテを見かける事が無くなった。のけぞりが本気でヤバすぎる。範囲がヤバすぎる。とにかくヤバすぎる。万能すぎるのだ。しかも消費POWが54とかふざけている。

 

 FEZは大丈夫だろうか。心配である。

 

 同様に心配なのもウルティマオンラインである。
 靴とか、サッシュとか、ローブとか、今までマジックプロパティがつかなかった部位にマジックプロパティをつけはじめた。
 強すぎでしょう?

 UOMLでエプロンが出た時から怪しいと思っていた。そしたら、レプリカ装備である。なんだあのふざけた性能はっ。
 正直、木製装備ですらやりすぎだと思うのに。

 ロードブリティッシュが見たらウンコ漏らすようなアイテムばっかりである。

 大丈夫だろうか、UO。 

 

 

 ネットゲームというのは、必然的にパワーインフレの宿命を背負っている。
 これを如何にして防いでいくかというのが問題である。単純に防げば良いというものではない。新要素が天井を押し上げるアップデートになってしまうのが、やはり問題なのであろう。

 これを防げたゲームというのを見た事が無い。

 もっとも、変化していくのがネットゲームであるとも居える。
 天井をあげ続けるのもひとつの方策なのかも知れぬな・・・。

 天の神様

 どうなんでしょうね。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

6月12日

水彩

 水彩ってやつは面白いけど難しい。

 最近たまにまた、あのフォトショップさんが恋しくなってくる事がある。まあ、別にひとつのツールで作らなければならないワケでもないので、随時その時々で使い分けていきたい次第である。

 レギンスの上からスカートっていうのが好きじゃないという男どもが多いのだが、慣れてみると良いものだと思うのだ。
 昨年、一昨年と、カラータイツがとても可愛くて良いと思っていたがやっぱり男からの評判は今ひとつである。ていうか真っ二つである。賛成派とキモい派に分かれておった。

 世の流行とはなんとも難しいものである。

 とりあえず夏だし涼しそうな格好を・・・。

 

 天の神様

 こういう服の絵ってあんまり見かけませんね。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

5月22日

エコイスト/エコイズム

 さて、豊川市、蒲郡市、岡崎市がスーパーのレジ袋を有料化した。
 何も変わらないレジ袋を有料化した。

 何とも言えない気分である。

 そもそも、地球温暖化を防ごう!とか、そんな言葉でもって、レジ袋の有料化をしているのである。

 

 私はこの手の「エコ」が嫌いである。

 そもそも、遠くに追いやっただけではないか。

 私はそう思うのだ。

 人類の歴史というのは、住環境から好ましくないものとの文壇の歴史である。
 最初、集落内にあった墓地は徐々に追いやられ、最後には村の外に墓地として別の境界を設定されたのである。

 みなが狩猟採集によって得ていた食肉は、いずれ、仏教文化の伝来とともに「えた」「ひにん」と呼ばれる不可触民によって屠られるようになっていった。

 工場は住宅地から遠ざけられた。

 せいぜい、人類の歴史の中で、好ましくないものが遠ざかったのではなく近づいたものといえば、戦争が総力戦になって民草を巻き込むようになったことくらいだろうか。

 

 さて、それが何かというとだな、レジ袋を有料化して何になるというのだろうか。
 その5円で植林活動でもするのだろうか。有料化に伴って、低CO2排出の素材へと変更するなどの企業努力を行ったのだろうか。

 私にはそうは見えない。

 結局、生ごみを捨てるのにビニル袋は使われていく。燃やされていく。

 エコバッグがあっても、とり回しが悪いために、車での来客者が増えているようにも感じられる。本末転倒ではないだろうか。

 

 近所の牛丼屋が、割り箸から、明らかに製造や廃棄の過程で環境負荷が大きそうな、樹脂製の塗り箸へと変わった。
 廃棄したときの環境への影響が気になる。

 

 結局、CO2の発生を予感させる段階を、遠くに追いやっただけなのだ。

 レジ袋は見えやすいから有料化という形で廃され、その代わり車の利用者が増えたとしても気にしない。

 割り箸は見えやすいから廃され、捨てるとき、作るときに明らかに環境に悪そうな塗り箸へと変わる。

 水素で走る車、電気で走る車。これらもそうだ。

 日本は原子力発電と同時に、火力発電もかなりの割合であるわけで、燃やす場所がエンジンか発電所か。ガソリンか重油かくらいの違いである。

 

 なんというか、不思議な世の中である。

 

 幸いにも、わが豊橋市の市長さんはガッチガチの理系なので、地球温暖化の迷信にとらわれて変な政策は取らんであろう。めでたしめでたしだ。

 

 ところで、誰かが言っていた。温暖化で困るのは人間だけだ。
 地球は幾度と泣く氷河期と間氷期を繰り返してきたが、その中で困ったことなどほとんど無いのだ。

 人間だけが、腰が重い。

 だから困るのだ。

 

 だから「地球環境を守ろう」みたいな触れ込みで温暖化防止を訴えてはいけない。
 「人間の生活環境を守ろう!」と訴えていくべきだ。

 

 天の神様

 人は傲慢な生き物なのですね・・・。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

5月22日

フィッシュ

 女子高生の濃厚接触者って、言葉としてどうなのよ?言葉として。

 確かに言わんとする事は判るんだけど・・・濃厚接触者ってどうなのだ。ものすごーく、嫌らしい響きに聞こえるのだ。それはもう水音が聞こえてきそうなほどに。

 なんか違う言い方を早急に考えてもらいたいものである。

  

 さて、FEZも微妙なので、公式サイトで動向を見つつプレイはせず。

 DOLもアレな感じなので、しばらくプレイしておらず。

 ROも何だかダルいのでプレイしていなくて、

 いったい私が何をプレイしていたかというと、まさかのウルティマオンラインである。

 

 久々に、家の内装をやりたくなったので、ログインしてチマチマやっておった。まさか、トランメルのYAMATOでオーシャンビューで被り無しの3階建て物件が建つとは思わなかった。(昔のマラスの最大サイズの家は腐った・・・orz)

 とはいえ、立地条件は非常に素敵なので、ここで本腰入れてカスタマイズしていたりする。

 ところで、なぜそんな話をしたかというと、昔少しでもUOやっていた人!今すぐにクライアントをDLしてくる事をお奨めする。
 なぜかというと、クライアントインストールをして、音楽フォルダに入っている曲で、Battle on Stonesという超絶名曲ができた。あの、UO中最高の名曲であるストーンズのメロディを勇壮な戦闘BGMにアレンジした、まさに神曲である。

 あのなんとも言えない物寂しさのあるストーンズの曲調での戦闘BGM。ぜひとも聞いてもらいたいものである。 

 

 さて、ところで私は最近、大聖堂でのお仕事に行くときに・・・お弁当を自分で作っている。これがなかなか美味い。

 やはり、われながら料理が上手である。

 

 まあ、それは良いのだが、その時、ひらめいたのだ。

 何をひらめいたかって?これに入れたら・・・さめたちょっとションボリな感じのアレが味わえるかもしれない。

 

 そう、私は禁断の扉を開いてしまった。

 「フィッシュ&チップス弁当」

 

 私の二段式の弁当箱の一段目。ご飯を通常入れる段には、主食であるチップス。つまりフレンチフライを敷き詰めた。もっとも、チップスと呼ばねばならない。フレンチなどとつけてはいけない。

 で、二段目。通常おかずを入れる段には、フィッシュである。卵と小麦粉と重曹をビールで解いた衣をつけた魚を入れた。今回は「にべ」である。何その魚?と思ったが、見た目が美味そうで、割と近くの三重県産で、いいかんじだったので買った。

 

 そして、ワクワクのお弁当タイムである。

 まさにジョンブルの昼食!

 

 集まる視線。

 「は!?レイホウさま何その弁当!」というような反応が大多数である。

 一部の人間は、フィッシュ&チップスの何たるかを心得ているので、大爆笑である。

 

 そしておもむろに食べる私。

 

 あれ・・・?

 あれ・・・・・・?

 

 直前にチンしたのが悪かったのかな・・・。
 それとも、ビネガーじゃなくてレモンをかけたのが悪かったのかな。

 

 美味い・・・美味いぞこれ!

 何度もいうが、フィッシュ&チップス美味い。これ美味いわ。

 

 思ったより美味くてネタにならなかったのであった。

 

 幾度かの検証により私は不動の真実にたどり着いた。

 日本のちゃんとした調理技術をもってすれば、フィッシュ&チップスすらも美味い!ということに。

 というわけでオススメである。食べてみたまえ。

 

 天の神様

 美味い・・・いいないいな、イギリス人。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

4月27日

忍び寄る終焉と退廃

 何かって、FEZ。

 そろそろ迷走してきた。フェンサーの実装から怪しいと思っていた。

 挙句の果ての大剣である。

 

 そもそも、FEZの売りは何だったか、運営サイドが忘れてきている点である。これは何といっても「死ににくさ」である。
 簡単には死なない。普通FPSやTPSだと、ヘッドショットされて何されたのか分からぬまま終了。

 歩いてたら手榴弾投げつけられて終了。

 などなど、即死が多い。

 

 しかし、FEZは非常に死ににくいのが売りであった。

 この死ににくさというのは大事である。
 死ににくさが色々なものを演出していた。たとえば、プレイヤーのスキル。そして、激戦。

 通常、プレイヤー同士が接触すれば、ほぼどちらかが死亡するまで戦闘は継続される。しかし、FEZの場合は後方に下がって回復という方法が多くとられる。これは、死ににくさ故である。

 それゆえに、比較的大雑把なゲームの内容でありながら、「前線が拮抗する」事を演出する事ができる。

 さらには、少人数戦では、長時間にわたる激戦を演じさせ、プレイヤーのスキルというものを演出することができる。

 

 早い話が、死ににくいというのは、ゲーム性うんぬんより演出としての側面が強いわけである。

 そうして、FEZは長らく人気を博してきた。

 だが、フェンサー実装で色々狂い始めた。

 確かに、以前からスタンすれば死ぬゲームだった。しかしそれは、スタン後の集中攻撃あっての話である。
 一発で殺られたのではなんとも味気ないものである。

 

 FEZが人気であった理由のひとつとも言える、遠くから狙撃されて即死が無い状況を破壊してしまった。
 そして、FEZは理不尽にも即死するゲームになってしまった。

 さらに、ここにきて大剣の実装である。そんなバカなと言う感を禁じえない。

 なぜ、なぜ、なぜ!!!!!!!

 なぜ威力を両手斧より上にした!
 私の勝手な意見を述べさせてもらおう。

 

 片手剣:扱いやすく万能武器。たいてい伝説の武器はこの系統。ただ、基本攻撃力は高くは無い。

 両手剣:扱いやすく威力のある武器。攻撃力だけは優秀。ただしなぜか終盤で伝説の片手剣に攻撃力で抜かれる

 両手斧:扱いにくく命中率は低いが、攻撃力だけは段違いの武器。序盤は高威力で重宝するが、後半は伝説の片手剣、両手剣に押されてオッサンキャラとともに二軍落ちしていく命運。時折、少女キャラが装備する場合もあるが、その場合は最後まで一軍。

 

 世間一般的に攻撃力はこうだと思うのだ。

 つまり、 片手<両手<斧

 という順番だと思うのだ。なぜ、両手剣を斧より攻撃力を上にしたかが悩むところである。そもそも、武器グラフィックと別の武器の振りさえ用意してあげれば良かったのだ。固有技も不要。ドラテとベヒテで問題無かったであろう。

 アタックレインフォースも不要である。

 まあそんなわけで、FEZも廃れてきた。気軽にできる対人ゲームとして、最近オンラインのマージャンばっかりやってる私であった・・・。

 

 天の神様

 最近気づいたんです。
 絶対リーチしない。
 相手が先にリーチしたらベタ降り。
 ダマテンからのツモ狙いで戦い続ける。

 これを続ければ2位になれるってことに・・・。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

4月2日

爆弾更新

 今日の更新については、怒る人がいるかもしれない。

 マナー違反だと言う人がいるかもしれない。

 そんなもの載せるな!と言う人がいるかもしれない。

 だが、私は私の信念のもとにこれを書いている。
 ROにかかわる事で、しかも規約やプレイマナーに関わる事である。

 事前に言っておくが、これから書く事を推奨しているわけでもなく、広めようとしているわけでもなく、悪用を勧めているわけでもない。

 単なる、理屈と実践の成果の発表と考察に過ぎない点を考えてもらいたい。

 

序論

 そもそも、かかる実験を行うに至ったのには理由がある。私はもともと2PCプレイの環境を保持していた。
 いまどきのROでは、2アカ支援、2PC付与などは当たり前のようになっている節がある。私も利用していたことがあった。

 さて、そこで問題である。私はしばしばうちに住み着いている娘が、PCが壊れたというのでサブPCをあげてしまった。なので1台になってしまったのである。

 だが、久々にROをやってみるとやはり付与環境は欲しい。
 というか、付与環境がないというのは、今のROプレイヤにおいては(一定レベル以上では)致命的なハンデとなる。

 そこで問題である。1台のハードウェアで、2つのラグナロクオンラインを起動し、フロストウェポンなどを付与することは可能なのであろうか。
 ここまで読んでイヤになった人は引き返してもらって結構。帰れ。

 

1章:規約の考察

 はじめるまえに、手段がいくつかあることを考えなければいけない。

 1:ツールによる多重起動

 ・・・調べたのだが、そんなツールが存在するのかどうかは怪しい。都市伝説ではないだろうか。
 そもそも、ROを多重起動するためのツールというのは早い話がnProを誤魔化しているわけなので、ROクライアントの正常な処理を阻害する不正ツールであると言える。論外だ。これを使ってはならない。

 2:dllやバイナリの書き換えによる多重起動。
 ・・・歴史的に見ると、可能だった時期があるようである。しかし、クライアントの改変行為にあたる。そもそも、プログラムのような文字列に対しても、産業所有権法の保護が及んでいるので、無断での改変は違法であると同時に、規約違反である。
 これも論外である。これを使ってはならない。

 

 以上の点から踏まえて、何らかのツールを使ったり、プログラムを改変しての多重起動はそもそも、規約の面からするべきではない。
 では何か。

 多重起動をするとしたら何をすればいいのか。
 簡単な点から言おう。多重起動をするには、多重起動をしなければいいのだ。

 矛盾をはらんでいるようであるが・・・。つまり、二台のPCを使うというハードウェア的な解決手段があるわけである。

 

2章:ソフトウェア的な手段

 二台のPCを使うのを多重起動とは言わないであろう。これは、二台のPCを構築するという手段を、新たに電源をとり、記憶装置をつけ、演算装置をつけ、OSをインストールし・・・というハードウェア的な解決に活路を見出しているからである。

 さて、ここで頭を切り替えて欲しい。そもそもコンピュータとは何か。

 ウィンドウズを使っていると希薄になっている考え方に「クライアント(端末)」という考え方がある。
 そもそもコンピュータとは、巨大な汎用コンピュータがあり、そこへの出入力のインタフェースとしてクライアントがあったわけである。

 WIN2kや、LINUX、UNIXなどサーバ系のOSを使っていると、ターミナルクライアントのようなインタフェースがあるので、比較的意識はしやすいかもしれない。

 つまるところ、ハードウェアに対して、処理能力をあまり持たない端末から命令を出して、処理を行わせるのである。

 近年のPCの高性能化により、1端末に対して1処理装置が当然になってきたわけである。PCはスタンドアロン環境での使用が前提となり、本来クライアントとコンピュータであったものが、接近し今ではひとつの箱におさまっている。

 さて、歴史の授業はこれでしまいである。

 つまるところ、我々は我々のPCを別の利用法をしても然るべきなのである。
 つまりひとつのハードウェアに対して、二つの端末から命令を出してもよい。そして二つの端末というのは、ソフトウェア的に解決されるわけである。

 

3章:仮想PC

 結論を言おう。仮想PCを作るのである。
 仮想PC構築ソフトを使い、通常のPCの中に仮想PCを構築し、OSをインストールし、そこでROのプログラムを走らせる。

 ひとつのコンピュータ(ハードウェア)にたいして、二つの端末(通常のOS、仮想PCのOS)からそれぞれ、同じ命令を走らせるわけである。

 多少、説明をわかりやすくするために、仮想PCというものの概念を厳密には違うのだが、クライアントとホストという考え方に置き換えているが、便宜上のたとえである点はご容赦いただきたい。

 

4章:実践〜仮想PCの構築〜

 実践に入る。利用するソフトを決めなければならない。
 仮想PCを構築するためのソフト選びである。

 実践に移るにあたって言いたいことがある。
 この日記はこれらの操作を推奨するものでも、ガイドするものでも無いので、質問とか動かないぞとか、どうすればいいか教えてください!とか言われても余程機嫌がよくないと教えないので気をつけて欲しい。ていうか読んでわからんならやるな。

 今回は、色々グーグル先生に聞いたりした結果から「VMWare Server」と「VMWare Player」を利用して構築する事にした。

 Severの方は、仮想PC環境を構築するために必要である。
 しかしこいつは重い。しかも、Direct3DにもDrawにも対応していない。

 Playerの方は、仮想PC環境を構築する事はできないが、Serverで構築した仮想ディスクを読み込む事で、仮想PCを起動する事ができて、「軽い」。そしてどうやら、DirectXに対応しているという事である。これはやるしかない。

 まず、VMWareServerをダウンロードしてくるわけである。英語サイトだったりするのでアレだが、まあ簡単な英語なので読めないなら縁が無かったと思うか、こんなことしてないで勉強するべきである。

 で、ダウンロードをしてきたらインストールである。気分的にCドライブとは別ドライブが良い気がする。

 VMWare Server Consoleを起動し、仮想PCを構築する。メモリは1Gくらいは割り振ってあげたいところである。
 仮想ディスク容量も15Gくらいあると安心である。あとは適当。

 仮想PCを構築したら、OSディスクを入れて、OSをインストールするのである。ここから先は通常のWINDOWSのインストール作業と変わらない。

 インストールが終了したら、ROをDLしてインストール、あとは起動するだけ!というところまでセッティングしておくと良い。

 ちなみに、これで起動するとCannot init d3d orなんたらかんたら〜みたいなエラーが出る。DirectXに対応してないからである。

 

5章:実践〜VMWarePlayerとの闘い〜

 さて、ここでお世話になったVMWareServerをアンインストールする。そうしないとPlayerがインストールできないのだ。めんどくさい。

 で、VMWarePlayerをインストールして、起動してみる。OSが立ち上がり、デスクトップが表示され・・・と、まあ前段階でもできているのだが、もうひとつのPCが仮想的にPC内部に組みあがるのである。

 二台のPCという形をハードウェア的アプローチではなく、ソフトウェア的なアプローチによって解決したわけである。ゾクダムっぽい言い方だな。ソフトウェア的な解決。

 話が逸れた。

 ここでROを起動してみる・・・Cannot init〜である。

 dxdiagを起動して、環境を調べてみると何と・・・Direct3DもDirectDrawも使用不可。対応していませんとのことである。

 つまるところ、VMWarePlayerはDirectX環境に対応していなかったのである。チーン。さようなら。

 

6章:実践〜リナックス版の換骨奪胎〜

 実は対応していないわけではない。

 厳密には、対応させられるのである。VMWareToolsを利用する事で可能である。

 さて、ここで問題です。

 VMWareToolsは、Playerには付属していない。困ったものである。
 何に付属しているのか色々調べた見た。

 どうやら色々なサイトを巡ったり、Googleに聞いてみると、リナックス版のVMWareServerに付属しているようなのである。

 というわけで、早速にも .tarファイルをDLしてきて解凍してみる。
 で、中のサブディレクトリ内にあるtoolsの .exeファイルを展開すると、そこに生成されるディレクトリの奥に「windows.iso」というファイルがある。これが、PlayerでDirectXを動かす鍵になる。

 さっそく、このisoファイルをPlayerにマウントし、起動。その後、仮想PC内でそのISO内の実行ファイルを起動し、VMWareToolsをインストールするわけである。

 

7章:実践〜仕上げ〜

 これだけでは、実は対応してくれない。ここで一時VMWareを終了する。

 そして、仮想PCの設定データ等が入っているフォルダの〜.vmxというファイルをテキストエディタで開き、どこでもいいので(末尾がいいと思う)、以下の文章を追加する。

-------------

mks.enable3d = "TRUE"
svga.vramSize = "67108864"
vmmouse.present = "FALSE"

-------------

 これでPlayerを起動してみると、DirectXに対応してくれているのである。

 その上で、ROの設定をテクスチャとかを下げきり、ライトマップも切る。
 そして、今まで設定できなかった画面に関する2項目も設定できるようになるのである。使う画像ドライバとか、画面サイズとかである。まあ、どれが良いか4種類くらいしかないので勝手に選んだら良い。これでROは起動するようになるのである。

 で、この状態で別に順番は関係ないのだが、ホスト側でROを起動する。

 そして仮想側でもROを起動する。

 

8章:成功と実用性についての考察

 これで、画面の中に二つのROが生まれるわけであるが。

 正直、クソみたいに重い。

 冷め切って油の固まった中華料理並みに重い。プレイできたものではないのである。

 そもそも、ホスト側のROを最小化して描画処理を軽減しておかないと、まともにカーソルすら動かないのである。

 正直、この仮想PCを使う方法での2アカ狩りは非現実的である。

 プリーストでの2アカ支援もかなり難しい。ムリ。

 しいて言うなら、セージでの付与が現実的であろう。これはできる。できた。

 一台のホストで、二台のクライアントを使い、2アカウントを使うという事は可能だったのである。検証は以上にて終わらせてもらう。

 

終章:再度の考察

 おそらく予想されうる反論としては、多重起動は規約違反であるという点である。
 まあ、何とも言えぬ点であるが、私は多重起動であるとは言い切れないが、多重起動ではないと断言もできない。

 しかし、きわめて実用度が低いのも事実である。

 ROの規約を隅々まで読んでみたが、仮想PCに関する事は書いてなかった。
 そもそも、多重起動に関する項目自体が見当たらぬのだが、しかしこれは当初にあげた二つの方法では、結果的に不正ツールやクライアント改変に手を染める事になるのでダメである。

 そもそも、多重起動させるツールは、ROの「多重起動をさせない」という正常な処理を阻害しているわけである。

 クライアント改変は言わずもがなである。

 そういう意味では、仮想PCというのは1ホストに2クライアント(ROクライアントに非ず)の環境を構築しているわけであり、多重起動とは言いがたいわけである。

 何より、ROの内部処理は何一つ阻害される事なく、正常に処理されている。
 ひとつのOSの中で、ひとつのROしか起動していない。何かを阻害したり、誤魔化したりして起動しているわけではなく、本当に1クライアント1ROという形で動いているわけである。

 それでも多重起動は多重起動であると言い張る者はいるだろうが、それ以上は価値観、理解の問題であり無意味なので語らない。

 そもそも、何をもって多重とするのか。

 デュアルCPUなら許されるのだろうか。
 そもそも仮想PCを構築することと、二台のPCを構築することにどれほどの違いがあるだろうか。

 何をもって一台とするのだろうか。

 1CPUに1ROであるべきなのか。ならばデュアルCPUならばどうだろうか・・・。

 水掛け論は止まらない。

 とにかく私はこれらの実験を通じて、以下の事実を確認した。

 一台のハードウェアをホストとして、二つのクライアントを仮想的に運用し、両方のクライアントに別個にROを起動させる事は可能である。
 狩は望むべくも無い性能だが、付与やスキルをかけたり、アイテムを交換する程度ならば問題なく可能である事が確認された。

 これを記して筆を置きたいと思う。

 長い文章を最後まで読んでくれた事に感謝する。
 同時に、参考にさせて頂いた多くのVMWare情報サイト等に感謝の意を示したい。

 天の神様

 まさかね・・・二日もかかるとは思いませんでしたよ・・・調べ疲れた。なんか満足してROやる気が・・・。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

4月1日

ウソかホントか美味しいのだ。

 最近よく作っている料理がある。

 調理法は以下のとおり。

 

 カジキの切り身に小麦粉などを軽く振る。
 ビールと卵でといた小麦粉の生地をつける。

 油でカラっと揚げる。

 ジャガイモを切る。

 油でカラっと揚げる。塩を振る。

 レモン(ほんとはモルトビネガーがほしいのだが・・・)をかけて食す。

 

 

 ウマー!

 

 はい、この料理の名前「フィッシュ&チップス」である。

 そして、この料理で困り、悩んでいることがある。

 困ったことに美味いのだ。
 最初は私が悪食なのではないだろうかと疑った。

 偶然なのではないだろうかと疑った。

 しかし、二度、三度と作るうちに恐れは確信に変わった。

 

 これ、美味ぇ。

 

 そんなバカなことがあってたまるものか!

 フィッシュ&チップスといったら、油でベトベトしてて妙にすっぱくて不味いイギリスのファストフードの代表選手とまで言われているではないか。

 ネットではイギリス料理=不味いの代名詞だ。

 

 本国で飯の不味さに慣らされた兵士たちだからこそ、19世紀から20世紀の帝国主義の時代に、植民地でのなれない食環境や船の上での不自由な食事、戦地での制限された食事にも負けずに、大英帝国の栄光を築き上げたと信じていたのに!

 

 美味い・・・美味いんだこれ・・・。

 

 あ、そういえば4月1日だな。新年度あけましておめでとう。

 天の神様

 いや、ほんとに美味いんですって。うわさによると、モルトビネガーで化けるとの事ですが・・・どこに売ってますか。ください。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

3月29日

歴史的に見てわが国という外交努力

 ヘルシング完結!

 ちょっと感動した。
 昔から読んでおる漫画が完結するというのは、嬉しくもあり寂しくもあるものである。

 とりあえず、最後のあたりの話の流れは美しかった。

 

 私だけかもしれぬが、あの少佐の戦いの美学には、殺し屋イチに通じるものがある。

 あの少佐は、勝つべくして勝ち、負けるべくして負けたのだ。そして、それで本望だったのであろう。

 ところで、明日はFEZにフェンサーが実装される日である。
 フェンサーは裏方やってろという怒号が聞こえてくるようで心待ちにしている。

 とりあえず、開発はFEZをちゃんとプレイしてみたほうが良いと思うのだ。
 開発元とか開発メンバーが入れ替わっていくと、当初のコンセプトを知る人がいなくなって、どんなに良いゲームもだめな方向にしかアップデートしていかなくなってしまうので、気をつけてもらいたいものだ。

 ん?どこかで聞いたような話だが・・・。

 そういえば、ROも最近めっきりやっておらんな。
 たまにはプレイしたくなってくるものである。

 三次職のスキルとかには、かなり吃驚であるが・・・。
 だがまあ、愛着はあるMMOであるからな。

 期待はしていないが、見守っていくつもりではいる。 

 天の神様

 どーなんでしょうねアレ・・・。今後とも発展していくことを願います。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

3月19日

実は日記二個更新

 さて、FEZにフェンサーが実装されるわけだが、不安しかない。

 そもそも、フェンサーの運用法が動画を見ても、スキルを見ても思いつかない。

 

 ここでひとまず、FEZの各職業の特性を考えてみたいと思う。

 

 ウォーリア

 片手や両手という違いはあるが、最大の特徴は何であろうか。
 それは「指定した地点に、ほぼ確実に攻撃判定を発生させられる」というものである。

 弾幕の中であろうと、最前線であろうとエンダーペインのおかげで、攻撃判定だけはほぼ確実に発生する。当たるか意味があるか、生還できるかは別としてだ。

 つまり、攻撃が発生するかどうかという点で考えれば、ウォーリアはもっとも確実なダメージディーラーであり、片手に関して言えば、キルアシスト担当なわけである。

 

 弓スカウト

 最大の利点は最長射程。
 敵陣奥のソーサラーなどを妨害することとなる。的確なアローレインは恐ろしい。

 また、攻撃濃度も薄いところに位置して戦うことができるため、ウォーリアに次いで攻撃判定の発生確率は高いといえる。

 

 短スカ

 最大の利点は姿を隠せる事。
 これは欠点とも言えるが、少なくとも被弾率を下げることはできる。

 攻撃の降り注がない敵陣内を歩行して、状態異常をバラまくことができる。
 抑止力としては弱いし、攻撃力としてもダメではあるが、少なくともガードブレイクの世話になることは多い。

 ヴォイドも上手に使えば強力である。

 

 ソーサラー

 弓とウォーリアの中間といえる。
 高い攻撃力を有しつつも、攻撃発生率という点でいえば、かなり不利である。弾幕が降り注げば無力化されてしまう。

 とはいえ一発の威力は高く、なおかつ射程距離がある程度あるので、ウォーリアほどのリスクを負わずにダメージを与えることはできるが、あくまで遠距離攻撃なのでウォーリアのように敵陣を耕して混乱させることはできない。

 

 

 そして、フェンサーを考えてみる。

 何があるだろうか・・・

 まず、攻撃の発生確率。これは全キャラ中最低クラスではないだろうか。
 弾幕が降り注ぐ最前線で、フィニッシュが撃てるかと言われれば微妙と言わざるを得ない。

 タンブルは確かに素敵なスキルだが、エンダーが無い以上、そこまで有用とも思えない。

 ダウンドライブ、フィニッシュスラストなど内容的にはダメージディーラーとして期待できそうな雰囲気はあるが、現状でスタン=即死である以上、フィニッシュ的な役割しか負えないフェンサーがどこまで役立つであろうか。

 ストライクダウンも、そんなことしてるヒマあったらステップしたほうがいい。

 一対一ならば強いかもしれないが、集団では微妙な気が・・・。

 開発は本当にこのゲームをわかっているのか不安になる職である。

 天の神様

 ウォリ、スカが40になって、あとはサラを!

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

????

ことわざ

 はーい!ことわざ博士のレイホウ様だよー。(挨拶

 というわけで今日は、新年度から社会に出たり、進学したり、あるいは今年社会に出たりしているみんなに、心の支えになる素晴らしい諺を教えてあげようと思う。

 

 

 1:石の上にも三年

 意味・・・たとえ石の上にボケーっと座っていて特に何も立派なことはせず、役にも立っていなくても、さすがに三年もいるとみんなから「スゲェ!」って思われるようになる。

 転じて、会社や学校で大した事ができなくても、とりあえず三年もいたらスゲェという意味。給料泥棒上等!

 

 2:転がる石にコケは生えない

 意味・・・なんか国によって生えるのが良いのか生えないのが良いのかわからないが、コケなんて落とすのに大して時間が掛からないが、生やすのには時間がかかる。つまり不可逆的である。だったら生やしておいて邪魔になったら落とすのが良い。

 転じてとりあえず続けてみたらいいという意味。

 

 3:弘法も筆の誤り

 意味・・・あまり立派になりすぎても、こうやってありもしない過ちをでっち上げられて痛い目に遭ったり、妬まれたりする。

 転じて、程々が一番という事。

 

 4:おぼれる弘法、筆をも掴む。

 意味・・・最後に頼りになるのは、長年親しんだ技術や仲間であり、どこで何が役に立つか判らない。筆を掴んだことで、その筆に岸の人から手が届き助かるケースもある。

 転じて、趣味は失うなという事。

 天の神様

 というわけで、みんながんばれ!ってことです。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

2月23日

ソースは極道めし

 日本の刑務所について思うところがある。

 あれは、更生施設なのか、隔離施設なのか、どちらなのだろうか。

 

 そもそも日本の懲役刑は罰則として何か欠陥があるような気がする。刑務所ホテルではないか・・・。

 規則正しい生活をして、仕事をして、栄養バランスの取れた食事をして・・・正月はおせちまで出る。年越しそばまで出る。
 一体何がどう罰則なのであろうか。

 これでは「更生施設」を名乗るのにはムリがある。

 さりとて、隔離施設かというとそうでもない。
 無期懲役も実質的には、懲役二十数年であると言える。

 そして有期刑は割と刑期が短い。

 その上、終身刑がない。だからといって終身刑があったら終身刑になるべきものが、みな死刑になっているかとそうでもなく、死刑といってもかなり長期間生かされる。

 以前は死刑には反対の立場であったが、よくよく考えてみると現状では懲役刑が破綻しているので、死刑を禁止できる状況ではない。

 

 とりあえず、更生施設として刑務所を改革していく必要があるであろう。

 ここでは、更生という考え方からまず定義づけしなければならない。

 

 そもそも「治療」であると思う必要があるであろう。

 犯罪者をある種の発達障害的な、社会性欠陥を伴うパーソナリティ障害であると定義していく必要があるであろう。
 その上で、治療を施す場所として、刑務所を設定してはどうだろうか。

 

 認知行動療法的な立場から、犯罪行為を行うと、刑務所で不快な体験をしなければならないという、不快なペナルティを条件付けしていく必要があるわけである。

 社会性の欠陥により、因果関係を類推する能力が欠如していると考えると、そうした方法が必要である。

 犯罪者の再犯が多いのも、刑務所がペナルティとして機能していないからである。

 

 まず、労働に関してはもっと重労働である必要があると思うのだ。
 正直なところ、半日かけて穴を掘って、半日かけて埋めるとかでも良い。

 軍隊式の教練みたいなことをやっても良いであろう。(そういえば、以前世界まる見えで、軍隊式の凄いシゴキを受ける代わりに、刑期が短くて済むというアメリカの刑務所を紹介しておった。再犯率が異様に低いそうな)

 食事に関してももう少し低劣なものでいい。

 「年が越せないから犯罪を犯して刑務所で」なんて考えをする人間が出てこない程度に、劣悪な環境にしてやる必要があるのである。
 人権どうこう言うヤツがいるかもしれぬが、そこはしっかりとバックの医療体制を確保しておけば問題ない。

 健康をしっかりと保障した上で、強制的な健康状態の上に立脚した肉体的な重労働。これほど辛いものがあるだろうか。

 そうして、不快な体験として条件付けすることで、犯罪行為を行うと不快なペナルティを科されるという因果関係が形成されるわけである。
 こういった認知行動療法的なペナルティを与えていかない限り、犯罪者の再犯率は下がらないし、刑務所の更生施設としての役割も果たせないと思うのだ。

 
 まあ、早い話がハートマン連れて来いって事である。

 天の神様

 日本の刑務所はナメられすぎです。もっと厳しくしましょう。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

2月19日

北斗

 ROは関係無いだろうが、ROはよぉ!ROの文句は私に言え!(挨拶

 ラーメン屋で蒼天の拳を読む→なにこれおもすれえええ!→帰りに古本屋で既刊コンプリート→超おもすれええええええ!


(フェンサーのフィニッシュスラストを描いた絵。経という字が、簡体字と繁体字の中間みたいなキモい字なのは気にしてはダメ)

 誰かと語り合いたいと思ってこんなFEZ+蒼天な絵を描いて画像板にうp→あんまり食いつかない→みんなもっと蒼天読めよ!→しょぼーん(今ここ)

 というわけで、朕は蒼天の拳を語りたいのである。すごく語りたい。

 ちなみに私が一番好きなキャラは、溥儀である。あのインパクトと、中途半端にカッコイイところがたまらない。
 朕はもう中原の王ではないのだな・・・とか、素敵すぎるわけである。

 あと、飛燕とヤサカの戦いの後は、本気で泣いた。漫画で泣いたのなんて久しぶりであるぞ。あんな泣ける漫画であるとは思わなかった。あの飛燕のラストシーンでの表情とか、ほんとうに何ともいえないものがこみ上げてくる。

 それから、李秀宝を守って、部下の男が銃で撃たれて死ぬシーンとかも、泣きそうになった。オイラの分までお幸せに・・・とか、おおおおおい!

 とか思った次第である。
 とりあえず、こいつぁ面白い。

 

 ところで、時代背景としても日中戦争当時であるうえに、時代考証がしっかりしておって面白い。蒋介石が無駄に侠気溢れる男なのがちょっと気になるが・・・。

 

 さて、最近思うのだが、教科書のタイトルやら言葉遣いというのは色々な面において恣意的である。

 

 たとえば・・・

 アヘン戦争〜アロー戦争の頃・・・「列強の中国分割
 アメリカの門戸開放宣言→特に是非には触れず、中国分割に参入した事のみを示す。

 日清日露戦争の頃、ロシアが満州あたりを支配していると「南下政策」。

 日本が満州に進出すると「中国侵略」

 日本が中国分割に参入すると「中国侵略」

 二十一か条の要求も「日本が要求を押し付けた」・・・ヴェルサイユ条約での列強も承認してるじゃん!

 

 という具合に、見事にヨーロッパ寄りである。

 しかし、ヨーロッパ寄りといっても、思うところがあるのだが、微妙にフランス寄りなのである。

 何がフランス寄りかって、ナポレオンの扱いである。
 1789年に始まるフランス革命から、1814年のナポレオン時代の終焉まで、教科書では比較的好意的にナポレオンに触れている。

 ここからは勝手な推測であるが・・・

 日本の教科書はフランス革命に肯定的なのである。
 確かに近代的な自由主義や、人権思想を芽生えさせた画期的な革命であるとは言える。

 だが、ナポレオンのやったことは結局のところ革命を利用しての、前近代的なヨーロッパ侵略に過ぎない。
 ナポレオン三世にいたっては無能である。

 ナポレオンの侵略者としての側面は描かれず、保守的な勢力に囲い込まれて敗北したように描かれているわけである。これはちょっとおかしいと思うのだ。

 しかしよくよく考えてみると、フランス革命で忘れてはならない英雄に、ラ・ファイエット将軍が居る。
 そしてラ・ファイエット将軍派アメリカ独立戦争でも重要な役割を果たしていた。

 となると、フランス革命を否定的に捕らえ始めると、ラファイエットに重大な影響を与えた独立革命も否定的な繋がりになってしまうような気がするような気がしないような。

 とにかく、フランス革命に肯定的なほうが、アメリカ様のイメージが良いのではないだろうかと思った次第である。 

 

 天の神様

 にいいちんすら!!!!ところで、神様・・・ひょっとしてアナタ、ヤサカ派ですか。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

1月4日

ワーストレムナントとか言うな。

 あけましておめでとうございます。

 年末年始はずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっとラストレムナントをやっておった。

 とりあえず、このゲームを私がすばらしい一言で表してやろう。

 「ゆとり爆死」

 

 やってる人にしか判らぬが、多くの人々が地獄門で詰まり、大喧嘩でフルボッコにされ、カーズでマジギレし、真覇王を知らぬままクリアして「ラスボスヌルい」という。

 

 とりあえず、私が慎重に慎重にプレイしても、初回プレイでは何度も全滅させられた。
 しかし、このゲームで大事なのは全滅=強さ不足ではなく、戦術を組みなおし、陣列を再考し、適切なロックアップローテーションを行い・・・ということで解決していくのである。

 つまり、昨今珍しい「考える戦闘」が必要になるゲームである。

 この一見して暴力的なまでのバランスが、ワーストレムナントと言われる所以の一角を担っているわけだが・・・これが良いのだ。

 久々に骨のあるRPGである。
 そして、何も引き継げないのだが・・・二週目がほんとに面白い。二週目から本物である。

 知識を生かしてプレイしていくと、一週目がウソのようなキャラの強さで(育ってない状態という意味、レベルは存在しないが、それが低いようなもの)で次々突破していく事ができるわけである。

 これ・・・久々に良作である。

 ここまでやりこめて、深くて、面白いゲームはめったにない。

 私としてみては2008年度最高のRPGである。

 

 まあ、萌え要素皆無だから一般受けは難しいであろうがな・・・。

 天の神様

 素晴らしいゲームをありがとう。今年もよろしくお願いします。あと、凡作になるのが目に見えてるのでUは要りません。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

11月21日

ハイプリのつ・も・り

 この冬、待望のシリーズ最新作!
 原作:レイチェル・カーソン
 主演:スティーブン・セガール

 「沈黙の春」Coming soon!!

 

 というネタを思いついた。

 

 それはそうと、ロマサガの続編にハマっている。

 「ラスト・レムナント」

 なんか素晴らしい。

 グゥエインとか、トウテツとかリアルクイーンとか出てくるし、陣形としてアスラムアローとか、必殺技を戦闘中に閃いてみたり、シンボルエンカウント型だったり、武器として七星剣とかあるし・・・。

 シナリオ自体も、大筋はあるのだがそれ以外がフリーダムすぎる。

 街で仲間と一時別れて、しばらく待っててくれという状態でも、ガンガン違う都市に行ってクエストこなしまくって、「数時間待ってろ」的なニュアンスだったのに、世界を股にかけて大冒険して、そんでまた街に戻ってまるで数時間だったかのように合流したり・・・。

 ゲームバランスもまた絶妙である。
 ヘタするとあっさり死んだりする。本気で全滅できる。

 ちなみに、現在私は12人パーティで4人編成の小隊が3個である。
 このゲーム1〜5人単位で結成される小隊単位に命令を出すことになるので、やたら画面が賑やかである。

 ただし、本体にインストールしないとロード長すぎ。

 そして、びっくりするほど質実剛健。

 

 技:地味・・・変なエフェクトとか炎とか雷とか出ない。

 術:やっぱり地味

 人:可愛いキャラ不在。最初に仲間になる女性キャラは主人公の母親と同年代のオバさん・・・でも美人。だんだん可愛く見えてくる不思議
   仲間にできる女性キャラも、フードで目が隠れてたり、ロマサガ3のノーラ的なマッシヴ女とか(名前ノーラだし・・・)
   しかも人間ならまだマシで、ケロロ軍曹をキモくしたようなヤツとか、豚と魚と爬虫類の合成獣みたいな種族とかが多い。

 

 が・・・なぜか、主人公を手助けしてくれるアスラム侯が・・・びっくりするほど外見が「ギャル汚」
 脱色したみたいな微妙な金髪に、日サロ通ったみたいな微妙な色の日焼け肌。
 で、線の細い顔立ち。

 なんでこんなにギャル汚風なんだよ。だれか開発途中で止めなかったのか。

 

 ちなみに、現在はレムナントグゥエインの守る、竜城ナーガプールまで来て、なんかいろいろとお話をしたあたりまで進めた。

 が・・・クエストの方は進められるところまで進めてある。
 バルテロッサのドラゴンも倒してしまったし、リアルクイーンも倒したし、今のところできるクエストはほぼ全てやる方向でやったら、強くなりすぎて、ストーリーの方のボスは瞬殺気味であった。

 

 このゲーム、範囲攻撃がとにかく脅威である。
 HPは小隊単位で共有であるために、範囲攻撃はかなり脅威である。

 ダメージ×小隊人数のダメージを食らうので、ある意味、割合ダメージとも言える。

 特にドラゴン系のブレスは広範囲に首振りするので、陣形ヴァンガードのような横に散開している陣形でないと、全員がダメージを食らってしまってヤバい事になる。

 というわけで、これからまたがんばってくる。さらば!

 

 天の神様

 素晴らしいゲームをありがとう。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

.