五月二日

物理属性

 今日はバイキンマンの不幸な生い立ちを考察してみるつもりだったのだが、たったいま、歩きながら凄いことを思いついてしまった。

 ROのシステムをちょっと深くするかもしれないシステムである。
 つまり・・・属性が足りぬという事である。

 ROには敵種族と武器の種類が設定されておるのに、物理属性が設定されておらぬという事である。
 そこで、思いついた。

-
短剣 50 125 125 50 150 50 100 75 25 100
75 75 100 75 100 100 100 100 75 100
両剣 75 75 75 50 75 150 125 125 125 75
50 125 50 50 175 150 150 125 100 100
100 125 150 100 50 125 75 175 125 50
125 100 25 125 25 100 100 150 75 50
100 75 25 100 75 100 100 125 75 100
25 175 25 25 125 125 100 100 100 75
カタ 50 75 125 75 125 100 75 125 125 100
150 50 50 125 50 125 100 125 75 50
素手 100 75 50 150 75 75 75 100 50 50

 こんな感じである。
 何かというと、武器属性と敵種族の相性の話である。

 当然ながら、刃物では無形の敵を破壊することは難しく、鈍器系によって破壊しやすい。
 また、斬り系よりも、打撃、叩ききり系である、鈍器や斧が人に対して有効な効果を得られるなど、これくらい複雑にしてくれても良かった気がする。
 現状において、剣士系が斧を装備するメリットは美学以外にありえぬのだ。同様に鈍器も・・・。

 あと、例外的に他にも

 飛行型に対して:弓125%
 骨型に対して:斬・突・弓は50%  鈍器、斧など打・打斬系は150%

 等の条件も面白いと思う。

 勿論、これは敵にも適用されるワケで、オーク族とかは驚異的な殺害能力を誇る事となる。
 同じ攻撃力ならば短剣と斧、攻撃されたとき致命傷に至るのは斧であるのは自明の理である。

 ソルスケに対して、斬りとか突きが効かなくなったりとか、面白そうであろう。

 だいたいだな、骨タイプに斬り属性が効かぬのは割と、伝統と歴史の裏打ちされた話であるからな!

 ついでに、武器修練レベルなどをつけて、使うほどにその種類の武器の攻撃力が発揮されるようにしたら面白いと思う。
 単に、武器選択は趣味で選べるように・・・ではなく、メリットデメリットを種類ごとにもうけた上で、好きな武器を選んでこそ、趣味の武器、美学といえるのだと思う。

 ちなみに、エッジマスターみたいに、全ての武器を極めたりもOKである。

 また、武器の修練度は振った回数でカウントして、EXPやら公平分配では一切入らぬようにすると良いと思う。

 剣士時代に、片手剣で楽々のレベル上げをして、ナイトになった瞬間、両手剣や槍に乗り換えるとかやると不利になったりするのである。
 愛した武器を最初から使い込んでこそ!真価を発揮するようになる。

 例えば短剣ならば、その小回りの効く性能によって急所狙いを覚え、クリティカル率にボーナス
 鈍器ならば、スタナーを使わずともスタン率がどんどんUP
 斧だったら武器の重さに振り回されることが無くなって、ASPDにボーナス
 とかであろう。

 一つの武器に愛着もって使っていけるシステムが欲しいものである。

 天の神様
 この世界、ホネに突きが通用します!

 どうか!正しい物理法則を!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめーん 

五月一日

サイコバインド!

 ロマサガ2をやっていて、考案者が理系なんだなぁ・・・と、しみじみ思ってしまった。

 つまり、高速ナブラを閃いた
 ナブラと言えば、言わずと知れた微分などで出てくる単語である。

 また、ロマサガ2のすごいところは、当事としてはかなり、時代を先取りした武器などである。
 神槍ロンギヌス・・・

 「殺」の字が抜けておる気がする・・・
 まかり間違っても、神槍ではない。神殺槍ロンギヌスであったならば完璧であったろう。

 で、ファンタジーなRPGと神話というのは切っても切れない関係があるもので、ラグナロクならば一応・・・百歩といわず、千歩くらいゆずると北欧神話ベースであるらしい。

 ミョルニルとか・・・固有名詞だけでそんなの名乗るのも反則である。

 ルドラとかおるのは、特に耐えがたい気がする。
 こやつは、我が生涯の怨敵・宿敵であるメセナのところのイムさんとも結びつきの深い・・・
 シヴァであるな。

 武器にもってくる神話の選出基準が解らぬのがROの凄いところである。

 このテキトーっぷりであったら。

 マーラの槍
 とか
 シヴァリンガの盾
 とか
 プリアポスソード
 とか
 ブレイドオブパラス
 等等

 そういうふうに適当に選ぶことも可能であったはずである。

 ちなみに、私が上のをどういう基準で選んだかは調べてはならぬぞ。

 とりあえず、私としては神槍ロンギヌスを使うのはご法度である。いかにレアとはいえ、アレを使っておったら、その時点で異教徒確定であると言ってよい。
 あんな忌まわしい武器を振り回すなど言語道断。

 しかしまぁ、色々と武器が増えるのは選択範囲が広がって良いと思うのだが、武器の特色が弱い。
 やはり固有技は必須であろうと思っておる。

 それぞれの武器の特徴を考慮すれば

 サーベルは騎乗時に攻撃力UPとか
 カタナ装備時に居合抜きが使用可能とか

 そういう感じの必殺技が欲しいと思う。

 同様に防具にも適用して、
 古い領主のマントとか装備すると、敵の攻撃を一定確率で受け流すマタドールを習得とか。

 考えておるとキリがない。

 ROというのを飽きるまでプレイしたあとは、脳内妄想で満足できるということを発見した。
 諸君らも励むと良い。

 今日もネタ切れ気味だが、実はたった今いいのを思いついた。明日は安心である。

 明日の為にこう書いておこう。

 レイホウ19歳は私を応援しておる。

四月三十日

失敗作だよRO

 ソロプレイというものがある。
 別にROについてではない。

 ドラクエやロマサガなどのソロプレイである。

 ロマサガ2のソロプレイ等は結局は、シャドウサーバント/クイックタイムになってしまうのだが・・・ちゃんとソロプレイができるのである。

 これらのゲームにおける、ソロクリアというのは、超やりこみのレベルであり、深い知識が必要になる。
 必要な技や術をバランス良く育て、戦術を練って戦う。

 やりこみの範囲というのはゲームの懐の深さに比例すると言ってよい。

 で・・・ROはどうかと!

 ソロプレイが厳しいというのは、賛成である。
 だが、厳しい状況というのは、何らかのやりこみによって打破されるからこそ、厳しい意味があるのであり、やらせないのとは違うのである。

 最低レベルクリア然り、一人クリア然り・・・システムの「遊び」の部分の力である。

 先述したクレイジータクシーのシステム的な遊びも秀逸であるといえる。進入可能・不能地形を厳密に設定しなかった事により、常軌を逸した、まさにクレイジーな運転を楽しめる。
 余談だが、私はクレイジータクシーの上手な人の車には乗らぬように心がけておる。

 で、ラグナロクオンラインの欠点は、何かというと遊びの締め出しという根幹的な部分に集約されると思う。
 とにかく、システムから、遊びを限界まで締め出しておるのだ。

 そもそも、職業システムによって個性を出そうとか思ったのかも知れぬが、それは個性ではない。
 6種類のタイプを作ったにすぎず、その中では遊びを極度に締め出したが為に、ほとんど余裕の無い状況である。

 さらに言えば、それぞれが個性をはきちがえて、役目を特化させたものであるが故に、皆が皆、同じようなことしか出来ぬシステムに成り下がっておるのは自明の理である。

 みんな、オブラートに包んで言わんから、私がズバっと言ってやろう。

 職業システムは失敗作だ

 さて、ラグナロクにもうひとつ問題があるとしたら、防御優先のネガティブな戦闘システムであるといえる。
 何らかの手段で敵の攻撃を軽減することを前提としている、つまりAGIかVIT。

 AGI型VIT型などという区分が異常であることに誰か気づかなかったのであろうか。

 打撃職において、ROのレベル上げがつまらない理由に、攻撃力不足による効率の頭打ちが上げられる。
 これは、敵の攻撃をなんとかして回避もしくは軽減しなければならないという、ネガティブな戦闘システムの弊害である。
 喰らって当然というものであったならば、そうはならなかったハズである。

 このネガティブなシステムによって、はっきり言って中盤くらいまで、攻撃力を上げておる余裕はほとんど無いと言っても過言ではない。
 最初からSTRに全力でつぎ込むのは、いるが少数派である。
 だいたいポット代がかかりすぎる。

 これがギルギアだったらいつでもゲージ0なシステムなのだ。

 ちょっと、久々にマジメにシステムを考えてしまったが・・・
 ようはネタ切れである。 

 天の神様

 がん穂ちゃんが割と人気です!
 どうか、彼女を辱めることで、みなの怒りが収まるようにお導きください。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめーん 

四月二十九日

がんほちゃん

 ガンホーがなんか、ワースト1賞をもらったらしい。
 だいぶ前の話であるがな・・・

 ガンホーの隠蔽体質に問題があるとか云々いっておるのだが、それは間違っておる。
 ガンホーの不幸なところは、隠蔽するも隠蔽しきれぬ、つまり隠蔽テクニックアワードを開催しても上位に食い込むのはもちろん無理であるし、ともすればまた最下位になりかねぬという、不幸な星の元に生まれたその身がである。

 解り易く言うと、
 悪いことしちゃって隠すけどバレちゃうドジッ子である。

 怒りが溜まって溜まって、どうしようもないときは、
 「てへっ。みつかっちゃったぁ(舌を出して自分で頭をこづく)コモド延期になっちゃったぁ・・・」

 とか言っておる幼女を連想すると良いと思われる・・・と主張する友人がおった。精神衛生的には悪くないと思う

 題してがん穂ちゃん
 ほれ、憎めぬであろう。

 という主張を思いついたのだが、私としてはションベン臭い小娘がテヘっとか言っておってもちっとも嬉しくない
 だからといって、方向性を変えて泰蔵とかに「テヘッ。みつかっちった」とか言われても、怒りを越えて殺意というか、私が殺らずに誰が殺る!?という使命感すら覚えてしまいそうである。

 というワケで精神安定用、がん穂ちゃんである。

 ・・・というワケである。
 がん穂ちゃんでなのである。こやつを脳内でいたぶり倒したりしてストレス発散に役立てるという手も無いワケではない。

 ちなみに、服装等に関しては、私は一切知らぬ。
 なんとなく思いついて、ガンホーはドジッ子であると話しておったら、話しておった相手がこの形を提示してきたのであって、我々は無罪なのだ。

 というわけで、本日からガンホー=ドジッ子という方向で行きたいと思う。

 本当にそう思っていると思えるなら貴様は幸せものである。
 人は怒りの限界に達すると笑うという・・・・

 天の神様
 コモドが延期です延期。

 さすががん穂ちゃん!妥協を赦さぬ徹底ぶりでクオリティを追求していますね。

 どうか、頑張れるようにお導きください。

 えいめーん 

四月二十八日

放送禁止用語?知らん。

 ヤーヤーヤーヤ♪

 何っ?ってそりゃぁ、クレイジータクシーのBGMである。

 DC版クレイジータクシーをプレイしたのである。アーケードモードも秀逸であるが、オリジナルモードの街は非常に細かく作りこまれておって面白い。私としてはオリジナルモードを大いにお勧めしたい。

 ポリゴンゲームにおいて楽しみの基本は、緻密に作りこまれた街の中を好き勝手に歩き回ってみたいという点がコアにあるワケで、クレイジータクシーは非常に良い。
 あのキチガイ感と爽快感、そして大味にならないやり込める遊びの部分
 実に秀逸なバランスをしておる。
 バイパスやら、オリジナルモードでサブウェイを走ったり鉄道を走ったり、はっきり言って、行けない場所は無いといっても過言ではないレベルで自由度が高い。

 そこで思った、あのゲームは割とオンラインゲーム向きである。

 自由度の高い緻密に作りこまれた町でプレイするのだから、他者がいればなおさら楽しいであろう。

 そこで、今日はクレイジータクシーオンラインを妄想しておった。

 まず、基本として職業である。
 これは二点に集約される。

 交通弱者:歩行者・民間人の車。
 交通強者:タクシー

 である。
 当然ながら、プレイヤーはタクシードライバとして生活したり、一般人として生活したりするわけである。
 一般人の職業としては

 エンジニア:いわゆるブラックスミス。パーツを作ったりチューンしたりなど、なくてはならない存在。
 自動車搬送用トラック:いわゆるジャンプ台。ジャンプさせたい場所でジャンプ台屋を営んだりが可能。ショートカットの必須キャラ。

 など、ほかにもただのリーマンとかもOKである。

 また、プレイヤは生活する上で、タクシーを回避する「横っ飛び」や「危険予測」「安全なタクシーの呼び止め方」などのスキルを習得していく。
 これらは、突っ込んでくるタクシーの回避だけでなく、タクシーを移動手段として利用するときに絶対必要になってくる。

 勿論、バスやら電車の公共機関は利用可能であるが、車両のピラミッドの頂点に立つタクシーには絶対勝てぬ。
 ちなみに、轢死したり重態になったりとかあたりまえ。一般車両にやられたならばPKとして手配することができるが、タクシーに殺られた場合は、一切手出しはできないというか、タクシーこそ正義
 ちなみに、民間人が乗用車に乗る場合、当然ながら車には耐久ゲージがあり、衝突すればぶっ壊れるし死ぬのである。

 タクシー?
 アレは無敵
である。

 このゲームの根幹たるキチガイタクシー業は耐久値はナシ。キャラも死なないのである。
 クレイジードリフトでコンボを稼ぎながらガンガン乗り回すのである。コーナリングは衝突を利用するのがセオリー。人が居たらひき殺して進む。これ常識。
 ただ、経済のためにガソリンゲージは必要であるな。

 勿論、ガソリンスタンドに突っ込むとかの選択肢も可能である。
 ただ、タクシーは破損しない。周りの皆が死んでも、爆炎の中から無傷で出てくるのだ。

 スクウェアエニックスがつっぱりをモチーフにした珍走MMOを出すらしいが、アレではダメなのである。
 キチガイ感がたりぬ。
 つっぱりでは存在感が当然過ぎるので、やはり、強引にでもクレイジータクシーの権利を買い取って、クレイジータクシーオンラインを製作するべきであったと思っておる。

 嗚呼、クレイジータクシーオンラインがやりたくして仕方ない。

 天の神様
 今日はクレイジータクシーで!
 タクシードライバとしてお客様にサービスしました!

 もちろん、教会の神父を教会まで最速でお届けしたりもしました!

 どうか!オンラインゲームになるようにお導きください。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめーん 

四月二十七日

あん

 さて、貴様らよほどアンパンマンが好きと見える。

 アンパンマンについて、熱く語りまくっておるようだが、本日は第三夜
 アンパンマンの動力の再検証が今日の講義のテーマである。

 アンパンマンが揚力によって飛行しておることは昨日説明したのだが、いかに揚力を得られる構造であろうとも、推進装置は必要なわけで、なんらかの加速装置は絶対に装備されておるワケである。

 温故知新という言葉がある。
 ふるきをたずね、あたらしきを知る。

 旧来のアンパンマン学者の提唱しておったマント飛行論に目を向けてみよう。
 私はあのマントが推進装置であると推理したのである。

 あれ単体での飛行は不能にしても、合わさって初めて飛行が可能になるものだと判断した。

 では!あれは何なのであろうか。

 と、考えてみた場合。
 私は悩みぬいて・・・そして気分転換にテレビをつけたときに気が付いたのである。

 あれは光の翼のようなものである。
 光の翼である。

 つまり、何らかの粒子を高速で噴射して推力を得ているのだが、その粒子がさながらマントのように見えるワケである。
 恐らく、ジャム爺の発見した新技術であろうと考えられる。

 これによって、バイキンマンはUFOの運用を可能にしていたりもする非常に汎用性の高いものである。

 ちなみに、ジェネレータが頭部であるという意見が多数見られたが、再三にわたって言ったように、アレは制御機構なのである。
 粒子を高速噴射してバランスを保つには非常に高度な制御技術が必要なわけで、バランサーやジャイロを始めとした各種の体制制御機構から、頭脳部たるCPUまでが頭部に搭載されておる。

 そこが破損するのであるから、当然全体の動きに支障をきたすわけである。
 仮にジェネレータであったとしよう。
 いわゆる、OUT PUT DOWNの状態が発生したとしても、あそこまで致命的な挙動の破綻は発生しないのである。

 というわけで、現在わかっているアンパンマンの仕様である。

 頭部:制御機構・・・ジャイロ、バランサー、制御コンピュータ、記憶領域
 身体:駆動系・・・各種の攻撃機構

 というワケである。

 ただ・・・腹部に書いてある顔に私は疑いを持ち始めている。
 あれはただのマークなのであろうか・・・。

 それはまた考えるとしよう。

 天の神様
 今日は礼拝で落語をやりました。

 何事も天の災いだと思って、引き下がる勇気を必要なわけです!
 どうか、私には我慢しなければならないような状況が訪れないようにお導きください。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめーん 

四月二十六日

ライブ

 明日の礼拝は、プロンテラ城の入ってすぐ左下にある地下室である。

 

 さて、本日も、アンパンマンに関する考察である。

 アンパンマンの頭部が制御機構である事を考えた場合、頭部はパソコンで言うところの、M/B・CPU・メモリ・HDDが搭載されている部分である。
 となると、アンパンマンの体のほうにあるのは、電源機構であることは疑うべくも無い。

 ここで問題なのは、アンパンマンの飛行方法ある。
 アンパンマンは飛行を軽々と行うが、なぜ彼は飛行を行えるのかというのが謎である。
 ホバリングに関しては、現在調査中であるが、通常飛行に関しては私はこのたび、今までに無い仮説を立ててみた。

 これは、マントで飛ぶなどといっておる、旧時代的な学会のバカどもをうならせるに十分なものである。

 考えて欲しい、アンパンの形状を。

 あんぱんは底面は平らであるが、上方は軽く弧を描いておる。断面を見れば解ると思うが、

 |)

 極端に言えば、このような形である。

 この形は、実は飛行をするに十分な形であると言える。
 つまり、ある程度の推進力を持っておれば、このアンパンの形状によって、抗力と揚力が発生し、体自体を上空へと持ち上げる作用があることは、最早自明の理であると言える。

 また、頭部をカバ男君などによって捕食されることによって、制御機構だけでなく、飛行にまで支障をきたすのは、
 アンパンの形状が変化することによって、気流の剥離が発生し、正常な揚力が得られなくなることだと理解できる。

 ただ、この仮説が通用するのは、アンパンマン、メロンぱんな、カレーパンマンであり、食パンマンの飛行機構に関してはまだ、五里霧中である。

 ひょっとしたら、食パンマンは実はファイナルウウェポンで、対消滅炉とか反物質エンジンとかを搭載しておる可能性も否めぬ。
 また、ジャム爺にそこまでの技術があるかどうかは謎であるので、ひょっとしたら安易に原子炉などを搭載しておる可能性も否定できない。
 これは、食パンマンが滅多な事では頭部を食させないことから、何らかの汚染の可能性があるから・・・と、疑うことでより一層、真実味を持つものである。

 今後ますますの、監視体制が必要であると思われる。 

 天の神様
 アンパンマンは航空力学の基本にのっとって飛行を行っておりますが、食パンマンに関しては何らかのオーバーテクノロジが搭載されている可能性があります。

 どうか、未曾有の大災害など起こらぬように、お救いください。

 えいめん

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめーん 

四月二十五日

あそぱそまそ

 諸々の事情で、早めに更新せねばならぬ。夜が明けぬうちにUPしてしまったがな・・・・。

 今日は、アンパンマンについて話してみよう。
 アンパンマンと言えば、定番パターンとして

 大事な部分を濡らしてしまって、力が抜けちゃうという場面である。
 これは、アンパンマンにとって、頭が重要な部位であるという事をしめしておるが、
 頭の交換後にも、それ以前のアンパンマンと同一性を保っているという点から、彼の脳などの記憶中枢が身体のほうにあると考えられているのが、今までのアンパンマン学者の統一見解であった。

 しかし、私はこのたび、コペルニクス的革命を起こそうと思い至り、アンパンマン学の門戸を叩くことになった。

 まず、議論すべき点は、アンパンマンの頭部の交換のなしえる意味の明確化である。
 頭はアンパンマンのエネルギー源であり、分け与えたり、濡れたり、カビが生えたり、何らかの物理的な支障があると、出力低下を起こすという事が明確な事項である。
 という事は、頭はアンパンマンにとっての、ジェネレータであると考えられる。

 だが、ここにコペルニクス的革命を起こすためには、その前提の破壊が必要となってくる。
 つまり、アンパンマンにとって頭部自体は、ジェネレータではなく、制御機構であるという考え方である。

 制御及び、記憶を司るのがアンパンマンの頭部である。
 そこが濡れることによって、処理能力が低下し、攻撃性能や挙動に支障をきたすワケなのだ。

 交換後の同一性の維持という点において、そもそも、同一性を維持しておるのかどうか?という点に疑問を投げかける点から始まる。

 考えてもみよ。
 アンパンマンは・・・学習しておらぬ。
 少なくとも、毎回毎回、似たようなワナにハマっておるのは、学習をしておらぬ証拠である。
 留年を延々と続ける、のび太よりもひどいと言えるかもしれぬ。

 これは、アンパンマンという人格自体は、制御機構にあらかじめ付加されたものであるから、交換しても変化せぬが
 記憶だけは初期状態になる為に、学習が進まぬのである。

 だいたい、アンパンチだけ(キックもあるが・・・)で、戦うのがナンセンスである。

 記憶部分が、身体にあるのならば、アンパンチの威力をさらに高みへと導くために、技を改良していくはずである。

 アンパンチ→アンブロー→アンカウンター→アンレバーブロー→アンコークスクリュー→アンインチパンチ

 という具合である。最後のは気にするでない

 しかし、ここで疑問に思うのは、頭の量産技術がありながら、なぜ身体を量産できぬかである。
 ジャムおじさんのパン工房は、度重なる世界の危機の救出により、それなりの知名度を持っておるのだから、資金はあるはずである。

 そうなれば、戦力増強の為に、カレーパンマンとか食パンマンよりも、アンパンマンを作るべきなのである。

 量産型アンパンマンを作り出すことによって、じり貧状態のバイキンマンにとどめを刺すことができるのに、ジャム翁はそれをせぬのだ。
 これは陰謀である。

 陰謀。

 そもそも・・・論理的に考えて、アンパンがばい菌に勝てるワケが無いのである。
 これからの時期、アンパンを部屋に放置すると、白いふわふわの物体になるであろう。
 それなのに、アンパンがばい菌をくちくする。

 これは陰謀なのである。

 全ては、ジャムおじさんの為の、広大な実験場なのだ。

 バイキンマンという敵を作り出す事によって、アンパンマンの実戦データの採取を行っておる。
 また、アンパンマンがその事に気づかぬように、頭部を毎回変えて、記憶をフォーマットしているのである。

 諸悪の根源はジャムおじさんなのだ!
 画期的な二足歩行型の自律戦闘兵器を開発し、あとは制御するソフトウェア面のみに課題が残っておるという状態で、頭部の設定を微妙に変えながら、毎回戦闘しておるのである。

 ちなみに、カレーパンマンや食パンマンは、既に完成している同プロジェクトの別の特化機体である。

 アンパンマンが最強のゼネラリストを目指す、ガンダムであるとするならば。
 オールラウンドな強さを誇る、ガンキャノンたる食パンマン
 カレー噴射という高い砲撃性能を誇る、ガンタンクたるカレーパンマンなのである。

 当然だが、ガンダムが最大の難物である。

 ジャムおじさんはその開発を行っておるのである!

 天の神様
 何度も何度も廃棄される、失敗作のアンパンマンの魂を

 どうか天において、平穏にお守りください。

 えいめん

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめーん 

四月二十四日

むてき

 無敵判定についての話である。

 大体の話として、スウェイしているというのが一般的なようだが、私は全く別意見で対抗したいと思う。

 アレはそもそも闘争ではないのである。
 戦ってはおらぬのだ。
 どういう事かというと、ヤツらは戦いではなく試合をしておるのであって、間違っても本気で殺しにかかるような事はしておらぬ、というのが私の見解である。

 封炎剣も封雷剣も、玩具屋で売っておる変身セット系の物で、メイの碇も発泡ウレタンなどで作られた非常に簡素なものであると考えられる。

 では、どういう事かというと、歴史を紐解くとこれはサムライスピリッツに端を発することとなる。
 サムライスピリッツで最も印象的なシステムとは何であろうか?

 大斬り? NO
 回りこみ? NO
 アースクエイクの通常投げ? NO

 それは、黒子である。

 攻撃が当たるたびに、旗を上げておるあの姿は、アレが闘いではなく試合であることを物語るには十分すぎる証拠となっておる。
 アレは有効とか効果をとっているのである。
 つまり、サムライどもは命を危険に晒す事無く、試合を進めておるワケだ。

 真・サムライスピリッツにおいては、黒子はついに極限流の使い手として参戦しているが、それ以来彼の消息はつかめなくなる。

 彼は、更なるリアリティある闘いの為に、修行の旅に出たために、
 時代設定的にはそれ以前とは言いつつも、所詮は設定上の話で、試合をする役者たる人間にとっては後年の作品である、天草降臨などでは、断末奥義などといって、殺すことが可能となっておったが、アレは黒子が居なくなって、試合から殺死合(ころしあい)へと変化したためである。

 そして、黒子は帰ってきたのだ。
 サムライスピリッツと違い、近年の武器格闘は血が少ない。
 明らかに致死量を越える血は、テスタメントの一撃必殺でも当てない限りでないワケである。

 アレは黒子が帰ってきた証拠なのだ。
 黒子は弛まぬ修行の結果として、ステルス機能を手に入れてやってきたのだ。

 故に、戦士達は、真剣で戦う必要は無くなったのである。
 だから、スポチャンみたいなもので、当たっても痛くない。よって、判定さえなければのけぞる必要など無いワケで、無敵という事で申請しておる技ならばOKなのである。

 しかし、黒子は考えた。
 これでは試合に緊張感が無い。

 そこで・・・死に至るまでに追い込まなくても、徐々に、判定に応じて体力を奪い去る法を彼は見つけた・・・。

 それは・・・
 鷲津マージャン・・・である。

 つまり、背後から血を抜いておるのである。

 徐々に貧血となり、やがて戦闘不能になるワケである。
 殴られたときに、後ろにのけぞるのは、衝撃ではじかれているのではなくて、後ろから吸われてのけぞっておるのだ。
 故に、出血量が少ないのである。

 黒子は闘いあるところ、どこにでもいる。

 ほら、あなたの後ろにも。

 天の神様
 黒子がすぐそこに迫っています!

 危険です!
 いたるところで、判定の為に見張っています。恐ろしい・・・どうかお守りください。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめーん 

四月二十三日

ネタはあっても時間が・・・

 エルダウィローフフフフフフフフフフフフフフフフフフ

 懐かしのセリフを、言ったら・・・わかる人間がごく限られていて、とても寂しい思いをしてしまったレイホウである。
 コレがジェネレーションギャップというヤツであるな。

 ミルハ
 リンピ
 ナツフ
 プットンピャーツ
 シューヅ
 グラーブ
 ネックリス

 最近ではドッフルギャンガとかであるな。

 バグで下水の盗蟲の卵が全部ドッペルゲンガになったり、楽しい時代であった。

 さて、そんなとき出合ったのがCちゃんである。
 ダンジョン内で爆睡するという実に豪胆なヤツで、よく一緒に狩りをしておったのだが、
 急に連絡がつかなくなった。

 ウィスをしてもおらぬ・・・

 実は彼女の名前を間違えておった。
 *名前*
 なのだが

 +名前+

 であると勘違いしておったのだ。

 HAHAHAHAHA。

 まぁ、そんな時代もあったワケで、現在にいたる。

 さて、今日は皆と考えてみよう。

 何かというと、無敵についてである。
 格闘ゲームでよく見かける、出始め全身無敵とか
 上半身無敵とか、足元無敵とか

 そういう単語である。

 主に、昇竜拳に代表されるような上昇系対空必殺技は出始めが全身無敵である。
 ありゃ、どういう事であろうか。

 グラフィック的には、確かに身体に攻撃が接触しておるのだが、無敵なのである。
 なるほど、ヴォルカニックバイパーやヴェイパースラストなど
 炎や雷をまとった技ならば、ソコに生まれる何らかの力によって相殺しておるとも考えられなくも無いのだが、ギルギアにおいてはレバー前入れパンチは一部キャラを除いて、上半身無敵である。

 エフェクトは無い。

 モロ殴られておっても、無敵なのである。
 普通のショートアッパーのような技が上半身無敵!

 これいかに。

 ここで、重要なのが、無敵といわれる部分における攻撃は、あれは攻撃として物理的な接触が発生しているのか、それとも物理的になんの干渉も起こっていないかである。

 今日は、前置きが長かったので、明日以降、連続掲載企画として、話を進めていくことにする。

 今日は、貴様らの意見を聞かせて欲しい。

 あれは接触している?
 それとも接触していない?

 私の意見だと?

 あれは、我々が神様に便宜を図ってなんとかしてやっておるのだ。

 全ては神によるものである。

四月二十二日

タバ!

 あびばびば〜♪

 貴様の裏をかいてみた。

 さて、なんかしらぬが、法改正か何かで駅構内が全面禁煙とかいう話である。
 また、愛煙家が騒ぎ出したりせぬかと心配でもあるのだが、公共の場所での喫煙の論争の場合、嫌煙権などというものを振りかざして意見するから、相手も吸う権利を主張したりするのである。

 もっと無機的に、論点をすりかえてしまえばよい。

 つまり、
 対人排ガス規制。

 ここまで無機的なものにすればよいのである。
 道路など公共の場所で、環境破壊などに繋がる煙や粒子状物質を排出するタバコは、環境保全や健康面から考えて禁止することにしたとか言うべきである。

 ディーゼル車規制などで、反論しづらいのは
 車>人

 という、人間が交通弱者、そして車のほうが人間より強いという立場上の問題があるからであると推理する。

 だから、煙を嫌うのではなく、煙を出さない人間を+-0として、
 タバコを吸って環境破壊の一因となる排出ガスを出すものを、マイナスとして定位することによって、同じ権利を有した人間対人間という関係を打破して、相手に吸う権利を叫ぶ材料を失わせるのである。

 もっとも、これは論理のすり替えなのだがな。

 まぁ、一言で言えば私はタバコがあまり好きではないのである。
 だいたい、煙であるぞ。

 昔、煙を吐きながら歩くロボットのオモチャがあったな・・・。関係ないが。
 まぁ、アレに近い行動なワケである。

 人間が煤煙を吐くのであるのだからたまったものではない。
 煙突が歩いておるワケだ。

 脳の血管が収縮して思考力は落ちるし、歯は黄ばむし、肺は黒くなるし。
 悪いこと尽くめである。
 我々教会としては、人の生活をただれさせるタバコは厳しく取り締まっていく必要がある。

 この世で、美味くもないものに中毒症状起こして、やめられなくなって、刹那的な快感をいかに得ようとも、
 天国での永遠の命も、安らぎも手に入らぬのである。

 欲しいから、クセになっているから、中毒だから

 安易に手に入るからといってそれに埋没すると恐いワケである。

 タバコとROは似ている。
 やめようと思ってもやめられぬ。

 そうそう、ドコの作家であったかな、有名なセリフがある。
 今日はネタも思いつかぬので、それを最後に言って締めようと思う。

 禁煙なんて簡単さ。私はもう何十回もやっている

 嗚呼!
 ROからせっかく離れられたのに!

 今 度 は ロ マ サ ガ で あ る か !

 脱廃プレイなんて簡単である。私ももう三度ほどやっておる。

四月二十一日

タマ!

 横浜市在住の著名人の方が、先日、拉致未遂事件にあって以来、身の危険を感じて姿をくらましておったのだが、このほど、埼玉にて第二の人生を歩んでおることが発覚したそうである。

 所謂、タマ氏。

 これはゆゆしき問題である。
 氏は横浜市民として住民登録を行っておるワケであって、横浜市民であるのだ。
 今度は転出届を出して、住民票を埼玉に移すのがスジというものだ。

 だが、今回、私がタマ氏に関して言いたい事はソレではないのだ。

 タマ氏は定住する家を持たず、また職業も持っておらぬ。
 その上、東京だ、神奈川だ、埼玉だと棲家を転々としておるのは

 これは立派な住所不定無職である。

 〜容疑者とかで、ニュースにおいて頻繁に目にする、住所不定無職の男性なのである。
 コレは問題だ。

 また、保証人になってくれそうな知り合いや、家族、そして定職もないからこそ、彼は流浪の生活を強いられておるのかもしれぬ。

 そうなると、公権力などによる生活保護を受ける権利があるというものであるが、
 氏を取り巻く環境は苛酷なもので、
 守る会は名ばかりの拉致組織であり、

 見守る会は、見守るばかりで援助の手を差し伸べてくれないという
 海外派遣した自衛隊みたいな存在である。

 こんなんだから、氏は流浪の生活を強いられるのである。

 もっとも、大マジメな顔をして、拉致団体に向かって
 「タマちゃんに謝れ!」とか、叫んでおった見守る会会長も、埼玉にまでわざわざ出向いておったようなので、それなりに彼らならばやってくれるかもしれぬが、実はココに落とし穴がある。

 見守る会の存在しない埼玉では、拉致団体の驚異が一層強まるというもので、見守る会としては気が気でないのであろう。

 両方の会は最早、お互いのメンツのためだけに戦っておる節があり、タマ氏の為には新たな勢力が必要であるとも思う。

 住所不定無職のタマ氏を支援する団体。
 そう、言うなれば・・・
 タマちゃんを自立させる会

 とかであろう。

 とりあえず、私としては住民票を持っておるからには、タマちゃんタマちゃんなどといわず、
 ニュースでも

 住所不定無職のタマ氏が埼玉県で目撃され・・・

 とか発言して欲しいのである。
 横浜市民と同じ権利を有する生き物をちゃん付けで呼ぶとは言語道断、
 対等の存在として扱ってやらねばならぬ。

 タマ氏に謝れ!!!

 天の神様

 タマ氏が埼玉にやってきたそうです。

 どうか、彼の生活が守られるように、お導きください。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめーん

四月二十日

ろまろまろま

 

 さようなら皇帝。

 ウチの皇帝は、旅立った。

 さて、ロマサガ2には、年代ジャンプシステムというのがある。
 特定のイベントをクリアすると、最大で250年後まで時間が流れるというシステムである。

 この250年の間、ナニをしておるのか考えたのだが、コレはつかの間の平和とかじゃなくて、政権交代劇が繰り広げられておって、テレビの放送事故で「しばらくお待ちください」に、なるのとおなじ理屈だと考えた。

 つまり、皇帝は内政を省みず戦ってばかりだ!アイゴー!
 子供にミルクを!大人にパンを!!!

 退位しろーーー退位しろーーーーーー!

 という事である。

 皇帝継承で複数名の候補が出てくるのは、ソコらへんに起因しておるのである。
 本来、死ぬときに遺書で後継者を指定するところだが、民衆蜂起で退位に追い込まれておるので、次の皇帝は国民が決めるワケだ。

 だから、皇帝継承者を選んでおるときのプレイヤは国民である。

 国政の方向は国民が決めるワケであるが・・・
 皇帝とて、一人の人間である。自分で道を選びたくなることもあるかもしれぬ・・・。

 もっとも、ウチの皇帝は一人の人間であることすら拒否してしまった・・・

 天の神様

 愛!愛です!
 種族を超えた愛!

 どうか、彼らをご祝福ください。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめーん

四月十九日

ろまろま

 バーチャルネット継承アバロン皇帝大司狂やりこみゲーマー聖・レイホウ19歳である。

 明日の礼拝場所は、スフィンクスダンジョンの裏側の空き地である。
 そもそも進入できることを知らんやつもおるかもしれぬな。

 気をつけるように。

 いいかげん、路銀が尽きそうである。

 なんでこんなに貧乏なのであろうか・・・もっとも、国庫には数百万クラウンの金があるのだがな。

 ロマサガシリーズというのは、ケチである。
 数百万単位の金を動かしながらも、2では買い物がほとんどできず、物質的に不自由な生活を強いられ、3では一億オーラムを溜めた御褒美が1万オーラムである。

 どこで、9999万オーラムがピンハネされておるのかが、謎でならぬ。

 さて、現在は3ではなく2なのだが、完全に趣味でPTを作ったら大変な事になってしまったのである。

 陣形がインペリアルクロスしか無いのも絶望的なのだが・・・
 前衛:男ホーリーオーダー
 皇帝:女宮廷魔術師
 中段:男宮廷魔術師
 中段:帝国猟兵
 後列:女ホーリーオーダー

 どう見ても、受動防御型のインペリアルクロスには不向きなパーティなのである。

 主力は男ホーリーオーダーのみじん斬りと、男宮廷魔術師のウィンドカッターである。

 いくらなんでもダメであるな・・・。

 さて、今日はクジンシーを無事に倒したのだが、アレだ・・・。
 なんというかだな。

 七英雄って、やはりソコまでイヤな奴らでは無いと思うのである。
 どちらかというと、七英雄擁護派とかおってもおかしくない世界なのであろう。

 だから、あのステップにある船みたいなのはボクオーンが建てたうんたらかんたら・・・・とか、実に平和そうに、なんかあいつら妙なことやっとるなーという・・・近所によくわからん宗教団体が施設を建てた・・・とか、その程度の認識な気がするのである。

 ロックブーケなど森に篭っておるし、ワグナスに至っては地上にすらおらぬ。

 無害もいいとこであり、七英雄を無理やり悪人に仕立て上げて、世界征服を図るアバロンの策略なのであると思うのだ。
 はるか昔とはいえ、彼らはまさにブッシュのようである。

 いや!ブッシュがアバロン皇帝のようだと言うべきであろうな。

 んー、七英雄?お前等危ないから、大人しくしろ。

 服従か死か選んで良いぞ?

 素晴らしいスタンスである。私も学ばねばならんので、皇帝としてひと働きしてくるのである。

 天の神様

 えー・・・これから、世界放浪してみます。
 ロマサガ2は面白いです。

 でも写真撮影が遅れないように、お守りください。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめーん

四月十八日

ろま

 コッペリア!(挨拶

 コッペリアという単語が突然、頭にわいて出てきて、何かと考えておった。

 思い出したのである。ロマサガ2のロボットである。発明品である。
 そこで、調べた結果、今日は発明の日である。

 しかしながら、ロマンシングサガ2という世界は、よく言われることだがバカである。
 千年間近くも時がたって二千年代とかになっておるというのに、科学が現れる兆しが全く無いのである。

 ヤツらは伝統的な生活スタイルと、頑なに変えようとはせず、絶対に新技術を受け入れぬ集団なのである。

 なぜかと考えてみた場合、それはアバロン皇帝に原因があることが解った。
 ヤツは皇帝という立場にもかかわらず、部隊を指揮して戦うという事はしないで、四人の仲間と戦うのである。
 新技術は戦争から生まれるものだが、個人の闘争から生まれるという事は滅多にない。

 ヤツが戦争を起こせば、それだけで科学技術は進歩しておったであろう。

 ワグナスのところに、ひどい手間かけて、変な機械で飛んでいってサイコキネシスで返り討ちにされたりせずに、地対空ミサイルによってあの居城ごと灰燼に帰させてやることも出来るというのに・・・
 地上を走る船などという、バイク艦みたいなバカ兵器に苦労せずとも、地雷でも仕掛けてドカンと殺れるものを・・・

 彼らは伝統的なスタイルを崩さずに、個人で戦っておるのだが・・・国民が割と平和に暮らしておることから、
 割と七英雄とかどうでも良いとか国民は思っておるのではなかろうか。

 そもそも、序盤のレオンのセリフなどを聞いている限り、七英雄という存在はそれほど、世界にとって異質なものではなくて、むしろ居て然るべきものだと思っておる節がある。

 クジンシーがちょっと、技を試しにやってきてヴィクトールを殺した事くらいで、レオンが逆上して、お前等全員覚悟しちょれよ!と、なったのが事の発端である以上、あれは復讐物語である。

 だから、国民としては、皇帝が勝手に放浪してる・・・程度の認識であろう。

 幸いにも、ブレーンに恵まれておるのと、強奪、略奪による豊富な財源によって、国家財政は非常に安定しておるので、国民は嬉しいはずである。

 亭主元気で留守が良い

 というヤツであるな。
 つまり
 君主元気で留守が良い

 そして何よりも、圧倒的な木材資源の量が、あの世界を支えておるのだ。

 森を伐採し尽して、人は石を家に使うようになり、石の加工、鉄の加工など、高度な文明を得ていくのだが、森は腐るほどにある。

 ヤツらは永遠に進歩しないで良いのである。

 さて・・・
 アレだ・・・。

 これからレオンの人柱弔い合戦、親子二代復讐の巻である。

 つまり現在プレイ中である・・・

 天の神様

 これからヴィクトールの弔い合戦です!
 流し斬りです!
 完全に入ったのに・・・

 です!

 ハリーハリーハリー!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめーん

四月十七日

運営チーム

 こんにちは、レイホウ19歳写真集プロジェクトチームです。

 この度、突然の思いつきによって、レイホウ19歳写真集に新機能を実装いたしました。
 現在、脳内実験によって実装されており、六月十五日のラグフェスでの販売によって完全実装を行う予定になっております。

 この度のパッチは、一部のお客様からの特殊な要望と、一般的なお客様の要望の両方にこたえるために実装されました。

 また、一部実装が困難な写真があり、それに関しましては実装を検討中であり、実装時にその写真のみ効果が出ていなくても、どうかご容赦の程をお願いいたします。

 パッチ内容を熟知して、ご利用に当たって不便の無いようにお気をつけ下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 6月15日の実装予定内容。

 より多様な、お客様のニーズに答えるために、このようなオプションの搭載を決定いたしました。

 以上の更新を持ちまして、本日の更新に変えさせていただきます。

 明日はマトモに更新する予定ですので、別に心配なさらずに、今後ともよろしくお願いします。

四月十六日

貴様の時間を売れ。
私の睡眠時間をくれてやるから、貴様の起きている時間を売れ

 嗚呼、四月ももう半分去ってしまった。
 完成しているレイホウ写真を数えてみる。

 水浴びレイホウ
 踏みつけるレイホウ
 レイホウ&メガネハゲダンディープリースト
 闇に浮かび上がるレイホウ

 ・・・・四枚・・・・つwT

 一週間で二枚は仕上げたい意気ごみでおったのだが、土曜日に完成させて日曜日に遊んでしまうのがダメなようである。
 なので、月〜土で一枚、日曜日に一枚、という半修羅場型に移行して、減ROを滅ROに変更。短期決戦を目指すことにした。

 今日もこれから、突風に下着を飛ばされている写真の作業を始めねばならぬのである。

 地獄であるな。

 収録予定は12枚なので、このままのペースで行けば、だいたいあと一ヶ月で終える計算になっておる。予定通りならば・・・だが、エスタロンモカの世話になるかも知れぬな。

 最近、異常な忙しさで、執務を終えて帰宅するのが九時過ぎなので、その後、日記を書いて、レイホウ写真を・・・となると、ROなんてやっておる時間はないのだが、そこはさすがROである。

 なんといっても、中毒症状がほとんど無いというのが、素晴らしい。
 友達と話したければ、メッセンジャで事足りるし、ゲームとしては下の下なので問題ない。

 ROはもっと、この中毒性の浅さを前面に押し出して宣伝を行うべきである。
 どんなにド壷にはまっても、半年くらいでゲーム性に疑問を感じて、醒める場合が多く、ウルティマオンラインのように、ブリタニアで暮らして日本にログインするような絶望的事態は生み出さぬのである。

 いつのまにか、日本でアカBANされているという悲劇も、そこまで多いとは思えぬ。

 もっとも、旅立っちゃう人はドコでも旅立っちゃうのであるが、そういう人はほうって置けばよい。
 不幸に気づけぬというのは最大の幸福である。

 最近ハマっておる谷村新司の歌に良く出てくるのは、メセナの好きなイム教的な無常観である。

 私は、異教の概念ながらこれはキライではない。
 人生とはつかの間の祭り
 人生はみな泡沫(うたかた)

 それに気づいたとき、人は強くなれると思うのだ。
 最近思うのは、人は眠らねばならぬという不便さである。

 貴様らの中に、一日十時間以上寝ておるヤツはおるだろうか。
 考えて見るが良い。一日の41%に匹敵する時間を眠っておるという事は・・・貴様がコンスタントにその睡眠を行った場合に、人生80年として、そのうち32年ぶん眠っておる計算になる。

 死んでも嫌だ。

 私はそれが我慢ならぬ。80年ならば80年という時間を、丸々欲しいのである。

 とりあえず、体感としては5時間眠れば、人間はOKであると思うのである。
 さらに、快適な睡眠を考慮して、レム睡眠の周期を計算に入れると、起きる時間まであと5時間というタイミングで寝ると。寝付くまでに十分ほどかかったとして、レム睡眠の周期の来る四時間半後が程よくやってくるのである。

 最近、そういう生活なのだ。

 あと数十年近くもすれば、嫌になるほど眠るのだから、今は起きて戦う時である。

 嗚呼、時間がもったいない!

 サー・インテグラ・ウィンゲーツ・ヘルシングの言葉ではないが、こうしている間にも時間は出血していくのである。

 さぁ、レイホウ写真作成である。

 

 本日は最後に、いいものを見せてやろう。

 From dusk till dawnで紹介されていた、アンデルセンのそっくり画像。

四月十五日

トリスタン三歳

 なんか日付がズレてると思ったら、12日がダブっておった。

 さて、さやさやが休止した。
 私としては、まぁ五日前には知っておったので、当日はさほど驚かなかったのだが、聞いたときはびっくりしたものだ。

 まぁ、知っておったから、あんな礼拝が出来たのだ。

 さて、オウンラグナロクの記事をみて思ったのだ。
 国王はトリスタン三歳というらしい。

 どこのVNIかと思った。

 おそらく、三世の間違えであることは明白であるが、ココは一つ、三歳という事で話を進めたい。
 この間、現在のプロンテラの体制について話したのは、民明書房なので気にしなくて良い

 トリスタン三歳は、国民のギルド間での戦争を煽っているらしいが、これはどういう事であろうか。
 こんなところから、彼の残虐性が垣間見られるワケである。

 国民に冒険を強制したかと思ったら、今度は血で血を洗う争いを強要する。
 贅沢な生活に飽きて、残虐なゲームを楽しみとする君主の典型である。

 しかし!三歳がコレではマズいのであって、トリスタン三歳がこれを求めておる可能性は低いと言って良い。

 三歳といえば政治能力は無いであろうと思うので、そうなると誰かが摂政として政治の実権を握っておると考えるのが妥当である。
 ダレであろうか!?

 類稀な残虐性と、表に姿を殆どあらわさずに国家を動かす事の出来る政治力。

 これを兼ね備えた人物はおるのであろうか。

 そもそも、ミドガズ王国は非常に狡猾な恫喝外交を行っている。
 元来なら緊張高まる国境地帯であるはずのアルデバランに、自由意志の冒険者という名目で異常な兵力を文句のつけようの無い形で置いておるあたり、残忍な狡猾さが見て取れるのである。

 アレは、古代のモンスターたちを軽くヒネる者達がこれだけいるのだぞ?貴様らなどが束になって来てどうなる?

 という、無言の脅しである。

 共和制を取るシュバルツバルド共和国は、それに影響されて国民に民主化の機運が高まらないかと、ミドガズ王国にしてみれば不安の種であり、万が一何かの間違いがあれば、それに乗じて攻め入りたい対象であると考えられる。

 その点、アルデバランは美味しい立地だと言える。

 万が一、共和国側の手違いで、冒険者に何かあった場合に、「ウチの国民になにるすんじゃー!」と、因縁をつけて攻め込むことも可能である。

 さらに言えば、王国は東側と南側を海で囲まれた、非常に防御に適した立地だと言える。
 西側にはグラストヘイムが立ちはだかっておるために、侵入ルートはミョルニル山脈を越えての北ルートか、グラストヘイムやオーク森を避けて、南から迂回するモロクルートに限られる。

 その、モロクとゲフェンはそれぞれ、王国内でも有数の冒険者の集まる都市である。

 逆に、近隣国家からの侵攻の恐れの無い、フェイヨン、アルベルタは、はっきり言って戦力などほとんど無いに等しい。
 これほど狡猾な外交は並みの人間では思いつかぬのだ。

 彼らは冒険者という皮をかぶった兵力である。

 そうなると、国王をないがしろにして摂政をしておる人間が見えてくるというものだ。

 この狡猾な戦略!騎士団関係者に違いない!とか予想して、騎士団にいるハラの出たオッサンだと・・・素人は思うかも知れぬのだが、それは大きな過ちである。

 兵力を終結させるためには、彼らが冒険者である以上、まずは冒険をする場所ありきなのである。
 そう考えた場合、冒険者は自分たちで行く場所を決定して、より美味い場所へと赴くので、より美味い場所を設置する力である。

 元より、ダンジョンは魔物の巣窟。

 その闇なる者を意のままに操って配置して、類稀な残忍性をもち、なおかつプロンテラにいるもの・・・

 そう考えたとき、浮かび上がるのはただ一人・・・・バフォメットである。
 ヤツは森から抜け出してきて、人間のふりをして王国を牛耳っておるのだ!

 一般人は気づかぬが、教会はお見通しである!

 トリスタン様!いまお助けに参りますぞ!

 

 天の神様
 トリスタン様が危険です!
 魔のものに取り入られて、王国を操られ!

 このままでは王の命も危ういかもしれません!

 どうか!我々に戦う力を!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめーん

四月十三日

モモンガーーー!

 最近また、ズボンをヒザのあたりが股間になる感じではくヤツが増えておる。

 スソを踏んでコケているのをコッソリと見てしまったのである。

 一時期流行し、諸行無常・・・皆があんなんカッコワルイと気が付いて絶滅したと思いきや、なんとゴキブリにも勝る生命力で再び隆盛を見ようとしているかどうかは知らぬが、とにかくひっそり復活しておる。

 私はアレは嫌いだが、見るのは可愛いのですきである。

 可愛い・・・という意味について誤解の無いように説明をしておかねばならぬと思うのだが、

 何が可愛いかというと、あのたるみ具合はモモンガとかムササビに近い趣を感じるからである。
 思うに、アレはムササビとかああいう滑空系のイメージなのである。

 あそこに空気を溜め込んで滑空しそうなイメージが実に適しておる。

 理想としては、股間の間をダブダブにするだけでなく、ワキからヒザにかけての延長線上にもたるみを生み出して、完全なモモンガファッションとして売り出すことである。

 だぶだぶ感に見ていて癒されるとか、脱力系がイイとか、たれパンダに続く脱力系ブームを生み出すのである。

 現状で、男しか着ておらぬスタイルではあるが、普及した暁には婦女子にも着用されるであろう。
 だぶだぶなモモンガスタイルによって脱力系癒しを提供することも出来る。

 また、だぶだぶによって身体のラインが見えなくなることによって、身体的特徴による差別の撤廃を図り、
 真の女性解放に繋がるのである。

 そうなれば、一気にあのヒザが股間になる脚の短さを誤魔化しているとしか思えない姿も、可愛い!という事になる。

 体育会系の汗汁臭の漂う男も、だぶだぶのモモンガスタイルでほのぼの
 老いも若きも、モモンガファッションである。

 身体を締め付けぬので、血流も良くなって健康にも最適。

 みのもんたあたりに紹介させれば完璧であろう。
 奥さん!モモンガで楽してダイエットですよ!

 だがまぁ、流行すれば・・・の話である。
 現状においてアレは・・・ただの間抜けである。

 私としては是非ともやるなら徹底的に!

 間抜けならそれを極めるべく、パンツまであの位置ではくことをオススメしたい

 

 天の神様
 モモンガ系脱力服はいいかもしれません!

 ただ・・・これから暑い夏の時期に・・・流行の見込みは絶望でしょう・・・

 どうか、天変地異で寒くなるように、お導きくださ・・・・らなくてもいいです。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめーん

四月十二日

みんm・・・

 こにちあーーー><v

 まじかる☆れいほ→なのですのだーー!

 ・・・・ウソである。

 プロンテラ王ってどこにおるのだ?

 皆がうやむやにしておる、この疑問に答えようと思うのである。
 知ってのとおり、プロンテラには玉座が2個セットで2組存在しておる。国王と王妃が二人ずついるとか、国王と王妃のセットと、皇太子夫婦のセットだとか色々な疑問があるが、その主がどこにいるかという疑問の解決には至っておらぬ。

 そこで、歴史資料を紐解いて、私が説明しようではないか。

 元来、プロンテラには国王がおり絶対主義的権力をふるって世界を統治しておったのだ。
 その手は、ゲフェンやモロク、もちろんアルベルタにまで及んでいた。

 かつて、名君が続き、反映を極めたパクスプロンティニアと呼ばれた長い長い平和の時代があったのである。
 当時、我々の宗教は国教として認められ、法王が精神面の国家の支配者して君臨しておった。

 だが、いつまでも、名君賢君が続くというわけにはいかず、現れたのが暴虐の限りを尽くした、ヘイズルーン2世である。
 彼は自分の名をもした衛星都市、イズルードなどを建造、大量の奴隷を使ってすき放題をしておった。

 飲みたい時に飲み、腹が減れば食い、女が抱きたくなれば後宮へ、それでも飽きたらねば、市井へと出て、目に付いた女を適当にレイプしていったという。

 ちなみに、命令に逆らわない地方都市には過酷な制裁を加えたのだ。
 フェイヨンの、大飢饉は彼による経済封鎖によって発生したものである。

 そして、その圧制に・・・ついに国民はキレた。

 お肉が買えないのならば、バケモノのエサを食べればいいじゃないか。

 という一言で国民の怒りは爆発したのである。

 王宮を包囲し、国王を北方の森へとおいやったのである。
 やがて、国王は山羊の化け物になったとも伝えられておる。

 そして、
 フェイヨンの弓手ギルド
 モロクの盗賊ギルド
 ゲフェンの魔法師ギルド
 アルベルタの商人ギルド

 以上の四つのトップによる四頭政治により現在にいたるワケである。

 彼らは、年に数度の会議のときしか来ぬので、あの玉座は普段は空であり、またあれこそが国民の自由と民主化の象徴なのである。

 ちなみに、我らが法王はいぜんとして、精神面の支配者であり、
 また、剣士ギルドは・・・シビリアンコントロールの原則により政治に介入できないのである。

 勉強になったであろう?

 テストに出すから、よくよく復習しておくように。

 

 参考文献:民明書房「ミドガズ王国の民主化の歴史」 ウッス・オー・ハピャク著

四月十二日

サーカス

 

 ちょうど、サクラも満開のなか礼拝を行うこととなる。
 見てのとおり、弓手村北東の池の中で行う。まだまだ寒いが、寒中水泳礼拝である。

 ちなみに、今日は、明日でさやさや師の一周年記念であるので、プチさやさやデーなのだ。

 明日は、さやさや師との出会いからの日々、そして私の過去などをつらつらと語ってみようと思うのである。

 ところで、久しぶりにガーディアンヒーローズをやったのである。まったく、さやさやデーと関係ないのだが、こういうのは心意気が大切なのだ!文章など重要ではない。
 かつて、私がこれでセガサターンはプレステに圧勝だ!と、信じた超良作ゲームである。

 3ラインの横スクロール格闘アクションなのだが、実に良く作りこまれておった。
 そのゲームの最大のウリは6人同時対戦である。

 コレが熱い!私もマルチターミナルを買ってやったものだ。

 このゲームの最大のウリは・・・死体の有害性である。

 先に死んだキャラも死骸が残り、引火したり、ぶっとびでダメージを与えたりと、常にボウリングバッシュ状態で存在しており、死体を使ってハメ殺したりが常套手段であった。

 というわけで

 RO殺伐化作戦。

 かつて、真サムスピで、隠しキャラの黒子は、死体を無駄にしてはならんと言っておった

 それに習い、死体を利用したいと思う。

 たとえば、ダンジョン内を真っ暗にしてだな・・・視界を確保するために明かりが必要なワケだ。
 サイトやルアフでもいいのだが、たいまつを使っても良い。

 そこで!

 たいまつ切れとか発生した時に・・・・・死体から脂を取って燃やす。

 という選択肢などあると生々しくて良いとおもう。
 あの、死体になむー、という風習が我慢ナラン。アレが蔓延するくらいなら殺伐がメインである。

 とまぁ、今日はココまで書いてなんだが、アレだ。

 寝る。

 明日のさやさや話を楽しみにしておれ。

 まぁ、実のところは、レイホウ写真作成で時間が無かったのである。

 いつもなら、完成したのをUPして、更新代わりにできたのだが・・・ラグフェス用なのでな

四月十一日

サーカス

 さて、今日は何かと言うとだな。

 人間相互における上下関係とは、相手が自分にどれだけ干渉する力を持っておるかで決まるのだ。
 例えば、会社において上司に服従する理由は、それは上司が自分に対する人事の一端を握っているからであり、もしクビにしたり減給にしたり、そういった自分に対する不利益を操る権力がないならば、そんなヤツに従う必要はない。

 逆にいうと、何らかの損害を自分に与えられる立場の人間が自分より上という事になる。

 〜君、君はちょっと最近疲れていないかい?ウチの会社のアラスカ支社で欠員が出てね。どうだい!養生をかねていってみないか?

 というヤツが出来る人間は恐いワケである。

 最も身近な、その権力者は親であろう。

 ところで、

 アミノ式のTVCMである。
 燃焼系燃焼系アミノ式♪

 ってヤツである。

 あれは、動き自体はCGではないらしい。中国雑技団か何かのメンバーが実際に行っているのをモーションキャプチャで取り込んで、一般人をかぶせたものなので、動き自体は実際に行っているとの事である。

 サーカスみたいな物というのは恐ろしいな。

 古来より、日本には子供に対する、親が言う脅しの台詞にも色々あるのだが。
 これは典型的なそいつの運命を握っている強みを使ったセリフである。

 「お前みたいな子はサーカスに売っちまうよ!」
 とか
 「黄色い救急車呼ぶよ!」
 とか
 「お前は元々、橋の下で拾ってきた子なんだからね!」

 等等各種あるが、最近は絶滅寸前というか、これらのセリフにはある種の共通認識、
 つまりサーカス=ビシバシ鍛えられる、黄色い救急車=鉄格子病棟、橋の下で拾ってきた=いつまた捨てられるかわからない。

 というワケである。

 最近ではこんなセリフは通用せぬ。

 娯楽の増えた現代においてサーカスの何たるかを知らぬ子供も多いであろうし、黄色い救急車の迷信などもはや古臭く、橋の下で拾ってきたなど、ナンセンスの極みである。

 そもそも、親のほうも親のほうで、リストラやらで、いつ橋の下暮らしになるとも解らぬので、シャレにならぬというのもあるかもしれぬ。

 だが、このアミノ式のコマーシャルは画期的である。

 これによって、子供にサーカスの恐ろしさを知らしめることが出来るのだ。
 これは画期的である。

 これからの時代、こうした古き良き恫喝によって人間を育成していくべきである。
 教育機関や親は、虐待だとかなんとか生ぬるい事を言っておらんでビシバシ言うべきなのだ。

 だが、アミノ式だけでは足りぬとも思う。
 これからの時代に合わせた新しい脅しを考えるべきである。

 「無料ルーター配布のバイトさせるわよ!」

 最強

 究極の羞恥プレイである。

 天の神様
 無料ルータ配布がしつこいです。
 ほんっっっとにしつこいです。

 うまい話にはワナがあるものですね。

 どうか過ちをおかす人がいないように、お守りください。

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます

 えいめーん

四月十日

VS

 お忍びも良いのだが、バレないように気を使うのもアレなので、この際だから暴露してしまおう。

 コレ(注:非道なファイル直リンである。良い子は真似しないように。)・・・私だ。
 生活習慣改善を目指し!
 健康で健やかなラグナロクオンラインを目指しておる。

 というか、私にだって生活があるワケで・・・四六時中狩りをしておられるワケではない。
 大司教としての下らぬデスクワークがたくさんあるのだ。
 山と詰まれた書類にサインしていったり、免罪符に印鑑を押していったり、地動説などという馬鹿げたことを言う科学者を宗教裁判にかけたり。

 忙しいのである。

 そうなると、当然・・・ログインタイムは減るワケで・・・

 そう、考えてみるがよい。
 少ない時間でレアを出す方法を!

 思いついたか?

 私は思いついた。

 それはずばり、確変である。かくへん!

 ブラックスミスの鉱石発見スキルで、そもそものドロップテーブルを捻じ曲げてしまえば良いのだ。
 と、いうわけで、鉱石発見という決着を見たワケである。

 RO悲惨物語は何通か来ておるが、実子の教育がおろそかに・・・とか、友人がBOTだったとか・・・色々と凄いのが来ておる。
 週末あたりにまとめてUPする予定である。

 さて、冒頭で地動説などという事を言ったのだが、少々気になった事がある。

 ROはなんなのだ!?

 年間通して日中という、非常にすごしにくいというか身体がよくおかしくならんと思う環境である。
 その上、日光は真上から降り注ぎ、影の向きは永遠に変わらぬ。

 コレは最早、地動説など妄言と言わざるを得ぬのである。

 と、なると少々考えてみよ。
 一応、最近の研究でこの大地は球形であることが解ってきたのだが、あいにく日光は我々が独り占めである。

 そうなると・・・
 裏側に住んでおるヤツらはなんなのだ!?

 はるか西方などに住む異教徒どもである。彼らの土地がこの裏側だったとすれば、

 永遠の闇に住まうものである。
 彼らは真っ暗闇に住まう異教徒・・・

 もやしっ子という可能性もおおいに否定できぬのだが、闇の中に棲む物といえば

 とりあえず確定HITで魔族である。

 異教徒=魔族なのだ

 ヤツらは闇の住人。
 ダークストーカーだ。あるものはコウモリに姿をかえ、精気を吸い、あるものは淫猥な売女の悪魔として男をひからびさせ、またあるものは、ピラミッドなどという異教の建造物に住まうアンデッド・・・セリフが反響したりするのである。「我が名は名は名は名は」とか・・・

 まぁ、そんな感じで魔物なのである。

 だから遠慮要らぬ。

 異教徒=魔族説を私は学会に提出するつもりである!

 

 天の神様
 ブッシュはフセイン像が倒れるのをみて「やった!倒したぞ!」と叫んだそうです。

 真性バカであります。
 どうか、彼がマトモになるようにお導きください

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます

 えいめーん

四月九日

貴方にはぁ♪貴方にはぁ♪

 今日は、階-きざはし- と、チャンピオンばかり聞いておった。

 谷村新司である。

 階-きざはし-のほうであるが、私はこの歌をよく覚えておる・・・幼き日の記憶ながら覚えておる・・・。
 世間の評判は散々な大河ドラマ・・・琉球の風のテーマそんぐだったのだ。

 ストーリーは殆ど覚えておらぬ。

 ただ、主人公の弟が舞踊家なのだが、恋人を日本人に殺されて気が触れてしまって、恋人の服で女装ダンスをする人間になってしまったのが衝撃的であった・・・。
 己が恋人になりきって舞うことで喪失を補完する・・・哀しき想いである。

 確か、その時に久方ぶりに再開した父親が来ておって・・・気が触れた弟を・・・今は宮廷で舞踊家をやっておって、これは新作の踊りだ・・・と哀しいウソをついておったのだ。

 あのシーンは実に感動的であった。

 結局、物語としては琉球併合物語である。
 また、大河ドラマにしては珍しく、歴史物ではなく時代物であった。
 歴史物と時代物の差は言うまでも無いと思うが、ようは史実を描くものか、史実のある時代におけるつくり物語か、という違いである。

 まぁ、とにかくNHKの大河ドラマは普通のドラマでは予算などの関係でできない、超ロングスパンでの人物描写が魅力である。

 今年は宮元武蔵だそうだが・・・激しく今ひとつである。
 自信を失い、落ち込んでいく日本経済と日本人・・・それに喝を入れるような人物を選ぶべきである。

 腕が立つばっかの負け組み人生で、晩年は洞窟でヒッキーになった挙句、精神世界に埋没していった器用貧乏の話などダメである。だめ。

 ・・・少し言い過ぎであるか・・・。

 そこで!私として、是非、見てみたい大河ドラマがある。

 まず、その1
 東郷平八郎

 言わずと知れた、海戦の英雄。バルチック艦隊を破り去ったわが国屈指の司令官である!
 対馬海峡で2分の1の勝負にかけて勝った、勝負度胸と勝負強さをもっともっと、見習って欲しいのだ。
 前例云々言わずに、自分が例になるくらいの意気込みが世の中必要である。

 その2・・・さらに時代を進めて
 連合艦隊司令長官・山本五十六

 である。
 新潟で生まれて、ソロモンで死ぬところまでを、ガッチリと描ききるのである。
 そしてなんと言っても、世界の警察気取りの超大国に一発かましてやった、彼の立案の真珠湾攻撃を一ヶ月くらい使って、緻密に描くのだ。
 自信を失った現代人達に「そうだよ!おれ達ぁアメリカにギャフンとイワせてやった国民なんだ!」と、自信を持たせてやらねばならぬ。

 右より?気にするでない。

 ちょっと右くらいのが、良いのである。

 そして、私が満を持してお勧めしたいのが・・・

 その3
 東条英機である。

 時代に翻弄された哀しき男の物語である。
 誰が首相をやっておっても、太平洋戦争は止められなかったであろうにも関わらず、開戦を止められなかったと、御前で男泣きに泣いた話など実に素晴らしい。
 ただ・・・ちょっとバカだったらしいが・・・ラストシーンに極東国際軍事裁判を持ってこれるあたりは素晴らしいと思うのである。

 真実を語り、罪を悔いて・・・ついでに言うと、東条英機が戦争起こした張本人ではないのに殺されていくことで、日本人が忘れてしまった「怒」の感情を呼び起こすのである。

 貴様らはもっと怒らねばならぬ。

 不条理を受け入れるのはカミュの小説だけで十分だ。

 キーナン主席検事のエピソードとか入れて、いやがおうにも東条英機に同情するように持っていって、

 ラストシーンは絞首刑への階段をのぼるシーンでオワリである。

 階段をのぼり始めたところで、エンディングテーマとスタッフロールが流れ出して、過去の回想みたいのが流れていくのだ。
 そして、エンディングテーマの終わりのほうで、先に逝った仲間達の顔がよぎり・・・そして・・・まだ曲ががつづいている・・・というところで。

 ガクン!という音と共に、視界が暗転・・・音楽も突然止まり、静寂に包まれて。

 〜終わり〜

 天の神様
 なぜか今日は、英霊が思い出される日でした・・・。
 チョンマゲつけてる時代の大河ドラマもいいですが

 是非!是非、近代のも見てみたいものです。

 どうか、導きください

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます

 えいめーん

四月八日

マヨネーズはノンフィクションです
脚色も誇張も一切ありません

 さて、知事選である。

 東京都は石原慎太郎で鉄板なので面白くない。
 確かにフロッピーディスク開発者とかは偉大だと思うのだが、今では見る影が無い。

 オバさんもパっとせぬというか、ダメだ。

 窮鼠猫を噛むとは言うものの、石原慎太郎はすでに猫ではない。

 同じ土俵におらぬ、大空の鷹である。
 いかに窮鼠といえども、大空の鷹は噛めぬのだ。

 そんな大空の鷹の如く生きる、孤高の友人がおる。
 彼女は、マトモな外見と明るく気さくな性格で、気立てのいい、絶滅寸前の大和撫子の生き残りである。

 だが!

 そんな彼女には欠点がある。

 破滅的なマヨラーなのである。

 一日一本、MYマヨネーズを携帯し、使い切る・・・。月のバイト代はほとんどがマヨネーズに消える。
 コンビニのオニギリに、マヨネーズを塗って喰らう。
 吉野家で牛丼弁当を買ってきて、肉が見えなくなるまでマヨネーズをかけて喰らう。
 ひとたびマクドナルドに入れば、バーガーを開き、マヨネーズを山のようにもってから閉じて食らう。
 焼き肉に行こうものならば、小皿にマヨネーズを出してそれに肉をつけて喰らう。
 宴会となれば、頼まれもしないのにマヨネーズのイッキ飲み。・・・それも嬉嬉として。

 挙句の果ては、「美味しいよ?」と言って、他人の食い物にマヨネーズを盛る。
 お金持ちになったら、マヨネーズ風呂に入りたいというほど・・・

 最早、救いようの無いマヨラーなのだ。

 それゆえに、今まで付き合った男とも、いかに愛し愛されていても、相手はその問答無用のマヨネーズぶりを恥ずかしがって一週間以内に醒めてしまうのである。

 百年の恋も一瞬で、マヨネーズで塗りつぶす彼女は・・・

 キューピーのマヨネーズ研究員を目指すべく、化学を学んでおったりするのである。
 まさに孤高のマヨラー・・・天を舞う鳥がボトボトと白いフンを落とすごとく
 ボトボトと白いマヨネーズを振りまいて生きておる。

 そんな彼女が、知事選の話をしておった。

 「マヨネーズ安くしてくれる人がいいな・・・

 アリなのであろうか!
 選挙においてそういう選び方がアリなのであろうか!嗚呼・・・長い前フリでああった・・・

 そうなると、私は政教分離の原則を無視して、私が政治を牛耳れるようにしてくれる政党とかを選ぶワケである。

 そんなことより、私は頼みがある

 この願いを叶えてくれたものを、東京都知事の座につけてやろう!

 ああ、だから・・・

 だからとっとと!
 私の近くにファイルサーバーとやらを持ってまいれ!接近できぬなら、私に接近しろ!

 ファイルサーバーさん、ファイルサーバーさん。ちょっとソコに正座なさい(ニコニコ

 

 天の神様
 ファイルサーバが遠いです。
 寄らぬなら・・・殺してしまえ・・・ファイル鯖(字余り

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめーん

四月七日

ゆり・・・

 ゆーなではないが、自慢させてくれ!

 ヘッドフォンを買った!
 別に鋼鉄40個とオリデオコンと・・・ってアレではないぞ。
 ソニーのMDR-Z900というヘッドフォンである。

 ラグフェスでのレイホウ写真作成中にROの誘惑に負けないように、高品質の音楽を提供するヘッドフォンを探したのである。

 友人に薦められて買ったのが、このMDR-Z900.
 コイツである。

 アレだ・・・。私が、普通のスピーカーやそこいらのヘッドフォンで音楽を聞いている人間に、同情するようなイヤな性格になってしまうかもしれないくらいに、それくらいに!圧倒的な音のよさ、深さ、そして高音域の抜けの良さ、伸び、遮音性を誇っている。

 マーベラスだ・・・。

 貴様ら、そのような出力機器では、CDが泣いておるぞ。

 それはそうとだ、
 何かというとだな、私はこの一点だけは犬猿の仲であるメセナとも意見が一致しておる。
 それは、一青窈が大好き

 という点である。

 しかし!!!!

 メセナ・・・すまんのだ。異教徒の貴様は結局は敵!
 出し抜かせてもらおう!

 というワケで。

 一青窈を骨の髄まで味わってしまった・・・なにが骨の髄までかというと・・・

 呼吸音が・・・微妙な息遣いが・・・のどの音が・・・吐息が!
 耳元で聴こえるのである。

 なんてエロいヘッドフォンだ!

 耳元で息吹きかけられてるみたいで、ちょっと興奮してしまったのである。

 なんていうか、耳に息をふきかけられて、ゾクゾクってな感じなのだ。
 一青窈を征服した気分である。

 よ・・・・世の中男要らんノダ・・・女だけで十分ナノダ・・・とか、一瞬境地を見かけた瞬間であった。

 まぁ、とにかく新境地目指さぬように頑張るのである。

 天の神様
 ちょっと百合が見えかけました。

 このままマリ見て読んだりしないようにお守りください

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめーん

四月六日

そひ

 ソヒーは処女ではなくなったらしい。

 だからどうした?と、思うかも知れぬが、これは大問題である。
 今までのソヒーは言うなれば、セラス・ヴィクトリアであった。
 だが、今のソヒーは、単なるグールである。

 非処女、非童貞のアンデッドがグールになっておるのだからな。

 最早ソヒーは意志をもたぬ存在である。

 ひき肉にされる運命のちょいキャラである。

 このように、そのキャラクターを構成するコアの部分というのは重要で、本体ではないが背骨たる部分が変わってしまうとダメダメな事態というのが多々あるわけである。

 言うなれば、味噌の無い味噌汁である。
 味噌汁の主成分は水である。H2Oである。七割以上が水であると言っても過言ではないだろう。

 だから、味噌汁の本体は水であるが!味噌汁のコアはミソなのである。

 味噌が無ければ汁である。

 汁とはすなわち水なのだ!

 という事はだ!
 ジョージ・ブッシュ大統領

 彼のアイデンティティはバカであり、ボケである。

 彼の本体はもちろん、バカやボケではないが、コアはバカとボケであるから
 もし、彼からバカとボケをとったらどうなるか?

 ジョージ・ブッシュ大統領という名前のうち、ボケを構成する部分は。

 間違いなく、呪われた戦争の血脈たる、
 ブッシュ

 である。

 そうなると、ボケないバカしないブッシュは。

 ジョージ大統領という事になる。

 なんだか突然マトモ感が漂ってくるので間違いないであろう。

 ところで、ここまで延々こんな説明をしてきて、何かというと

 ソヒーである。
 ソヒーという言語のうち、彼女の構成要素のコアであった処女を成す部分はドコであろうか。

 漢字で書いて、小姫。

 非常に判断に困るのである。
 どちらも処女っぽい文字であるし、両方合わさって意味をなすとも考えられる。

 そうした場合、どうするか・・・

 仮に、小の部分であるとした場合

 彼女はヒーである。
 彼女なのにヒー(he)である。

 次に、ヒーが処女っぽい部分であるとした場合。
 ソ

 となる。

 ソ・・・漢字だと、小

 一文字残したとき

 小か、それとも、姫か・・・

 並べてみたときに、どちらにイヤらしいイメージを受け、どちらに清純なイメージを受けるかといえば

 小は清純というか、幼いイメージで
 姫はちょっと女っぽいイメージであるから

 変換すれば、小が処、姫が女

 となるであろう。

 処女から処をとれば、女である。

 よって、ソヒーの本質はヒーであった
 それに、コアであり付加価値であるソがついておったのである。

 だから、今日からソヒーはソヒーではなく、ヒーと呼ぶべきである。

 以上!本日のレクチャーはここまでっ

四月五日

全国ツアー礼拝スタート

 明日は礼拝である。

 そして、何と今回から礼拝の形式が変わるのである。

 その名も!
 全国礼拝ツアーライブ!

 一回目:アルベルタ
 二回目:弓手村
 三回目:スフィンクスダンジョンフィールド裏側
 四回目:プロンテラ城
 五回目:カピトーリナ寺院
 六回目:ゲフェン
 七回目:アル・デ・バラン
 八回目:ルティエ

 という計画になっている。

 時間は今まで通りの、朝10:00〜である。

 場所を転々としながらの、布教行脚なのだ!
 ちなみに、明日の場所は今まで通りの
 
 ココである。ここからツアースタートである。

 さて、本日は、新コンテンツとして、RO悲惨物語が追加されたワケである。
 投稿型のコンテンツなので、貴様らの協力が必要なワケだ。

 ラグナロクで壊れた人生
 ラグナロクが招いた不幸
 ラグナロクによって破綻した人間

 等など、さまざまな悲惨物語を集めておる。

 怪談とかより恐いものを目指すので覚悟しておれ。

 しかしまぁ、恐ろしいものであるな。MMORPGに人生破壊されるヤツとかおるのである。大学八年生とか、UOにハマって最終学歴中卒とか

 人の人生とは、何もせぬには長すぎるが、何かするには短すぎる・・・と、山月記にも書いてある。

 さて、関係ないのだが、アメリカ軍がサダム国際空港を制圧して、名前をバグダード国際空港に変更して喜んでおるらしい。

 敵の象徴たる、サダムの名のついた場所を制圧して、名前を変えるという屈辱を与える作戦であろうが、
 アレだ・・・・なんというか、私はコレをこう、名づけたいと思う。

 お前の母ちゃんデベソ作戦

 基本原理は同じであろう。
 私もかつて、バフォメットをヤギ橋と呼ぶことで、この作戦を展開したことがあるが、実に有効である事が解るのだ。

 やーいやーい、お前等の総大将ダッシュ村〜!

 まーべらす。

 素晴らしいのである。
 この原理を応用すると、メセナ等の教化もスムーズに行えるかもしれぬ。
 やーいやーい。恵まれたボンボンの作った宗教なんて、有り難くもなんともねぇぞ〜♪
 社民党みたいだ〜、鳩山家のお坊ちゃんに庶民の為の政治ができるかいな〜〜!

 断食明けに人妻の母乳の粥食うなんてヘンターイ!

 とか・・・激しくマズいので流石にやれぬのだが・・・

 悟りを得て、立ち上がろうにもハラヘッテ立ち上がれなかったという情けない教祖様に、とおりがかった女性が自分のぼにうで、粥を作ってやったそうである。

 その女性の名前がスジャータ。

 そんでもって、コーヒー会社のスジャータの社長は熱心な異教徒なのである。
 だから、ミルクコーヒーをメインに作るメーカー・・・スジャータは、スジャータという名前なのだ。

 ・・・と、書いたのだが・・・スジャータはアレだ。メーカーというより商品名であるな。コーヒーに入れるヤツ。

 ぼにうフェチなのであろうか・・・

 そう思うと、スジャータのコーヒーとかぼにうが入っていそうで恐ろしいのだが・・・
 しかしまぁ、こんな料理もあるしな。

 美味いのかどうかは知らぬが・・・

 そう、そんな異教徒とこの料理人の為に今日はこんな言葉で締めくくりたいと思う。

 「ぼいんは〜赤ちゃんの為にあるんやで〜♪」

 エイメン!

四月四日

マリア様でフェイク

 当サイトはラグナロクオンラインのファンサイトであり、ラグナロクプレイヤが必要以上に、孫の支那人兄弟どもに金と時間を奪われないようにする為のサイトである。

 人生を大切にせねばならん。
 友人が消えたのである。MMORPGによって、ファンタジー世界の住人となったまんま帰ってこなくなった。

 所謂、引き篭り。

 これが、山ごもりならば幾分かというか、そもそも格好いいのであるが、引き篭りはいただけぬ。
 もっとも、孤独に耐えるために、片眉剃りをそり落として、人前に出れない恥ずかしい姿になることで、こもりつづけるとか、引き篭りでやられても困るのであるがな。
 その友人の母上殿に会ったのだが、泣いておった・・・息子が引き篭ってしまったと・・・えらく悲しんでおった・・・。

 ROを紹介した私としては、やるせない気分である。

 私は、その友人ならば大丈夫だと勘違いしておった。
 だが、彼はあっけなく人生をモニタの向こう側へとゆだねてしまったのである。

 世の中、勘違いというヤツはしばしばあってだな。
 うっかり間違えることがあるワケである。

 私は今日、友人から金色のガッシュというマンガを見せてもらったのだが、前に名前だけ見かけて、不透明水彩絵の具の物語だと思っておった。

 知っておるヤツは解るであろうが、水彩には、透明水彩と不透明水彩がある。
 その、不透明水彩の金色の物語だと思っておったのだ・・・。

 それが・・・なんかツマラナイ普通のマンガであった。

 そんな感じで、頭の中に作られた偏見、思い違い、勘違いというのは、実際、その正しいのに触れるまで、矯正されないのである。

 で・・・さやさや師やら・・・友人やらに、再三にわたって進められておる本があるのである・・・
 マリア様がみてる・・・・

 生憎だが・・・救世主の母上様はあくまで卑しき乙女である。
 人間なのだ。
 死して人類を見守る権限も力も無い存在だといえる。だって、卑女であるからな。

 もっとも、卑しいといっても、地面に落ちてる金をひろったりとか、そういう事ではなくて、
 神という圧倒的神聖に大して、卑しき身分であるという意味である。

 別に卑しい人だったワケではないので要注意なのだ。

 その、マリア様がみてる・・・だが
 我が脳内では、実に・・・見事なまでの捏造及び、脳内変換が行われておる

 色々なサイトで見かけた、色々な情報を脳内で統合した結果

 @♀×♀
 Aケツの青い小娘どもの百合
 B銀杏が臭いらしい・・・
 Cサイコキネシスとか、ガイガンターとか、ゴツい名前の役職がある。
 D見ててじれったい
 Eアナグラムすると苗字がセクハラになるキャラがいる。
 Fごきげんよう

 と、こんなところである。

 ちなみに、私としてはサイコキネシスとガイガンターは非常に興味深いのである。
 念力VS科学力といった感じである。

  48の必殺技とか言って、ガイガンターなお嬢様が、サイコキネシスなお嬢様を投げるワケだ。
 一方、サイコキネシスなお嬢様は念力である。恐ろしい戦いになりそうであるな。

 そして、ごきげんよう。

 ワケが解らぬ・・・・

 確かなのだ
 私の記憶では、絶対!そんな感じのヤツがおったのだ、サイコキネシスとガイガンター

 まぁ、そんなヤツらが聖母な学校で暮らす物語であるのだが、妹がおるらしい。
 ますますワケが解らぬのである。

 そうそう、思い出したぞ!
 これも、伝え聞きの知識であるのだが

 ガイガンターとガイガンターの妹とやらは、異教徒の手先なのである。
 という事はおそらく、異教徒の手先として、神を冒涜するためにスパイにやってきたのだが、だんだんと説法の甲斐あって改心して、潜入捜査官とギャングの間に友情の生まれるフェイクのように、仲良くなっていって苦労する話であるな?な?

 いい話ではないか。

 宗教によって引き裂かれる友情、ウソの経歴と真実の友情・・・
 ガイガンターは美味しい役回りであるな。 

 そんなこんなで、ちょっとマリア様がみてるに興味を持ったのである。 

 天の神様
 友人が・・・モニタ内へと旅立ちました・・・

 どうか、いつか帰ってくるように、お導きください

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめーん

四月三日

動物虐待

 実に爽やかそうな公告を見つけたのである。

 旅行のポスターで、ヒーリングビュー六月の北海道と題しておった。

 広大な牧草地に、真っ青に晴れ渡った空。その清澄さと美味さが視覚を通じてでさえ味わえる清清しい空気。そしてのどかに牧草を食う牛達・・・。

 見た瞬間、あの牧草地に寝転がって青空を見上げて深呼吸する自分の姿を思い浮かべて、良いなぁ・・・行きたいのぅ・・・とか思っておったのだが、私の鋭すぎる頭脳はそんなひと時の至福の空想にすら冷静な突っ込みを入れてくるのである。

 あそこは牧草地。

 牛糞である。
 美味しい草をいっぱい食べて、美味しいミルクと臭いクソを牛は出すのである。
 青空は晴れ渡って美しいかもしれない
 空気は清澄で、心地よい風が大地を撫でていくかもしれない
 青々とした牧草地は自然のベッドとして私の体を受け止めてくれるかもしれない

 それは事実だ!

 だが!

 芳しくない香りがしないと、ドコの誰が言い切れるのであろう。

 だが、あの公告はそれを忘却させる危険な魔力があった。
 イメージというのはかように恐ろしいものであるのかと思い知らされたのである。

 そうすると、実は貴様らが普段、快適だと思い込んでおる場所にも、ひょっとしたら青々と伸びた牧草の陰にひっそりと息づく、隠れた牛糞のように、何らかの罠がないとも言い切れぬのである。

 イメージに誤魔化されて気づかないことが世の中いくつもあるのである。

 それはペットシステムの悲惨さである。
 前からペットをもっておる職がおった。

 ハンターとナイトである。

 それぞれ鷹とペコペコなのだが・・・彼らがペットを飼っておるとする。

 ペコペコをつれたペコペコナイトなど、実に絵になるであろうが、考えてみるのだ。

 一方はエサをやって溺愛しておるが・・・
 自分の乗っておるほうは、話し掛けてやることすらせず、エサもやらず・・・

 虐待である。

 可愛がっておるようにみえて、その実体は「いっちょ可愛がってやるか?コラ?」という可愛がり方なのだ。
 自分に食べ物が与えられずに、仲間ばかり可愛がられたらどう思う!

 目の前で、仲間にウィスパカードを出されたら!

 目の前で、仲間にビタタカードを出されたら!

 とにかく、貴様らはそういう行為を目の前で行って折るという事を忘れてはならん。
 責任持って、両方に愛を注いでやれぬのならば、教会で責任持って保護するので手放すが良い。

 いや、手放せ。

 それが、ペットの為である。

 

 天の神様
 ペットの虐待が増えております。
 ルナを仲間にするために、ルナを虐殺したり・・・

 ペコペコの目の前で、一方のペコペコだけにエサをやったり・・・

 酷い状況です。

 どうか、生あるかれらをお救いください!

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめーん