11月21日

ハイプリのつ・も・り

 フォトショップやペインターは子供の玩具だな!これからはSAIの時代だ。

 などと言ってみる私。

 いや・・・水彩絵の具の再現性の高さという点では、SAIが最強すぎる気がしてきた。
 ペインターは悪くないけど、時間経過で乾くとかアホな機能つけてないで、もうちょっとがんばらないとマジメにヤバい気がする。SAIのが優秀だ・・・。

 ところで、最近、初心に戻ってハイプリーストの服装にしようと思ったのですが、ハイプリーストの服をアレンジする方向にいつの間にか変わっていた。

 胸の部分で白が十字っぽくなっているあたり、かなりハイプリを意識したつもりなのだが・・・。

 仕上がってから思った。

 「この服なんかスパロボで見たことあるぞ・・・」

 よく覚えてないけど、もうちょっとオレンジ色のこの服を見た気がする。

 天の神様

 ハイプリのつもりなんです。わかってください。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

10月28日

地方都市におけるラーメン屋の収益構造と、理想的な業態

 日航ホテル横・・・ラーメン専門店 くいば
 豊橋駅から南下・・・さかなや

 この二つだけはガチ。

 動物系の濃厚なダシの味わいの素晴らしいくいば。
 太めの多加水麺も素晴らしいコシである。トゥルントゥルンで素敵である。
 ここのチャーシューご飯についてくる、豆板醤的なもの。食べるとすごく良い香りがするのだが、ちょっとウィスキーっぽい香りである。なんだろう?

 それから、さかなや。
 ここも丁寧な魚介スープ。
 麺は中太多加水麺である。

 味としては、今は亡き「げんこつ屋」に近い味である。さば節とかまぐろ節とかでダシとってると思われる。

 

 この二店はガチ。ほんとにおいしいラーメン屋であった。

 めでたしめでたし。やっと良いラーメン屋に出会えた。

 

 天の神様

 名古屋には一蘭があったはず。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

10月18日

地方都市におけるラーメン屋の収益構造と、理想的な業態

 辛いし痛いし酷いし嫌だと泣き叫んだとしても〜♪

 大人版と子供版を一緒に描く・・・二作目。
 慣れてきた?気がする。

 空気遠近法もどきを導入。

 ただ、背景を思いつきでつけただけなので、そもそもの遠近法が狂っている罠
 こうして水彩をマスターしていけば、いつの日にか、デジタル水彩を扱えるようになる・・・はず。

 

 

 さて・・・本日は地方都市におけるラーメン屋の収益構造と業態である。

 

 豊橋のラーメン屋を行脚して、私はひとつの特徴に気づいたのである。

 これは、多くのラーメン屋に共通している、意外とも言える出来事だった。

 「スープが複数ある」

 醤油、塩、味噌、とんこつ。

 多いところではこれらをコンプリートしている。
 確かに、東京でも複数のスープを持つラーメン屋はある。

 じゃんがら、ぼんしゃん、からぼん、こぼんしゃんとかだが・・・あれは豚骨というひとつのコンセプトを別のアプローチで作った複数のスープであって、少し毛色が異なっている。

 豊橋周辺では、「うちの自慢のスープはこれ!」というのに特化した、スープ特化型のラーメン屋が少ないのが特徴である。

 

 この原因を考えてみるに、それはおそらく絶対的な市場規模の違いである。

 

 そもそも、池袋の駅前でラーメン屋を営むのと、豊橋の市街地でラーメン屋を営むのでは絶対的な顧客の母数が異なってくる。
 東京の密集地域におけるラーメン屋の収益モデルは、薄利多売であろう。

 なおかつ、ひとつのスープに特化して、大量の客を回転率良く回す必要があるのである。
 ラーメン屋も多いが、母数も多いので、一人の客が割りと長い期間を置いて来店するという形でも、人気店ならば十分に毎日稼ぐ事ができる。

 豊橋においてはどうだろうか。
 顧客の絶対数が少ない。

 つまり、客単価を上げ、来店頻度を上げる。これしかないのだ。
 東京のラーメン屋が味とこだわりの追求による、広範囲集客型であるとすると、豊橋などの地方都市のラーメン屋は、客の来店頻度を上げて、一人の客で何度も稼ぐという形にしなければならない。

 そこで、複数のスープと、異常なまでのトッピング等のバリエーション。そしてファミレスの如きサイドメニューの充実である。

 これによってラーメン屋は「ファミリー向けのラーメンレストラン」的な側面を強く見せるようになる。
 何軒か行ってみても、どのラーメン屋もそんな雰囲気である。今日は一号線を東へ向かい、二川のラウンド1の向かい側にあったトンコツラーメン屋に行ってみた。悪くはないがまあまあであった。ここもサイドメニューとスープの多さが気になった。

 このように、高頻度で通ってもらえるように、色々な味を用意することこそが地方都市におけるラーメン屋において重要な事なのかもしれない。

 思うに、豊橋の街中に一蘭があってはたして儲かるかと言ったら疑問と言わざるを得ない。
 確かに美味いが、毎日は食べたくない。
 九州じゃんがららーめんでも、春木屋でも、生郎であっても、蒼龍唐玉堂であっても同様である。

 時折食べたくなるものなのだ。

 都市部なら、多くの時折食べたくなる人々が毎日の売り上げを支えるが、時折食べたくなる人がそもそも少量しかいない豊橋において、重要なのは味を変えられることなのではないだろうか。

 つまり、地方都市においてはそもそも職人型の味を追及するようなラーメン屋は育ちにくいのではないだろうかという、結論にたどり着いたのである。

 

 ただし、思うに例外があるはずである。
 多くの人間が出入りし、なおかつラーメンを好む層である場所。

 総合大学の近くなんかは、ひょっとしたら地方都市でもおいしいラーメン屋はあるかもしれない。

 とはいえ、愛知大学は移転してしまうので望み薄だが・・・。
 技術科学大学の周りはラーメン屋どころか店がない。

 

 

 天の神様

 名古屋には一蘭があったはず。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

10月5日

アナログ

 アメジスト将軍に続けー!!!!

 

 失敗は覚えているうちに次をやったほうjがいい。

 と、考えて今日も楽しく透明水彩。
 アメジストの服装がすごい勢いでわからないので、シルエット以外は全て適当。っていうかソル・バッド・ガイみたいな金属プレートがついてる。
 

 剣二本だったと思うが、デカすぎた。

 それ以上にそもそも、スキャンしたらいろんな部分の色が出ていない。

 今回マズった点は、最初に青で下塗りした影と違うベクトルで重ね塗りの影を入れてしまった点。気をつけよう。
 イルンゴルヌルカよりはマシになったかと思っておる。

 それと・・・水彩楽しい。

 フォトショップを使うと綺麗にはできるのだが、ランダム性がない。
 たとえば、うっかりから生まれた絶妙な効果とかがない。

 それを思うと、アナログ水彩はなんと楽しいのだろうか。

 それに、慣れると思って頼り簡単である。

 ね?簡単でしょ?

 天の神様

 ボブ・・・。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

10月4日

バーチャル

 何卒留意してください。
 今日の日記を見ることです。

 

 苦手な人は苦手かも。微グロ。

 

 

 

 

 

 イルンゴルヌルカ様。
 いきなり、読み手おいてけぼりの剛速球でスタート。

 何の前振りも無しに、バイオメガネタをふってみた。

 イルンゴルヌルカ様にビビっと来た。
 バイオメガのなかでも、最高の可愛さである。しかも超イケメンなヒグイデ兄貴とデキちゃうあたりが素晴らしい。
 このキャラの性行為を描いちゃうあたり、作者は普通ではない。

 

 

 ちなみに、見て「ん?」と、思ったかもしれないが、アナログ水彩。
 まさかのアナログ水彩である。最近これが楽しくて仕方ない。

 スキャンすると色がちゃんと出ないのが困りものである。

 無限×無限解像度で描いているので、スキャンしたあと、解像度を落として縮小するときに悩んでしまう。いろいろ見えなくなる。
 

 アナログ水彩をしっかり身につけて、ゆくゆくはペインター水彩に移行していこうという、自分なりの修行である。
 今回は、重ね塗りしすぎて、せっかく丁寧にグリザイユ塗りしたのが台無しになった点である。

 太ももはあまり重ね塗りしなかったので、グリザイユがちゃんと生きている。
 こういう加減がむずかしぃ・・・。

 そして、おでこの点を忘れた。
 でも、直せない。これがアナログの良いところ!次がんばろ!

 天の神様

 イルンゴルヌルカ可愛いです。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

9月28日

バーチャル

 ラーメン不毛の大地、愛知県。

 ひどすぎる。これはひど過ぎる。

 おいしいラーメン屋を最近探し始めたが豊橋周辺は絶望的なのである。

 

 その1:五味八珍

 チェーン店らしい。
 食った瞬間、足柄山SAのラーメンの味を思い出した。まずくはないが、SAクオリティ。普段食いたい味じゃない。

 その2:ラーメン四天王

 チェーン店らしい。
 味が濃すぎて好みじゃない。悪くはないのだが、美味くもない。そもそも、労働者向け定食としての側面が強く出すぎていて、ラーメンに本腰が入っていない。

 その3:なんか国道23号線で蒲郡方面に行く途中、新栄町で斜めに曲がって川の方に向かう途中、曲がってすぐの右手にあるラーメン屋。

 名前忘れた。
 地元のラーメン屋という雰囲気だったが、割と美味い。ほっとする昔ながらの味。しかし、すごく美味いというわけではなく、一番マシという意味。

 

 その4:国道23号線沿い、ラグーナ蒲郡付近の「とん太」

 最悪。
 「遅い(二十分も待たせるな)」「不味い(しょっぱいだけ)」「安くない(このクオリティで600円はちょっと)」という、三重苦のラーメン屋。その上、食後変にもたれるというオマケつき。

 現在ワーストラーメン屋暫定一位である。最悪。

 

 その5:丸源
 とりあえずその、手抜きみたいな豚しゃぶの塊をどけろ。
 スープをちゃんと作れ。
 不味くはないが、少なくとも美味くはない。
 ファミリー向けのラーメンレストランとしての側面が強すぎてダメ。
 

 

 

 全体的に味付けが濃い気がする。
 私はもっと、春木屋みたいなスープにこだわりぬいた、繊細なダシの味わいあふれるラーメン屋に行きたいのだ。

 ぶっちゃけ春木屋が恋しい。恋しいよう。

 あの、一口含んだ瞬間、口の中に広がる芳醇な海鮮だしの香り、飲み込んだときのさらりとした後味のよさと、濃厚な甘み。
 それが麺とからみあって渾然一体となり、のどごしから、歯ごたえから、味わいから、香りから、波状攻撃を仕掛けてくる。

 あの美味さ。高いけどね。

 そして終盤で、備え付けの酢を入れてみたときの、スープの劇的な変化。
 あの醤油ラーメンに酢を入れるという、ちょっとかわった食べ方との神懸り的なマッチ。

 あの味が恋しい。ああああああ行きたい。

 吉祥寺の春木屋いきたあああああああああああああああああああい。

 

 それから、西麻布の交差点を六本木方向にちょっと上ったところにある「赤のれん」

 あそこの水餃子の絶妙な肉の甘み。
 濃厚でありながらも、食べやすくもたれない、とんこつスープ。
 私のじいちゃんの頃から行っているだけあって体によく馴染む。

 

 ああ!それから忘れてはならない。狂牛病で一時期ピンチになった、カルチャーショック的ラーメン屋の醍醐!
 口に含んだ瞬間に広がる、チーズにも似た濃厚な牛の香り。

 そして最後にスープにお米を入れて・・・おっぉっぉぉおおおお、たまらん。

 

 そう、それからこれは先日食ったが、秋葉原の九州じゃんがららぁめん。
 最高すぎる。

 私が幼い頃から食べなれた味である。
 見よう見まねで、いつの間にか私もPCの自作ができるようになっていた。
 世を忍ぶ仮の姿の小学生の頃から手を引かれて秋葉原に通っておったから・・・あそこは故郷みたいなもんである。

 

 ああ!そうだ忘れていた。
 丸金ラーメン!
 クセがなくおいしく食べられるとんこつラーメン。雪谷大塚店によくいったものだ。

 

 そして、とんこつといったら、一蘭。
 あの独特の麺の香り。味集中システムはどうでもいいが、とりあえず美味くて好きだ。
 水の出る蛇口の水圧の低さをなんとかしてほしいがな。

 

 そして、「大豚全地獄!」の生朗。
 美味いとか不味いとかの論議はもはや無粋である。あれを一発キめた日は、その日一日ハイになれる。

 

 美味いラーメン屋がないのだ・・・愛知県。
 禁断症状だ禁断症状。
 遠鉄浜松駅のガード下にラーメン屋の横丁があったが、あそこは遠すぎる。美味かったが遠すぎる。

 豊橋周辺で美味いラーメン屋の情報を探している。
 

 

 天の神様

 ラーメンください。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

9月1日

バーチャル

 久々の、サンホラ新アルバム。MOIRAである。

 私は嫌いじゃないのだが、なんというか聞いてて思った。英語の語りが増えたせいで「Rhapsody of Fire」みたいになってた。 
 英語語りの部分から、北欧系ファンタジーメタルバンドの匂いがプンプンしてくる。メタルオペラみたいである。

 嫌いじゃないのだがな。

 むしろ好き。

 サンホラっておそらく、ジャンル的にはAOR(Album Oriented Rock)に入る気がする。

 まあ、それはそうと、あらまり厨や懐古主義の人には評判は悪いようだが、私は嫌いではない。
 少なくとも新境地を開いたように思える。

 

 でもやっぱ、北欧系の匂いがすごくする。

 語りが減って基本的に曲に乗せて歌うようになったせいもあって、北欧系のファンタジー世界観のメタルに本当に近づいてきた。ただ、ゆっくりの曲が多いというのは違うがな。

 

 天の神様

 モロクが滅びちゃいました・・・どうしよう。実は今ROプレイ中なんです。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

9月1日

バーチャル

 レイホウさん、何メイコのコスプレして遊んでるんですか?って言ったヤツ死刑な。

 YATTA!YATTA!首相退陣〜♪YATTA!YATTA!内閣総辞職〜♪ 葉っぱ一枚あればいい〜♪福田去るならハッピーだ〜♪

 と、言いつつも、記者会見で泣きそうなの見たら可哀想になったのである。
 最後とか記者の質問にマジギレしておったな。後は野となれ山となれって感じであった。

 まあ、あんな低俗で意味がなさそうな質問する記者も記者だが。

 最近ボーカロイドを描くのマイブームである。

 題して三匹のボカロ。

 妻殺しの無実の罪をかけられ、死して身の証を立てようと思ったものの、幼子を残して死ぬに死ねず、生き恥を晒し逃げ回りながら仇を探し続ける浪人。戒人。

 左は、恩のある姐さんを手にかけた花魁殺しの男を殺して仇を討つために、自らも花魁を続け仇の男を見つけ出しそうとする遊女。美玖。

 中央は、吉原で遊女として働く傍ら、ひとたび裏の顔となれば悪を討つ始末屋。芽衣子。

 

 毎回、三人別々に目的を持っていながらも悪事に巻き込まれて、悪代官やら豪商やらを懲らしめる勧善懲悪もの。

 

 ところで、花魁って早い話が売春婦なのに。ビッチなのに。雌豚なのに。
 なんでジャンルとして人気があるんだろう。

 不思議である。

 

 天の神様

 ミクを売春婦に貶めてみました。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

8月31日

豪雨

 なんか外で豪雨が降っている・・・。

 ちょっと、外の様子見てくるわ。川とか氾濫してないか心配だし。

 

 

 

 

 

 という言葉だけの更新をしようと思った昨日。思いとどまった私は偉いと思う。いや、えらいよホント。
 それにしても、ものすごかった。

 大聖堂の上司の家にて、ダンナの車が水没。
 嵐に乗じて窓破壊して車上荒らし。
 カーナビと社員証パクられたとかハンパない。

 おお、おそろしや。

 岡崎は恐ろしいところである。

 ウチは山の上なので、水没していく愚民どもをTV中継で見ておった・・・のだが・・・。
 なんか、ベランダにかけてた日よけの簾が、突風で空のかなたに吸い込まれていったのは正直、驚きを通り越して笑ってしまった次第である。

 そうそう、駅前のメイホウビルの地下も水没しておった。天井に穴が開いて、腰くらいまで浸水してきたらしい。

 名前をレイホウビルにしておけば、そんな大惨事は防げたかもしれぬがな。

 それから、大聖堂の仲間のお爺ちゃんが「畑が心配だから見に行く」と言って出て行ってそのまま戻らない。
 家族は大慌て、必死で探し回った結果、お友達のお隣さんの家に上がってお茶飲みながらTV見てたらしい。

 

 それにしても、なんで老人は「ちょっと見に行ってくる」で行ってしまうのだろうか。
 往ってくるのならば良いが、逝ってしまう場合があるので怖いところである。

 熊を撃退するような老人力も、雨水の流れには抗う事ができぬということだろうか。

 天の神様

 愛を知る土地で大洪水が・・・おそろしや。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

8月19日

一ヶ月ぶり

 はい、ミクを描いてみた。

 ゴスパン風ミク。
 何ていうか、ゴスロリ描こうと思っても、いつも途中でパンク方向にシフトする私。

 ちなみに、描いてて何となく、某魚を取るときに使ってたり、よく話し相手に・・・の人を思い出したので、髪形混ぜてみた。

 

 最近ちょっと作ってなかったので、久々にフォトショップを起動したのだが、やはり楽しいのう。
 久々に、写真を新しく作ろうかなどとも考えてしまう私であった。

 だいたい何でミクなのかという所からして謎である。

 ところで、北京五輪は凄まじいことになっておるな。特にサッカー。あいつらの足癖に悪さは並々ならぬものがある。
 サッカーは格闘技だ!とか吹かしてた日向小次郎でも、あそこまでえげつない事はしない。キックにしても、相手との間にボールを挟んでのキックであった。

 早めに対処しないと、あいつら絶対そのうち、スカイラブハリケーンとか、ゴールバーに上ったりし始めるから今のうちに永久出場停止処分が必要である。

 サッカー協会も、永久出場停止処分くらいはしないと示しがつかぬと思うのだがな・・・。

 と、中学校時代、体育のバスケの試合で友人と示し合わせて、友人に踏み台になってもらってダンクシュートして猛烈に体育教師に怒られて、頭凹むんじゃないかと思うくらいブン殴られた私が言ってみる。

 スポーツはルールを守って楽しくやろうね☆ 

 天の神様

 シナは差別用語じゃなくて、フランス語に起因するものなので、別にいいと思うんですがー・・・。むしろ、セントラルブリリアントな中国という呼び方のがよろしくない。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

8月9日

一ヶ月ぶり

 開会式すごい。中国のオリンピックの開会式がすごい。

 なんというか、環境を取り戻そうとして緑色を塗るシーンとか、別のものを連想させて素敵。
 ほかにも、サラブライトマンの隣にいた中国で有名らしいシンガーのオッサン。なんで黒のTシャツなのだ。どう見てもつりあってない。おかしい。なんで!?

 そして入場、偶然なのかなんなのか、最初のほうが片っ端から月の国旗のムスリム国家なのは不思議である。

 漢字の画数順とのことであるが・・・。

 

 まあ、それはそうと、私は今だからあえてROに言いたい。

 兵隊アンドレまだ?

 忘れたと思ったら大間違いである。私は覚えておるぞ、兵隊アンドレカードを。そして心待ちにしておるぞ。使わないけど。

 

 で、話によるともうすぐモロクパッチらしい。

 といっても、なんだかプレイする気力はあまり無いのだがな。

 ROに欠けているものは今まで色々考えてきたが、最近豊橋に来てから思ったことがある。

 ROに欠けているのは、ある種の戦闘から切り離された目標の達成なのである。

 

 たとえば、FPSやTPS、RTSは勝利や敗北と言った形である時間的な区切りによって結果が出てくる。

 UOだったら家だとか・・・。

 ある種の目標達成を、戦闘と切り離せなかったのが敗因ではないだろうか。
 結局のところ、狩りのために戦闘を行い、目標の装備もまた円滑な狩りのためであり、レベル上げという行為も、さらなる狩りのために行うわけである。

 ここに例えば、家をデコレーションするだとかそんな要素があれば、それを着陸地点としてプレイすることができたと思う

 GvGもあるが、結局のところアイテムに関する利権が絡んでいる以上、戦闘の縛りからは抜け出せていない。
 GvGの勝利は目標たりえないものである。

 最高にレアな神器やら、神器クエストでのレベル4武器とか、そんなものも結局狩りのためという一転に帰着してしまう。

 

 つまり、終わらないわけである。
 終わらないプレイを強いられているのである。

 ある程度のスパンで終わりを設けない限り、そのループの中でやる気は減衰していってしまう。

 仕事であっても学業であっても、試験やプロジェクトの終了といった形で区切りが作られているのだが、それが無いのが致命的であった。

 

 〜になりたいとか、〜を使いたいだとか、そういった願望でプレイできているうちは幸せである。
 ハマっている状態であり、この状態は本当にうらやましい。私もかつてはソレだった。

 だが結局、最終的に行き着くところは何かというと、バッシュを使ってウルフを倒すのと、スパイラルピアスを使ってハイオークを倒すのと、ダブスルトレーフィングでオットーを倒すのと、大して変わらない行為だと思えてしまう状態である。

 結局のところ、それらは狩りの過程であり、幾万回と繰り返すうちに、射程だろうと威力だろうと変化があったとしても、敵を倒すというメソッドの中で矮小化されて、無個性な欠片になってしまうのである。

 そうなったとき、狩りのための狩りは、地獄の責め苦のように思えてくる。

 たとえばUOで、目標だったレアな内装品を買って、それをロックダウンして素敵な眺めの我が家を眺めながら満足げにログアウトをする。そんな目標の達成があった。

 だが、ROでは目標の装備を買っても、それは狩りによって威力を発揮するもので眺めて楽しむものではなかった。
 (性能がどっこいどっこいだったβテストにおいては、幸いにも眺めて楽しむという満足があり得た。)

 すべてを達成しきって満足してログアウトをすることは、ROでは殆ど無い。
 何かに駆り立てるように、狩りをしながら、今日のノルマ達成などと思いつつ、ログアウトするわけである。

 目標の達成もまた、新たな狩りの幕開けにすぎない。

 戦闘とは無縁なものを手に入れて、家に飾って凝った家を作って満足してログアウトする。
 そんな価値観を与えられなかったから、ただひたすらにインフレ化する高性能装備を目標として、レベルを目標として果てない戦いに身を投じるのである。

 家とまでは言わずとも、戦闘から切り離された何らかの価値観を形成して、そこをゴールとすることができたなら、その目標を達成して楽しんでいける程度の強さで満足して、満足とともにログアウトすることもできたであろうに…。

 

 天の神様

 UOもアカウント消しちゃいましたけどね・・・。KRクライアントがショックすぎて。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

7月9日

暗黒時代

 ゲームに飽きたので、良いゲームを買った。

 ルナティックドーン至上、最高傑作と呼ばれる前途への道標である。

 ベクターさんで、DL販売しているのでオススメ。
 とりあえず、知らない人のためにルナティックドーンの説明をしようと思う。

 どんなゲームかというと、世界で最も理想的なRPGである。
 主人公は特別な人ではない。ただの人。どちらかというと弱い。

 で、世界で犯罪をするも正義の味方になるもの、ただの便利屋として生涯を終えるも自由。

 結婚して子供をもうけることも出来るのである。

 
 恐ろしく自由度が高い。
 ちなみに、恐らく・・・MMORPGが生まれた黎明期、こういう世界でたくさんのプレイヤが暮らしたら楽しいだろうなぁと思って作ったのではないかと思う。とにかくよく出来ているのである。

 

 天の神様

 ストリートファイターEXもっさりが微妙です。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

7月9日

暗黒時代

 久々にゲーセンに行った。

 FATE→タイトルが悪い。私が考えてやろう「ストリートファイターEX-もっさり-」で良いだろう。
 タイトルから中身まで伝わるであろう。

 ダメっぽいゲームであった。

 ガンダムVSガンダム→これは・・・。何という地雷。
 発売前から地雷評判は凄かったが、とにかくゲームが荒い。グラフィック面でもシステム面でも。特になんか、ゲージ技のショボさはすばらしいものがある。あそこまで大味になるとびっくりだ。

 今までのVSシリーズの積み重ねてきたもの全てをブチ壊す勢いである。

 さすがに酷かった。

 なんだかゲーセンの黄金時代は終わってしまったかのような感がある。暗く低迷して閉塞していくような・・・。
 にぎわっているのはカードゲーばかり。

 なんだか微妙な感じであるな。

 マジック・ザ・ギャザリングをICカードにして、ゲーセンでプレイできるようにしたら、すっごく燃えるのだが・・・。してくれないだろうか。
 ただ、マジックは一戦が長いのが欠点ではあるがな。

 たまに、一戦が異常に短くなってしまう事もあるが・・・。
 そういう場合は、開発チームが叱られる。

 ウルザブロックとか・・・アーティファクト・土地とか、こっぴどく怒られたようであるな。

 まあ、それはそうとゲーセンに食指の動くゲームがない!困った! 

 天の神様

 ストリートファイターEXもっさりが微妙です。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

7月4日

魔女狩り

 オペレーショントロイ!!!

 売り払った。

 なんだあのクソゲーは。
 プレイヤが求めていたもの「戦車とかの代わりにガンダムが配置されたバトルフィールド」

 実際にプレイできたもの「MS対MSが基本で、歩兵はオマケの初心者虐殺ゲー」

 

 作ったのが韓国人だと聞いて、思わず納得してしまった。

 「韓国人にゲームを作らせるとは、すなわちこのような物!このような物をプレイしたいとお望みか!」

 ゴフッ!

 ・・・「暗君・・・・・」

 

 という感じに脳内で再生された。
 なんか、条約とか平気なのかなとか重いながら、歩兵の群れにザクマシンガンを打ち込んだり、歩兵でロケットランチャーでMSを落としたり。

 30v30くらいの戦争をわれわれは求めていた。

 MSに乗れなくても良いのだ。

 MSに襲われたり、MSと戦ったり、時折MSに乗ったり。

 求めていたのは、ガンダムの世界であって、ガンダムに乗ることではない。
 韓国人には、そんなメンタリティがわからなかった。

 プレイ時間=強さになるような調整、それこそが韓国なのだと実感した日であった。

 天の神様

 ひどすぐる。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

6月11日

魔女狩り

 現代魔女狩り考。

 

 中世のヨーロッパを語る上で忘れてはならないのは魔女狩りと、それに伴う魔女裁判である。
 そして、現代の日本において、この魔女裁判が行われている。

 そもそも魔女狩りとはどのような性質のものだったかを確認したい。

 結局のところ、ヨーロッパにおけるペストの流行と、寒冷期の訪れによる土地生産性の低下。これにともなう社会不安のはけ口、つまるところは災厄への説明機構として魔女狩りは行われていた。

 魔女と呼ばれつつも、男性も裁断されている。

 そして、魔女狩りの対象となる人物は誰でも良かったのだ。ほんの少し、異質なところがあれば何でも良い。
 たとえば、人嫌いで村はずれにすんでいる変わり者。
 たとえば、皆が流行り病に罹っても、平気でいるもの。
 たとえば、薬草の知識などがあり、治療行為を行ったもの。(治癒は神の業であり、真似ることは罪である。)
 たとえば、皆に嫌われているもの。

 などなど、理由は何でも良い。

 重要なのは、「マイノリティ」であること。「他人の理解が得られない人」であること。ただそれだけである。

 そして、現代でも魔女狩りが起こっている。

 対象はオタクである。
 今回の、秋葉原無差別殺人事件でもその現象は起こっている。

 少なくとも、犯人の犯行動機というのは、さまざまな要因が多元的に関わり、つまるところ動機など明確にすることはおそらく本人でも不可能でないだろうか?

 だが、われわれが推理するに、理由というものはいくつか浮かび上がってくる。

 現代の奴隷と呼ばれる、派遣社員。
 そして、下層社会にすべての皺を寄せて、苛烈な労働と劣悪な労働環境、賃金を強要するトヨタにも問題がある。

 この事件自体が下層社会で暮らす貧民が切羽詰って起こした、反抗であると取る事もできる。

 ゲームや漫画という趣味も関連しているかもしれないが、こんなものは誰でも多かれ少なかれ持っているものである。

 

 さて、そこでである。
 魔女狩りにおいて重要なのは、マイノリティであり、理解されづらい趣味を持っていることだ。

 つまり、オタクという人々は非常に都合が良い。

 今回のような動機のわからない・・・いや、動機がわからないと言えば問題があるかもしれない。
 少なくとも、メディアにトヨタの劣悪な派遣の扱いをたたくことはできないだろう。

 本社で社員をリストラしないなどとデカい口をたたいておきながら、下請け孫受けには、喉もとにナイフをつきつけるような、凶悪なコストダウン要求を繰り返しておるトヨタの悪行をたたくことができようか。

 世界二位の自動車会社にはむかえるメディアがあろうか。

 ならば、もはやこの事件の説明機構足りえる理由はオタクしか無いのである。

 かくして、現代の魔女は火刑台へと上らされる。

 オタクであることは、犯罪の理由として非常にわかりやすい。
 魔女狩りと同じなのだ。

 彼らは魔女狩りと同じように、世界の腹いせのために裁かれていくのである。決して、無差別殺人を許容するつもりは無いが、だがそれにしても、マスコミの論調は魔女裁判と同じである。

 そうして、何が原因なのかから目を背け続けたときに、犯罪は増えてくる。

 犯罪の原因から目をそらし続ければ、いずれ犯罪の抑止などできなくなるであろう。

 なぜ、彼は無差別殺人をするほどまでに追い詰められていたのか。それを詳らかにする努力を怠るべきではない。

 
 

 天の神様

 なんだかマスコミも国も・・・何やってるのでしょうか。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

6月11日

MTGWIKIを見るのがすき。でもやらない。

 風邪で点滴を受けた。

 点滴されながら、ボーっと考えたのが、くだらないカードゲーム。

 脳内で私とさやさやで対戦してみた。ちなみに、デュエル中盤くらいから描いてる感じで見てもらいたい。つまりそろそろ、互いにキーカードを引いてきて、攻め落としにいくくらいのターンである。

さやさや「私のターンだね、ドロー!モンスターカード、ピロリ菌を召還!」

レイホウ「な、なんだと!?」

さやさや「ふふふ。ピロリ菌が場に出ていると、そのターン対戦相手に与えられた1点以上のダメージ一回につき、私のデッキの中から、モンスターカード胃潰瘍、もしくは十二指腸潰瘍をコストを支払わずに召還して良いのだ!」

レイホウ「くそ、だが私にはまだブロック要員がいる。そうやすやすとダメージは食らわぬよ!」

さやさや「甘い!続いて、モンスターカード、イヤミな上司を召還!イヤミな上司はストレスカウンターが三つ乗った状態で場に出る。私は自分のライフを一点払い、そしてストレスカウンターをひとつ取り除くことで、対戦相手に1点のダメージを与えても良い。わかる!?レイホウさん?」

レイホウ「ま、まさか・・・貴様のそのデッキ!」

さやさや「そう、私のデッキはストレス系ビートダウンデッキ。これから、サラリーマンの病気があなたを襲うわ!さあ、三点のライフを支払って、カウンターを三つあなたに飛ばす!」

レイホウ「く、くそ!」

さやさや「1点のダメージが3回通ったね!デッキから、胃潰瘍(パワー/タフネス:6/2)、十二指腸潰瘍(パワー:タフネス12/2)、十二指腸潰瘍を召還!さあ、召還良いが醒めた次のターンがレイホウさんの最後だよ!ターンエンド!」

レイホウ「く・・・何とかしないと。私のターン、ドロー!ふっふっふ、ついに来たぞ」

さやさや「え?」

レイホウ「今、私の場に出ているモンスターは、不安神経症と自律神経失調症。お前は私のデッキを小型モンスターによる高速ウィニーデッキだと見誤って、そんなにファッティな大型クリーチャーを三匹も召還した。だが、甘いのだよ」

さやさや「え?」

レイホウ「不安神経症と自律神経失調症を生贄に捧げて、モンスターカード統合失調症(4/4)を召還!統合失調症が場に出ている限り、すべてのモンスターのパワーとタフネスは、その小さい方と等しくなる!お前のそのデッキは確かに強い。だが、どちらも既に治療手段のあるものだ。つまりタフネスが低いのが欠点!さあ、お前のモンスターはどちらも2/2になったぞ!」

さやさや「まさか、レイホウさんのデッキは」

レイホウ「私のデッキは、メンヘル系コントロールデッキだ!采配を誤ったな、さやさや!」

さやさや「そ、そんな!?」

レイホウ「いくぞ!病院をタップして、保険点数7点を支払い、モンスターカード境界性人格障害(3/3)を召還!境界性人格障害は、ブロックに参加できないが他社との関わりが難しいため、攻撃時にはブロックされない!次のターンから、貴様には毎ターン3点のダメージが確定するわけだ」

さやさや「小癪な!」

レイホウ「ターンエンド!」

さやさや「私のターンだね・・・。く、このクリーチャーでアタックをしても、統合失調症の前では無力だ。確かに4点は通るかもしれないが・・・く、。ドロー!・・・!?あは、あははははは!天は私を見放さなかった!」

レイホウ「何!?」

さやさや「あーっはっはっはっは、レイホウさん。覚悟してね!胃潰瘍と十二指腸潰瘍二枚を生贄にモンスターカード召還、胃癌(6/6)!胃癌の特殊能力、告知をを発動!胃癌はこのターン、召還酔いに影響されない!胃癌でアタック!」

レイホウ「甘い・・・甘いよ、さやさや。言ったでしょう?メンヘル系コントロールデッキだってね。」

さやさや「え!?」

レイホウ「マジックカード発動。ジプレキサを処方。」

さやさや「え!?」

レイホウ「ジプレキサは、対象のタイプが精神病のモンスターをアンタップさせる。もしくは、対象の精神病ではないモンスターに使った場合、そのモンスターは高血糖性昏睡によってタップ状態にされる!」

さやさや「何ぃ!?」

レイホウ「これで、お前の攻撃フェイズは終了だ」

さやさや「くっ・・・ターンエンd」

レイホウ「待て。私がまだマジックカードを使う」

さやさや「え!?」

レイホウ「マジックカード、リストカット発動。対象のタップ状態のモンスターは、そのコントローラーにパワーと等しいダメージを与える!」

さやさや「ぎゃあああ!(さやさや6点ダメージ)」

レイホウ「そして私のターンだ。お前の胃癌は既にタップ状態。悪いがトドメを刺させてもらうぞ」

さやさや「く、くそ・・・」

レイホウ「ドロー!・・・・くっくっく、ついに天命尽きたな、さやさや。」

さやさや「まだ、まだだ!」

レイホウ「いくぞ!統合失調症と、境界性人格障害でアタック!通すならば、7点のダメージだ」

さやさや「まだ終わらないよ!」

レイホウ「・・・・ニヤ」

さやさや「マジックカード発動!人間ドック!このターンに与えられる戦闘ダメージすべてを0点に軽減する!」

レイホウ「ほう・・・」

さやさや「ふふふ、これでレイホウのブロック要員は既に居ない。そして、次の私のターンで胃癌がアタックをする!お前の負けだ!レイホウ」

レイホウ「大口をたたくなさやさや。後で恥ずかしいだけだぞ。」

さやさや「何?」

レイホウ「病院カードを3枚生贄にささげ、なおかつ保険点数を5点支払い」

さやさや「な、何だ!?何だ!?その高コストカードは!?」

レイホウ「これが私の切り札だよ、マジックカード、オーバードーズ発動」

さやさや「え!?」

レイホウ「このカードは、私の墓場に落ちている、今まで使ったすべてのメンタルヘルス系マジックカードをコスト無しに再発動させる。ただし、このターン終了時に、私はすべてのモンスターを生贄に捧げなければいけない!」

さやさや「くっ」

レイホウ「さあ、何があるかな・・・墓地を見ていこうじゃないか」

さやさや「まずい・・・」

レイホウ「くっくっく、まずはリストカット再発動!対象はもちろん、未だタップ状態の胃癌だ。」

さやさや「ぎゃあああ!(6点ダメージ、残りライフ8点)」

レイホウ「ジプレキサを発動。このカードで、統合失調症をアンタップ!さあ、他にも前のターンに使ったカードが何枚もあるぞ!」

さやさや「く・・・」

レイホウ「くっくっく、マジックカードドグマチールを発動!対象の病院カードを2枚アンタップして良いが、その病院カードのコントローラに2点のダメージ。そら、お前の病院をアンタップしてやるよ」

さやさや「う・・・ぐっ(2点ダメージ、残り6)」

レイホウ「まだまだ出てくるぞ、マジックカード・・・SSRI(選択的セロトニン再吸収阻害薬)を発動。これは、精神病系モンスターの攻撃力を高めるものだが、プレイヤーを対象とした場合、純粋なダメージカードとして機能する!お前に3点のダメージだ!」

さやさや「くぁっ・・・(3点ダメージ、残り3)」

レイホウ「さぁ、仕上げと行こうか、まだあるぞ。マジックカード、アームカットを発動。マジックカードアームカットは、自分コントロールするアンタップ状態のモンスターを生贄に捧げることでの合計値に等しいダメージを与える・・・つまり」

さやさや「うああああああ!」

レイホウ「統合失調症(4/4)をリムーブ!さあ、8点ダメージだ!」

さやさや「ぎゃああああああああああああああああ!」

レイホウ「ふ・・・私の勝ちだったな・・・」

さやさや「不謹慎すぎるよ!このゲーム!」

 天の神様

 不謹慎でごめんなさい。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

5月12日

MTGWIKIを見るのがすき。でもやらない。

諸君 私はカウンターが好きだ
諸君 私はカウンターが大好きだ

対抗呪文が好きだ
魔力漏出が好きだ
呪文破が好きだ
巻き直しが好きだ
誤算が好きだ
紅蓮破が好きだ
水流破が好きだ
禁止が好きだ
意志の力が好きだ

青単で
パーミッションで
コントロールで
ビートダウンの青タッチで
ユーロブルーで
MOMAで
フルカウンターで
赤青で
ロックデッキで
青茶で

デュエルで行われるありとあらゆるカウンターが大好きだ

1ターン目から、白ウィニーを相手にツンドラ狼を意志の力でカウンターしてやるのが好きだ
チューターなどを使って引いてきたシルバーバレットをカウンターで墓場送りにしてやった時など心がおどる

ボガーダンのヘルカイトのような強烈なファッティを奪取でカウンターするのが好きだ
悲鳴を上げて燃えさかる敵クリーチャーの頭上を飛び超えてプレイヤーをビートダウンした時など胸がすくような気持ちだった

天才のひらめきでアドバンテージを得た手札を並べて片っ端からカウンターするのが好きだ
カウンター対策をしていない初心者が怒りのあまり機嫌を悪くして投了したときなど感動すら覚える

余ったマナで毎ターン転覆をバイバックして片っ端から場を掃除してやるときなどもうたまらない
毎ターン出す土地を転覆でひたすら手札に戻してやって、ディスカードフェイズでバタバタすてるのも最高だ

哀れな抵抗者達がサイドボードの紅蓮破を投入してカウンターしてきたのを雲散霧消でカウンターしてカードアドバンテージを得た時など絶頂を覚える

カウンターを受け付けない刹那持ちのクリーチャーに滅茶苦茶にされるのが好きだ
高速展開のウィニーデッキに対応しきれずに1マナクリーチャーに殺されていくのはとてもとても悲しいものだ

白ウィニーの物量に押し潰されて殲滅されるのが好きだ
一人相撲のようなコンボデッキに付き合ってコンボを食らって死ぬのは屈辱の極みだ

諸君、私はカウンターを地獄の様なカウンターを望んでいる
諸君、私に付き従うパーミッション好きよ
君達は一体何を望んでいる?

更なるカウンターを望むか?
情け容赦のない糞の様な基本セットを望むか?
カウンターの限りを尽くし相手を封殺するの停滞パーミッションの様なデュエルを望むか?

『カウンター!カウンター!カウンター!』

よろしい、ならばカウンターだ

我々は渾身の力をこめて今まさに振り降ろさんとする対抗呪文だ
だがこの暗い基本セットでカウンター不遇の時代を堪え続けてきた我々にただのカウンターではもはや足りない!!

カウンターを!!
一心不乱のカウンターを!!

我らはわずかに60のデッキに過ぎない
だが諸君は一騎当千の古強者だと私は信仰している
ならば我らは諸君と私で60枚と1人の軍集団となる

我々を忘却の彼方へと追いやり眠りこけているWoCを叩き起こそう
基本セットをつかんで箱買いしてパックを開けさせ思い出させよう
連中にカウンターの味を思い出させてやる
連中に我々の青の色を思い出させてやる

天と地のはざまにはビートダウンやコンボでは思いもよらないデッキがあることを思い出させてやる
60枚の島とカウンターで
世界を冷やし尽くしてやる

「カウンターデッキ好きより全青デッキへ」
目標土地を除く全スペル!!

フルカウンター作戦

状況を開始せよ

 天の神様

 最近、MtGwikiのつながりが悪い・・・。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

4月29日

十日ぶりか・・・

 二泊三日で東京行ってきた。
 アキバとか久々に行ったら面白かったぞ。(挨拶

 

 さて、レジェンドラ無双プレイの軽い報告。

 

 キツい・・・滅茶苦茶キツい。

 まず序盤。トリスタンでスタート。城の南北に居るフリーの敵を倒すところから難所である。
 まず北にいる二名の城を攻略。

 出撃メンバーは、ジュノーン麾下精鋭4騎。つまり5人のフルメンバーでの出撃である。
 攻撃の基本パターンは、ソニックブームを持つ武将が敵兵を削りつつ、ギリギリまで敵兵を削る。敵兵1名を残して撤退。

 その後、もう一人の武将が出陣。敵に必殺技でダメージを与えてから敵兵を倒し、タイマンで倒す。

 つまり、一騎落とすのに、こちらは二名必要になる。

 最初は良かった・・・問題は次である。
 城の南に居る三名の城。

 ここが問題である。

 敵はそこそこの強さのソルジャー系が3人。これが厳しい。

 ここの突破は困難を極めた。

 全城を放棄して(基本戦術)フルメンバーでの出撃である。
 まず、先鋒を務めるのは、2名の部隊。ソルジャー系と、サモナーだった・・・。サモナーでは兵士を削りきれず、二人で一人を削って撤退、敗北。
 続く、ジュノーン麾下の精鋭部隊が突入。

 弱った敵先鋒を一騎打ちで撃破。

 続き、もう一人の敵を何とか削って、アロイスにバトンタッチ。「すまん、剣を忘れた」とか行って、単身の「死ね」と同義の出撃を拒否するが却下。死んで男を上げて来い。

 何とか騎士の意地を見せて瀕死で一騎打ちに勝利。

 続いて、敵大将。
 ホースマン30機なので、正直一人では削り切れない。

 ジョシュアでがんばって削ったものの、そんなに単独能力が高くないのでホースマンが20ほど残る。

 次に、メイジ系の重要武将(名前忘れた)で、何とか削る。敵数は残り3。これがミソである。

 続いて、大将同士の戦いである。ジュノーン出撃。フレイムキャノンをまず当てる。
 そして、敵兵が3だと、3匹目を切った瞬間くらいにゲージのリチャージが完了するので、二発目のフレイムキャノンが打てる。で、発射。一騎打ち、勝利。

 三名の城を落とすのに、実に7名もの総力戦である。

 その後、ムーンパレス攻略に移る。
 バニラたちの居る城だが、メイジ系、アーチャー系は敵兵が居ないと突撃するクセがあるので楽勝である。
 こいつらは極端な話、無双プレイで勝てる。

 で、ムーンパレス併合まではとりあえず進んだわけである。

 とにかく戦闘がつらい。
 今後、敵兵が100人規模になると、ひとりで削り切れない事が予想される。

 城攻めよりも、守りに徹してカウンターで戦うしか無いのだろうか。
 ムーンパレスはアーチャー、メイジが多かったので大丈夫だったが・・・。

 怖いのはイズモと・・・何といっても、一騎打ち時の単体攻撃能力が非常に高い獣人である。どうしよう。 

 

 天の神様

 アキバ楽しかったです。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

4月29日

十日ぶりか・・・

 昨日の擬人化ソラナックスは、量の多い方のソラナックスである。だから黄色。
 量の少ない方は紫色である。

 

 最近2chで見つけたのだが・・・。
 内閣総理大臣伊藤博文を暗殺せしめた逆賊、安重根と、世界のナベアツがびっくりするくらいソックリなのである。

 いくらなんでも似すぎだ。

 ここまで似ていると愉快である。 

 

 それはそうとだ。ガソリン税が元に戻る。ふざけるな。
 暫定なんて言葉でいつまで通すつもりだ。

 そもそも、ガソリン税が地方財源として重要という事態がおかしい。

 だいたい、技術革新によって電気自動車が実用化されて普及した場合、税源をどのように確保するつもりであろうか?
 電気税でも作るか?

 あるいは走行距離税でもとるか?それこそまるで、中世の暴君だ。

 ガソリン税をとるにしても、もっと使い道を考えるべきだ。

 

 チンパンジーレベルの知能の福田をとっとと更迭して、もっと緊縮財政を組むところからはじめるべきである。
 それとも、米中戦争の開戦による戦争特需でも見込んで今の赤字運営はヨシと思っておるのだろうか。

 ただし、石油危機以降の脱工業化をなしえた日本に、今それほどの戦争特需の意味があるかは疑問であるな。

 何にしろ、今回の自民党の暴挙は国民の記憶にしかと牢記せねばなるまい。
 民意の反映されない民主主義に何の意味があるだろうか。

 ロックならば声高にといたであろう。

 悪政に抵抗する、抵抗権を。

 いいかげん、革命でも起こしたほうが良い。

 天の神様

 今からでも遅くない。市民革命です。民主主義をこの手に!

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

4月29日

十日ぶりか・・・

 バーターァアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!

 春晩のおりから皆様におかれましては、日々ご清栄のことととお喜び申し上げます。
 ・・・

 いや、そんな変な挨拶ヤメとこう。

 で、バターだバター。

 一人暮らしの人とか、自炊しておる人ならわかっておろうな!このバター危機!
 びっくりするほど、バターが無い。

 何を間違ったのかしらないが、バター市場が大荒れなのである。
 スーパーに行っても、バターが無いし、バターがあってもやたら高いバターだし。

 バターが手に入らぬのである。由々しき事態だ。
 生産者の方々にはがんばってもらいたい。

 まさか、私が更新をサボったがために、世界のバランスが崩れて、このような事態を引き起こしてしまうとは・・・猛省しなければならぬな。
 不徳のいたすところでございます。

 世界の安定を保つためにも、日記を書かねばならない。

 

 さて、最近ちょっと、新しいやりこみプレイを思いついてしまっていろいろ考えている。

 何って・・・?

 

 ドラゴンフォースで・・・無双プレイ。
 つまり、配下の兵士0で、武将のみプレイである。想像を絶する鬼畜プレイになることは間違いない。

 そもそも、カトマンドゥとか最初から一騎打ちでどうするんだよという問題がある。

 構想としては、とりあえずジュノーンが一番適しておるだろう。あるいはティリス。
 ダメダメなのがゴンゴスとウェイン。

 ジュノーンはザコ掃討能力が非常に高い。
 メテオストームとソニックブラストがあるからだ。

 ティリスは確か、ブラックホールみたいなヤツがあるのでそれで行ける。

 そして、戦場でメインとなるのはおそらく僧侶系。ホーリーシールドが使える連中という事になるだろう。
 さらに大問題として、弓兵、メイジ兵をどう倒すかという大問題もある。

 まあ、確かこちらが単独になると突撃してきた気がするので大丈夫そうだが・・・序盤が地獄の予感がする。

 ところで、新しく絵を描いたのでのせておく。

 

 ソラナックス・・・。
 ソラナックスの擬人化である。

 最近ちょっと、ウチに来る子と一緒に薬の擬人化絵がちょっとしたブームなのである。

 それにしても、ソラナックスとな・・・。

 天の神様

 メチコバールとかは真っ赤なんですよ。シートが。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

4月19日

ちゃんころ

 生きてるよ。

 更新する時間がなかったのと、キーボードに紅茶をこぼしたのが原因である。
 キーボードは無事に新しいのになった。まだ手に慣れるまでには時間がかかるが、かなりキーストロークの浅いやつになったので、少々強く打ちすぎてしまって上手くいかない感じである。

 さて、最近は紅茶とかお茶にハマっている。

 フルーツフレーバー系の紅茶にハマっていて、ドライフルーツとかが入ってて、砂糖を入れなくても甘い系の、香りの良いヤツが好きである。

 それから、アップルシナモンのフレーバーの紅茶も毎日飲んでいる。

 

 なんというか、茶器をいろいろ買ったので、お茶ライフが広がったのである。

 それはそうと、エクストリーム聖火リレーだが、善光寺が協力を拒否したようである。英断だ。
 善光寺の境内ってかなりの広さなので、聖火リレーそのもののコースを見直す必要が出てくるであろう。

 エクストリーム聖火リレーとして、かなりポイントが高いのではないだろうか。
 消火とか、その前段階での大戦果である。これはすごい。

 

 今後、聖火リレーでチョモランマ登頂とかを目指すようだが、本気なのだろうか。あいつら頭おかしいんじゃないだろうか。

 普通に上るのすら難しい場所に上らせるなんて・・・大惨事にならなければ良いが。

 

 しかし、平和の祭典とは良く言ったものである。

 社会主義の国である以上、平和なんていう言葉は世界同時革命の先にしか無いのかなぁと思ってしまった。

 平和のためならジェノサイドすら肯定するのが社会主義であるからな。
 なんとも哀れな国である。

 どんどんボロが露呈されていく。

 もういっそ、ここらで・・・オリンピック開催を辞退してみるとかしたら良いのに!

 天の神様

 中国もうだめです。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

4月8日

フラ語

 フランスの聖火リレーがすごかった。

 当初、新種目聖火リレー消火では、イギリスが金メダル候補かと思われていた。
 しかし、フランスは国を挙げての嫌がらせのような警護と、実際の数度にわたる消火成功でポイントを稼いだ。

 いまフランスが暫定一位である。

 日本も頑張らねばなるまい。

 しかしまあ、ここまで恥さらしはオリンピックも珍しい。
 平和の祭典(笑)っていう感じであるな。

 特に今回のフランスの皮肉は強烈であった。
 さすが国事態が、開会式不参加をちらつかせておるだけあって、強烈な皮肉の効いた警護であった。

 これを見ていると本当に思うことがある。

 民主主義と主権とは、たゆまぬ努力と権力との戦いによって勝ち得て守り抜くものなのである。
 維新期にそのまま完成品を輸入してしまった日本では成熟しなかった考え方である。

 民主主義を守るために、日々戦わねばならない。
 そして、苦しんでいる他国を救おうとするわけである。

 日本の国をあらわす「お上」という言葉が、日本の意識を如実に表している。

 所詮、国などというのは機関に過ぎず、また国民の代表による運営である。
 つまり上ではない。

 同等、もしくは国民のための奴隷であるので下である。

 日本も、この聖火リレー消火協議、頑張らねばなるまい。ここらで国の意地を見せるのだ。

 天の神様

 フランス素敵。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

4月7日

ああ次は・・・

 岡崎の家康祭に行った。

 なかなか凄かったぞ。桜も綺麗であるし、花見しつつタコ焼き食べたりも上手い。
 その後、乙川河川敷で模擬合戦とか流鏑馬とかを見物。

 

 そこで思ったのだが、岡崎の人々にとって、徳川家康は断固として岡崎の人であるのだなぁと思った。
 江戸の人ではないのだ。

 ある種のコンプレックス的に家康の由来を主張するわけである。

 この三河地域から、長く続いた徳川時代の繁栄の基礎を作っただとかなんとか・・・決して、江戸時代とは言わなかったが・・・。
 私はどうしても、徳川家康というと江戸幕府の人なので、江戸の人というイメージを持っておったが、その考えを改めさせられた。

 

 天の神様

 江戸じゃないんですね。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

3月28日

ああ次は・・・

 更新サボりですね。わかります。

 

 〜ですね、わかります。って元ネタなんなんだろう。最近流行っておるな。
  

 サボりすぎだろう、JK。ってやつだ。

 正直スマンとしか言いようがない。お詫びの言葉もございません。
 まことに遺憾に思います。

 慙愧の念に耐えません。

 

 さて・・・それはそうと、大航海時代オンラインだが、釣りを極めてしまうとなんだか拍子抜けである。
 急に腑抜けてしまった私である。またしばらく、やらない周期がきそうである。

 前にも書いたが、本当に釣りがドン詰まりスキルである。

 

 まず、釣った魚名鑑を作りたい。
 そして、魚それぞれに固体データを付与。何キロの何を釣ったかとか、最大サイズをそれぞれ名鑑に記録。
 魚単体の売却価格のアップ。
 魚の剥製を用いたオーナメントの作成。
 たまに大ダコが釣れる→戦闘→勝利でアイテム入手。
 たまにリヴァイアサンが釣れる→戦闘→勝利でアイテム入手。 
 地図みたいに魚以外のものを低確率で釣り上げる。
 捕鯨。

 

 ここらへんは欲しいところである。

 天の神様

 魚ステーキとかもっと作りたいです。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

3月28日

ああ次は・・・

 先に言っておくが、今年のエイプリルフールは考えてない。

 「結婚することになりました!」とか、そういうのはシャレにならないのでムリだしー・・・。何か作るのも時間的に・・・。という感じである。

 そういえば昨日は、家でブリミュのDVDを見ておった。
 なかなか面白かった。っていうか、普通に面白いじゃないか。一護が歌ヘタだけど

 モニタはデカいし、ラグ買ったので床で寝転がれるので、人と一緒に何かをゴロゴロしながら見るという有意義な使い方ができてステキである。

 さて、肝心のブリミュだが、なかなか良くできておった。
 そりゃぁ、流石に戦闘シーンとかはムリだが・・・。

 千本桜とか相当ムリだし、白帝剣とかも当然SEとライトで表現するわけだが・・・。

 そんな中で、卍解 すずむし終式 閻魔蟋蟀だけは、イイ感じに再現されておった。
 私が見た巻には出てこなかったが、以前は・・・恋次の卍解が中華街の竜状態で流石に引いたというのも聞いたので、それを考慮に入れるとすばらしいできだ。

 ちなみに、見ながら・・・白×恋とか、ギン×イヅだとかの話をしておった。

 

 白×恋は定番なんだって・・・。ギン×イヅも。

 わからなくも無いけれど・・・。

 

 

 ところで、改めて思ったのだが、一護ってマザコンだな。

 天の神様

 つまみ出しましょう。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

3月28日

ああ次は・・・

 車買っちゃった。

 まあ、それはそうと・・・昨夜は予定通り更新しなかった。明日の礼拝は休み。

 さて、この時期になると国歌斉唱に関してのアホくさいニュースばかりが飛び込んでくる。
 国歌くらい歌えと言いたい。

 主義とか、主張とかはどうでもいい、時国他国に関わらず、国旗国歌に敬意を払うのは国際的に見てもマナーであり、社会人として身に着けておかねばならない常識である。

 つまり、入学式、卒業式の国歌は歌うのが目的ではない。

 それを通じて、国旗、国歌への敬意というものを学ぶのが大切である。

 

 主義主張とか関係ない。

 歌わぬ、立たぬ、それは単なる無礼にすぎぬ。

 礼儀をわきまえぬ豚どもは式場からたたき出せ。卒業式などしてやる必要は無い。
 自分の権利と主義主張を振り回し、式を汚す、マナーを知らぬブタどもは、たたき出してやるのが一番である。

 天の神様

 つまみ出しましょう。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

3月26日

豊橋来て一年

 斜陽のゲーム業界。

 どこへ行くのだろうか。

 一時期のオンラインゲームバブルも崩壊した。
 いまやオンラインゲームで儲かるのは一部のみである。

 ゲーム自体がプレイされなくなってきているのかもしれない。
 そもそも、娯楽の多様化によって読書やTV鑑賞に裂かれる時間が減少してきた事は語られてきた。

 となると、さらなるメディアの多様化に伴って、ゲームのプレイ時間が減少するのも必然であると思うのだ。

 今はSNSだのモバゲーだの、色々選択肢がある。
 そうなったときに、オンラインゲームがどれだけの競争力を保てるかが問題である。

 

 ならば、ゲームというジャンルの衰退もまた、時代の流れなのではないだろうか。
 あらたなものへと人は流れていくのだから・・・。

 天の神様

 どうなっちゃうんでしょうね。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

3月26日

豊橋来て一年

 GVOというのはGreat Voyage Onlineの略である。

 つまるところ、大航海時代オンラインである。
 クライアントの名前にGVOってついているのだが、何故かググるとGVOでは公式サイトがヒットしない。

 不思議なところである。

 ところで、大航海時代というものの背景を考えてみる。
 そもそも、大航海時代というものの発端は何にあったのだろうか。

 原因はいくつかある。

 たとえば、地球球体説である。
 そして、オスマン帝国の存在も大きい。

 オスマン帝国が、東方貿易を阻害する位置に壁のように立ちはだかっていた。1299年〜1922年まで続く大帝国がいたわけである。

 それを回避してインドへ向かうには海路しかなかった。

 そこで、ポルトガル・スペイン・イングランドはこぞって船を出し、世界中へと進出していった。

 

 で、まあ、このGVOというゲーム。オスマン帝国の存在がおざなりである。
 もっと強くあるべきだ、脅威であるべきだ。

 オスマンが弱いのでは・・・大航海時代が成立しない。

 

 ところで、興味深いのは何かというと、このゲーム。経済の中心がリスボンになっているのである。
 地政学的な見地から言って、もっとも有利な土地がリスボンであるということがシミュレート的に自然に再現されているのは興味深い。

 天の神様

 リスボン美味しすぎです。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

3月24日

あれ

 GVO、釣りスキルランクカンスト。15達成である。

 ついでに、商用クリッパー☆3で専用艦スキルの「投網」装備である。

 つまり、釣りの道を究めたわけである。
 ある意味、到達点に至った。
 とりあえず、90分の釣りで余裕で300匹のマグロを手に入れる事ができる。

 が・・・そんだけマグロが取れると、マグロステーキ作ると皿が999皿になってしまって、供給過多になってしまうのが欠点である。

 とはいえ、釣りの道は極まった。
 だが、一部の魚しか利用価値が無いのが気になる。

 カジキとか、私はもう倉庫に100匹近く溜め込んでいるのだが、使い道が一部のクエしかない。

 

 アオザメとかカジキとかマンボウとかカツオとか、もっと色々な魚に使い道があったら面白いのに。

 

 それから、一部の魚に重さとかデカさのデータをつけて、魚拓とかで記録をとれるようにしてほしい。
 また、大型の魚を剥製にして、オーナメントとして家に飾るとか。

 そういうのできたらもっと釣り師として燃え上がるのだが・・・。

 

 ここがゴールではありません。

 天の神様

 極めました。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

3月22日

ああ

 毎日、当サイトを見てくれている皆に大事なお知らせがある。

 

 私は、「毎日更新」の看板を降ろす事にした。

 

 昨日は、家に居た。でも、意図的に完全に、更新を放棄した。
 更新よりも大事な人が家に居た。

 その人と、一分でも一秒でも時間を長く取るためならば、6年続けた毎日更新を放棄するのも、やぶさかではないと思った。悪くない。いや、良い。

 だから私は、毎日更新の看板を下ろそう。

 

 六年という歳月が流れた。

 私も変わったし、私の周りも変わった。
 もちろん、このサイトは私にとってライフワークだったから、毎日更新に準ずるような感じにはなるだろう。

 だがもう、毎日はムリなのだ・・・。

 どんなに仕事が忙しくても日記は書く。でも、日記よりもずっとずっと大切な人のための時間を減らすのはイヤだ。

 

 6年間本当に感謝している。まだ、エイプリルフールもあるし、サイトも続けていく。

 今日は一つの節目だ。このサイトにとっての。 

 天の神様

 通過点です。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

3月22日

ああ

 明日は礼拝はお休み。明日「も」か。 

 このキャンペーンひどくないですか?

 相変わらず、キングオブクソ運営のガンホーオンラインエンタテインメントである。
 ID登録というものの持つ意味を根底から破壊する素敵なキャンペーンだ。こんなキャンペーンはらないと、ID数で見栄も晴れないほどに困窮しているのだろうか。

 哀れな連中である。

 そういえば、北斗オンラインも、開幕からいきなり無料だったりと、ツッコミどころ満載である。あきらめてるんだろうか。
 と、思ってしまうほどだ。

 大丈夫だろうかガンホー。

 ついでに、3D格闘ゲームのネトゲを出したようだが、極端にネットと相性が悪そうなのを出してきたなぁと思う。

 2D格闘にしなかった理由が知りたい。
 なぜ敷居を上げた。

 

 どうせなら、ROとかECOとかのキャラで2D対戦格闘ゲームにして、ネット対戦させたほうが遥かに儲かったと思うのだ。

 しかも、ゲームにどう見ても花がない。

 地味な流派ばっかりである。

 

 そうして考えると、世の中ひっそりリリースされて、ひっそり消えていくネトゲというのは、多いものであるな。

 なんだか複雑な気分である。

 世界がなくなるわけだ。
 中には楽しんでプレイしていた人もいるというのに無くなるというのは酷い話である。

 もし、ROが無くなったらどうなるか・・・想像してもらいたいものである。

 規模は違えど、同じことである。

 天の神様

 ネトゲが終わるって寂しい瞬間ですね。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

3月21日

今日は友達の誕生日

 まあ、なんだ・・・その。上手くいった。全てがな。

 

 余は満足である。

 久々にする、アホみたいなメールの応酬。これはステキすぎる・・・。
 内容に悶えてみたりとか・・・。

 

 我ながらアホだ。

 

 まあ、それはそうと、明日は家の模様替えをするのである。豊橋に来て一年であるしな。
 超ストイックな一人で暮らすだけ!って感じの家具配置で、机でPCを使っておった。色々変えて、まずラグを買って、座布団増やして、PCも座椅子で使えるようにして・・・と、床座り生活が可能なように家を改装したいと思う。

 予算はあまりかけたくないが・・・。

 ちなみに今、戦国BASARA2をやっている。面白い。
 面白すぎる。 

 天の神様

 大航海も楽しいです。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

3月19日

天の神様

 豊橋のファミリーマート佐藤町店、「ばん」という名前の店員。
 ジャージ着ててかばん持ってる、明らかに高校生の小娘三人に、9時ごろ。平気で酒を売っていた罪をつぐないなさい。(挨拶

 さて、昨日は心配させてしまったが、無事に物事が全て、こうあって欲しいと思う方向に転がったのでヨシとする。
 

 眠くて死にそうなので、とりあえず明日の朝また詳しい日記を書くのでよろしく。さらば!

 

 

 天の神様

 南方系仏教も強そうですね。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

3月19日

天の神様

 彼女の小さな勇気を助けてあげてください。

 その小さな身に抱え込んだ多くの重荷を、どうか取り除いてあげてください。こっちに持ってきて良いので。

 私に宿るアガペー、フィリアを強めてください。
 そして全ての人が幸であるようにお導きください。

  

 なんて祈りを捧げてみたい気分である。
 曇っているが晴やかな朝だ。

 グロリアを歌いながら出かけたい。

 賛美歌を口ずさみながら疾走したい。

 

 わが身の事なのに、まるで他人事かのように微笑ましく客観視している自分が居る。
 自分から動く事ができぬ故の余裕だろうか…。

 まあ、良くわからないが・・・面白い状況なのだ。何か変化があったらまた話をしよう。

 

 永劫朽ちる事の無き祈りとともにこれを捧げます。

 えいめーん。

3月18日

抗鬱音階な狂言実行、大木をさする手でケミカル愛情を示せ

 そのアルカナは示した・・・あらゆるものに毅然と向き合い、答えを決する、その勇気を。(挨拶

 まあ、色々あるわけだ。色々。

 

 何というか、豊橋に来てから一番の山場かもしれない。

 

 関係なく思った事・・・。

 

 今後のシナリオ

 中国、チベット侵攻止まらず。

 オリンピック・万博終了後に台湾に本格侵攻。太平洋の東西分割に向けて海軍力を増強。
 台湾が巧みな挑発外交を行い、中国があせって先制攻撃。

 国際連合安保理、断固として拒否権行使を貫き動かない中国。

 中国以外の190カ国近くが同時に国連脱退。新たな集団安全保障組織を結成。
 アメリカ、対中宣戦布告。
 日本、対中宣戦布告。

 韓国、アメリカとの同盟関係を解消。中国陣営参加。

 包囲網により資源が枯渇した中国、中央アジア侵攻。
 中央アジアから中東の油田、ガス田を目指すもスンニ派指導者とシーア派指導者が緊急会談。イスラム諸国が対中宣戦布告。 

 中央アジア戦線が拡大し、中国がインド侵攻を本格開始。

 ダライ・ラマとローマ法王が会談。西欧諸国が対中宣戦布告。

 東南アジア諸国、国内の華僑による文化侵略に抵抗。南方から宣戦布告。

 

 戦局が厳しくなったところで、韓国があっさりと降伏。
 中国の海岸線は鉄壁の防御だったが、朝鮮半島経由で上陸。北京を制圧。

 南方から攻めあがった台湾が南京政府の樹立を宣言。

 中国の戦後管理問題が発生。
 分割して国際管理で決着。

 とかは無いけどさ・・・。

 

 萌える展開としては、プーチン、ローマ法王、ダライ・ラマ、イスラム教指導者、天皇が会談。
 ロシア正教・カトリック・チベット仏教・イスラーム・神道による同時派兵。

 天の神様

 南方系仏教も強そうですね。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

3月13日

眠いんだ

 最近、大航海時代オンラインが再び楽しい。

 別にどうこうってワケじゃないのだが、そもそも私、若くから海賊の世に身を投じて、海賊として生きてきたので、海賊以外の生き様を知らないわけである。
 今は、
戦闘スキルをひた隠しに、商人として商用クリッパーを乗り回している。

 

 ちなみに職業は調理師。

 元戦闘職のプロフェッショナルである私が、その身分を隠して生きていく職業といったら調理師しか無いであろう。(セガール的な意味で)

 現在、釣りスキルがR14+4(装備二個&副官&JB投網)という状況である。
 マグロが二時間で300匹以上釣れるので、それを1・2セットやるともう釣りスキルはカンストである。で、マグロのオリーブステーキを作っているわけである。

 だが、最近はマグロ釣りにも飽きてきたので、いっそ保管マイスターを目指そうかと思っていたりもする。

 

 ちなみに、海賊に一度襲われてしまったのだが「待って!お金で解決しないか!?」と言ったら、快く応じてくれた。
 和解金は何かというと、倉庫にあった海の民の剣。

 元々、私が海賊用にと思って買って取っておいた予備の物である。
 今となっては無用の長物。強襲型ガレアスに乗っていたその海賊さんにでも、くれてやった方が剣も喜ぶというものだ。

 私は剣をその人にあげて、無事に事なきを得た。

 今の私は平凡な調理師であるからな…。
 目標は商用クリッパーにオリジナルシップビルドで投網をくっつける事である。究極の調理船へと変化するわけだ。

 そうすると何が起こるか・・・。
 素の状態で15+3が達成できるので、マグロの四本釣りを維持したまま、あのクソダサいモラを脱ぐ事ができるというわけだ。
 もっと、釣り衣装を増やして!!!

 釣り師からの悲痛な叫びである。

 

 まあ、それはそうと私の母国はヴェネツィアである。
 もうそれはそれはもう斜陽の王国である。

 一時期は中継貿易で栄えた国である。
 ヴァスコ・ダ・ガマのせいで、香辛料貿易の利権を奪われ、そしてディウ沖海戦で完全に息の根を断たれたヴェネツィアである。
 そもそも、ヴェネツィアを国家として加えたことに疑問がある。

 ヴェネツィアってヴェネツィアなんだ。
 確かにヨーロッパで無視できない大きな財力を持った国であったが、所詮は都市国家である。

 当然だが、ジェノヴァ人とナポリ人とトリエステ人とヴェネツィア人とフィレンツェ人は違う。
 イタリア人というジャンルができたのは近代に入って、国民国家がイタリアに作られてからである。

 だから、ヴェネツィアという国がそもそも、英仏蘭葡西と肩を並べている事自体が不思議であったりする。

 入れるならば、オスマン帝国であったと思うのだ。

 もしくはストックホルムを首都化してスウェーデン。
 海軍国としてやっていくわけだ。

 

 

 ちなみにFEZは今、明らかに方向間違えたクソッタレイベント中なので活動停止中である。

 

 

 天の神様

 ホドラム・ベルグストロンかっこいいです。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

3月13日

眠いんだ

 北京オリンピックはボイコットすべきなんじゃないだろうか。(挨拶

 

 チベットの暴動の様子を見ていて思ったのだが、南方系アジア人の顔立ちというのは、やっぱり日本人に似ておるなぁと思った。
 北方系のアジア人の顔は日本人とは明らかに違う。

 日本語もルーツ的には南方系のようであるし、縄文人もアセトアルデヒト脱水素酵素に変異を起こしていない南方系だったようであるしな。

 人種やルーツがどうこうというワケでもないが、何とか助けてやりたい限りである。

 

 そもそも、朝貢制度が無くなった今、シナに隷属する意義というのは周辺国的にも見つけられないと思うのだ。

 元々、朝貢外交が中心だった頃は、朝貢へ五倍返しくらいだったので、朝貢する国としては良い事尽くめだったが、今のシナ政府は朝貢をしても何もくれないわけである。ずいぶんとシミったれになったものである。

 この国をほっといたら、そのうち親魏倭王とか、漢委奴国王とかの金印をひきあいに出してきて、日本もシナに隷属している国だ!とか言い出してくるかもしれない。

 対岸の火事だと思っていると、思わぬ延焼を食らう可能性があるので要注意である。

 

 とりあえず、政府は正式に非難声明とか出したほうが良いだろう。
 その上で、北京オリンピック出場を再度検討する。

 

 まっとうな国なら、チベットとオリンピック開催をトレードオフするのはアホらしいと考え、オリンピックを取る。

 愚かな国ならば、一時のお祭りよりも目先の領土を選んで、チベットを放棄する。

 

 だが、困ったことに世の中には気違いの国というのがあって、この国は弾圧と隠蔽で暴動を隠した上で、さらにオリンピックまで開催しようという盗人猛々しいヤツである。

 グリンピースやシーシェパードの皆さんは、目の前で合法的な調査捕鯨で一頭殺されるのを見て激怒して乗り込んでくる。

 でも、陸上での人間狩りは消極的である。

 人より動物のが大事という事だろうか。

 

 

 まずは、人!同類の権利すら守れないヤツが、動物の何を守れるというのだろうか。

 

 天の神様

 アジアのラスボスですね・・・。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

3月13日

眠いんだ

 明日は礼拝はお休み〜♪

 青島みかんって、中国産だと思ってた。

 チンタオみかん。

 東ティモールを、東ティムール帝国だと思ってた友人より重症だ・・・私。

 さて、実は今日は久々にホームページを作っておった。
 純粋に絵だけのHPである。

 何かに使おうかなぁとか思っておった。

 

 ちなみに、ページミルは使わない。TTTEDITORで、ポチポチと手書きである。css使ってるので、デザインを整えるのも楽だし、文字ベースのが作業が早かったりする。

 まあ、それはそうとチベットで空気の読めるチベット人達が、反中、反オリンピックデモである。
 暴動である。

 そういえば、ついこの間も、ウイグルの人々が反オリンピックのデモを行っていたが、見事な連携プレイである。
 このまま中国を囲い込んでいって、孤立化させていくのが大切である。

 このまま頑張って、中国崩壊へと導く必要があるであろう。そもそも、中国という呼び方自体がダメだ。

 毛朝シナとかどうだろうか。
 まあ、シナだなシナ。CHINAだ。

 中華なんて言葉を略して言ってやる必要は無い。何も、中央ではないし、何も華やかではない。

 ウイグル、トルキスタン、モンゴル、チベット、台湾が手を結べばシナ撃破も夢ではない。頑張ってもらいたいものである。 

 

 天の神様

 アジアのラスボスですね・・・。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

3月13日

疲労限界

 スチールドラゴン面白すろぇええええ!

 ホワイトサイクロン面白すぉええええ!

 フリーフォールも爽快!

 

 と、いうわけでナガシマスパーランドに行って来た。めちゃくちゃ面白かった。
 

 まあ、それはそうと昨夜からの脅威の行程である。

 夜8時くらい、浜松に仕事に行っていた同僚が、大聖堂の偉い人と回らない寿司を食べているとの電話が入る。
 偉い人がフザけて「おいでよー」と、言う。

 大聖堂に残っていた私を含む三人は新幹線の時間を確認した。

 豊橋から新幹線で一駅。あっという間に浜松について、我々も回らないお寿司をいただく。
 すごくビックリしておった。「まさか来るとは・・・」

 

 で、その時に既に私はジョッキで6杯行っておった。おそろしや。ビールおそろしや。
 その後、二次会という事で出かけて、さらに+2杯。

 そして、もう帰れないので浜松グランドホテルに止まってそこでさらに1杯。

 朝六時。目覚まし時計と根性と身についた体内時計のお陰で起き出し、新幹線で豊橋着。
 自転車で十五分かけて自宅に帰り、風呂入って、朝食食って、着替える。

 で、再び出かけ、大聖堂へと向かい、そこから今度はバスでナガシマスパーランドへ。

 小娘四人、男を四人を引き連れて、一日中絶叫マシン行脚だったのだが、面白すぎる。滅茶苦茶面白すぎる。

 フリーフォールとか凄く好きだ。
 スチールドラゴンは、加速度はステキなのだが落下角度が急角度過ぎて、逆にシートに体が押し付けられるので、全然怖くなかった。
 なんていうか、最近絶叫マシンが好きだ。

 で、先ほど帰ってきたわけである。眠くて死ぬ。超死ぬ。だからさらばだ。おやすみなさい。

 

 天の神様

 眠いです。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

3月12日

それは

 自分でもびっくりな、のっぴきならない事情があるのでまた夜に説明する。

 ただ、昨夜しこたま飲んだのに、今日はこれからナガシマスパーランド。
 スチールドラゴンが私を待ってる。

 

 天の神様

 シュバルツバルドの技術力が気になります。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

3月11日

それは

 引き続き、ルーンミドガズ王国の国政状況を考える。第三夜。今回は軍事面である。

 そもそも、ルーンミドガズ王国には重大な欠点がある。
 それは、何かというと明らかな常備軍不足である。状況から察するに、教会騎士団のようなものはあるものの、王国として持っている常備軍は微々たる物である。

 つまり戦場での主役は傭兵であるという事だ。

 

 だが、対するシュバルツバルド共和国は強い。
 大統領制であることから考えても、官僚政治が行われている事は想像に難くない。

 また、特定の格好の軍人なども見られる事から、常備軍と官僚制によって国が支えられていることも考えられる。

 さらに、その二つを支えるためには欠かせないのが重商主義政策である。
 だが、共和国はアインブロクを中心とした鉱工業地域をフル稼働させ、世界全土への影響力を強めている。

 また、工場主などが居る事から察するに、かなり自由な企業活動が保証されているのであろう。

 

 さらに、世界中の砦で使われているガーディアンなどは、シュバルツバルド共和国のレゲンシュテルム株式会社のシェアが100%である。完全な独占市場が形成されている。

 しかし、他国で作られている防衛装置が砦に用いられているというのは不安要素である。

 何かあったときに、昨日言った反体制パルチザンと同じように放棄して、内部決壊の原因とならないだろうか。

 

 また、飛行船技術も共和国独自のものである。

 

 今、王国が共和国と戦うとなると、それはもうアヘン戦争みたいな戦力差になってしまうのではないだろうか。
 そもそもルーンミドガズ王国では国内でいくつもの軍閥が割拠する状況であり、国内の安定化が行われていいない。

 これはもう、一国の猶予も無い状況である。早くしないと保護国化とかされてしまう。

 

 天の神様

 シュバルツバルドの技術力が気になります。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

3月9日

ミクの日なんだって

 昨日に引き続き、ルーンミドガズ王国の国政状況を考える。

 

 そもそも、ルーンミドガズ王国という国の立地を考えてみる。
 王国内は主に三つのエリアに分けられる。温帯エリア、熱帯砂漠エリア、熱帯密林エリアである。
 それらから考えてルーンミドガズ王国の主要産品を考える。

 温帯エリアは穀倉地帯として高い生産力を誇ることは間違いない。
 都市部では貨幣経済が浸透しており、余剰生産物の通貨による売買が盛んであろう。

 砂漠地域ではどんな産品があるだろうか。
 恐らく、石油が採掘可能であろう。ただし、有効な活用法が見出されていないので、石油はそこまでの富とはならない。

 地域的な要素から考えてモロク地方の主な産品は以下の通りである。
 象牙、金、黒人奴隷、カカオ、ダイヤモンド。

 となる。

 また東の密林区域の産品はなんだろうか。
 恐らく地域的な要素から考えて香辛料が取れるであろう。

 フェイヨン周辺で香辛料が大量に手に入ると思われる。他にも香料、染料などもあるであろう。

 そして、最大の貿易港であるアルベルタの存在である。
 アルベルタから接続している都市の特性を考えるに、輸入される産品は「茶」「陶磁器」「生糸」などであろう。それらはプロンテラで高額で売買されるに違いない。

 ルーンミドガズ王国というのは、非常に恵まれた農業生産力と、類まれな商品作物のバリエーションに飛んでいる。つまり、大農業国家であると言えるのである。

 

 さて、対するシュバルツバルド共和国である。
 この国の場合重要なのは王国との国境である。ミョルニル廃坑があることから考えても、あの山には鉱物資源が豊富に埋蔵されているのではないだろうか。

 主に、鉄、石炭などである。

 それらを用いた大工業国家がシュバルツバルド共和国である。
 しかり、見たところ農業自給率は低そうである。開発優先で環境が後回しになっておるしな。

 とはいえ、力関係からいえば、ルーンミドガズ王国は食われる側である。

 

 さらにルーンミドガズ王国には不安がある。
 モロクやフェイヨンが明らかに文化圏が違う事から察するに、何らかの形で征服しているはずである。

 王宮が残っているが王族は見られない。

 たとえばモロクやフェイヨンを保護国化しているのか、あるいは永久租借しているのか、それとも完全に併合しているのか。そこが問題である。

 もしシュバルツバルド共和国が戦時となったとき、スパイを潜り込ませてモロクやフェイヨンの反体制パルチザンに蜂起を促す可能性も考えられる。

 国土が広いのも必ずしも利点とはいえない。

 対するシュバルツバルドは都市こそ少ないものの中枢としは安定しており、国内も単一文化圏で構成されている。
 民族自決を達成している立派な国民国家である。

 

 国力的には王国はやはり一歩弱いかもしれない。

 天の神様

 シュバルツバルドの技術力が気になります。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

3月9日

ミクの日なんだって

 ROにおける現在の外交状況を考えてみた。

 ルーンミドガズ王国は北方にシュバルツバルド共和国とアルナベルツ教国を置く形で存在している。

 シュバルツバルド共和国の首都は、大統領官邸がある事から考えてもジュノーで間違いないと言えよう。
 ちなみに、シュバルツバルドは内部統制が取れておらず、クーデタの危険性なども高い。

 しかし大統領制である。
 曲がりなりにも大統領制を敷いているわけである。

 つまり憲法があって、議会なども存在しているものと考えられる。高いレベルの技術と、民主主義を持った国であろう。

 対するルーンミドガズ王国はというと、百歩譲って立憲王政というところであろうか。

 国内の需要の大半は個人売買によるアイテム販売である。
 リヒタルゼンに見られるような工場制手工業は見られない。技術的にもかなり劣っていると言えるだろう。

 ただし、リヒタルゼンで作られていると思しきガーディアンが砦に配置されている事から考えても、両国の関係はそれなりに思わしいものなのだろう。

 次にアルナベルツである。
 非常に原始的な神権政治を行う国家である。

 ルーンミドガズ王国との関係は微妙と言えよう。
 そもそも、アルナベルツ領土のダンジョンに、ルーンミドガズ王国国王のアンデッドが出現する時点で、もはや言い訳はできない。

 本来なら、すぐにでも宣戦布告するべき敵である。異教徒であるしな。

 しかし、どうしてトリスタン三世がアンデッドになってしまったのだろうか・・・。
 原因はわからないが、アルナベルツが何らかの方法で誘拐し、そして殺害したわけである。

 国の指導者が暗殺されているというのは、由々しき状況である。

 アルナベルツとは外交関係はあまり良くないのだろう。

 

 と、考えると・・・遠交近攻とは間逆のダメなパターンである。

 

 ちなみに今後の展開を考えると、国力的にはシュバルツバルドが圧倒的である。
 おそらく、シュバルツバルドによって保護国化されるのも時間の問題である。

 天の神様

 外交権は失いたくありませんね。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

3月8日

それは

 明日は礼拝である。朝十時からアルベルタにて!

 

 そういえば、今日はクジラ肉の刺身を食べた。美味かった。
 くたばれシーシェパード!とか思いながら食ってみた。

 そもそも、クジラは殺してはダメで、ウシは殺しても良い。その線引きは何なのだろうか。

 結局・・・あんなものはまやかしである。

 立場としては日本における児ポ禁法と同じ。解りやすい票集め。解りやすい政治の道具。そのように用いるためのものなわけである。マトモな理論や信条など無い。

 あくまで、政争の道具として使われているのである。彼らは。

  

 気持ち悪い。とても気持ち悪い。
 何かこう、目的を完全に見失っている活動のように見受けられる。クジラを取るのを阻止して、何になるというのだろうか。

 クジラは賢い動物だから、殺すなんて残酷だ!と、言うかもしれないが、何をもって賢いと言うのだろうか。賢いと殺してはいけないのだろうか。

 

 まあ、何というかご苦労な事である。

 クジラを守りたいのか、日本人が憎いのか。もう自分でもワケが解らなくなってしまっているのであろう。かわいそうな事である。

 もし、シーシェパードやグリンピースが、ベジタリアンのみで構成された団体ならば、私は彼らを喝采しよう。だが、彼らは結局ある種のプロパガンダとしてクジラを守ろうとしているだけだ。

 汚い。薄汚い。

 クジラを守るという美辞麗句で自分たちの薄汚さを隠しておるのである。そのうち尻尾が出るだろうか。

 

 天の神様

 クジラ美味かったです。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

3月7日

2.26じゃないぞ

 軍閥を統制できていない中国共産党。

 

 オリンピックを目前に控えているというのに、なかなか物騒な事である。
 そもそも、軍部を統制しきれていない時点で、かなりヤバい状況であると言える。

 軍事費も年間2ケタの伸びとの事だが、人件費の膨大化が挙げられているという。確かにそうであろう。軍人に、クソみたいな生活をさせるわけには行かぬ。

 それにしても、台湾なんて手に入れてどうしようと言うのであろうか。

 

 このご時世に、国土拡張を目指して、何か徳があるのだろうか。

 中国史を紐解くと、それは地方をいかに修めるかという歴史である。

 郡県制、郡国制、州県制とさまざまな制度が考案され、失敗してきた。
 結局、大帝国を一元的に支配する術は無いのである。歴史から学びなさい、中国共産党。

 ただ、二つほど、歴史上非常な長寿を全うした大帝国の支配制度がある。

 まずは一つ目・・・。

 先年帝国ローマである。
 ローマにおける帝国の支配構造は、その地方の自治権にこそ特徴がある。

 属州に自治権を認めて、その地域の文化に即した支配を行うことで、不満を未然に抑えていた。
 ハンニバルはアルプス超えでローマの後背を突いたわけだが、そうして行けば、ローマに不満を持つ属州の蜂起を促せると思っていたようである。しかし、どこもローマに反旗を翻す州は無かった。

 満足だからだ。

 つまり、自治権の付与によってローマ帝国は長く長く維持されたのである。

 

 そして二つ目。

 まさに中世から近代を貫く大帝国。オスマントルコである。
 オスマントルコにおける支配制度の最大の特徴は、ミッレト制である。

 宗教や人種ごとに「ミッレト」という社会の単位にまとめて、その単位ごとに自治権を付与するわけである。

 ここでのキーワードもやはり、自治権である。

 大帝国を維持するには、やはり自治権というのは切っても切れない関係があるのである。

 

 と、これだけ過去に帝国運営の失敗例、成功例があるのに、中国共産党は中央集権的にあのバカ広い国土を治めようとしている。

 これはもう、処置無しとしか言いようが無い。

 

 可哀想に・・・。

 もうすぐ崩壊も近いのだろうか。 

 

 天の神様

 過去から学べない人に救いの手をおあたえください。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

3月6日

岐阜行った 眠い

 さて、名も無き島実装である。

 まあ、悪くない・・・アヌビスのドロップが全く無いのがさびしいが・・・。

 

 それにしても、だんだんストーリーが意味不明な方向へと進んできた。どうなるのだろうか。
 トリスタンもアンデッドになってしまったしのう。

 今後はモロクが滅びたりもするようだが・・・。

 なんだか残念だ。モロクが壊れるなんて。
 しかし、最近のROのアップデートを見ておると、本当に恐ろしい方向へ恐ろしい方向へと進んでいる。知識と、組み合わせで対応して何とか・・・という戦いではなく、純粋なる暴力対暴力の戦いである。

 力のある方が勝つという感じの、男気あふれるアップデートである。

 

 どうせなら、色々なテクニックやら、アイテムの組み合わせやらで頑張って乗り切れたら良いのになぁと思うのは幻想であろうか。

 

 ただ今のボスの強さは好きである。
 ボスにエスクかけると楽しいしのう。

 

 昔よりはボスらしいと言えよう。どうせ、倒せないんだから、だったら超強い方が景気良くて良かろう。

 

 

 それにしても最近は何か、バフォメットとか立場が無くなっておるな。
 新ボスのヤバさは凄まじいものがある。

 

 だが、今のボスに一つ足りないものがある。
 嫌らしさである。

 強さは良いのだが、嫌らしさがない。

 

 ジワジワと絶望的に苦しめて死に至らしめるような攻撃があったら面白いのに・・・。

 画面内の敵の防具全てを一定確率で壊してみたり、猛毒をかけてみたり・・・。

 それから、死の宣告とかあったら楽しそうである。
 30秒後の死が約束された。

 パクり得意だから平気であろう。

 あと、レベル3フレア・・・99レベル涙目。

 

 そういう攻撃があったら面白いなぁと思った次第である。

 

 天の神様

 なんでみんな正攻法。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

3月5日

病躯

 ビョークがケンカ売った。

 

 中国政府に全力でケンカ売った。
 チベット独立を上海コンサートで叫ぶなんて、何という人であろうか。やっぱカッコイイわ。

 だが、ビョークの曲って全体的に鬱曲で、そもそもバッドエンド曲なワケだ。

 ダンサー・イン・ザ・ダークを思い出してしまう。バッドエンドを。
 そうなるともうオシマイだ。

 ビョークがチベット独立と言っても、脳裏に浮かぶのは悲惨な光景である。

 独立を目指して、立ち上がるチベット国民たち。
 それを鉛のシャワーで出迎える人民解放軍。

 次々と倒れていく仲間の仲で、最後まで孤軍奮闘しつつ、最後にチベットの旗を掲げながらも全滅・・・みたいなのが脳裏に浮かぶ。

 ビョークじゃダメだ。

 バッドエンドの第一人者である。

 ダンサーインザダークを見ると、本気で一日くらーい気持ちになる強力な鬱パワーが流れ込んでくる。ヘタするとフォースの暗黒面に堕ちてしまいそうなほどである。

 そんな人がチベット独立。

 

 

 まあ、良い事だとは思うのだが、世の中イメージが大切であるな。

 

 それにしても、中国はどこを目指しているのだろうか。
 国土を広くしても良い事なんて何も無いと思うのだが・・・。とりあえず、限りなくおろかな人々で、国土の版図をでかくする事が良い事だと思っているのかもしれない。

 ぶっちゃけ、上海・北京・香港以外を全て独立させてしまえば、中国は世界に誇れる先進国であるのに・・・。
 それなのに貧しい地域を統合して国土を拡張していこうという姿勢は、謎である。

 これが中華思想というヤツであろうか。

 頭のが、お畑だらけで、っている事がほとんど、像で考えた事。

 の、略だっけ?

 

 天の神様

 あいつらおかしいですよ・・・。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

3月4日

あれろ

 そういえば、私のX-BOX360ってエイデンで買ったんだけど、ブルーレイ機と変えてもらえるのかな・・・PSすr・・・。

 冗談だ冗談。

 

 さて、テレビ討論会のクリントンの印象が必死すぎて悪かった。
 オバマの話をさえぎって、一方的に話しっぱなし。オバマは「ダメだこりゃ」みたいな雰囲気を出しておった。明らかにオバマのが大人である。

 それにしても、アメリカの格差社会の酷さにびっくりである。あまりにも可哀想過ぎる。
 まあ、医療保険が任意加入で、それにともなう低所得層の悲惨な実態というのは知っておったが、改めてテレビで見ると新鮮さが違う。

 1ランク上の保険に安く入るために、もし脳死になった場合には臓器を提供しますよっていう契約を締結するような商品まである世の中である。

 アメリカ経済の恐ろしさを感じる。
 なんだか、借金で首の回らなくなったギリシア人が自分を奴隷として売り払うのに似ていると思った。

 こりゃぁ、ソロンやクレイステネスみたいな改革が必要であろう。

 

 で、クリントンを見ておって思ったのだが、どうにもこうにも色々な態度がいちいち鼻につく。

 偉そう。

 オバマの誠実な態度とは裏腹に、クリントンはオバマを見下しているような雰囲気すら出している。別に、そう思ってやっているのではなくてもアレは致命的だ。

 「ふん、ニガーがデカい顔してるんじゃないよ」的な態度に見えてしまうからだ。

 明らかにクリントンは浮き足立っている。

 必死な感じが見えすぎて、ちょいっと引いてしまう。ありゃぁダメだ。まったくダメだ。サッパリだ。

 

 まあ、オバマが勝つであろうな。

 もうクリントンはあきらめたほうが良い。

 

 ところで、関係ないのだが最近また大航海時代オンラインをやっておる。
 で、そこで・・・リスボン発の定期船に乗り遅れた私。超必死で、まさかの定期船追いが始まった。

 完璧な航路計画。万全を期し、リスボンを出向した時点で、ケープ発の定期船が出るまでの時間的猶予は45分程度。

 快挙。35日での到達。

 無事に定期船にのれたのであった。めでたしめでたし。

 

 天の神様

 ケープ遠いです。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

3月2日

見ながら書いてるんだよ戦艦

 NHKスペシャルで中国の農村問題をやっていた。

 悲惨の一言である。
 教育も行き届いていない。教育が行き届いていないということは、自分が今悲惨な状況にある事すら理解できず、何が原因なのかもわからない。

 そんな状況だから、毒物の混入やら、放射性物質入り鋼材やら出るのだ・・・。

 我々は勘違いをしているのではないだろうか。あいつら、いっちょ前に先進国面しておるので気づかないが、立派な発展途上国である。しかも、かなり最下位周辺の。

 それ相応に扱ってやるべきであろう。

 そもそも、都市部で数億という年収をあげている裕福そうが要る反面、農村部で苦しんでいる人々がいる。年間25000人が死ぬ炭鉱での労働を余儀なくされる人々がいる。

 どこの誰が見ても、社会主義などというものが達成されているようには見えない。

 

 中国という国は、驚くほどの競争社会。びっくりするほどの自由競争の国なのである。もう、自由競争というか、生存競争というか。究極的なまでに夜警国家であり、国民の面倒など見てくれない。

 社会保障など皆無で、自力で生きていかねばならない。

 むしろ、農村部など学校が無いので、社会保障のなんたるかすら解らない。

 社会主義すら解らない。

 

 そこへ立ち戻って見ると、日本という国は、何とすばらしい社会主義国家であろうか。
 農村部も、都市部も気持ち悪いほどに平均しており、どこに行っても学校があり、ぶっちゃけ日本中のほぼ全ての区域はどこかしらの学校の通学圏内である。

 貧しきものには生活保護もあり、職業訓練所みたいなものまであり、仕事を選ばなければ仕事もたくさんあって、収入もだいちあみんな似たり寄ったりで・・・。

 こんな平等な国、診たことがない。

 

 隣の芝は・・・と言うが、実は地上の楽園って日本のことだったんじゃないだろうか。

 社会主義者のみなさん。ここに立派な社会主義国がありますよ・・・。

 天の神様

 楽しかった・・・。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

3月2日

見ながら書いてるんだよ戦艦

 たまたまテレビをつけたら、ライバックが暴れておった。

 セガールの出ているアクション映画というのは全体的に、ハラハラ感が少ない。
 勝つ!?負ける!?みたいな怖さが全く無いのである。

 しいて言うなら、強くてニューゲーム。

 

 なんかもう、チートコードで無敵モードにして戦っているような安心感があって、見ていてセガールTUEEEEEEEEEEEEEEって楽しむものである。

 ただしセガール以外は、引き立て役であるのでパタパタやられる。無敵モードはセガール限定である。

 シリーズを見るときはセガールが片っ端から敵を殺す様を堪能するのが正しいたしなみ方である。
 ただし、欠点としてどの作品を見ても似た様な展開になる事である。

 ちなみに、銃はあまり使わないので、アクション映画としてトリガーハッピーな展開を期待している人には物足りなくなりがちである。無意味に徒手で戦ってみたり、罠を仕掛けてみたり、あまり正攻法で戦わないのが面白いところである。

 戦争系のアクション映画の皮をかぶっているが、実際にはカンフー映画とホームアローンを足して2で割ったような戦いである。
 罠を使うあたりは特にホームアローン的である。

 そしてラストバトルは必ず肉弾戦。これは鉄則である。
 銃を捨てた状態で、何かこう・・・虎眼流二輪のような、まるで約束組み手を高速で行うがごとき殺陣を行うわけである。

 そして最後の最後まで、いかに格好良くセガールを演出するかに命をかけている展開である。

 なんていうか、かっこつけすぎ。

 だが、それがいい。

 天の神様

 楽しかった・・・。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

3月1日

三月

 明日は礼拝はお休み。ちょっと休憩期間である。

 

 

 さて・・・ハフマン紛争終結である

 

 ついに、フロントミッションオンラインがサービス終了と相成ったのである。
 自社内の競合であるジャンクメタルを叩き潰して、正式サービスを開始したFMOであるが、あまり流行らなかったようで結局サービス終了である。

 モデルがダサいのも原因かと思う。
 フロントミッションの中でもっとも洗練されて燃えるデザインであるゼニスがダサくなっているのは許しがたいというものだ。

 そんなわけで、一つの時代が終わる。

 スクウェアエニックスは、本当に可哀想になってくるくらいハズしておるな。
 FFは微妙だが続いておるが、それ以外はもう・・・。

 特に一番地団太踏んで悔しがっているであろうものがファンタジーアースRoD。手放して、ZEROになってから大好評である。

 まさか、こんな事になろうとは思っていなかったろうな。
 しかし、ここで、ある事がわかってくる。

 ネットゲームに必要なのは、本当にゲーム性なのだろうか?という事だ。

 そもそも、FERODも、FEZもシステム的には、そんなに滅茶苦茶面白いというものでもない。
 当たっているMMOもハズしているMMOも結局そんなに中身に違いはない。

 だとすると何が大事か・・・だ。

 それは、やはりコミュニティなのではないだろうか。

 そして、コミュニティの維持に必要なのは、人の流出を防ぐこと。
 つまり、良い運営である。

 結局のところ、MMOというのは一度顧客の信頼を損ねて流出させてしまうと、他のプレイヤを引き止める力が弱くなっていって衰退していってしまう。

 運営が一番大事という事だなぁと思った。

 

 天の神様

 原作レイプみたいなネトゲが消えてスッキリですな。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

二月二十九日

二月も終わり

 ROの各サーバに抱いているイメージ。

 chaos:良くも悪くも最古鯖。金や市場が一番汚れきっているイメージがある。このサーバでのお金の価値は何か違う気がしてしまう。ロードオブナイトメアとか。

 Loki:一番バランスが取れている・・・と、思うのは自分のサーバだから。でも、重いイメージがある。

 iris:サーバダウンの代名詞。

 フェンリル:スペル間違えられたりする。なんか古いサバの割には地味。

 ヘイムダル:ロキで一番に慣れなかった負け廃人の巣窟。

 ビジョウ:良くわからない。

 トール:そんなのもあるのか!

 ティアマット:強そうな名前だ。

 シズ:シズちゃん?

 サラ:運命の子。

 オーディン:オデンという略称しか知らない。

 リディア:召還師だね。

 Tyr:そもそも読めないってばよ。

 フレイヤ:えーと、人いるの?

 バルダー:名前だけは凄いな。

 イドゥン:いつできた・・・。

 ベルダンディ:クリーンな新サバにしよう運動!そしてBOT地獄による運動の壊滅。

 Surt:スルト?いつできた・・・。

 マグニ:もうわからない。

 ガルム:もういいよ・・・。

 

 といった感じである。
 もう、最後のほうとか、そこ人いるの?レベルである。
 いくらなんでもサーバが多すぎるわりに、名前が複雑でよくわからない。

 ROのサーバの名前は優秀である。名前から、どこが古いサーバなのかがバレないわけである。
 これによって、人口分散を実現することもできよう。

 それにしても多い・・・本当に多い。
 こんなに必要なのだろうか?(反語表現

 

 まあ、サーバ統合が議論されるほどであるからな。
 人口も減ってきておるので、統合する必要は確かにあるだろう。

 市町村合併のようなものだ。ここは各サーバごとの住民投票で決めたらよい。
 で、合併を行ったサーバには、合併特例アイテムとか支給するわけである。

 だが、とりあえず・・・ベルダンディとヘイムダルは異常にイメージが悪い。

 ヘイムダルは本当に、ロキで砦を取れなかった二流の廃人どもが逃げていったサーバというイメージばかりが先行してしまう。

 ベルダンディも、みんなで綺麗なサーバにしよう運動していたが、一週間もせぬうちにBOT風呂である。

 可哀想に・・・。で、そんなイメージで、あそことは合併したくない!みたいな事が発生して、合併特例アイテムをもらえないサーバが出てきたり・・・とか、そういうのも面白そうである。

 

 

 天の神様

 サーバの人口少ないところヤバイですね。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

二月二十八日

狭い

 昨日、元ラブホのカラオケ屋に行った。

 なんか部屋に・・・エアーシューターとかあるんだ。
 ついでに、部屋にトイレとか水道とか鏡とかがある。さらに、入れないようにフタがされているが風呂がある。

 そして、カラオケボックスなのに防音がいいかげん。

 入り口に靴脱ぐところがある。

 

 これはまた不思議なところだ。

 まあ、それ以外は快適だったのだが・・・明らかに、こっちが頭側だったんだなぁ的な形の部屋だったりして、何かこう広くて良いのだが、落ち着かなかったりした。

 豊橋には不思議なところがあるものだ・・・と、思った。

 天の神様

 狭かったです。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

二月二十七日

インナージブ

 愛知県の交通マナーの悪さを教えてやろう。

 

 信号が赤でも・・・周りに車とか人が居なければ・・・信号無視をして進む。

 

 

 ・・・車が。

 

 おい!とか、思ってしまった。
 それはないだろうと。

 

 さて・・・それはそうと、毎朝自転車で大聖堂まで行くわけだが、最近風が強くて困る。しかも、地理条件的に必ず向かい風になってしまうのである。そこをコート着て走るもんだから、逆風をさかのぼろうとするガレオンの如くに勢いが殺される。

 

 順風満帆という言葉があるが、あれはどちらかというと四角帆の船の言葉であろう。

 ラテンセイルだったら、順風である必要はそんなに無いわけであるしな・・・。

 

 もっとこう、逆風に強いラテンセイル的な服はないものだろうか。

 それはそうと、ラテンセイルが逆風に強いって面白いもんである。ラテンの精神だろうか。明るくスカっと受け流して、逆風でもスイスイ進んでいく。

 

 ああ、そういえばブラジリアンは一応、文化的にはラテン系だろうか。

 だから、赤信号でも進んでいくんだろうか・・・逆風でも、進む人々だ。

 天の神様

 ガフセイルになりたいです。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

二月二十五日

勉強

 ゴスロリとゴスパンとロリとメイドを、ごっちゃにしている二次元の文化はよろしくない。

 

 そう思う今日この頃である。
 全部別々のものである。特に、ゴスロリとゴスパンとロリ(普通のコテロリとか)の違いを、よくよく考えていない場合が多い。

 ついでに、なぜか二次元のゴスロリはムダにスカートが短かったりするわけである。ムダムダムダ。

 

 というかそもそも、服の形状的に明らかに下に、ドロワとか装備してる系であっても、何故か無くてパンチラしたりするのも二次元妄想パワーである。

 そういう意味では、さやさやは、とてもマジメにゴスロリしているなぁと思う次第である。

 私もいっそ対抗して、ボンネット装備でスカートも重ねまくって膨らんで、ドロワも装備!という感じで、本気のコテロリとかで行ってみようかと思ったことが、一度ならずあるのだが、どうしてもこう・・・決心がつかないので、そんな写真を作ろうというところまで行かないのである。

 そもそもフリルとか嫌いだし。

 手間かかるし。

 最近・・・毎日毎日毎日毎日・・・コテロリ→ゴスロリ→ゴスパンのヘビーローテーションしてる子に会うので、とても上手に写真を作る自信があるのだが、どうにもこうにも、決心がつかなかったりする。

 ただ、そういう格好だと、変なオッサンに声掛けられたとか、電車の中でこっそり写メ撮られたとか・・・なんかちょっとかわいそうな被害が多かったりもする。

 珍しいのは解るが・・・ちょっと酷い気もするのう。

 

 ところで、ゴスパンの場合だと、私は何の疑問も持たずに、安全ピンは基本装備だと思っていたのだ。
 だが、よくよく考えると・・・なんで安全ピン?て、思うことが多々ある。

 誰か、日ごろからゴスパン着てて詳しい人がいたら、安全ピンの理由を教えて欲しい。まあ、格好良いからだとは思うのだが。

 南京錠の方はシドだというのは当たり前の常識なので良いのだが、安全ピンにも何かそんな由来でもあるのだろうか・・・と、思ってしまった。

 

 天の神様

 ボンネットとか・・・凄すぎる。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

二月二十五日

勉強

 http://www.asahi.com/kansai/sumai/news/OSK200802130080.html

 橋下知事・・・やつれた?

 一瞬、誰だかわからなかった。

 ところで、このバカ知事は40人50人でも授業が可能だったと思っていたとか、アホみたいな事を言っておるが可能なワケが無い。ついて来れないヤツを全て落とす覚悟の「講義」だったら50人でも100人でもできる。

 だが、勉強を教える授業をしようと思ったら、30人だってしんどいわけだ。

 で、その中にADHD気味の生徒とかが居て集中しないし、学力もまばらで、先に答えがわかってしまう子も、モタついている子も居るわけで、説明するだけではなく、そういった子を見て回ってしなければならないわけで・・・。

 50人もできるわけがない。

 むしろ20人くらいで上等だ。

 だいたい・・・教育で手抜きをしようというあたりが、今現在の収支のつじつまを合わせようという、ただそれだけの薄っぺらい考えを露呈している。教育は一番削ってはならない部分であろう。

 そもそも、4、50人でも授業が可能であったとしても、4、50人では明らかに一人の教師が抱え込める担任生徒のキャパシティを越えている。たとえば、その中に頭の良い子も悪い子も、良い子も悪い子も、健康な子も、うつ病の子も、自傷癖のある子も、ADHDの子も居るわけで、そんなん30人ちょっとが限界であろう。

 せめて、彼が大学時代に教育実習にでも行っておれば、どんだけハードな空間なのかが理解できると思うのだが・・・。

 ついでに、彼はこんな事も言っている。

橋下知事は、選挙中から全国学力調査の結果については「全く悲観していない。英数国理社だけで競争するのは非常に狭い考え方。大学受験だけでなくいろんな進路を選べるようにしたらいい」と発言している。

 アホちんだ。
 英数国理社すら出来ないヤツに何ができると言うのだ。

 そもそも、高校レベルまでの英数国理社の授業なんて、社会人として知ってて当然という程度の知識である。何をするにも必要になる。
 「狭い考え方」などという浅はかな言い方をしておるが、これを切ったら、子供の可能性はさらに狭くなるわけだ。

 多少しんどくても、多くの勉強をしておくことで、より多くの将来への可能性を残すことが出来る。

 たとえば、「世界史」という科目には顕著である。

 「世界史」という学問は大学には無い。
 〜史というのはあるが、世界の歴史を体系的に学ぶ機会というのは高校がラストである。数学や英語、理科、国語と違って、世界史はつまるところ、どんな学部に行っても存在しない学問なのである。

 だからといって不要なわけではないし、色んな分野の基礎となる。

 ポアンカレ内閣がポアンカレ予想のポアンカレさんの親戚だと知ってても意味が無いけど、きっと何かの役に立つ。
 特に、法学とか経済をやるにあたっては、ヨーロッパの近代法の成立過程などは知らないと困る。

 だから、大事な科目だ。

 

 将来使わない=やらなくても平気。というワケではない。

 たとえば、趣味で絵を描くときに、世界史の1範囲である美術史なども色々役に立つ。

 遊ぶときも、ゲームをやっているときも、色々な知識で、より一歩進んだ面白さが手に入ったりもする。

 だから、勉強は大事なのだ。
 勉強ができなくても他の事が・・・じゃなくて、勉強ができると、こんなにもたくさんの勉強と関係ない色々な事が楽しくなるんだよ?という事を知らしめる必要がまずあるのではないだろうか。

 大人が英数国社理で競争するのは狭い考え方だなんて言うのは、それこそ逃避だ。汚い言葉である。

 天の神様

 逃げてる気がします。知事。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

二月二十四日

かけひき

 風邪を引いたっぽい。これはもう、寝るしかない。まだ9時だけど。

 さて、世界樹の迷宮は、過度に映画的な演出や、ストーリー重視に進みすぎてつまらなくなったRPG業界の救世主のようにもてはやされている存在である。セーブデータが一つという事で、探索の緊張感を上手に表現していると思う。

 さらに、非常に解りやすいシンプルなシステムもウリと言えよう。

 が・・・過度に派手に、難しくなっていった格闘ゲーム界では、シンプルに戻したというスト4のロケテ評判がよろしくない。

 

 そもそも、格闘ゲームには二つの道がある。

 コンボゲーか、一発ゲーかである。

 コンボで大ダメージを奪うか、一撃の重い攻撃で大ダメージを奪うかである。

 両者の違いは何かというと、前者は弱足のヒットを確認してから、強い攻撃につないでダメージをコンボで奪う。で、コンボを途中で失敗しないように頑張るゲームである。

 どちらかというと、知識=強さに近い。

 後者は、攻撃を当てるゲームである。スキの大きい大ダメージの攻撃を、読みあいの末に当てるゲームだ。

 知識も必要だが、読みと運=強さという感じになる。

 後者が嫌われる理由は、やはり運ではないだろうか。
 運によって勝敗が決してしまう。

 対戦ツールにおいて、運の要素というのは、ある程度減らしていくべきである。
 むしろ、運をいかに制すかというのが必要になってくる。

 カードゲームで言えば、MtGは運の要素を極力省くようにデッキ構成するのが常である。

 対戦するゲームにおいて、運というのは、一番不愉快な存在なのではないだろうか。

 運も実力のうちと言うが、運で負けたらたまったものではない。
 ジャンケンをしたいのではなくて、腕比べをしたいのだ。

 だから、一撃ゲーが嫌われる傾向にあるのではないだろうか。
 もちろん真サムは私も好きだし、良いゲームだと思うが、あれは、あの世界観だからこそ、バッサリ切り捨てる感じとともに楽しめたと思うのだ。普通の素手系格闘ゲームでやっても、理不尽なだけであろう。

 で、格闘ゲームの一撃を重くして、それを当てるゲームにしてしまうと、確かに駆け引きは重要になるが、運の要素も大きく、それを制する方法が無いのである。運というものを制する方法が無い以上、やり手としては理不尽であろう。

 だったら、知識が強さに直結する、ある種の理詰めでプレイできるゲームの方が好まれるのではないだろうか。

 

 真サムの駆け引きを持てはやす傾向が強いが、あれはあの世界だからだ。
 面白い、良いゲームだとは思うが、今出して流行るとは思えぬな・・・。

 天の神様

 駆け引きも大事だけど・・・。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

二月二十三日

春イッチバーン!が吹いたよ。

 礼拝は諸般の事情でお休みである。

 さて、世界樹2をやっているのだが・・・。

 現在のパーティ。前衛:パラディン ブシドー 後衛:ガンナー ドクトルマグス バード というパーティである。
 最初はドクトルじゃなくてメディックだったのだが、どうせなら新職がいいな!と、思ったのでかえてしまった。

 本気の本気で殺しに来るゲームバランスは、一歩間違えばクソゲーなどと言われかねないところと、紙一重とも言えるすばらしいバランスである。紙一重というか、神一重だ。

 だが、楽しい。キャラが成長していくのが楽しい。

 本当にすばらしいゲームである。
 壮大なストーリーとか、美しい画面とか、そういうのよりも何よりも、ゲームとして面白いかどうかが、ゲームでは大事なのだから、当然そこに力を入れて欲しい。世界樹はそこに力をしっかり入れたすばらしいゲームだが、マゾ向けだ。

 理不尽なまでにアッサリと殺される。
 信じられないほど呆気なく全滅する。

 調子に乗ってレベル上げてたら、偶発的なミスからの総崩れで一時間分のプレイが無に帰す。

 

 そんなドキドキ感がたまらない。
 無駄にされる。何もかもを無駄にされる恐ろしさ。

 フォースゲージを使ったスキルは強力だが、ゲージが溜まったからボスでも倒そうか・・・とか思うと、ゲージが溜まる=かなりEXP等を稼いでいる状態なので、敗北=全てがパー!という状態である。

 強さと、リスクが比例してあがっていくという、恐ろしい仕様である。

 セーブデータが一つというのも、ストイックで良い。やりなおしなど、できてたまるか!という事であろう。

 

 全滅させられて、怒りつつも、喜び悶える人々にとっては、これほどステキなゲームはあるまい・・・私も、プルプル震えながら楽しんでおる。

 

 偶然、敵の攻撃がブシドーに集中。昇天。ダメージソースの死亡で戦闘がジリ貧乏、全滅。というコンボに悶えている。ザコなのに!ザコが相手なのに!

 天の神様

 最高です。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

二月二十二日

22222

 死の五輪が見えてきた

 何というか、中国が本気である。
 本気で、他国の選手を殺そうとしている。

 自分の国の評価を、冷静に、客観的に受け止めることができないのだろうか。
 こんな必死っぽい発言をしたら、余計に怪しまれるというものである。

 何とかならないのだろうか、この国。

 もういっそ、延期してあげるのが、優しさじゃないだろうか。

 

 だいたい、文化の無いような国で、スポーツなんてできるわけが無いのだ。

 こんだけ食べ物で騒がれておって、まだ・・・こんな事を言うか。借金まみれの人が、借金をして「必ず帰します!」って言うくらい信用できぬ。
 中国共産党が「選挙で国民の代表を選びます!」って言うくらい信用できぬ。

 「一生のお願い!」くらい信用できぬ。

 

 もういっそ、アメリカを筆頭に、ヨーロッパ各国、日本でボイコットをして、「みんなあつまれ、世界アマチュアスポーツ大会!」とかを、日本とかでやれば良いんじゃないだろうか。石原都知事とか、喜んで手伝ってくれそうだ。

 死の危険を負ってまで行く場所じゃない。

 

 北京オリンピック 第二案
 黄海にアメリカ太平洋艦隊を展開。
 航空機による空爆の後、北方からロシアが戦車部隊を投入。対空戦力を破壊した後に、都市中央部に米軍海兵隊がHALOで降下、都市を制圧。自衛隊は後方で支援任務。

 南部から、台湾陸軍は、南京、上海を制圧しつつ北上。

 李登輝あたりを擁立して、北京臨時政府の樹立を宣言後、米国を中心に各国が国家承認。

 スタジアム周辺の治安を確保した後、クラスター爆弾などで都市部を破壊し、整地して滑走路を作り、各国本土から選手団を入国させる。
 各国軍隊の手で、すばやく選手村を設営後、開会式へ。

 マラソンでは、戦車や装甲車が先導。

 オリンピック終了後は、臨時政府の指導の下に、国を省単位で分割、独立させ、支那連合共和国とかにして、北京の臨時連邦政府を作る。然る後に、各省単位で選挙を行い、国会議員を選出した後に、内閣総理大臣を指名させ、臨時政府は解散。

 連邦制による国家運営を目指す。というのはどうだろうか。

 天の神様

 殺したほうが良いですね。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

二月二十日

明日は!

 世界樹2を買った。

 パラディンのお手軽最強技だった防御陣形を削除したのは評価したい。だが・・・思うのだが・・・代わりにパラディンにウリが無くなったようにも思える。フロントガードは確かに便利だが・・・ダメージソースを一人削ってまで使うに値するものだろうか。

 とりあえず、ダークハンター パラディン ブシドー メディック ガンナーという組み合わせで始めてみたものの、パラディンの立場が微妙すぎる。

 ついでに、今作・・・最初からいきなり殺しに来る敵である。
 まだ一階だが、開始直後の難易度という点では、前作を超えている。攻撃力が高い。

 

 まあ、それはそうとサッカーが普通な無かった。
 まるで、「サッカーは格闘技」とか言ってる連中レベルの凄さである。

 まさかゴールキーパーがダッシュ強キックをしてくるとは思うまい。
 あれはどう考えてもレッドカード級の反則だ。それでも勝った日本を褒め称えたい。

 だが、あの試合に出るメリットは無いように思える。
 オリンピックの前哨戦とも言える大会で、あの振る舞い。ボイコットするに十分足る理由であると思うのだ。あの試合の様相を見た人ならば誰でも、選手の安全を考えれば、ボイコットに賛成できると思う。

 選手をぶっ壊しに来るような試合に、むざむざ選手を送り込むようなまねを、協会も認めてはいかんのだ。

 協会は確かに大会に出て選手を戦わせるのも大事だが、イザというときに、選手を守ってやれる存在であるべきだと思うのだ。今の協会はそうはなりえない。

 

 こんな凄惨な攻撃を食らってなお、サッカーを続けるなんて、日本チーム頑張ったなぁ・・・ホント、よく頑張ったよ。と、思ったわけである。
 変なエフェクトが写真に入っているが気にしてはいけない。

 見た瞬間の私の第一印象である。
 

 天の神様

 一撃必殺食らってましたよ・・・。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

二月二十日

明日は!

 あれ、明日って世界樹2の発売日?(挨拶

 これでまた、FOEにうっかりぶつかって全滅してみたり。
 
ボスに蹂躙されてみたり。
 ひたすらマップをさ迷ったり。

 そんなプレイを楽しむ日々がやってくる!

 

 最近では珍しい、名前をつけられるゲームなので嬉しい。

 ゲームをやるとき、なんだかんだで、パーティの名前を決められるというのは嬉しいものだ。
 演出、ムービー、音声偏重の時代になって、そんな文化は消えてしまったのだが、世界樹は忘れないでいてくれた。

 どんな立派なストーリーより、キャラ設定より、声よりも・・・。

 名前はやっぱり、感情移入を助ける最大のものであると思う。

 ゲームが映画的な演出を使い始めてから、すっかり消えていた要素である。

 思うのだが、映画は客観で見るもの、ゲームは主観でやるものなので、映画的な演出のゲームっていうのは、ゲロ吐くくらいに相性最悪ではないだろうか。あくまで見物するものである映画の要素を、自らが主役になって演じるものであるゲームに入れても、冷静になっちゃってアウトだ。

 

 

 さて、本日は漫画を買ってきた。

 まず・・・シグルイ10巻。

 これは面白かった。最高に面白かった。
 まあ、詳細は省く。

 

 続いて・・・極道めし。1・2巻。

 これが凄い。
 刑務所にブチこまれた男たちが、それぞれに今まで食べた美味いもの自慢の話で勝負をするという漫画なのだが・・・無駄に美味そうなのだ。すっごく美味そう。ヤバい。
 ここまで、食べ物を描くのが美味い作家というのを見たことがないというレベルの美味さである。

 

 最後にバイオメガ4巻。
 新装版である。

 相変わらず、読者を全力で置いておく展開に痺れる憧れる。

 圧倒的な独自の世界観と、ものすごい描写の緻密さによって成り立っている物語だ。

 説明不能!

 

 といった感じである。
 

 まあ、一番のオススメは極道めしだがな。
 

 天の神様

 エクスタシー強化を望みます。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

二月十九日

携帯鴎外は難しいと思う

 携帯乱歩

 私の名前は愛と言うのです。このような事をここに告白するのは、心苦しいものもあるのですが、私がかつて経験した恐ろしい体験をつづる為には説明しなければなりません。何を隠そう私は、いわゆる心に傷を負った女学生などというものだったのです。

 モテカワスリムなどという昨今の言葉も御座いますが、いわゆる進駐軍の言葉で言うところの恋愛体質の愛されガールなどというヤツでございました。

 当時、私が親交を持っておりました友人と言いますものは、恥ずかしながらも、新宿でGI相手にパン助をしていたミキ、学校に秘密で青線で給仕をしていたユウカ、そして愚連隊に入っておりましたアキナがといった面々で御座いました。

 友人が居るとは言いましても、やはり学校と言うものは、年頃の娘にとっては退屈極まりないものなのでありました。
 その日も、ミキとそれこそ瑣末な事から口論となってしまっておりました。

 仲が良いとはいえ、女同士となりますと、やはりこのような事も多く、精神的にもいわゆる神経衰弱などと呼ばれるものになりかけてしまいます。そのような時、私は一人で闇市を歩くことにしておりました。

 「何とも腹の虫の治まらぬ事だ・・・」などと呟きながら、しつこいアカのアジビラ配りをあしらいます。

 「お嬢さん、ちょっとお話をよろしいですか?」と、世の中というものは不思議なことに、どこの男も一言目の誘い文句というのは多少の違いこそあれ、大抵こんな、何の捻りも無い同じようなものなのであります。

 GIの男は見てくれこそ好ましいと思いましたが、どことなく恐ろしい感じがいたしまして、私は好きにはなれませんでした。

 彼らにはこんな焼け野原ではなく、等身大の日本を知らしめてやりたかったとつくづく思う事もあるのです。

 「スミマセン・・・」またかと、セレブな私は思ったのであります。当然のことながらそのような言葉は無視して歩くつもりであったのですが、ふと妙な予感を感じてそちらをつい振り返ってしまったのです。

 「・・・!!」

 違うと感じました。
 今までお会いしたどの殿方とも決定的に何かが異なっているのであります。

 GIたちの言葉で言うところの、スピリチュアルな感覚というものが、私の体を脳天からつま先まで瞬間的に迸りました。
 「何と、見目麗しい方だろう。これが運命というものでございましょうか?」

 彼はGHQの将校でございました。

 彼に言われるまま、私は米軍の基地まで連れて行かれました。思い出すのもおぞましい、体にまとわりつく真夏の悪夢のような出来事でございました。私はそこで、名も知らぬ異国人たちの手によって強姦をされてしまったのであります。

 「やめて!」と、叫ぼうとも意味はありません。

 不思議な薬なども使われました。

 「ガシ!ボカ!」その、男の放った鈍重な拳を暗い、私はそのとき命を落としたのです。甘味(笑

 天の神様

 和田組マーケットとかね・・・。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

二月十八日

ブリ

 最近ブリーチを読んでいて思うこと。

 最近はもう、死神とはべったり仲良しなワケだが・・・涅マユリとか、明らかに露骨に悪者として描かれていて、あいつと仲良くしていけるんだろうか。

 部下の死神を自爆攻撃に使ってバンバン爆発させてたような人間性のヤツと共同戦線を張るという事自体が常軌を逸している。

 ついでに、石田雨竜とか、確か死神を一人再起不能にしておるであろう。
 何の後腐れもなく、死神と仲良くできるものなのだろうか・・・。

 しかも、その雨竜にやられた飛び道具使い、最強の飛び道具使いとか言っているが、どう考えても劣化千本桜。

 黒縄天遣明王の使い勝手が最悪っぽい。

 さらに、死んだ人がソウルソサエティに行くわけで、つまるところあの世だ。
 なんで、あの世で生きた死んだのはなしが出てくる。

 さらに言うと、アランカル対策で人間界に来た死神ご一行様。
 擬骸を使ってる様子も無いのに、普通に同級生から可視状態。

 なんで一角は一護相手に卍解しなかった?

 最初の頃は、ギリアン級のメノスを見て「王族特務の管轄だ・・・」とか超ビビってたクセに、最近はギリアンなんてゴミ以下。

 中央46室が殺されて炊けど・・・って死神が殺されてる時点でアレだが、それを抜きにしても、血が乾いているとかほざいていたが、そんだけ昔から放置してたら乾く以前に腐る。

 王鍵とか正直どうでもいい。

 なんか同考えてもネルがヴァストローデ級だったっていうオチのような気がしてならない。

 死神でも死ぬのが謎。

 一護が強くなりすぎ。

 スペイン語自重。

 

 などなど、最近ちょっと不思議な点が目に付くようになってきてしまった。

 それにしても、ブリーチはインフレ漫画、ジャンプ格闘漫画の王道として例に挙げられるほどに成長した。
 あのブリーチのインフレ具合と、まさにジャンプの王道を行く作りは非常に美しいまでの様式美を持っている。

 これからも頑張ってもらいたいものだが、スペイン語は自重しろ。

 と、思ってしまう。

 天の神様

 チャドとか酷い。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

二月十八日

今夜はカラアゲ食った。

 大航海時代オンラインが、クレジットカードの自動引き落としになってたとです・・・(挨拶

 ムカつくので、ログインした。
 で、釣りレベルが12+3になったので、マグロを3本同時釣り上げとかできるようになった。

 調理のレベルも上がった。

 もう立派な、マグロのオリーブステーキ屋である。
 だが、悲しいかなこのゲーム、どんどん廃人仕様になっていっておって、海賊続けるのはちょっと大変そうな感じなのである・・・。

 何が大変って、そりゃぁ・・・海域を検索してみて、一番手ごろそうな商人ですら私より戦闘レベルが上という恐るべき事実。

 海域で最低の戦闘レベル・・・私の25レベル。
 私の次に低い人45レベルの商人。

 これがつらい現実。

 

 剣術レベルも低い私にとって、これに接舷しに行くのはまさに自殺行為。アラビアンガレーの頃ならいざ知らず、帆船に乗り換えた今となっては本気で逆に拿捕されかねないわけである。

 怖い怖い。

 

 ちなみに、聞いた話だと、やっておる人の殆どがもう2PC前提。みたいになっておるのだそうだ。

 確かに、明らかに2PCっぽい人は海賊して襲っても、追尾してる船がマトモに動かないので楽勝だったりするのだが、それはそれで興ざめである。

 

 

 なので、仕方なくマグロ屋である。

 

 さて、それはそうとだ・・・今日は朝から、ROで臨時公平に行って、その後FEZでイベントのポイント稼いで、最後に大航海したわけだ。

 

 結論から言うと・・・操作が混ざる!

 大航海時代やってるとき、なぜか指の位置がWSAD。
 歩こうとしてwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwと、茂ってしまう私。

 直前までROしていたせいで、FEZで歩きたい場所をクリックしてライトニングを発動させる私。

 FEZばっかしてたせいで、ROで焦ってヒールが設定してあるF5じゃなくて、普通に数字の5押して、ヒールが出なくて、挙句の果てに焦ってF5を押してIMEを発動させて大パニックになる私。

 アイテムウィンドウを出すのが、Iキーなのか、CTRL+Wなのか、CTRL+Eなのか!

 とにかく混乱する私。

 まあ、しばらくすればすぐ治るのだがな、これが複数のネトゲをやってる醍醐味ってヤツだ。

 

 それはそうと、FEZのやりすぎのせいで、最近普通に仕事のときでも、右手でマウス持っている場合の左手の基本ポジションがWSADになってしまった。

 これはもうビョーキだな・・・。 

 天の神様

 大変です。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

二月十六日

格闘

 明日は礼拝はお休みである。お休み。

 ブリ大根を作ったら、死ぬほど美味かった。

 美味しくて〜美味しくて〜言葉に〜できなぁい〜♪

 

 本気で美味かった。私は料理の天才だ。

 ちなみに、最近めっきりDSを使っていない。
 お料理ナビとか、ドコおいたかも忘れてしまった。経験値が蓄積されて、自分で料理ができるようになったわけである。

 それはそうと、最近・・・GGACとスティックを買ってきて、再び自分を鍛え上げたい衝動に駆られる時がある。
 確かにメイは使い慣れておる上に、長い年月をかけて駆け引きを学んできたので、コンボを知らなくても勝てるっちゃ勝てるのだが、確定状況でフルコンボを明らかに逃している場合がほとんどなのである。

 っていうか逃しっぱなし。

 しかし・・・GGACの家庭用というのは、家庭用GG史に残る、黒歴史なのである。

 曰く、アーケードと当たり判定が違う。
 曰く、アーケードでできないロマキャンができる。

 曰く、特定状況でフリーズ。

 曰く、アーケードと吹き飛び具合が違う。

 などなど、色々不具合があるわけで、練習用としてダメなんじゃないだろうかという感じである。

 

 まあ、GGは、もうそろそろオシマイ感が漂っておるがな。

 だが、だからといって、メルブラとかに移住するのも癪である。
 使いたいキャラが一人も居ないというのが最悪である。原作知らない人から見たら、キャラの魅力が全然無いゲーム、それがメルブラ。

 だからプレイする気にならんのである。アルカナハートの方がまだ面白そうである。

 コンボゲーは嫌いじゃないが、あれはちょっと・・・。

 

 そういえば、スト4がそのうち出るらしいが、これもまた微妙である。
 あまりお呼びでない感じがする。

 一時期、どん底まで人気が沈みこんでギルティで持ち直した感のあった格ゲー業界だが、また先の見えない暗闇に突っ込んでおる気がする。

 GGXが流行った理由はおそらく「みんなヘタクソだったから」の一言に尽きるのではないだろうか。
 今までになかったシステムや、動きなどのお陰で、みんなヘタクソだったからやってみよう!と、なったわけであろう。

 私も、GGXに手を出した理由は、みんな初心者だったからである。

 新しい格ゲーというのは、それだけで集客力がある・・・が、最近の格ゲー。新しくても新しさが見えない。

 メルブラも結局、何かこう、最近の格闘ゲームのステロタイプみたいな感じであったし、アルカナも結局ネタゲーっぽかった。

 

 GGXを見たとき、このゲームは本気で作られている!と、思ったものだ。

 待ちプレイが横行していた当時の格ゲー界において、ネガティブペナルティを導入して、ハイペースで攻防が入れ替わる格ゲーを作り上げた功績は大きいと思う。

 月華の弾き、ZERO2のオリコン、GGXのシステム全体・・・流行った格ゲーには、やはり特徴がある。
 ZERO3は、変な方向に日和ってはずした。

 GGシリーズはマイナーチェンジばかりして廃れた。

 月華はいい感じに進化させて、もっともみんなが楽しんだところで綺麗に終わらせた。

 いいかげん、考える側もネタが出尽くしてて大変なのだろうが・・・何かぜひ、新しい2D格闘を作ってくれるメーカーが欲しいなぁと、思ってやまない私であった。

 

 

 天の神様

 格ゲは大好きです。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

二月十四日

ああ

 成年を18歳に引き下げる論議がなされている。

 しかし、大人の定義というのは非常に難しい。
 何をもって大人とするか・・・だ。

 大人の定義というのは、自分でやった事の責任を自分でとれる人を言うと思う。これは絶対だ。

 そもそも、古代アテナイの民主制においては、軍役=参政権であった。
 つまり、軍役に参加できるもののみが参政権を得る事ができた。

 国家の構成員としての責任を果たしている者のみが、参政権を得ていたワケである。
 となると、国家の構成員としての責任を果たしているものが大人だと言える。

 現代日本においてはそれは、勤労、納税、教育である。

 それを考えると、参政権は弾力を持って、運用しても良いのではないだろうか。

 たとえば、18歳で既に勤労をしている人は成年と認める。
 それ以外の場合、大学生などの場合は20歳になるまでは成年と認めない。

 たとえば、女子の婚姻など、そういった場合があるであろう。
 16歳で結婚した場合、普通の16歳では、さまざまな法的な手続きにおける当事者能力が認められないが、婚姻の成立に伴って、成年とみなされる。

 単純に年齢基準ではなく、その人々に応じて、弾力的に運用してこそだと思う。

 一律18歳ではいかんだろう。

 だからといって、高卒で働いている人もいるのに・・・勤労して納税しているのに20歳まで参政権が無いのは不利だ。

 勤労によって、成年とみなす法制度はあっても良いのではないだろうか。

 天の神様

 成人式で暴れるよりは・・・。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

二月十四日

ああ

 バレンタインデーに、暗い暗い過去のトラウマの話を、泣きながら打ち明けられる私、超可哀想。

 話を聞いて、怒りとともに、世界中の男どもを殺してやりたい衝動に駆られたりもした。
 悪人どもを全員殺して、私が新世界の神になりたいと思ったりした。

 http://www.asahi.com/life/update/0214/SEB200802140011.html

 さて、九州大学法学部がAO入試を廃止した。

 当然だ。

 AO入試で入ってくる学生はバカばかりである。
 英語もロクに覚えてなければ、歴史も国語も数学も物理も中途半端である。

 学生を早めに囲い込んで、生徒を確保しようという、大学の運営上の都合で生まれたシステムだし、やる気のある、これから伸びそうな生徒を取るとは言うものの、合格すればみんな勉強しなくなる。

 そもそも、入試の勉強とはなんだろうか。

 入学試験とは何なのか。それは、道具を持っているかのチェックである。

 大学の勉強は高校の勉強とは違う。自分からやらねばならないものである。教わるのではなく考えるのだ。
 となると、必要な道具を持っているかのチェックが大事である。

 たとえば物理学をやる上で、数学を理解しているのは必須である。そもそも物理を解くための道具として数学が生まれたワケであるからな。法学や経済学を学ぶ上で、世界史を知らなければ困る。(日本史受験するヤツもおるが・・・悪くは無いが入学後に苦労する場合が多い)

 ケインズ主義経済が、なぜ失敗し、どんな結果を導いたのか。
 フリードマン、ハイエクによる自由主義経済と、社会主義との冷戦の歴史。

 そもそも、法律の成立過程。

 人権を勝ち得るための市民革命の歴史。

 そういったものが必要となる。道具だ。考えるための道具である。
 そして、文章の理解力としての国語と、原典を読んだりするための英語力。また英語力がある程度あるという事は、外国語学習の能力があるという事でもあり、第二外国語を習得できるだろうという目安にもなる。

 それをチェックしているのだ。

 AO入試は、道具は未完成だけど、やる気はあります!頑張ります!という人を入れるシステムである。
 推薦入試と混同されがちだが、違いは顕著である。

 推薦入試というのは長い長い実績と努力の積み重ねである。
 「この子は、今までずっと地道に頑張って学力をつけてきました。大学でも地道にしっかり勉強して力をつけてくれると思います。」と、推薦するわけであるが、AO入試は単発ネタである。

 「入学できるなら頑張ります!!!!」これがAO入試だ。
 推薦とは全く違う。そのため、やはり学力に問題が出てくるであろう。

 最近では、AO入試合格者に課題を課す学校も多い。だが、それでも大変だ。

 AO入試をするなら、たとえばある種のサンプル調査的な見地に立っての学力試験も必要ではないか。

 たとえば、理系なら数学か理科から一科目のみで試験と、面接、小論文。
 文系ならば、英語か国語か社会から一科目のみで試験と、面接、小論文。

 数学一科目でも、しっかりと高い点数が取れているならば、他の科目についても勉強して習得することができるであろうという目安になる。そういう意味で、学力試験はやっぱり必要だ。

 

 AO入試はバカを大学に流入させるだけの装置に過ぎない。
 青田買いも結構だが、青田を買っても枯れたら無意味だ。

 ちゃんと米を収穫しましょうね・・・という事であろうな。

 

 天の神様

 男というものが嫌いになってきます。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

二月十三日

バンアレン帯でも、バレンシュタインでもない、バランシュナイルでもなくバーンスタインでもないし、
それは紛れも無くバレンタイン

 私がこの世で一番イラっと来るのは、ニコニコ動画の上の妙にネタを盛り込んで媚びている各種ネトゲの広告バナーである。(挨拶 

 明日は聖バレンタインデーだ。
 恐れおののけ男どもが!貴様らが手にするチョコの数、質が貴様らの男としての価値の評価だバカヤロウ!

 というような事を言って、男ども恐怖のどん底に叩き落してやりたくなったのである。

 そもそも、バレンタインデーというのは、男どもに明確なヒエラルキーを構築するという恐ろしい効果を持っている。

 格好良いヤツがたくさんもらえるかというと、必ずしもそうではないのである。
 中学生くらいまでは、理想の男性像というのは本当に理想なのだが、高校・大学あたりから不要な部分が削られてくる傾向にある。たとえば、格好良いよりも、一緒にいて楽しい方が重要である。格好良くても、それは実生活に対して影響が無いが、面白いヤツならば生活が楽しくなる。

 さらに大学生やら社会人やらとなると、さらに削られていく。

 経済力やら、人間性やら、性格、この人は仮に結婚したら家事をしてくれるだろうか・・・とか、そんな点まで考慮されるようになってくる。

 なので、チョコも格好良い人がもらえるとは限らないワケである。
 楽しい、面白い、やさしい、マメ、そんな性格的な特技を持っている人が強くなってくる。

 だいたい、この格好良さなどの理想面の比率と、性格やら経済力やらの現実的な比率が交差するのが20歳あたりである。ここらへんから、両者の比率が逆転して、現実的な男性像を求めるように変化してくるワケである。

 逆説的に言えば、17・8歳。高校くらいまでのチョコの獲得など、単なる格好良さ争いに過ぎない。

 だが、20を超えてくるとなると、そこに生まれるのは人間としての総合評価の序列である。
 過酷だ・・・なんと残酷な日であろうか。

 でも、生きていればきっと良い事があるよ・・・。きっと、きっと。 

 天の神様

 聖バレンタイン様ごめんなさい・・・日本ではあなたは侮辱されているようです。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

二月十二日

あんぐり

 世界史のトレーディングカードゲームとか作ったら面白くないだろうか。

 受験生とかに売れないだろうか・・・。

 そんな事を考えていた。

 

 とりあえず、カードの種類としては人物カード、都市カード、事件・策略カードの三種類をまずは考えた。

 人物カードは、歴史上の人物であったり、あるいは軍隊、軍人であったりと、まあ戦闘ユニットである。

 都市カードは、各地の都市の名前がついている。ダマスカス、ヴェネツィア、フィレンツェ、アントワープ、パリ、西安、サマルカンド。

 で、土地にはそれぞれ生産力がある。
 土地から産出される生産力としては、ヨーロッパ文化圏、イスラム文化圏、インド文化圏、東南アジア文化圏、アジア文化圏の五種類。また都市によっては、たとえばサマルカンドはインド、イスラム、アジアのどの生産力を出すかを、毎ターン好きに選べる。

 ヴェネツィアもヨーロッパとイスラムを使い分け可能。

 で、都市から出る生産力・・・ぶっちゃけ言うとマナだ・・・で、軍事ユニットを召還する。軍事ユニットには攻撃力と耐久力が設定されている。

 イェニチェリとか、アルマダとか、ナポレオン・ボナパルトとか。
 で、それぞれのカードには維持条件があって、イェニチェリならモスクのある都市を確保していないとダメだとか、アルマダだったら港町を確保していないとダメだとか条件がある。

 で、軍事ユニットで対戦相手へとアタックするわけであるが、ここで対戦相手じゃなくて特定の都市へのアタックも可能となる。防御側はブロックするユニットを選択する。
 都市にはそれぞれ、耐久力が設定されており、都市攻撃がされた場合、この数値以上のダメージを受けると都市は破壊される。

 また、各ターン互いにどのタイミングでも、事件・策略カードは生産力を消費して発動可能。
 また相手の発動に対応しての使用も可能だが、ここで割り込みに一つの制限がある。

 同じカードで割り込み不可。
 時代の古い順番で解決されていく。
 近代のカードほど強力なものが増えるが、古代カードのが解決が先なので、そこも考慮しないといけない。

 となる。

 事件・策略カードとしてはたとえば

 レコンキスタ:対象の土地はこのターンの間、ヨーロッパ文化圏以外のユニットによってはダメージを与えられない。

 南海遠征:あなたのデッキから、アジア文化圏以外の都市カードを一枚選び、それを場に出す。

 タタールのくびき:このターン、全てのイスラム文化圏、インド文化圏のユニットはマイナス修正を受ける。

 

 というような感じで、事件の内容にそったものを・・・・。

 とか、考えておったのだが・・・微妙だな。 

 天の神様

 カトリック信仰を生贄に捧げて、アングリカンチャーチを発動!

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

二月十日

まじかる

 うーっうーっうまうま♪を聞きながら、半日ずーっとゲームやってたけど、これ全然中毒とかならないし。ずっとかかってても平気だよ。

 

 南大門が燃えちゃったよ・・・。
 ついこの間の韓国旅行で、見に行ったばっかりだったのに。哀れ。

 国宝一号だったというのに・・・。

 

 さて、ここでなぜ燃えたかを考えてみる。

 発火当時、日の丸のマークの入ったショッピングバッグを持った不審者が目撃されているという。アホくさ。

 だが、この情報が大事である。

 中国の犯行!という可能性を考えてみた。 
 連日の毒ギョーザ事件で困り果てた中国。報道規制しろとか内政干渉してくるバカっぷり。ここは一つ、日本をそれどころではなくしてやろう!
 そういば、わが国はさきの大戦では、日本軍の自作自演の犯行に苦しめられたりしたな・・・。

 よし!ここは一つ、我が属国で反日暴動を起こさせてやろう。

 というわけで・・・日本人に変装して南大門に放火である。ヒャッホイ。解りやすいように日の丸もっていかないと!

 

 という具合に燃やしたかもしれぬ。
 属国などクソとも思わぬシナクオリティである。

 まあ、無さそうだけど。

 普通に、誰かが火病ったか、酔っ払ったかで火つけちゃったんじゃないだろうか。

 あの国寒いしさ・・・日中路面が凍結したままなのだ。
 氷点下なのだ。

 暖を取ろうとして火をつけたらボーボー燃えてしまって・・・という感じじゃないだろうか。

 

 それはそうと・・・日の丸のついたショッピングバッグが、どうしても思いつかない。
 どういうものなのか気になりすぎる。

 ひょっとしてその日本人(?)は、帽子をかぶって、厚いめがねをかけて、カメラをつねに構えながら歩いていたんじゃないだろうか。

 

 日の丸のついたショッピングバッグとか・・・
 まだ、マゲを結った侍風の男が・・・の方が信じられる気がするのだ。日の丸は無いよ・・・。

 

 

 天の神様

 日の丸バッグ欲しいです!

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

二月九日

太陽悪男

 明日は礼拝である!実は今日、頑張ってレベル70にしてしまった。ハイプリ。
 クエスト一気に解決万歳である。

 今日の晩御飯は・・・豚肉とカブのパスタである。
 その前は、マグロのオリーブステーキを作った。

 

 料理を考えるのが面倒くさいとき・・・大航海時代オンラインが役に立つ。簡単そうな料理をピックアップして、適当にフィーリングで作るのだ。豚肉とカブのパスタはかなり美味かった。

 今日は自転車屋に自転車の車輪交換とチューブ交換をしてもらいに行った。待ってる間、近くのゲーセンでGGACをやっておったのだが、間違ってソルを選択してしまった。

 腕がボタンに触れちゃったのだ。

 で、仕方なくソルでいい加減なプレイをしておった・・・。このサイドワインダーって、どうやって使うのかなぁとか考えつつである。

 そしたら、乱入!
 あぁ、これは負けるなぁ・・・とか思いつつ、相手はスレイヤー。

 が・・・あんまり強くない。
 ソルのコンボは知らないので、とりあえず立ち回りだけを最重視。年季が違う。何年間、親友のソルと戦い続けてきた事やら・・・。対ソルの戦闘回数はケタ外れなので、なんとなく動きは解っていた。

 見よう見まねの空中コンボとかをいい加減に決めたりしつつ、勝ってしまう私。

 そしたら連コ来た。

 またスレイヤー。見るからにソル使えませんっていうムードだしている私に負けたのが悔しかったのか、何かの間違いだ!って思ったのだろうか。けれど、それはコンボ的な面で見たらド素人だろうけれども、一応技性能は全部心得てるし、動き自体は解っている。グランドヴァイパーが別物なのには焦ったがな!

 で、また勝っちゃう私。ふひひひ、さーせん・・・とは言わんがな。相手も死力を尽くしてきているのだ・・・。

 で、さらに連コで乱入。しつこいな君も・・・。
 で、次はジョニーに変更。

 つまり本気ってヤツですか?

 ジョニーに圧倒されて二本一気に取られたあと、奇跡的に1Rとる私。(対戦三本先取のため)
 後が無い状況で・・・ふと思いついた秘策。

 とりあえず、中盤普通に戦って。ゲージが程ほど溜まったあたりで、一撃必殺準備
 ここから真髄を見せてやる。

 飛び込みS>HSをガードさせて、着地からの、ぶっきら投げ>空中コンボ。
 もちろん、軽く暴れれば割り込めるいい加減な連携である。だが、ジョニーは硬くガードを固め、私のぶっきら投げに次々当たって空中コンボを稼がれる。
 なぜなら、暴れた瞬間に・・・ナパームデスなどされたら大変なワケである。早くナパームデス使え!と、思って彼はガードを固めていたのであろう。

 だが、断る。私はナパームデスを使う気などさらさら無い。

 そのRは、とにかくガードさせてのダッシュぶっきら投げ空中コンボを決めまくって、私の圧勝である。一撃必殺は使わなかった。
 これが私の目論見その1である。

 そして、お互い二本とった状態で迎えた最終ラウンド。

 目論見その2、「調教」が始まる。

 開幕でラッキーにも黄色バーストを当てちゃったので、そのまま再び一撃必殺準備である。
 だが、敵もそろそろ解ってきている。

 で・・・空中ダッシュS>HSをして着地ダッシュしてみたら、相手はKで割り込んできて、私にコンボを決めるのだ。

 もう一度、空中ダッシュS>HSをガードさせてみて、着地ダッシュしたら同じ事をした・・・。

 

 調教完了。

 

 そして、私はいかにも単調なバカを装い、空中ダッシュS>HSで・・・着地から一瞬待って・・・「ナパームデス!」
 無敵の暗転中、絶望的な事に、ジョニーはKのモーションを取っていた。さらばジョニー。

 デストロイ!

 というわけで勝利。決めるべくして決めた一撃必殺である。

 その後、速攻で連コでジョニーでINしてきて、フルボッコされた。当然だ。
 この手は二度は通じぬしな・・・。

 で、私もそろそろ飽きたので、メイで挑戦。
 そんな強いジョニーじゃなかったのだが、対空反応だけは良かったので、最初に色々な攻めをしてみる。

 飛んだり、跳ねたり・・・で、2Rほど先取されたあたりで、触診完了。
 ほぼパターンが解ったので、次のRからガチガチに固めて押さえ込んで、3R一気にとって勝利。

 もっかいジョニーで入ってきたけど、もう負けない。

 で・・・そしたら今度、ポチョムキンで来た。

 これは・・・。何という強キャラスキー・・・。
 で、ポチョに負けた。空中戦を多用する私のメイでは、ヘブンリーを狙われやすすぎる。

 残念だが、今の私の実力ではこれが限界である。
 フォースロマキャンのできるタイミングすら知らないし、コンボもほぼ知らない。新仕様についていけてない衰えたプレイヤ私では、立ち回りの駆け引きだけで戦うしか無いのである。

 悲しいかな、ポチョムキンには立ち回りの駆け引きだけでは勝てなかった。

 でも、コンボ覚えるのいまさら面倒。

 楽しかったし200円でずいぶん遊んだので退散。
 綺麗になった自転車を受け取って帰宅したのであった。

 とりあえず、調教してナパームデス当てるのが、美しく決まりすぎて嬉しかった・・・。

 天の神様

 一撃必殺当てるのが気持ちよかったです。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

二月八日

あぶない

 こんな魔法少女ものを考えた。

 魔法少女 まじかる☆リスカ♪

 魔法の国からやってきた、マスコットの「リタりん」と一緒に戦う魔法少女。変身のためには魔法のカッターで自分の腕を切りつける必要がある。
 世界平和のために、戦う相手は、南米の麻薬カルテルや、それと癒着している各国大企業の裏の姿・・・。果ては族議員とつながりつづけ、都合の悪いやつは殺して現場に埋めるような悪徳ゼネコンなどなど、魔法っぽい敵は皆無。

 普通に、将来に夢を持っていた主人公だったが、まじかる☆リスカとして戦ううちに、社会の薄汚い姿を見せ付けられて、次第に病んでいく。

 南米では、「麻薬の利益を享受していたものには等しく裁きの鉄槌をくれてやるりん!」と、息巻くリタりんに後押しされて、麻薬カルテルを壊滅に追いやる。コカイン栽培に従事していた女性や子供なども、容赦なく撲殺。

 「こ、この貧しい国では麻薬に頼らないと生きていけないんだ!恵まれた国に生まれたヤツに何がわかる!帰せよ!俺たちの平和を!町を!みんなを帰せ!」とか叫んで挑みかかってくる少年を、リタりんに後押しされて一撃の下に粉砕。それでも、主人公は戦い続ける。

 魔法少女の血の掟は厳しい。
 1:悪に関わりし者は女子供容赦なく最後の一人まで滅殺せよ。
 2:姿を見られたものは、悪人か否かにかかわらず滅殺せよ。

 そして、さらなる強敵、社会主義者や新興宗教と戦うために、まじかる☆リスカはパワーアップ変身なども行う。まじかる☆エチゾラムを用いた、エチゾラムフォームに変身して戦うが、これは高い戦闘能力と引き換えに、己の精神力を食い物にしていく。

 変身以外でも、リストカットを行うようになった主人公だが、それでも生真面目な性格ゆえに、社会の悪と戦い続ける。

 もうズタズタになって切る場所のない腕に刃を当てて、それでもこの世の悪を叩き潰すまで私は負けない!とか言って、変身するわけである。

 

 最後は日本を闇から牛耳る日蓮宗系の新興宗教と対立して、名誉会長を最終必殺技、まじかる☆オーバードーズで、発狂死させて組織を壊滅に追いやる。

 ハイライトは「こんなときこそ、お題目を唱えて!あの悪魔を追い払うのです!」とかみんなで団結して、アホみたいに題目を唱えてくる信者の首を、まじかる☆リスカがまじかる☆カッターで片っ端から刈り取るシーン。 

 ラストシーンは閉鎖病棟でベッドに固定されている主人公のシーンで終了。

 

 

 絶対ムリだ・・・。危なすぎる。
 不謹慎な上にダークすぎる・・・。

 天の神様

 腕切っても良い事ないんですよね・・・。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

二月六日

コテロリのが汎用性高い

 金のかからないファッションについて思った。

 男の話じゃないぞ。女の子の場合である。
 男の場合は、去年の服も着られるであろう。

 女の子の場合はそんなにヌルくない。まかり間違っても、2007年末から今年頭はバルーンスカートとか着れなかったであろう。一昨年は猫も杓子もバカみたいにバルーンスカートだった。それから、アホみたいにニーソックスも流行っていた。そんな時代である。

 だが、今年はそんなのは消えてしまった。

 巻き髪がアホみたいに流行してみたり、ピンクやパープルのカラータイツが大流行である。

 そんなわけで、女の子の場合、去年の服が着られないというのは、非常に痛いところである。

 

 さて、そんな中、特殊なファッションがある。まあ、いわゆるロリータファッションだな。
 今日、仕事の事情で・・・軽くパンク入ってる鎖つき首輪つけたゴスロリ娘を連れて駅まで歩くという、異常に目立っちゃう事をしたのだが、そこで話していて思ったのだ。

 実は、あまり高くない。

 せいぜいフルセットで数万という感じだ。

 ついでに、うまく選べば着まわせる。

 さらに言えば、ロリータ系は流行り廃りが少ない、ある種の完成されたジャンルである。なので・・・去年のものが、今年着られないという事はまず無い。

 実は、ロリータファッションとかは、かなりコストパフォーマンスが高いのではないかという事に気がついたのである。
 そもそも、市場自体があまり大きくないので、naotoとかでも、大して高くない。ムチャな価格設定をしてこない。

 というわけで、お金がかかって大変そう!とか思いがちな、ロリータファッションだが、実は長いスパンで見た場合、コストパフォーマンスは高い。過去資産の流用が可能である点を考慮しても普通に流行を追い求めるよりも圧倒的に美味しいのである。

 

 ただし、目立っちゃうのだがな。

 そこが乗り切れるなら割とオススメなんじゃないだろうかと思ったりした一日であった。その首輪の鎖を私に持たせるのは危ないからヤメロ・・・と、心から思った二月のまだ寒い日であった。

 天の神様

 ゴスロリってオススメ?

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

二月五日

死ねば良いのに

 実は、一昨日・・・気合を入れてギョーザを作った。

 その数、なんと52個。必死で包んだものだ・・・。で、冷凍して、冷凍ギョーザにしたわけである。

 だが、昨日、体調が極端に優れないので医者に行ったら、「感染性胃腸炎ですね」と、言われたわけである。

 で・・・医者から死の宣告。「え?昨日作ったギョーザがあるって?そりゃヤバいね、捨てたほうが良いよ」

 

 私の52個・・・さようなら。

 冷凍ギョーザを廃棄処分である。汚染されている可能性が高いからな・・・。

 

 そういえば、本場の冷凍ギョーザの方は、肉を蒸す部屋に女性職員が閉じ込められて蒸し殺されたとの事だが・・・かなり怖い状況であるぞ。

 蒸されて、体液とか流れ出るであろう。室温で蒸発して、その女性の体に含まれていた水分も、いくらかは肉を蒸すわけである。怖ぇぇええ。
 そんな事をひた隠しにしていた工場・・・。

 なんだか、だんだんと北京オリンピック失敗という言葉が、あながち冗談にも聞こえなくなってきた。

 民度だとか、そういう問題ではない。

 何が問題かって、農薬とかそういったものを扱うだけの知識が、中国の下層社会には存在していないのに、外国への輸出や大量生産に対応するために、知識がない状態でそういったものを使っているという状態であろう。

 技術ばかりが先行して、人間の中身の近代化が明らかに遅れてしまったわけである。恐ろしい限りだ。

 

 国際社会の大舞台で恥をかけば良いのだ。

 

 ところで今・・・だいぶ調子も良くなってきて、小腹が減ったので残ってたご飯でフィーリングで作ったオニギリが美味かったので紹介したい。

 まずご飯をオニギリ形ににぎる。

 次に、塩コショウをふる。塩は少なめ。

 最後に、パルメザンチーズをちょっと多めにふって、また握る。

 できあがりー!

 

 うまーい!てれれれってれー♪

 天の神様

 ねるねるねるね食いたいです。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

二月五日

死ねば良いのに

 胃腸風邪というのをもらった。苦しい、つらい・・・。

 最近の微妙なこと・・・。

 高橋直純が大好き!っていう子が・・・色々持ってくるのだが・・・。

 政教新聞を持ってきおった。彼女自身は、学会員じゃないのだが、高橋直純が学会員なのである。しかも重度のだ。
 重症性創価症候群である。

 で、政教新聞にキモいキモい記事が書いてあるのだ。

 

 彼が売れなくて、まだまだ苦労していた頃、学会の活動も疎かになっておった。だがそこに、友人がやってきて、毎日どれくらい、勉強(日蓮の)している?的な事を聞かれて、見栄を張って一時間とか言ってしまったのだ。

 そこから、見栄を張った手前、やってみようという事になって、毎日そんなお経(?)の勉強をしていたら、仕事が舞い込んでくるようになった。
 で、創価学会の青年会のグループ長(?)だったかなんだか、そんなうろ覚えな名前の役職について、普及活動にも貢献するようになっていったら、仕事がバンバン増えた。

 やっぱり、つらくても信仰を疎かにすると、全てがダメになっちゃうんですね!

 それから、調子が悪くて仕事が行き詰っていたとき、友達が電話で「題目を送るよ!」とかほざいて、遠く離れた地から題目を暗誦して力を送ってくれて、自分は頑張れた!日蓮上人は凄いんだね!

 みたいな記事が書かれていた。

 死ね。

 全員死ね。

 高橋直純ごと死ね。

 

 そうやって、人気のある人を客寄せパンダにして、政教新聞を何の罪も無い善良なファンに読ませる創価学会。許せない。
 世が世なら、十字軍でも送り込んでいるところであるぞ。

 日蓮宗から破門されてる異端のクサレ金儲け宗教の分際で小生意気である。

 池田犬作とかも気に食わん。

 TVCMとかをやっておるのも気に食わん。

 

 活動が気持ち悪い。

 久本とかも、創価学会であるな。
 何かこう、日本を蝕んでいるように見える。

 創価学会の根絶こそ、今の日本の急務である。

 

 

 天の神様

 政教新聞とか、目が腐りますね。こいつも死ねばいい。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

二月四日

げしゅたっぽ

 なんか、色々ひらめいちゃったので、MTGで辿る、第二次世界大戦〜微妙に戦後。第二段。

 

 歴戦のイタリア兵  クリーチャー  白
 2/2
 あなたのコントロールするクリーチャー数が、対戦相手より少ないとき、歴戦のイタリア兵を手札に戻す。
 あなたのライフが対戦相手のライフより少ないとき、歴戦のイタリア兵を手札に戻す。
 歴戦のイタリア兵はパワーが2以上のクリーチャーをブロックすることができない。
 スペルや能力のターゲットになったとき、歴戦のイタリア兵を手札に戻す。

 〜戦争で生き延びるコツ?やられる前に逃げることさ〜

 

 イタリアの盟主ムッソリーニ 伝説のクリーチャー 白白
 3/6
 あなたのライフが対戦相手より少ない場合、対戦相手はイタリアの盟主ムッソリーニのコントロールを得る。

 〜あいつだけは信じるな!〜

 

 日独伊三国同盟 エンチャント 白黒青
 あなたが青・黒・白のクリーチャーをコントロールしている限り、あなたのライフは1より小さくならない。

 〜誰か一人が裏切れば・・・あとは早いもんさ〜

 

 輝くハーケンクロイツ エンチャント(場) 黒黒
 全ての黒のクリーチャーは+2/+2の修正を受ける。
 あなたのアップキープに、クリーチャーを一体生贄に捧げる。そうしないならば、輝くハーケンクロイツを埋葬する。

 〜栄光の裏にはいつも犠牲がある〜

 

 ゲシュタポの成果 インスタント 黒黒黒黒
 あなたのコントロール下で場に、ユダヤ人トークンを4個配置する。これらは0/1の白のクリーチャーである。

 〜人体実験の役には立つ〜

 

 南京大虐殺 インスタント 赤赤赤赤
 対象の対戦相手に戦後賠償カウンターを5個配置する。
 対戦相手は、アップキープ時に5マナを払ってカウンターをひとつ取り除くか、5ダメージを受けるかを選ぶ。
 この効果はトークンが0個になるまで続く。

 〜あったか、無かったかは問題ではない。とりあえず金をよこせ〜

 

 対ソ宣戦布告 インスタント 緑緑緑緑
 あなたのコントロールするクリーチャーは全て、ターン終了時まで+4/+0の修正を受け、ターン終了時に次のアップキープまでの間-0/-4の修正を受ける。

 〜その判断が命取り・・・ってね〜

 

 ABCD包囲網 インスタント 青青青青
 対戦相手を指定し、その対戦相手の手札から一枚をランダムに選び取る。
 次の対戦相手のターンまで、対戦相手はその一枚の手札以外を使うことができない。

 〜資源さえなければ何もできんさ〜

  

 ノルマンディ上陸作戦 インスタント 白白白白
 ストーム
 あなたのコントロール下で場に、プライベートトークンを3個配置する。これらは1/1で速攻を持つクリーチャーである。
 あなたのターン終了時、プライベートトークン全てを生贄に捧げる。

 〜殺される速度より早く、より多くの兵士を上陸させればいいのさ〜

 

 世界恐慌 エンチャント(場) 黒黒
 全ての呪文は、プレイするために1の追加コストが必要となる。

 〜株なんてやるんじゃなかった〜

 

 百人斬り インスタント 黒黒黒黒X
 対戦相手のコントロールするクリーチャーのうち、タフネスがX点以下のものを全て破壊する。これらは再生できない。

 〜ムリだって?いいのさ、あった事にしてしまえば〜

 

 戦艦大和 伝説のアーティファクトクリーチャー 7
 8/8
 戦艦大和は、プレイヤーに対してダメージを与えることができない。
 T:対象のタフネス6以上のクリーチャーに7点のダメージを与える。

 〜あのデカい砲じゃ戦闘機は狙えないんだ。だからといって、本土まで届くわけでもないんだ〜

 

 航空母艦レキシントン 伝説のアーティファクトクリーチャー 5
 1/5
 3T:戦闘機トークンを三つ、場にだす。これらのトークンは1/1で飛行・速攻を持つアーティファクトクリーチャーである。あなたのターン終了時に、戦闘機トークンを全て生贄に捧げる。

 〜戦艦の時代は終わったのだよ〜

 

 人間爆弾桜花 クリーチャー 赤
 3/1 速攻 飛行
 あなたのターン終了時に、人間爆弾桜花がタップ状態になっているならば、人間爆弾桜花を埋葬する。

 〜使い捨て・・・それでいいんだ〜

 

 伏龍特攻隊 クリーチャー 青
 0/1
 島をコントロールしている状態でない限り、あなたはこの呪文をプレイできない。
 伏龍特攻隊を生贄に捧げる:対象のクリーチャー一体を破壊する。これらは再生できない。

 〜ずっと潜っていればいい〜

 

 スターリン主義・大粛清 インスタント 赤赤2
 全てのタフネスが3以上のクリーチャーに10点のダメージを与える。

 〜社会主義の建設が進めば進むほど、帝国主義に援助された"内部の敵"の反抗も激烈になる〜

 

 ヒゲの暴君ヨシフ・スターリン 伝説のクリーチャー 赤赤赤赤赤
 20/20

 あなたのコントロールする全てのクリーチャーのパワーとタフネスは2/2になる。
 赤赤赤:場の全てのクリーチャーのパワーとタフネスはターン終了時まで2/2になる。

 〜あの男には気をつけろ・・・ヤツは共産主義を誤解している〜

 

 共産党の盟主毛沢東 伝説のクリーチャー 赤2
 1/3
 共産党の盟主毛沢東が場に出ているとき、総マナコストが4以上の魔法はプレイすることができない。
 赤のクリーチャーは全て0/+1の修正を受ける。
 T:対象のクリーチャーの色を、ターン終了時まで赤に変える。

 〜全ての知識階級、支配階級を糾弾し、自己批判させよ〜

 

 国民党の盟主蒋介石 伝説のクリーチャー 青3
 3/3
 T:対象のアカの呪文一つを打ち消す。
 青青T:対象のアカのパーマネント一つを手札に戻す。
 青青青1T:対戦相手の手札からランダムに一枚カードを選ぶ。そのカードがアカマナを含む魔法だった場合、ライブラリーを探して、それと同名のカードを全て選び出し、それらを全てゲームから取り除く。
 国民党の盟主蒋介石が赤のクリーチャーにブロックされたとき、もしくはアカのクリーチャーをブロックしたときには+3/+3の修正をターン終了時まで得る。

 〜アカどもは人間のクズだ。努力もせずにただただ公平を訴えるやつらなど殺してしまえ〜

 

 

 

 こんな感じで同だろう。

 ちなみに、必殺と言えるコンボとして、ヒゲの暴君ヨシフ・スターリンを出してから、起動型能力で、全てを2/2に変えて、共産党の盟主毛沢東で赤クリーチャーだけをタフネスをパンプアップして、一気に叩くという手がある。ただし、相手も赤だと通用しない。

 蒋介石を貼っている状態だと、毛沢東はまず召還不能。
 毛沢東が出ていると、蒋介石はそもそもプレイ不能。

 独ソ開戦は使い方次第ではフィニッシャーとなりうるが、失敗時は目も当てられない。

 また、ヒゲの暴君ヨシフ・スターリンを張ってから、スターリン主義・大粛清で相手のクリーチャーを一掃することも可能。

 

 

 ノルマンディ上陸作戦は、ストームを稼いでから使うと脅威のフィニッシャーへと変貌する。また、ゲシュタポの成果で出してユダヤトークンを生贄にしつつ、輝くハーケンクロイツを維持しても良い。

 また、蒋介石は相手のターンエンドに、アカパーマネントを手札に戻させて、自分のターンで、青青青1Tで、永久除去を狙う脅威のコンボが可能。決まればロック可能。

 赤デッキにとっては、出た瞬間に投了もののクリーチャー。

 

 なんだか、書いてて愉快になってきた・・・。

 

 天の神様

 蒋介石つよー。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

二月三日

キバかっけーよ

 ROのアニバーサリーパッケージが、DL版で再販である。

 なのに、10000円とかするのだ。アホか。

 私は常々信じておった。
 あのアニバーサリーパッケージの値段というのは、ハナクソみたいなDVDやら、ゴミみたいなクライアントやら、カスみたいなデスクトップアクセサリとかを、プレスしたり梱包したり、印刷したりする値段であって、アイテムはオマケなのだと。

 

 だが、このDL版が10000円するというのは、ついているアイテムの値段がメインであると、暗に認めたのに等しい。

 そもそも、DL版は、原価500円もかからんであろう。流通も通さないし・・・。

 なのに、10000円。アイテム5個で10000円。つまるところ、一つ2000円なワケだ。

 ROは最早、アイテム課金ゲーというわけだ。
 公式に認めてしまったようなものである。

 まあ・・・ガンホーなりにアイテム相場に配慮したという、好意的な見方もできなくもないがな。

 しかしこれ、多分どれくらいの人が買うかというと・・・10人に1人くらいであろう。だいたい、私の身の回りの人でカウントするとそんなもんであった。
 値段1/4にしたら、かなりの人が買うのではないだろうか。

 一個500円計算で、セットで2500円で販売。
 これなら二人に一人くらいは買いそうなものである。

 その方が儲かると思うのだ・・・が、ガンホーの上手いところはココらへんの値段設定である。アイテムをある程度高価に保つ事によって、高レベルプレイヤの優越感を守ってあげておるわけである。そうでもしないと、今のROは立ち行かなくなる。

 

 そもそも、本国ではもう死にかけのMMORPGを運営していくためには、いつ潰れてもいいだけの稼ぎを出しておく必要があるであろう。とにかく、稼げるだけ稼いで逃げ切らなければならない。

 そのために頑張っておるのだろう。

 

 RO2もコケちゃったし、最後の砦である。

 ただ、私はROは好きである。
 ゆったり、まったり・・・心が疲れたときに、単純作業で安定させる働きがある。

 心の安定を取り戻すのに向くゲームだ。

 ネトゲセラピーとか、そんな新しいものを作って、生き延びるというのはどうだろう・・・RO。

 天の神様

 キバおもしろかったです!

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

二月二日

節分が・・・

 明日の予定
 6:00 起床

 6:10 風呂

 6:15 PC起動

 6:20 お湯沸かしながらホットケーキ作成開始

 6:30 ニコ動見ながらホットケーキをメイプルシロップをたっぷり・・・ウマー。

 6:40 皿洗い

 6:50 ニュースサイト確認

 8:00 仮面ライダー

 8:30 FEZ起動

 9:30 礼拝の準備。 

 10:00 礼拝

 10:40 礼拝終了

 11:00 再びFEZ起動

 12:50 うどんを茹でて食べる。

 13:00〜 未定

 

 さて・・・自転車を修理に持って行った。
 ブレーキから異音がすると思ったら、ブレーキパッドのゴムが完全になくなっていた。
 ついでに、後輪のシャフトのベアリングが限界らしく、たまにギアが空転してくれなくて危ないので、シャフトごと変えようと思って、シマノの車輪をフロント、リアともに発注。

 一年毎日乗ってると、さすがにガタがくる。ここらでオーバーホールだ。

 

 さて・・・色々なものをマジック・ザ・ギャザリングで表現する会!

 

 というわけで、マジック・ザ・ギャザリングで表現する第二次世界大戦。

 

 マジノ線 クリーチャー(壁) 5
 5/5
 マジノ線に与えられる4点以下のダメージは、全て0に軽減される。

 

 中立国 エンチャント(場) 白白2
 あなたの次のドローステップを飛ばす:このターン、あなたのクリーチャーはブロックされない。

 〜防衛線が怖いなら、中立国経由でいけばいいさ〜

 

 電撃戦 インスタント 青4
 このターン、対戦相手は一切の起動方能力を発動することができない。

 

 ドーラ砲 アーティファクト 4
 ドーラ砲はカウンターが7個乗った状態で場に出る。
 ドーラ砲のカウンターが0個になったとき、対戦相手に21点のダメージを与え、再びカウンターを七個乗せる。
 6・T:カウンターを一つ取り除く。

 

 ゲシュタポ クリーチャー 黒黒
 2/2
 プロテクション白 先制攻撃

 

 絶滅収容所 土地
 絶滅収容所はガスカウンターが二個乗った状態で場に出る。
 黒黒黒黒黒1T:ガスカウンターを一つ乗せる。
 T:あなたのマナプールに1マナ加える。
 T カウンターを一つ取り除く:対象のクリーチャーを埋葬する。
 T カウンターを二つ取り除く:対象のクリーチャーをゲームから取り除く。
 T カウンターを三つ取り除く 絶滅収容所を生贄に捧げる:場に出ている指定した種族のクリーチャー全てをゲームから取り除く。

 

 塹壕足 ソーサリー 黒青
 このターン全てのクリーチャーは-1/-0の修正を受ける。

 〜痛いのも、怖いのも、苦しいのも我慢してやる。だが、痒いのだけは御免だ!〜

 

 傀儡の国家ヴィシーフランス 伝説のクリーチャー 青1
 3/3
 傀儡の国家ヴィシーフランスは、あなたのアップキープに、あなたに1点のダメージを与える。

 

 不屈の将軍ド・ゴール 伝説のクリーチャー 白
 5/5 待機4
 〜今は再起のために逃げるんだ〜

 

 芸術家をあきらめた指導者ヒトラー 伝説のクリーチャー 黒黒黒
 3/2 駿足 速攻 刹那
 芸術家をあきらめた指導者ヒトラーが場に出たとき、あなたのコントロールする全てのクリーチャーは+1/-1の修正を受ける。
 2:芸術家をあきらめた指導者ヒトラーをあなたの手札に戻す。

 

 日いずる帝国の皇帝124代天皇 伝説のクリーチャー 白白白
 1/8
 あなたのコントロールする全てのクリーチャーは以下の能力を持つ:「このクリーチャを生贄に捧げる:対象のクリーチャー一体にX点のダメージを与える。Xはこのクリーチャーのタフネスの値である。」

 

 冬将軍 エンチャント(場) 緑緑1
 待機3

 全てのクリーチャーは、そのコントローラーの手札の枚数より、タフネスが大きい限りはアタックにもブロックにも参加できない。

 〜寒い、とにかく寒いんだ。まずは厚着をしないと〜

 

 原子爆弾 ソーサリー 白赤赤3
 場にいる全てのクリーチャーに5点のダメージを与え、全ての土地の上に汚染カウンターを置く。
 全てのプレイヤは、アップキープ時に汚染カウンターの数だけダメージを受ける。

 

 関東軍 クリーチャー 白白
 3/1
 関東軍はアタックに参加できる限り、必ずアタックに参加する。

 

 国共合作 インスタント 赤緑白
 このターン、あなたのコントロールするクリーチャは全て、そのパワーとタフネスを比べ、パワーとタフネスはその大きいほうの数値になる。

 

 満州某重大事件 ソーサリー 黒白
 あなたのクリーチャー一体と、対戦相手のクリーチャー一体を破壊する。

 

 

 こんな感じで・・・。

 で、エキスパンションで、冷戦とか出るんだ。

 アーティファクトでマナ供給をして、原爆につないで、汚染ダメージでフィニッシュを狙うデッキとか・・・。

 

 

 天の神様

 国共合作です!

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

一月三十一日

睡眠相後退病って大変そう

 さて・・・中国ギョーザである。

 あれは、確かに中国が最悪である。だが、一つ思うのは、日本のチェック体制の甘さである。
 そもそも、あんなものが税関を突破して国内に入ってきておる上に、輸入している会社も品質に関してチェックをしていないという事であろう。

 いくらなんでもザルすぎて笑うしかない。

 中国から入ってくる食べ物は、これから厳しく見張る必要があるであろう。

 

 さて・・・そろそろ年度末。大学四年生とかは就職活動本番という時期であろう。

 で、人気なのが金融とか、証券とかである。アホくさ。

 給料に釣られて入っていく連中が多いわけである。
 まあ、確かにそういった安定志向は大事だと思うのだがな・・・。猫も杓子も、安定を求めて大企業。給与を求めて銀行。何だか、面白くないというか何というか・・・。特にやりたい事とか無いから、給料で選んだというヤツが多いわけである。

 ちなみに、金融、証券、保険あたりの会社は、大量採用大量脱落が常である。

 マジで・・・死ぬ。

 12時に帰れればステキ。

 終電に間に合ったらハッピー。

 そして、他人の金儲けの片棒を担ぎ続ける毎日。

 

 まあ、人によるのだが、そういうのが向いている人もいるし、いない人もいる。
 向いている人は稀有だ。

 

 私の友人にも、そういった仕事の連中がおるのだが、本気で大変そうである。

 

 そこで!私が、楽しく人生を送るために幾つかの言葉を送りたいと思う。

「仕事は妥協しろ。趣味は妥協するな」

 コレ。仕事は妥協しなさい。趣味を妥協するようになったら人生おしまいだ。

「会社に尽くすんじゃなくて、会社を自分に尽くさせろ」

 会社から金をもらうのは当然の権利。尽くすのではなく、尽くさせろ。そのためには尽くすフリも有り。

 まあ、とりあえず・・・仕事はムリのないものを選ぶのが一番である。

 私は、とてもムリなく上手くいってるので満足だったりする。

 天の神様

 豊橋ステキ。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

一月三十日

革命が聞いてあきれる

 毒入りギョーザ。

 オリンピックは本当にできるのでしょうか。
 私はそれが不安でなりません。

 中国四千年の歴史の重みを感じさせる暴虐である。

 まあ、私は普段から、中国産のものを食べないようにしておるので、大丈夫だが、いくらなんでも安い代わりに命を御代にもらわれたら割に合わないわけである。

 そもそも、中国人自体が信用できない。
 御茶ノ水駅で、警察官を二人がかりで線路に叩き落すような凶悪事件も発生しておるし、中国という国が嫌いになってしまいそうである。

 全部が全部、そういうワケではないのだろうが、こうも事件が続くと、中国人=悪人に思えてくる。

 

 オリンピックを本当にできるのだろうか。

 

 とりあえず、下痢とかが多発する各国選手団。

 処方された治療薬を飲んで即死。

 バスがスタジアムに行くまで渋滞で進まず棄権扱い。

 マラソン中に中国人が襲撃。

 マラソン中に、大気汚染が酷くて中止命令。

 マラソン中に、給水で吐き気下痢、めまいなど多発。

 走り幅跳びの砂から、重金属が多数検出。

 水泳のプールのPHが異常。

 棒高跳び、着地マット内に棒状の金属片。選手を貫通。

 棒高跳び、棒が折れて選手重態。

 10000m走、スタジアムの週回数をカウントミス。やりなおし。

 100m走世界記録樹立、試合後の検査でトラックが90mしかない事が発覚。

 試合観戦中、観客席で大規模崩落事故。

 台湾の国名とかにイヤガラセ。

 試合会場で、なぜか南京大虐殺を糾弾するビラ配り。

 ドーピング検査用の回収済み尿が多数紛失。複数選手のものが混入も。

 

 

 きっとドレかはありそう。

 まあ、とりあえずオリンピック頑張ってもらいたい。
 中華人民共和国の化けの皮がはがれる最後のイベントかもしれぬからな。

 

 天の神様

 毛沢東とか・・・泣いてますよね。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

一月二十九日

セクトとかインターとか

 偉い人と、二人で飲みに行った・・・。

 途中で、チェ・ゲバラの話をしていたのだが・・・そんな中で問われたセリフ。

 「インターナショナルっていう言葉から、何を最初に想像する?」

 

 難しい言葉である。
 直訳すれば国際だが、どう答えよう。

 とりあえず、私は一番ネタっぽい回答で回避しようと思った。

 「第一インターナショナルとかですかね・・・」

 

 その回答が間違いだった・・・。
 どうやら、その回答が満足だったらしい。

 そして始まる衝撃の告白。

 

 大聖堂の一番偉い人はなー・・・元々、とある大学で全学連の執行委員長をやっていてなぁ・・・。

 という衝撃の告白である。

 

 トップが左派の団体だったのかよココ!

 その話をしている人も、昔は自分も仲間と一緒によくインターを歌ったりしたもんだぁ・・・ハンストしてみたりとか・・・みたいな話をするのである。

 チェ・ゲバラの話で盛り上がっちゃった上に、第一インターナショナルとか言っちゃった私は、彼から見ると、仲間に見えたのかもしれない。次々と、色々な当時の話とか、学生自治やらの話をしはじめるのである。

 そんな話を聞きつつ・・・私の脳内では言葉が変換されていく。

 学生自治(笑)
 セクト(笑)
 ハンストを頑張った自分にインター歌ってご褒美(笑)

 

 申し訳ないが、私はネトウヨだ。
 ついでに言うと、右脳入力右脳出力型の人間だ。(関係ないな・・・)

 

 話は、安田講堂の話とか、インターとかセクトとかの話に広がっていく。
 明治大学は今じゃぁ綺麗になっちゃって、立て看板とかできなくなっちゃったけどなぁ・・・みたいな話とか。

 そんな衝撃の時間であった。

 

 関係ないけど、どんどん頼んで、ぜんぜん飲まない食べないは勘弁してけろ。

 私、一人でボトル7割以上いっちゃった・・・。

 天の神様

 インターナショナル(笑)

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

一月二十七日

くやしい・・・でも

 仮面ライダーキバの必殺技が正統派のライダーキックだったのに感動した。

 あと、BGMがいちいち格好良い。
 ついでに、一話目からヴァンパイアハンターっぽい女が出てきて、そいつを助けてあげたのに、最後にそいつに銃で撃たれてみたりとか・・・吸血鬼という人間とは相容れない存在のヒーローとしての葛藤みたいのが描かれそうで期待大。

 

 それはそうと、韓国放浪記 二日目

 二日目・・・オンドル部屋に布団ひいて寝てるんで、死ぬほど暑い。暑くて目が覚めた。

 さやさやが、なかなか起きない。

 顔に塗れたタオルを乗せるイタズラとかを考えたけど止めておく。
 顔に酒でビタビタに塗れたタオルを乗せるパワーアップ版も考えたがやめておく。

 その後、みんな起きて準備完了。
 今日は観光地に行くのである。

 とりあえず、ヒェミとともにホテルの近くで朝食。
 韓国のギョーザみたいなヤツと・・・ウドンとタン麺のキマイラみたいなものを食べた。美味い。が、異常ボリューム。多すぎ。
 そして、朝からキムチ。

 これも美味い。

 朝からキムチを食べるのは、我々日本人には何かこう・・・ゾクゾク来るような背徳感を与えてくれる。
 朝からキムチ食べちゃってるよぉ、朝から臭くなっちゃってるよぉ・・・。

 そんな背徳感。

 その後、まずは仁寺洞という町へ。
 割と由緒正しい町らしく、お土産物屋も多い。こりゃぁ良い。

 我々は、ここで買い物を楽しみつつ・・・喫茶店へ。

 そこで私が頼んだお茶が、棗霊芝茶である。
 店員が苦いですよ?と忠告したが、ケンチャナヨである。気にしない。

 で・・・出てきたものを見て愕然。
 お茶というのは、一般的な意見としてだが固形物を含まない場合が殆どである。つまり、ある種の植物を乾燥させたものに熱湯を注いで成分を抽出して、漉して出すわけである。

 が・・・私が見たお茶は違った。

 その中に浮かぶ大量の棗の破片。
 どんだけ切り刻んで入れたんだ・・・っていうくらいの物体が、赤褐色のドス黒い液体に大量に浮かんでいる。

 これは!?

 全員の中で一番の地雷臭がするものを頼んだかもしれない!?

 そう思いつつ、付属のサジで一口すする。

 

 こ、これは!

 口の中いっぱいに広がる甘苦さ・・・。
 ある種、漢方薬ちっくな臭いである。何か苦さと臭いをごまかすためにつけた甘さのようなものが、じんわりと口の中に広がり、芳醇な棗?とかその他諸々の苦い臭いが鼻に抜けていき、甘さが引いた後、最後には口の中がザラつくような渋さが残る。

 これは・・・美味い!

 一口飲んで・・・「うっ!」となって・・・恐る恐る「も、もう一口・・・うほぁっ!」・・・・・・あ、あんがいイケるんじゃ・・・「ずる・・・ゴクゴクゴク・・・モゴモゴモゴ(棗とか霊芝を噛んでる)ごく・・・ゴキュゴキュゴキュッ」

 という感じになる。

 味と臭いが、そういうものだと解って、覚悟ができてくると、一つ一つの香りや苦味を味わう心の余裕が生まれてくる。

 なんとも言えない、甘さと苦さのハーモニー!

 いや、ホント美味しいんだ。さやさやとかゲロマズみたいな事を言っておったが、また飲みたい味である。
 まあ、私のように違いの解る人だけが飲めば良かろう。ありゃ美味い。ま、負け惜しみじゃなくて美味い。

 さやさやの菊茶なんて、味がぜんぜんせんのだぞ。あれこそハズレだ。

 最後に、次の目的地に向かう途中に・・・路上の焼き栗販売から栗を買おうとした。
 前の客が2000Wで買ってるのに、なんでそこで5000W要求するかな。この恥知らずなババアが。

 まあ、誠実な商売というものを知らない低俗な民族に施す気持ちも必要であろうということで、このボッタ栗屋には5000Wをるぅりんが支払ったワケだが・・・。

 

 さて、その後・・・なんかどっか城に行ったのだが、そこの作りが凄い勢いで、BLEACHの瀞霊廷なのである。ちょっと感動。塀の続く城を歩き、角を曲がれば斑目一角でも出てくるんじゃないか!って趣である。

 出てこないけど。

 で、その後に博物館に行った。

 キムチの歴史とか書いてあった。
 唐辛子の伝来経路については、まったく完全にスルーしていた。

 「最初はキムチは唐辛子は無かったので塩漬けや酢漬けだったのだが○世紀頃に唐辛子が伝来してからは、唐辛子を用いるようになり〜」みたいな説明であった。どこの国から伝来したのかな?

 その後、韓国の渋谷・・・明洞へと向かう。

 

 渋谷じゃねぇよココ・・・。渋谷には露店はこんなに無い。
 確かにファッションとか文化の中心地っぽい雰囲気ではあるが・・・。

 あと、大手の銀行の前で、新入社員のオリエンテーションの一環として、みんなで踊りながら歌ってるのは意味が解らない。
 そんな研修イヤである。

 で、その後・・・ヒェミがここに入ろうと言ったのが、チムタクという鶏肉料理のお店。

 このチムタク、鶏肉を韓国でもっとも辛い唐辛子とともに、醤油や野菜、それからマロニーみたいのと一緒に炒め煮した料理である。

 味はとても美味いのだが、すんごい辛いうえに、すんごくニンニク臭い。そして、全員分大皿で出てくるのだが、ボリュームが異常。美味いのだがな・・・。

 

 で、この超からくて、ニンニクが強烈で、量がやたら多いこの料理。

 韓国で若い女性に大人気!

 店に入ったときも、客の9割が若い女性である。

 

 意 味 が 解 ら な い 。

 

 頭おかしいんじゃないのか?
 日本では絶対に考えられぬであろう。ペペロンチーノのガーリックでさえ回避する。ラーメンのニンニクでさえ回避する。

「私辛いの苦手なのぉ〜」

 とか、可愛いフリしてるアバズレどもが殆どだ。

 たまに「辛いのが超好き」というのを前面に出している娘もおるが、日本では女の子は基本的には「辛いの苦手なの〜」的なスタンスを可愛さ演出のためのツールとして利用している。

 韓国では・・・そんなものは通用せぬという事か。

 これじゃぁ、スイーツ(笑)じゃなくて、ホット(笑)である。

 

 でもこれ、本気で辛い。
 当然出てくるキムチを食べたとき、甘さと旨さしか感じなかった。あれは恐ろしい体験であった。

 辛いのに美味い、辛いのに食べてしまう。

 「辛いのに・・・でも、食べちゃう!・・・くやしいっ!」

 

 さて、その後、明洞の町を渡り歩きつつメガネ屋へ。
 で、メガネを衝動買。

 帰国してからもかけておるが、大好評の伊達眼鏡である。

 で、眼鏡を発注して、出来上がるまでの間、近くの百貨店に行ってお買い物。
 その後、戻ってきてメガネ受け取りである。

 で・・・いったんホテルに戻ってから、夜はカムジャッタンである。
 あれ美味いんだよなぁ・・・と、昔味わったのを思い出す。

 そういえば確か、ジャガイモと豚肉の鍋料理なのだが、某新聞に2000年前から続く伝統料理として紹介されておったのも、このカムジャッタンである。
 ジャガイモ涙目。

 
 で、聖水駅というところに行きたいのだが・・・ヒェミのヤツがタクシーに場所を伝えて、私とるぅりんと、その友人は乗り込んだ・・・が!しかし!
 運転手は今ひとつ場所が解っていない模様。ヒェミに聞き返し、ヒェミも説明するがどうにも要領を得ない様子。最後にヒェミは「ケンチャナヨ」と言って、ドアを閉めた。

 おい・・・。ケンチャナヨって言って閉めたろ・・・ケンチャナヨって。

 本当に聖水につけるのだろうか!

 

 で、聖水駅付近で運転手に「よくわからんけど、ここらへんだろ」って降ろされた。

 近くに駅は見えない。

 や ら れ た 。

 まあ、ヒェミと電話して、何とか合流できたのだがな。怖い怖い。
 ここで、ラグフェス主催の前川さんご一行と合流である。

 なんか、ラグナロク関係に縁があるものだ。お互いに、名前だけは知ってたので、自己紹介も手間が省けた。

 そして、カムジャッタン屋へ。
 美味い。唸るほど美味い。

 辛いのに・・・けど食べちゃう・・・くやしいっ!

 

 ここは、キムチが二種類出て素敵である。ダイコンキムチも美味しかった。嗚呼、美味すぎる。

 

 その後、二次会へ・・・ここが凄かった。
 何料理屋なのかわからない店。入り口には和服を着た人の絵があって「すし」とか書いてあるし、チャイナ服の絵もあるし・・・わからない。

 で、最初に出てきたスープが凄かった。

 

 まあ、お吸い物だな。ムール貝のな

 しかも、そこに刻んだ唐辛子が、ちょうど日本で言うと、ネギみたいな感じでパラリと乗っている。

 飲むと・・・ムール貝の濃厚な旨みのスープと、最後にピリっと効いてくる辛さがあって。

 偽和食なのに!・・・でも、飲んじゃう・・・くやしい!

 その後、チョッパルとかも食べる。
 きっと厨房では今頃「チョッパリどもがチョッパル食ってやがるぜ!ヒャハハハハ!」とか笑ってるに違いない。とか、被害妄想を繰り広げつつ食べた。ここで、前川さんから面白い情報を聞く。

 「完璧な偽物あるよー」とか言って、客引きしている偽ブランド屋があるそうだ・・・。

 

 その話を聞いた後、東大門に戻り、みんなでブラブラ散歩。
 そこで入った日本で言うところに109的なファッション系のショップだらけのビルに・・・。

 その中で衝撃の言葉が!

 

 「完璧な偽物アルヨー」

 

 来た!本当に来た。

 完璧な偽者。

 パーフェクトなイミテーションなのか、それとも完璧にどこから見ても偽者なのか。文法的に際どいところである。

 色々偽ブランドが並んでいる。

 何が問題って、普通のビルなのだぞ。109的なビルなのだ。そのショップが偽ブランドだらけ。
 これが、これが・・・韓国の底力か!と、恐れおののいたものである。

 でまぁ、夜の屋台とかを冷やかしつつ、街を観光。

 なんか土下座の姿勢のまま、帽子を両手に持って金をください!ってやってる物乞いがおったのだ。
 るぅりんも、さやさやもスルーである。

 心の優しい私はそこに、100Wを投げ入れてやった。何という優しさ!

 が!!!!微動だにしない物乞い。

 

 何という興ざめであろうか。
 感謝の言葉を述べるとか、お経を唱えるとか、その場で辻占をしてくれるとか、そんな事があっても良いではないか。何か言え。せめて動け。私が金を入れてやったのだから、感謝くらいしろ。

 まったくもって、面白くない。

 面白い反応を期待しておったのだが・・・。

 

 で、ホテルに戻って力尽きるように就寝。

 この日一日、特徴的だったのは何かというと・・・朝から一度も「空腹」という感覚に出会っていない。

 朝からヘビィなうどん。その後、クリとか食いつつ、チムタクを大量に、そしてカムジャッタン食ってから二次会でチョッパルとか、その他諸々。空腹になどなろうはずもない。

 何はともあれ激動の二日目であった。

 天の神様

 美味かったです。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

一月二十六日

眠すぎる

 起きられない気がするから、礼拝はお休みである。

 

 録画してもらっておいた仮面ライダー電王の最終回を見た。
 感動である。感動過ぎる。

 ある一点を非常に私は高く評価している。

 何って、ラストバトルの二人のライダーの変身フォームである。

 てっきり、ライナーフォームかクライマックスフォームで戦うのかと思ってたら・・・普通のノーマル電王withイマジンと、ノーマルのゼロノスである。
 しかも、あんなゲストまで!

 感動的すぎてびっくりであった。

 ラストに、もっとも基本的なフォームでの戦闘を持ってくるという当たりに、ある種の美学を感じた。

 

 なんかもう、最後の方のシーンとか、泣きそうになった。
 何とも言えないストーリーであった。全てがつながる美しい話だ。

 普通に、一つの特撮モノとしての側面以外に、タイムトラベルという非常に使い古されたテーマを上手に利用した作品であったと思う。あれだけ出来が良いと、次のキバには相当のプレッシャーがかかるのではないだろうか。

 ただ、キバはヴァンパイアハンター的なライダーなようなので、今までとは違う展開に期待したい。

 たとえば・・・主人公が吸血鬼なので、ライバル的な仲間としてヴァチカンから派遣された仮面ライダーとかいたら萌えそう。

 

 せっかく、ハーフヴァンパイアの主人公なので、輸血用血液を飲んで必死に吸血衝動を我慢してみたりとか、倒した敵の血を吸おうとして我に還ってギリギリでこらえて、悩んでみたりとか、恋人とか大切な人が死んでしまって、その人の血を吸って第二段階変身を解禁とか。

 

 

 どっかで聞いたような吸血鬼物語になってくれると萌えるのだが。

 天の神様

 まさか白が来るなんて!

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

一月二十四日

一日目

 そ、そんなバカな・・・。

 午前4時まで労働して・・・しかも今日も普通に仕事だなんて・・・。うう・・・。

 二時間半しか寝ていないぞぉ。

 とりあえず今から出かけてくるよ・・・うっ。
 別に金儲けの片棒担いでるわけじゃないから、気分的には悪くないんがな。

 天の神様

 ルーレットって怖いですね。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

一月二十四日

一日目

 韓国放浪記 一日目 「あなたはアジアのパピヨン 〜マラミン タマラン あにょはせおー!〜」

(あんまり写真を使いません。っていうか殆ど使いません。よろづの言の葉で表現いたします。写真はさやさやので見たらええねん。ケンチャナヨー!)

 

 一日目。セントレアを飛び立つ飛行機・・・。
 実は職場から「至急連絡ください!」っていうメールが届いていることが、テイクオフの時に電源切ろうとしたら解ったのだが・・・あいにく私はオフの時は、仕事は完全無視な優雅な人なのでそんなメールは見なかった事にした。

 ワーカホリックな日本人どもとは違うのだよ。

 別に、たいした用件ではなかったのだがな。

 まあ、それはそうと飛行機に乗ってドリンクサービスだが・・・なぜか赤だし味噌汁があるのだ
 これが中部国際空港セントレアの実力であろうか。このような行為は、中部地方の人=味噌みたいな誤解を招くのでやめていただきたい次第である。

 で、とりあえず赤だしはスルーして、ビールをいただく。
 ビールは缶ごとくれるのに、コーラはコップでくれるのが謎である。

 また、ここでアサヒとエビスが選べるのだが、値段で選んでエビスを選ぶ人間になったら人間おしまいである。
 アサヒであろうアサヒ。あの飲みやすさが好きだ。エビスとかクドい。まあ、私は聖職者だからお酒は飲まぬのだがな。

 まあ、そうこうしておるうちに、韓国が近づいてくるので入国書類とか書いておった。
 職業のところとか迷うであろう?自分の職業って何なの!?って。特に普通の会社員の人。サラリーマンって英語は無いしのう。私の場合は悩む必要がまったく無くて、中学一年生でも知ってる英単語で楽に片付くので問題ないのだがな。

 職業なんだろう?って勘ぐらないように。

 そしてインチョン着。
 ここで、るぅりんと合流するわけである・・・。そのためにJALabcの携帯を借りたのだ・・・が、出ない。出ろよボケナス。
 電源が入っていないとか、何様であるか。「レイホウさま」って書いた紙を持って出口に立ってるのがマナーであろうとか思ってたら、見つけて合流。

 空港からすでに臭い。キムチをゴマ油で炒めた匂いが充満しておる。この国には換気扇が無いのだろうか。そもそも国全体が臭いので、換気してもムダなのだろうか。
 臭くてもケンチャナヨー!

 その後、空港から電車でソウルに行こうと思ったら、曲りなりにも国際空港のはずなのに・・・なんでソウル行きが一時間に一本なんだ。

 仕方ないのでバスで行くことに・・・。
 で、バスで高速道路を走っていて思うのだが、仮にも国の玄関口であるインチョン空港。なんでこんなに周辺にハゲ山とかが多いのだろう。風景的にどうよ?みたいのが続く。

 農村とか・・・そこの何割が日本からの盗難車だろう?とか思っちゃう中古車屋っぽいところとか・・・。

 見方が偏ってるかもしれないがケンチャナヨー。

 バスの中ではよくわからないが、TV番組で専門学生(?)が作ったアニメーション大会みたいのが映ってた。
 センスが異常だった。

 動画も異常だった。優勝作品以外は、ニコニコ動画のミクPVとかの作者のが一億万倍良い仕事してるわ!ってくらいのレベルであった。
 あと意味わからないアニメとかも多くてな・・・。

 刀鍛冶が刀を作っておったら、なんか日本風のチョンマゲとニンジャが出てきて、嫁に腹パンかましげ、ゲホッ!ってなって、対抗して戦ったり殺されたり、最後やっぱ殺されちゃうバッドエンドな謎アニメとか・・・。

 とりあえず、どういうセンスか解らなかった。

 

 ソウル市内に到着し、東大門にたどり着くと、そこはもう露店の嵐である。
 町を埋め尽くす露店、露店、露店、露店。「カプラが隠れるので場所は節度を持って」とか、そういう事を言いたくなる感じに露天だらけである。

 正直なところ・・・ROのロキ鯖のプロンテラ中央通りをイメージしてくれれば良い。あれと同レベルで露店が出ている。

 しかも不思議なのが・・・食べ物系露店のラインナップなのである。

 どの店も・・・売ってるものが同じなのだ。
 トッポギ、焼き鳥、揚げチクワ(?)、おでん・・・といった感じなのだが・・・それが隣り合わせで何軒も並んでおったりする。

 おかしくないか?ニッチを狙うとかいう発想は無いのだろうか。
 これは韓国の店舗全体に言える傾向なのだが、同業種が一点にひしめきあっているのである。

 ひょっとして、中世から進化せずに徒弟制度とかギルドとかが生きているんだろうか・・・。

 どうして、同じラインナップで同じような値段で、同じ場所で何軒も商売するのだ。
 不思議で仕方が無い。

 平気で「ウチのが美味しいよ!」とか「隣より美味しいよ!」みたいな客引きするのはどうよ!?って思ってしまう。

 とりあえず露店で、17茶を飲みながらトッポギ。17茶はさやさやのサイトで写真を見ると良いであろう。
 あえて、15茶ではなくて17茶にするあたりは、くだらないとは思うが、日本のオリジナルに対抗しておるのだろうなぁ・・・と思った。

 どうせなら、100茶くらいにしたら「オリジナル」と言い張れる気がする。
 中身?別に中身100種類無くてもいいのだ。どうせ韓国製なんだから、誰も100種類入ってるなんて期待してないよ。ケンチャナヨー。

 その後、旧野球場の中に勝手に出来上がったらしいマーケットへと言った。多分ここ、探せばAKとかウランとかプルトニウムとかありそう。そんなブラック風マーケット。
 ちなみに、ここを見ていて・・・何か、BLAMEとか思い出した。町が無尽蔵に適当に、いびつに成長し続けているような感じがとてもBLAMEっぽい。

 ただ・・・野球場というある種の文化的施設が完全に蹂躙されてマーケットに侵食されている様は、なんだか可哀想である。
 スポーツマンシップの無い国にスポーツは根付かないという事であろう。ヌル山とか。断言。

 その後は、何だかヒェミの提案でチョンだかチャンだかチャングムだかの王宮を見に行こうとしたのだが、拝観時間を過ぎておったのでお流れ。

 ちなみにタクシーの運ちゃんに超話しかけられる私。ハングルわかんねーよ・・・と思い、英語で言った言葉が「I cannot speak Korean」(訳:私は韓国人とは話せません)

 ヤバい・・・Japan と Japaneseの感覚でKoreanって言ったけどハングルじゃないか。

 まあ良かろう。

 で、色々と行って。

 独立門とか見てきた。
 中国の役人迎えるための門を壊して、破片残しながらそこに作るとかエグい事するのう。

 そのまま更地にして建てれば良いのに。

 その後、近くのゲーセンへ行ってから、焼肉へ。
 韓国のゲーセン。どんどん潰れてPC房になっておるそうである。そりゃぁ、1プレイ100ウォンじゃ採算とれぬわな

 本当なら、韓国でジャパニーズの私が、ジャパニーズ設定であるメイを使ってGGACとかで韓国人をカモらせてもらって、台の向こう側を火病らせるつもりだったのだが、ゲーセンが廃れまくってるため、残念ながらGGのあるゲーセンが無かった。

 本物の火病を見てみたかったのに!!!!!!!!!

 酷い話である。

 私の格闘ゲームを用いた、ドキドキ☆韓国再征服大作戦♪が台無しである。

 まあ、あの民族・・・すぐ熱くなるので、対戦ゲームは向かぬであろうし、対戦格闘が少ないのは平和であろう。

 韓国ネトゲに狩りゲーが多いのも、長い歴史の中でそんな自国民の火病っちゃう性質を解っておるからこそ、問題を起こさないために狩り特化なのかもしれぬ。まさに生活の知恵!?

 あと・・・対戦台を横並びで配置するのはリアルファイトの元だと思うのだが・・・。どうなんだろう。

 

 焼肉はとても美味かった・・・が、寒いんだ。超寒いんだ。暖房弱すぎ。寒くて寒くて、食が進む。キムチが進む。ニンニクが進む。

 なんという危険な店であろうか。
 まあ、とにかくあらゆる物がマシッソヨだった。美味かった。

 私も、さやさやも、るぅりんも、バカのナントカ覚えみたいに「マシッソヨーマシッソヨーマシッソヨー」と、言っていた。

 もっと何かなかったのかなぁとか思う。

 きっと、日本視点で言うと、地元の焼肉屋に外人が来て「オイシヨー、オイシヨー、オイシヨー」と、連呼している感覚であろう。これはヤバい。旅の恥はかき捨てというので気にするまい。

 その後、満腹になってからホテルに帰還・・・後、カジノへ三人で向かう。
 案内役のヒェミはカジノへは同行しなかった。

 まあ、外人用カジノであるしな。

 カジノ・・・カジノは凄かった。
 多分あそこ、スタープラチナ呼び出さない限り勝てぬであろう。

 るぅりんが、ルーレットで5分で5000円吸い込まれてたのが笑えた。

 

 で、タクシーでホテルに帰還。

 一日目から、内容が濃密である。激動の一日目であった。
 ホテルに帰ると、韓国人どもが、なぜか路上で・・・路上でバトミントンしてるんだ。謎すぎる。もちろん気温は氷点下。頭おかしいだろう。

 キムチが血管に逆流してカプサイシンで脳が壊れたか?

 

 しかし、この時我々は気づいていなかった!
 韓国食を食べ過ぎて、既にバスやタクシーや、町全体のキムチやニンニクの強烈な匂いが全く解らなくなっていた事に!

 次回!韓国放浪記2日目 「チムラタクヤ 略してチムタク!」に続く。

 天の神様

 ルーレットって怖いですね。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

一月二十三日

それが俺の

 センター試験の世界史をといてみたら、88点だった。
 なんか、確か・・・現役でセンター試験受けた時も88点だった気がしていやーな感じである。

 90は取りたかったが・・・。

 世の中そんなに甘くは無いな。

 現代文に関しては、ほぼ問題なくとれるのだが、古文と漢文は壊滅だった。もう助動詞とか覚えておらん。

 私の友人が言っていた。
 センター試験は加算式の試験ではない。満点をデフォルトとして、ミスの数で戦う減点式の試験だと。

 まったくもって、その通りなのだがな。センターは確かにヌルい問題が多い代わりに、1ミスが致命傷になる。つまり、的確に大量の問題をすばやく回答する必要があるわけである。

 

 センターの問題を解いておったら、昔の私の生活を思い出した。

 高校三年生のとき、2学期の私の遅刻回数は32回で総合2位という輝かしいスコアであった。

 十日より多く休んだらヤバいので、三日で遅刻一回計算として、かなりギリギリである。我ながら天才である。

 

 当時、今思うとやたらと勉強していた。

 家を出て、学校に向かうのだが、途中で今日は行かなくていいやと思って、隣の駅にあるK塾へと行き、ラウンジで優雅にお菓子を食いつつお茶を飲んで、がっつり勉強を夕方までする。

 で、電車で一駅の学校に16時ごろに登校して帰りのHRとかで「ごめんなさい!遅れました!」と、出席に入れてもらって遅刻扱いになる。

 そしてまたすぐにK塾に戻って勉強である。

 実はもう、風邪でも怪我でも1日休んだらアウトという危機的状況であった・・・。

 当時の勉強スタイルとしては、世界史・世界史・世界史・英語・英語・世界史・世界史・世界史・英語・英語・古文・世界史・・・くらいの比率であった。
 ちなみに、現代文は自分で言うのもおこがましいが、異常に得意で、普通に模試でも現代文は全国の優秀者リストに名前が載っちゃうくらいだったので、出ていなかったし、ほぼ無勉強だった。

 で、世界史生活をして7時くらいから授業を受ける。
 3時間である。これは私にとってモチベーション補充の大事な時間である。世界史の先生が面白かったからだ。ただ、授業はあくまで、しっかり勉強している人じゃないと意味が無いタイプの、ダラダラしたムダな知識系授業であった。

 だから、私はそこが一種の息抜きだった。

 確か・・・鶴岡とか言ったろうか。そんな名前のせんだみつおに似たオッサンである。

 で、家に帰って寝る。

 朝起きてまた、学校に・・・いくと見せかけつつ朝マック。
 そのまま塾に行くパターンと2時間目くらいから行くパターンの二つがあった。

 もちろん、ストレートに行く事もあったぞ。

 まあ、高校生として褒められた生活はしておらんのだがな。

 ちなみに、家でのゲームは完封である。一切しなかった。ドリームキャストを封印して頑張った。
 が・・・アーケードゲームは普通にやっておった。

 当時、文武両道を旨とする私は、月華の剣士 第二幕とか、ギルティギアゼクスとかで、学校周辺では割と・・・連勝記録を作っておった。
 何故か、それで後輩から挑まれて、ボロ勝ちして、それがきっかけで仲良くなったりとか・・・。

 とりあえず、自分で言うのもおこがましいが、私は強かった。当時の私は異常に強かった。

 で、ついでに勉強もがっつりやっておった。

 受験生なので、時間はあまりない。ゲーセンでの対戦の数回に、全てをかけなければならないのだ。
 何度も何度も戦えぬから、必死なのだ。勝たねばならん。

 そんな思いで強くなったのかもしれない。

 

 金や時間に余裕があると、どーしても格ゲーは弱くなってしまう・・・最近ちょっと、GGACとかもやってないし・・・何だかもっと頑張らねば!と、センターを解いて決意した次第である。 

 天の神様

 大変です。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

一月二十一日

寝るのが遅い

 そういえば、韓国に行った時、定期的に反日デモが行われるという、3.1独立運動発祥の地の公園を見てきた。

 知らずに見てきた。

 なんか日本兵が独立運動を弾圧しているレリーフとかがあって、スゴイナーとか思ってたのだが、あそこは危ないデモ公園のようである。何という地雷観光スポット。

 まあ、何かあったら最後まで戦うしかあるまい。

 しかしまぁ、韓国という国は不思議である。
 何が不思議って、あれほど過激な反日運動をしているかと思えば、観光地では誰もかれもが日本語で客引きをしてきて、媚びて来るわけである。

 反日というのが、本当なのかが怪しくなってくる。

 ある種、国のプロパガンダとして反日を利用しておるのではないだろうか。国民的には、割とどうでも良いのでは?と、感じてしまう。そもそも、韓国という国の歴史教育が歪んでいるとはいえ、マジメに勉強をしてガッチリ洗脳されるヤツも少ないと思うのだ。

 確かに、変な竹島の絵とかの話はあるが・・・。

 

 完全に、国民個人の生活と、国家としての方針が食い違っておるのではないだろうか。

 そもそも、観光資源に依存して生きているソウルの人々は反日どころではないだろう。
 本気で反日を徹底して、国交がなくなれば、東大門付近の店は窮地に陥るのは間違いない。

 正直なところ、反日なんて言葉は金を引っ張るためのパフォーマンスに過ぎぬのだろうなぁと、友好的な国民を見て思ったのである。

 天の神様

 変な国ですね。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

一月二十日

帰国

 伊達メガネが好評である。

 マジメそうに見えて良いらしい。私も自分で気に入っている。
 

 それはそうと、韓国ネトゲ事情。

 

 旅行記録はまた週末にでも書くとして、それとは別に韓国で見聞きした話である。

 RO2・・・完全に韓国では終了間際。

 というかもう、グラビティも韓国でRO2を存続するつもりは皆無との事である。
 そもそも、大手の在韓データサイトが閉鎖したり、ファンサイトもバタバタ消えてしまったりなど、今はRO2の交流の場となるサイトが存在していない状況であり、新規のプレイヤも増えなければ、頑張るプレイヤもいない状況である。

 だいたい、ROだってβテストの開始時で既に、プロンテラ・ゲフェン・モロク・フェイヨン・アルベルタを実装し、アルベルタを除くそれぞれの町に、ゲフェンダンジョン、迷いの森、ピラミッド、弓手ダンジョンと、ダンジョンを配備していた。

 だが、RO2では、その程度の実装もなされていないのだから仕方ない。

 ROとRO2の開発姿勢にはある、決定的な断絶が見られる。

 

 何かというと、ROの場合は最初に骨を作ったのだ。
 多くの肉を支えることができる、頑丈な骨格を最初に作ったのである。で、そこに肉付けしている感じである。

 RO2は、肉を伴った体を、足首から積みはじめたわけである。
 結局、詰むほどにバランスが壊れていくし、果てしなさもすさまじい。

 

 そんなスタンスの違いもあって、RO2は超不人気だそうだ。

 そもそも競争がハンパではない。
 ひたすらスタークラフトの対戦を中継するチャンネルがあって、そのCMでさまざまなMMORPGのCMが流れる。ROは無かった。

 どいつもこいつも、上手に動画を作っておるので、やってみたい!と、思ってしまうのが人情である。

 まあ、そんななかでRO2はのまれたというわけだな・・・。

 天の神様

 RO2の冥福を祈ります。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

一月二十日

帰国

 とりあえず帰ってきたので、ダイジェストで。

 18日:朝からセントレアへ。昼ごろ韓国着。みんちGTと、その友人とインチョンで合流。相変わらず現地集合というあたりに、無鉄砲さが伺える。

 その後、東大門のホテルでヒェミとさやさや(キンポから来た)に合流。
 東大門スタジアム付近の屋台でトッポギとオデンと焼き鳥を食う。トッポギ美味しいよトッポギ。ていうか、オデンってオデンなんだなぁ・・・。

 その後、東大門スタジアム内の凄い市場へ・・・まさにアジアンマーケットって感じ。追々写真つきでUP予定。

 スタジアムを出た後、玩具問屋街を歩きつつ、色々店を物色。あまりに寒いので防寒具購入。(日中なのに氷が溶けない気温なのだ)

 次に、チャングムのいた?宮廷を見に行こうと思ったら観覧時間を過ぎてた・・・が別の宮殿を見て、その後タクシーで移動して独立門へ。
 韓国の歴史を見つつ、ヒェミが昔よく行ったゲーセンへ行き、夕食の焼肉。これが美味しいのなんのって・・・。

 その後、シッケとか買いつつホテルに戻って軽く酒盛りした後・・・なんと近くの居酒屋チェーンに行って酒盛りして戻って寝る。

 19日:
 朝から仁寺洞へ。
 色々お土産屋とか見つつ購入。楽しい。
 その後、タクシーで王宮を見学。なんかソウルソサエティのせーれいていみたいな屋敷。

 よくわからんコスで撮影している馬鹿を発見。恥さらしめ。どうやら日本人らしかったので、ヒェミに「あいつ殺していいよ」と指示。だが動かない。殺してきたら、ヒェミ義士とか英雄に祭り上げてあげたのに。

 その後、明洞に行って昼食。

 チムタクという、やたら辛くてボリュームの多い料理を食ったのだが、これが若い女性に大人気!店は若い女の子ばっかり!死ぬほどニンニクきいてて、辛くて、量が多くて・・・美味しいけどさ・・・どこにも、女性ウケする要素が見受けられないのに大人気なのが不思議。

 その後、明洞で買い物、メガネ購入。もちろん伊達メガネ。自分で言うのもおこがましいが似合う。

 それから百貨店で買い物をしてホテルに帰着。

 しばし休憩の後、たまたま訪韓中だった、ラグフェス主催をしている前川さんご一行と合流して、ヒェミおすすめのカムジャッタン屋へ。私は二度目。美味い。超美味い。

 その後、なんか怪しい居酒屋に行って、みんなで色々食いつつ飲む。

 チョッパルが美味い。きっと厨房では「チョッパリどもがチョッパル食ってやがる!ギャハハハハ!」とか、盛り上がってたはず。

 その後、解散して東大門マーケット。夜の活気あふれる市場を、さやさや、みんちGT、私、みんち友と歩き回る。凄い活気である。
 ここで驚くべき事があったが、それはまたの機会に。

 現地人が私の目の前で「ウヴォハァ!」って歩きゲロ吐いた。超ニアミス。

 ホテル戻って酒を飲みつつ寝る。

 

 20日:

 朝から仁寺洞へ行っておみやげ購入。

 その後、南大門へ観光へ。ここのマーケットもハンパじゃない。

 で、しばらく物色の後、ホテルに戻って荷物をとって、仁川へ行って帰ってきた。

 税関で・・・めっちゃ荷物をあさられた。
 確かに、数年前の、ほぼ同じ日付くらいで韓国に行ってて何か怪しい。

 でスーツケースを開けるとだな・・・一番最奥に・・・お土産に買ったあじさい茶の缶が6本入ってるわけだ・・・。こ、こいつぁ怪しい!

 「一つ開けて中見ても良いですか?」

 これにNOと答えることなど誰ができようか!?(反語表現

 税関職員はお茶の缶の中を見て、パックされたお茶を外から触って中身がお茶だと確認。

 「ヤバいの入ってるとしたら何だと思いました?」

 と、興味本位から聞く私。

 「ま、まあ念のため見ただけですけど、パターンとしては麻薬とか覚せい剤ですよね」と、答える税関職員。
 確かにこれは怪しいよ。客観的に見て自分でも怪しいと思うよ・・・すまぬな。

 で、今に至る。

 また明日あたり詳しく説明する。

 

 天の神様

 美味かった!そして自分がニンニク臭い。朝鮮人のにおいがする。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

一月十五日

無知は罪だ

 

 レイホウさまから、韓国のヒェミへの下賜する品。

 日出づる国から、日没する国への下賜である。下賜。

 意味も無く、熨斗を印刷してみたりした。

 とりあえず明日から韓国旅行である。二泊三日。

 

 というわけで、最近は妙なこだわりも無いので・・・というか意味も無く自動更新をする必要も無いであろう。日曜の夜に、まとめて三日分のレポートを載せることとするので、金土日は日記おやすみである。

 それにしても・・・久々だ。そしてこれから荷物を作る罠。

 

 天の神様

 時間が・・・。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

一月十五日

無知は罪だ

 仮面ライダーキバが吸血鬼らしい。

 ちょっと燃える。設定としては父親がヴァンパイアでハーフヴァンパイアの主人公がライダーに変身するそうなのだが、それがヴァンパイアと戦うそうだ。まさに、ハーフヴァンパイアの王道。

 ただ、設定的にライダーが一人か多くて二人程度な雰囲気なのが安心である。
 ライダーもガンダムもそうなのだが、あまりに多く出しすぎてしまうと、一匹あたりの価値が下がってしまう。

 

 ところで・・・もうすぐあと二ヶ月ほどで卒業式シーズンである。関係ないが、私は卒業式で大地讃頌を唄ったものだが・・・替え歌にしました。

 

・愛知讃頌

 母なる愛知の〜 ふところに〜

 我ら味噌の子の喜びはある〜

 愛知を愛せよ

 愛知に生きる〜

 味噌の子ら〜

 その立つ地に感謝せよ〜

 

 平和な愛知を

 静かな愛知を〜

 愛知を褒めよ〜、称えよ味噌を〜

 恩寵の豊かな愛知〜

 我ら味噌の子の〜

 愛知を褒めよ〜

 称えよ〜味噌を〜

 母なる愛知を〜

 称えよ褒めよ〜

 称えよ味噌を〜

 母なる愛知を〜 ああ〜

 たたえよ愛知を〜 ああ〜〜〜 

 

 

 

 愛知を褒め称える歌である。うん、良い土地だ。
 なんか愛知県はとても気に入ってしまった。

 人気者であるぞ。

 「愛知県」って言えば・・・

 「エビフリャー!?」とか「何でも味噌塗るの!?」「豚汁が赤味噌ってホント!?」とか、色々反応が返ってくる。
 バカにするな・・・。

 何でも味噌塗るって言っても、せいぜいミソカツとか、赤ミソの豚汁とか、それから刺身に赤ミソつけて食うとか、イチビキの色々ミソを冷奴にかけたり、そうめんにかけたりして食べる程度だ。

 

 あ・・・あれ???

 ひょっとして、私・・・おかしい?

 天の神様

 ミソ・・・。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

一月十五日

無知は罪だ

 私の精神は常に健康である。

 まあ、別にデパスなんて飲んでないから安心するのだ。
 私が病んでしまったらおしまいであるが、ただ病んでいる人と非常に近い位置での仕事なので、色々とそういう事に気が回ってしまうだけである。それ以外は問題ない。

 

 私は絶対に病んではならない。
 もし病んでしまったら、私は救い出す事ができなくなってしまう。釣りは陸上からするものだ。海に潜って釣りはできない。だから、私は救い上げる為には常に正常で居続けなければならんわけである。

 まあ、普通にしてれば大丈夫。

 

 ところで、もうすぐ婆さんの命日である。来月だな。

 そんなわけで、今日は婆さんの話をする。

 私は祖母の事をどこか恐れていた。それはある種の尊敬とも言える。いや、全面的に尊敬していたからこそ、普通の「おばあちゃん」として接した事は少なかった。なぜか私は祖母に敬語を使う子だった。小学生の頃からだ・・・。

 私にとって祖母は、英知の象徴とも言えた。
 女学生時代に、擦り切れるほど英語のレコードを聴いて英語の発音を覚え、東京女子大に行って、その後、聖路加看護学校へ進み、GHQで医療関係の通訳をしたりしつつ戦後を乗り切り、その後は東京大学で英語の講師をしたりもしつつ、個人教授の英語の先生として多くの人と交流を持っていた。

 世間に対する冷静で、実に的確な意見や考え方を持ち、合理的で格好良かった。
 たぶん、コカコーラを最初に飲んだ日本人ベスト100を決めたら、多分上位百人には入れるんじゃないだろうか。何せ、米軍から貰って飲んでおったわけだからな。

 晩年までコーラが大好きで、最期まで枕元にコーラを置いておった。どんだけアメリカかぶれだよ・・・とか思いもしたがな。

 

 で、祖母は大量の本を読んでいた。本は本棚には当然納まりきらず、部屋中に平積みになっていた。
 また、彼女は大量の文章を書いた。

 つまるところ、新聞投書である・・・が、何に投書していたかというと英字新聞である。英語での投書を出すのが趣味だった。

 なんか色々優秀だったらしくて、ジャパンタイムスからWorld Book Dictionaryという、二冊に分かれた側面が金塗りの巨大辞書をもらったりもしていた。

 

 で、寝たきりになった頃に言っていた。

 私が死んだら本は全て捨ててしまいなさい。その代わり、レイホウにはこれをあげます。
 そう言っていたのが、そのWorld Book Dictionaryである。

 本はその人の価値観であり、誰かに薦められて読むものではない。私の本を読むのではなくて、自分の読む本は自分で見つけて、自分の本にしなさいと。ただし、その辞書は、それさえあれば解らない英単語は殆ど無いと言える代物だ。だから、それは貴方にあげます。

 それ以外の本は私の本だから、誰かにあげるつもりなど毛頭無い。私が死んだら、それらの本も捨ててしまいなさい。そう言ってコーラを飲んでいた。

 

 と・・・。

 で、今うちにはその二冊の巨大な辞書がある。

 私が婆さんから受け継いだのはこの、巨大な辞書だけである。他の本は全て捨てた。

 ふと、その辞書を見ていた。
 絵の多い辞書だ。

 

 最近割りと良く使っておる。英英辞典なので、そう簡単に使えるものでもないのだがな・・・。

 天の神様

 英知こそが我が力。さらなる力をおあたえください。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

一月十三日

ああ次は

 昼にマックに買いにいったら死ぬほど混んでた。

 びっくりである。マックで15分並んだんだ。信じられぬであろう?おそるべし・・・。

 しかも、何が気持ち悪いって、並んでおる愛知県民ども、どいつもこいつも割引クーポンを持っておるのだ。確かにウチにも入ってたけどさ、ソレ。持ってくるようなもんだろうか?

 9割くらいの人が使っておるのだ。

 何か違和感を感じる。これがケチな県民性だろうか。東京では見かけなかった。クーポンを使うのは異端だった。
 そんなところケチってどうするのだろうか。

 ケチってると、ケチなりの生活しかできぬのだ。
 ちゃんと金を使っておれば、金はついてくる。金を回さないヤツのところには回って来ぬと思うぞ。

 ついでに、ケチだか節約だか知らぬが、マックに来ておる時点で、すでに節約としては破綻しておる。
 ここはケチるところじゃなくて金を使う場面である。

 節約するべき場面で節約し、こういう風に金を使うところに来たらケチらない。そういう使い分けの精神が必要であろう。

 で、並んでおる原因は単純である。

 レジが三個あるのだが、二個しかあいてない。そして二個が両方とも研修中ってバッヂに書いてある。
 そしてなんか、教えている人の態度が横柄で、教え方がなってない。

 困ってるだろうが・・・助けてやれよ、ていうか並んでるんだから、チェンジしてでも急いでさばかぬか!と、私のイライラも頂点に達していた。

 で、さすがにヤバいと思ったのか、教えていた人はレジの娘にあっちのレジ開けて、あっちも使え!と支持して、そのレジを使い始めた。で、私はソコの担当になったのだが・・・。

 このときすでに、私の中で悪魔的注文プランが出来上がっていた。

 それは・・・。

 「ご注文おきまりでしたらどうぞ〜?」

 「チキンフィレオ単品と、Lサイズのポテトとコーラをダブルチーズバーガーのバリューセットで持ち帰りにしてください」

 

 恐怖の鬼畜注文。
 2chで見かけた、逆順注文である。

 混乱する店員。さっきまで偉そうに教えておったくせに・・・横柄に教えておったくせに。

 「えーと、チキンフィレオと・・・ダブルチーズバーガーのLセットでポテトとコーラで・・・」とか、復唱して確認してくる。
 その上、なんか安いなぁ?と思ったら、オーダーミスでチーズバーガーになっておった。

 で、それを指摘するとさらにテンパって、ダブチとチーズの差額を計算しようとするのだが、テンパって電卓とか持ってきたり・・・。

 

 研修中バッヂをつけた店員が、先輩の無様な姿をしっかり見ておった。

 そして・・・追加の170円を支払おうとしたとき、私の悪魔的頭脳がさらに一つのひらめきを得た。

「すんません、これで」

 そう言って差し出したるは、神々しい一万円札。

 これは強力だー!

 

 

 ちょっとやりすぎたかと反省しておる。
 いじめすぎた気がする。

 

 天の神様

 研修が早くおわりますように。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

一月十一日

あれれ

 明日は礼拝初めである。礼拝初め。朝十時からアルベルタにて礼拝を行う。

 

 久々にXBOXを起動して、百年戦争をプレイしてみたが、何度やってもクソゲーである。下らん。

 で、その後久々にクロノトリガーをプレイしてみたら・・・何という神ゲー!

 

 この複線を張り巡らせた緻密なストーリーに、美しいBGMと牧歌的な風景、そして破綻した未来の頽廃した光景のギャップ。
 過去で知り合った冒険家が、親友たる主人公に財宝の秘密を託したりとか・・・それがさらに太古の出来事と関連していたりとか・・・。

 あれほど完璧なストーリーを持つゲームというのは他に見たことが無い。

 ゲームシステム的な神ゲーの座にロマサガシリーズを置くならば、ストーリーとしての神ゲーには間違いなくクロノトリガーである。

 いつの頃からか、ゲームはグラフィックの発達とともに「爽快感」という非常にわかりやすいものを追う傾向が強くなってしまった。確かにそれは大事であるし、無双とかも好きである。(買ったことないけど)

 だけど、クロノトリガーのように味わい深いストーリーというのも大事だと思うのだ。

 あそこまで作りこまれた世界と、ストーリーは他に類を見ない。
 確かにFFシリーズも悪くは無いのだが、クロノトリガーの凄いところは世界が完全に作りこまれており、その時間の流れの中でさまざまな結末を知り、さまざまな因果関係を知ることができる点であると思う。

 ストーリーを追うのではなく、本当にストーリーをプレイヤが動かしていくわけである。

 そこに感動させられる。

 なので、クロノトリガーが大好きである。神ゲーだ。

 また、時間を渡るという性質上、その実質経過時間が、建国1000年祭のほんの短い間の一瞬の白昼夢のごとくに過ぎ去っている点も、物語の美しさに拍車をかけているのかもしれない。

 誰も知らないところで、知らないうちに、彼らは歴史を作っている。

 

 そろそろクロノトリガーもリメイク時じゃないだろうか。ちょっと期待しておったりする。
 性能にものをいわせたリメイクじゃなくて、DSで良いので、昔の雰囲気を残しつつついでに神BGMでお願いしたいところだが・・・。

 天の神様

 虹のストーリーが・・・泣けます。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

一月十一日

あれれ

 昨日の日記で、ちょっと大前提を言い忘れた。

 スカは現状で妨害職である。状態異常で妨害したり、詠唱妨害したりである。
 だが、瞬間蒸発を旨とするゲームにおいて、妨害職というのは限りなく不要である。

 妨害したところで、死ぬもんは死ぬし、妨害したところで死なないもんは死なない。
 妨害そのものが戦線に及ぼす影響が軽微である。

 一人でするには効率が悪く、複数でやれば前線がもたない。
 かといって、範囲攻撃に修正すれば、それこそ短なんて一人居れば十分という状態になる。

 ならば、それならば短スカも思いっきりアタッカーにしてしまうしか生き延びる道は無いのである。

 妨害、弱体というものが戦線に与える影響の軽微さを考えると仕方が無い。

 弓は、射程と攻撃力を考えれば、十分アタッカーたる性能を持っている。弓スカが弱ぇと言うヤツはただの阿呆であるが、弓スカが単調なのは事実である。

 

 で、ここで問題なのは短スカである。短スカ。

 単純に、遠距離一撃必殺のソーサラー、近距離一撃必殺のウォーリア、近距離手数の短スカ・・・と、そんな役割分類をしたのだろう。
 おそらく、500ダメージを与えられなくても、100ダメージを五回与えられるスキルを与えたつもりなのだろう。

 だが、100*5と、500には、FEZにはあまりにも断絶がありすぎた。
 なので、短剣が微妙なのである。

 単発威力が最重要。瞬間で殺すしか無い異常、妨害弱体キャラというのは不要になってしまうのである。だからアタッカーにしてしまうか、それともシステムそのものを変えるかしか道は無いのだ。

 

 

 さて、今日は・・・インチキで名言を考えてみた。

 なんかえらそうな名言。イメージ的にはMtGのフレーバーテキストみたいな・・・。

 

 

 スカウトの姿が見えない?気にすることは無い。生きていても、死んでいても見えない連中だし、居ても居なくても変わりはせんよ。   〜熟練の歩兵〜

 

 バッシュに対する最も有効な対策は、祈ることだ。どうか死にませんようにってね。  〜キープ往復の得意なスカウトの言葉〜

 

 クリスタルを掘るなんてバカバカしい。掘ってしまったら、今自分が何人殺したのか解りづらいじゃないか。  〜練達の脳筋〜

 

 スカウトの恐ろしい点は三つある。一つはガードブレイク。次に、召還へのパワーブレイク。そして一番の恐ろしいのはパニの大好きな味方だ。

 

 戦場を左右する名軍師になりたい?簡単さ、レベルでソートしてみればいい。買っているときに銀行をやればいいさ。  〜熟練の軍死〜

 

 良いか、このゲームは陣取りゲームだ。つまり・・・難しく考える事はない。目の前の敵をぶっ殺せばいいのさ。  〜達観した軍死〜

 

 戦場?一番の戦場は掲示板さ。そして全ての戦いは意見を通すための政争に通じている。

 

 天の神様

 楽しいですよ?

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

一月九日

ああああああ

 FEZでスカウトが微妙というのは常に言われ続けてきた事だが、改善されない。

 それは、ある事に起因している。

 両手ウォーリアは近距離での爆発的なダメージを与える職である。

 対極に位置するのがソーサラーである。

 ソーサラーは遠距離・中距離からの爆発的なダメージを与える職である。

 

 ではスカウトは?というと、弓の場合は超遠距離から小〜中程度のダメージを与える手数勝負の職である。

 探検の場合は、近距離から状態異常を与える手数勝負の職である。

 

 さて・・・FEZにおいてキャラがデッドダウンする場合はどういう場合だろうか。
 これはほとんど、飽和攻撃によるオーバーキルに起因しているのが7割くらいである。

 死ぬときは瞬間蒸発。700くらいのHPを一瞬で奪い去るわけである。

 だが、スカウトの攻撃はどちらもチビチビしたもので、倒すためにはダメージを蓄積させていくしかない。つまり、ゲームシステム的な有効ダメージとの齟齬である。

 

 そこでスカウトのコンナだったらカコイイし楽しいのにな!案を考えた。

 

 カウンターブレイク:POW30
 前にも妄想スキルで書いたがさらにパワーアップ。
 カウンターを構えると同時にスキルレベル*1秒間カウンター構え状態。近距離攻撃をキャッチすると、一瞬で背後に回りこみ、ブレイクスキル全ての効果を与えつつ200程度のダメージを与え、激しく前方に吹き飛ばす。つまり、吹き飛ばされると敵陣のど真ん中となる。
 攻撃の種類ではなく、食らった位置によってキャッチできるかどうかを判定する。ヘルファイアも密着からならキャッチ可能。キャッチ可能な角度は前方45度。

 パニッシングストライク:POW30
 大幅にダメージを下方修正。弓でも可。弓の場合は射程が長い代わりにダメージが半分に修正される。ダメージ的には最大で400前後だが、気軽に発動可能。

 ハイディング:POW20
 使いやすく。

 ヴォイドダークネス:POW70
 ハイド時のみ使用可能。周辺の敵を暗闇状態にした上でなおかつ吹き飛ばす。フリージングウェイブと同じような性能。

 アームブレイク:POW13
 一定時間攻撃不能&装備を強制解除。効果終了後でないと再度装備は不能。つまりエンチャの効果を一時的に外せる。

 ガードブレイク:POW15
 一定時間防御を低下させる&防具を一箇所ランダムで強制解除。時間の上書きはできないが、装備解除はヒットするたびに発生。複数箇所を解除も可能。

 パワーブレイク:POW20
 相手のPOWを0にすると同時に鈍足の効果を与える。

 レッグブレイク:POW8
 ダメージを与え、相手を強制的に座り状態にする。

 マインドブレイク:POW25
 一定時間の間、操作が混乱する。前後左右の移動キーがランダムで入れ替わり。左右のステップボタンは使用不能。視点移動も左右上下がランダムでリバース操作に。またスキルショートカットも効果中はランダムで位置が入れ替わる。

 マジックブレイク:POW20
 攻撃性能無し。前方に衝撃波を発生させ、HITした魔法攻撃の判定を無効化する。発生はブレイク系と同じ速さ。

 ブレイクチャージ:POW30
 ちょっと複雑なスキル。ブレイクチャージ発動後、マジックブレイクを除く任意のブレイクスキルを空撃ちすることで登録。次に発動する近距離物理攻撃に登録したブレイクの効果を上乗せ可能。マインドブレイクを乗せたパニッシングストライクや、ガードブレイクとアームブレイクが同時にかかるようにしたりなどが可能に。

 ポイズンブロウ:POW25
 1HIT目は通常と同じ毒DOT。
 何度も同じブロウでも別のブロウにでもHITするようになる。起き攻めなどにも有効。
 HIT毎に毒レベルが上がり、最大のレベル5毒では80*8のDOTダメージを食らう事となる。

 オイルブロウ:POW10
 対象に油を塗って一定時間の間、発火しやすくする。
 火属性攻撃を受けたり、火属性攻撃を行うと、ヘルを越える80*4のDOTダメージが発生。
 雷ダメージと雷属性の攻撃でも、1/3の確率で電気発火する。
 物理攻撃では1/16の確率で火花で発火する。

 爆炎微塵隠れ:POW68
 周辺にDOTダメージを伴う大爆発攻撃(吹き飛ばし属性)を行いつつハイドをする。
 エンチャ次第でパニ>爆炎のコンボが可能。ブレイクチャージは乗らない。発生はやや遅め。
 オイルブロウ>爆炎は・・・「見てから余裕でしたw」というヤツになる。

 シャドウジャンプ:POW35
 位置指定形スキル。射程はウォーリアのストライクスマッシュ程度。高速で指定先に飛び、その先で一瞬でハイディングする。ハイド時の煙は出ない上に、移動が非常に早いので瞬間的にどこに消えたか解りづらい。シャドウジャンプの軌道上にいる敵は吹き飛ばされる。ダメージは軽微。地面対象だが、見えない地面には不可能。(崖は上れない。でも下れる)

 シャドウストライク:60
 射程はヴァイパーバイト程度。ハイド状態のみから発動可能で、対象に向けて高速移動しつつ斬り付け、即座にハイド状態に戻る。ダメージは200前後。斬り付け攻撃は敵の位置よりも長く飛ぶので、すれ違いざまに斬って、相手の背後でハイドする感じになる。
 シャドウストライク>パニッシングストライクは可能だが、コンボにはならない。ウォーリア相手にはシャドウストライクからカウンターブレイクと攻撃スキルで2択を迫ったりが可能。
 ブレイクチャージでパワーブレイクを乗せておくと凶悪。
 ガードやレッグをチャージしても強い。

 バックシフト:POW5
 対象の背後に回りこむ。自分の向いている方向も対象を中心に変わる。

 変装:POW12
 30秒間、対象としたキャラと同じ姿になる。

 ハイジャンプ:POW20
 次のジャンプ軌道が大きくなる。ハイド中は通常のジャンプ力になる。

 ヴァイパーバイト:廃止

 

 スキルツリー

 ハイド +ヴォイドダークネス -パニッシングストライク −爆炎微塵隠れ
     +シャドウジャンプ  -シャドウストライク    /

 アームブレイク+レッグブレイク  -パワーブレイク -マインドブレイク  -ブレイクチャージ
          +ガードブレイク  -マジックブレイク -オイルブロウ    -カウンターブレイク

 バックシフト - 変装 -ハイジャンプ

 

 こんな感じで、凶悪なコンボ及び状態異常キャラにしたら、スカウトだらけのカオスな戦場になって楽しいと思うのだ。
 

 
 

 天の神様

 超コンボキャラですな・・・。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

一月九日

ああああああ

 働いた後・・・なんか知らないけど、ダラダラと話をしてたら11時になっておった。

 別に働いてたワケじゃないし、楽しく会話をしておっただけなので良いのだけど。

 さて、それはそうと・・・流行の言い方で言うとGK発狂ってヤツである。

 エリザベス女王もWiiに夢中!
 何というニュースであろうか。81歳になられる女王が、こういったゲームに興味を示してプレイしておるあたり、Wiiの幅広さを感じる。任天堂は確実に、顧客の裾野を広げた感がある。

 もちろん、ゲームじゃないだとか、そういう路線のゲームをプレイしたいワケじゃないだとかコアゲーマは文句を言うわけだが、任天堂は別にそいつらをメインターゲットにして商売をしているワケじゃないのでどうでも良いのであろう。

 むしろ、こういった今までプレイしなかった層を取り込んだことは、ものすごい進歩であると言える。これは凄い。

 ぜひ、今後とも頑張ってもらいたいものである・・・。

 そして不幸なことに、GKはさらに発狂しなければならないネタとしては、ガンダム無双のPS2版のニュースであろう。
 こりゃもうPS3ヤバいなと思わざるを得ない。

 ソニーは大ピンチである。

 悪いハードじゃなかったのだが、いささか古臭かった。
 クタラキーはゲーム機じゃないだとか、新しい家電みたいな事を言っておったが、非常に古いタイプの旧態依然とした大艦巨砲主義のゲーム機である。化石である。

 一転集中の高火力、高スペックを有する大艦巨砲主義のハードよりも、顧客の裾野を広げて、広い範囲への攻撃と機動性を持ち、汎用的な運用のできる航空母艦的なハードのが現状で支持されておるわけである。

 確かに、長距離砲の口径競争は不毛であった。
 飛距離を伸ばして伸ばして伸ばして、互いに競争をし続け、日本の戦艦のクオリティはかなりのものであった。

 だが、空母に負けたのだ。

 巨砲の届かぬ距離から、大量の航空機を導入しての攻撃である。
 大和なんかも、空母相手に苦戦が考えられるために、対空装備を充実させた艤装に改装したりもしておったが、それでも設計思想が古いので負けたわけである。

 WiiとかDSは、それを考えると、明らかに空母的な運用のゲーム機である。
 ソニーは時代を見誤ったのかもしれない。

 ただ、大和とかと同じで、そのクオリティはとても高い。良い品である事は間違いないのだが・・・。

 PSPなんかも良いハードだとは思う。
 だが、PSPは最高速度やら攻撃性能やらを求めた戦闘機というタイプである。

 DSは何かというと、STOLもしくはVTOLによって、さまざまな状況での運用を可能にした戦闘機と言える。

 確かに、単発の攻撃性能で言えば、PSPだが・・・DSのほうが運用しやすい。長いカタパルトが無くても空母から発着できるしのう。

 そんなわけで、PSPとかPS3は新しいんじゃなくて、実は古臭いのだろうなぁと思ったのである。まあ、GK発狂だGK発狂。

 天の神様

 GK可愛そうに。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

一月八日

あら

 探偵伯爵と僕を読んだ。

 森ミステリとしては少し異端的な雰囲気を感じるが、読んでみるとしっかりとした骨子を持つ森ミステリであった。
 特に純粋な子供の視点からの大人に対する鋭い考察や、大人の社会への疑問といったものが、非常に上手い形で表現されておりすばらしい作品であった。

 ただ、流れ的には一時期「理系ミステリ」とまで言われた森ミステリの最大の特徴を脱ぎ捨てている。

 もっとも、近年はその傾向が顕著である。
 イナイイナイ、キラレ×キラレなどにも言えるのだが、ある種の古典的な本格ミステリへの回帰的な雰囲気が強い。しいて言うなら、森ミステリとしての鋭い切り口と人物描写が、乱歩や溝口などの世界観重視のある種の泥臭さを持ったミステリと融合したとでも言うべきであろうか。

 そういうタイプのミステリである。

 言ってて自分でもわからんが。

 

 で、このミステリ。最大のトリックがある。
 ここまで完全無欠なまでに「二週目を読む」という行為を誘発する小説は始めてである。

 二週してはじめて完結する。

 二週目は一週目とは何もかもが違う。
 何が違うって?

 そりゃぁ・・・信じられないかもしれないが、登場人物からして別人なのである。ぜひ読んでみて欲しい。

 二週することで、どうして主人公の母親が、あそこまで主人公に対して過保護になったり、伯爵を毛嫌いしているかなどが当然のように頷けるのである。最初はちょっとヒステリックな母親なのかと思ってしまうが、そうではない。

 二週目になれば解るのである。

 ある種、最大のトリック。

 いや・・・むしろ恐ろしいミステリである。
 一冊の本が、二冊の意味を持つ。二面性を有する。

 ある意味、叙述トリックの一種とも言えるが・・・そんな甘いものではない。

 一冊読みきりなので、森ミステリに触れたことが無い人でもぜひ読んで欲しい。
 最高の一冊である。

 森ミステリのなかで、私としては1番につけても良いくらいの一冊であると思うのだ。

 

 天の神様

 伯爵が超カッコイイんですが・・・。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

一月七日

私は永遠であり不変である

 そういえば、家の奥からインターネットサムライが出てきた。

 せっかくだからインストールしたのだが、今でも十分通用する高性能で高機能なタブブラウザである。サムライダウンローダも地味に便利である。

 

 さて、このインターネットサムライというソフトを語るにあたって、色々とそのインターネットにおけるテキストサイトの歴史を語らねばならない。
 そもそも、事の発端は・・・あるひとつのホームページだった。

 「侍魂

 今でこそ、更新は途絶えているが、当時はものすごいヒット数のサイトだった。
 多分今のカウンターはサイト放置されているので、一周して0にもどったり壊れて戻ったりしておる可能性が高い。っていうか間違いない。

 ここで・・・一時代を築き上げたあるテキストがアップされた。

 先行者についての記事である。
 ここでの、中華キャノンという言葉は一世を風靡した。

 そして、侍魂は時代の寵児となるのである。

 テキストサイトは隆盛を極めた。

 侍魂は言わずもがな、ちゆちゃんや、斬鉄剣やら、ろじっくぱらだいすやら、テキストサイトが乱立した。
 そんな中で、一つのムーブメントとして起こったのが・・・何かというと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 フォント弄りである。

 

 

 これは、否定派、肯定派、侍魂のフォント弄りをパクって大して面白い記事でもないのに自信満々でフォント弄りして記事書くなよ派など、さまざまな意見を生んで、ぶつかりあった。

 そんな中、READMEという、テキストサイトの序列・・・といったら変だが、まあ閲覧数を順位にしたりするサイトが出てきた。先ごろ、サービスを終了したがな。

 で・・・話がそれた。

 侍魂は、そのテキストの内容よりも、管理人のパーソナリティの方が重視され、彼のアフロヅラ姿はある種のアイドルとして歩き始めていた。

 AVなんかも出た。ちゆAVだが、そこにもチラっと出たりしておった。
 で・・・。

 そんな中、侍魂とのコラボをしたソフトウェア会社があった。

 当時、CDコピーの全盛期である。猫も杓子も、厨房も高校生も、エロゲーをCDRに焼くのが流行していた時期である。いや、ホント。ホントの話。そこでプロジーという会社は、Neroという、当時非常に好まれていたライティングソフトを作っておった会社である。

 私はディスクジャグラー派だったが。

 当時の高校生たちは、SafeDiskをいかに破るかに情熱を燃やしていた気がする・・・。話がそれた。

 で、そんなプロジーが、当時まだあまり世間に知られていなかったタブブラウザを販売したのである。その名が「インターネットサムライ」。侍魂の管理人とのコラボということで、当時話題になった。

 話題にだけはなった。

 私は買った。なぜか買った。よく覚えてないが買った。

 当時流行していた、ダウンローダつきなのである。その名もサムライダウンローダ。

 最近は、光で何でもサクっと落ちてしまうので、IEのダウンローダでも不満なく使える。

 だが、Iriaとか、Irvineやらなんやらといったダウンローダを使ってジワジワダウンロードするのである。
 私も、ラグナロクオンラインのクライアントをIriaを使って、分割ダウンロードとかで数時間かけて落とした記憶がある。

 で、そんなIriaとかIrvineみたいな機能がついておるのである。それがサムライダウンローダ。割と使い勝手が良い。だから、私は好きだったのだが、まあ当然こんな、一発ネタみたいなソフトが流行るはずもなく、プロジーという会社は今は解散して別会社になっておるはずである。

 

 そんなテキストサイトの歴史の墓標とも言えるソフトが、インターネットサムライなのである。
 テキストサイトは廃れていった。

 何故か・・・理由は誰にもわからない。乱立による質の低下を訴えるものも居るが、そうとは思わない。
 乱立によって、見る側が分散していったのであろう。

 そして一時期問題になった「馴れ合いリンク」である。

 こういったものを通じて、廃れ言った感もある。
 それと、一部の選民によるテキストサイト界の支配・・・変な言い方だが、リードミー上位の一部のテキストサイトの管理人たちは、それぞれに集い酒を酌み交わしたりしつつ親交を深めていた。

 それはある種の新興への排斥とも言える。

 そんな一部が仲良しでくっついてしまっている状況で、面白くない管理人も増えるわけだ。そして廃れていったのかもしれない。

 

 まあとにかく、そんな歴史をふと思い出すソフトであった。
 

 

 

 天の神様

 今何してるんでしょうね・・・当時の時の人たちは。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

一月六日

べいべろん

 テロを受けた。

 昼飯にカレーライスを食っておったところで、さやさやとメッセンジャで話をしていたのだが、どういうワケだか話がウンコの話になったのである。何というテロリズムであろうか。

 平和で落ち着いたおいしい昼食の時間を恐怖のどん底に叩き落された!と、思う人もいるかもしれないが、私はそんなのメゲない子なので平気でカレーを食った。

 カレー食ってるときにウンコの話されても、もんじゃ食ってるときにゲロの話されても、ハンバーグ食ってるときに馬糞の話をされても・・・私は基本的には大丈夫である。

 

 ちなみに、さやさやが・・・しまむらってそんなに良いのか!って事で、家の近くにあったらしく行ったらしい。田舎認定。
 人のこと言えぬのだがな・・・。

 私も田舎認定である。

 

 まあ、それはそうと今年もいよいよ、あすから普通に始まるわけである。
 

 正月休みもおしまいである。
 「働きたくないでござる!」とか、言っても手遅れである。

 明日からまた馬車馬のように働きたまえ。

 受験生どもはセンター試験におびえたまえ。

 学生はとりあえず遊んでおきなさい。バカ丸出しで遊ぶのも学生の本分である。

 

 まあ、それはそうと・・・私も明日から大聖堂で働くので寝る!さらばである。

 

 天の神様

 韓国が近づいてきた。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

一月三日

アサシン

 豊橋帰宅!

 ああ、愛しのページミル。

 こんなことも!

こんなことも!

 こんなこともできる!

 

 まあ、当たり前といえば、当たり前なのだがな・・・。別に、行の左右寄せなんか、タグでも普通にできるし、昔は素手で脳内で色々考えながらテーブルタグをポチポチ打っておったのだから、屁でもない。

 が、やっぱり楽を覚えると離れられなくなるもので、このページミルの使い勝手はステキである。

 いまどき、ページミル使ってる人なんて、私くらいであろうがな。

 さて、それはそうと、ROで鯖統合が議論されておるようである。
 確かに、見るも無残な過疎サーバが見受けられる現状、統合もやむなしと思える。しかし統合する事はある種、ガンホーがROの衰退を自ら認めることでもあると思う。サーバの間引きとは、そういう意味を持つ。

 確かに、5千人前後のキャパシティがあると思われるサーバを使いながら1000人に満たないような状況のサーバが複数あるというのは、コスト的な面から鑑みても非常によろしくない。

 とはいえ、統合するとなると問題なのはキャラクタ名である。

 

 あーじゃない、こーじゃないと、喧々囂々の議論が繰り広げられておるわけだが・・・実に簡単な解決方法があると思うのだ。非常にシンプルな回答である。
 そして、弊害も比較的少ない上に、システム的にも非常に容易に実装可能である。

 ずばり・・・ウィスパーの廃止。これに尽きる。

 この一つで、名前の重複など大して問題ではなくなる。
 ただし、完全廃止では使いづらいので、一応、ギルドメンバ、パーティメンバ、友達登録してあるキャラのみに対しては、ウィスパー可能にすれば良い。その状態で同名キャラがおったとしても、それぞれギルドウィンドウ、パーティウィンドウ、友達ウィンドウからキャラを選択してウィスパーを飛ばすという方式にすれば良い。名前ではなく、リストからクリックで選ばせれば、キャラクタIDに対してウィスパーを飛ばせるであろう。

 重複など怖くない。

 

 ついでにGvGなどでも「変装できる」という、新たな

 

 で、統合しないサーバでも全面的に同じ仕様にして、名前の重複取得を可能にしてしまえば良い。

 これで、統合における名前の問題は全面解決である。

 RMCなどを使った取引には若干の不便が生まれるが、そこはちゃんと時間指定とかしておけば問題ないであろう。
 というか、ICQ使えICQ。取引といったらICQ。ギルド会話といったらIRC。これ、MMORPG黎明期からの常識である。

 

 というのはウソだが・・・、まあICQ使って取引してるMMOもあるんだし、問題なかろう。

 

 次。製造ランク。テコンランク。
 気にしたら負け。そのうち何とかなる。

 ただ、今までのランカー品がランカー品で無くなる可能性を考慮して、ランカーボーナスがつく順位を二倍まで拡張すれば問題ナシ。

 で、一ヶ月おきくらいに、徐々に徐々にボーナス順位を減らして元に戻していく。

 

 あと砦。
 こればっかりは、どうしようも無いが・・・。もうジャンケンで良いのでは?とか思ってしまうが・・・。

 

 天の神様

 明日、ちょっと二次元の革新を目指します。

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

一月二日

新年明けましておめでとうございますよ

 明日、帰宅予定なので、メモ帳更新も今日でおさらばである。ちょっとうれしい。

 今日は、実家にて「VISTAがあまりにも糞だから、XP買ってきてくれ」という指令を受けて、秋葉原に行ってきた。DSPのホームで12000円。予算として2万もらっておったので、DSPの抱き合わせ購入で、せっかくだからということで、メモリを2Gほど買ってきた。帰宅したら自分のPCをメモリ4Gに換装である。

 まあ、XPだから3Gくらいまでしか上手に使えぬわけだがな・・・。だからといって、VISTAは死んでもイヤ。

 ちなみに、期待していたダンボール肉まんが正月休み中でガッカリ。

 その後、じゃんがら行こうと思ったら、オリコングルメランキングだかで1位とったか何かとかいう話のせいなのか何なのか知らぬが、狂気的な列。

 しかも、並んでいるところに、カップルやら家族連れが多いので、回転率的にはおそらく絶望的。こりゃ、昼時過ぎてから行くか・・・と、思いつつウィンドウショッピングを楽しみ時間をつぶすこと二時間半。三時になっても、減らない列。

 覚悟を決めて並んで食ってきた。よく考えたら・・・早めに切り上げて、原宿店で食えばよかった・・・。

久々に、秋葉原店名物、個人ブースである。あそこ、いろんなものを独占できて好きだ。

 で、いろいろとパーツショップを流してみてきたわけだが、一時期よりも自作熱が復活しておるような気がする。

 一番最悪だったのは、ペンティアム4とDとMが混在していて、どれが高性能なのかわかりづらかった時期。あの頃は、本気で自作パーツショップは廃れておった気がする。

 まあ、時期的にも、動作クロック=性能の時代からそうでない時代への過渡期と、AGPからPCIEへの過渡期が重なって、買い控えムードだったせいもあるだろうが、C2Dの登場で、随分と客足が戻ったように思える。

 

 それから、秋葉原に行く前に行ったのだが・・・実はすごいところに行ってきた。異教の祭典である。

 神田明神参拝。まあ、これだけなら別に良いのだが、どのような儀式が行われておるのかが気になって・・・5千円払って、昇殿参拝とかしてきてしまった。かしこみーかしこみー。

 巫女さんが、明らかにバイト高校生なのだが・・・あと、がんばって働いておるせいだろうが、袖が汚れて茶色くなっておったぞ。汚れ=穢れじゃないけど、汚れてるのはマズいと思う。

 そんなわけで、わたしゃ満ち足りておるので、特に願う事は大して無かったのだが、まあ私に死ぬ予定の日を宣言した子が、ちゃんと生きる楽しみを見つけて生き延びてくれるように、私に自殺を阻止する力をください・・・と、平将門にお願いしてきた。

 で・・・そのあとお神酒を頂いたわけだが、神酒という字を見ると、術ポイントを大回復しそうな気になってしまうのが、ロマサガプレイヤの性である・・・。あ、ロマサガプレイヤのサガって、すごい良い語呂だ。

 そのお神酒だが、バイト女子高生巫女が明らかに注ぐのが下手糞で・・・「あっと」とか言って、私の杯にドバっと入った。おい・・・。

 いいのかい?ドバドバ注いじまって。私はお神酒だって美味しくイケちゃう口の酒飲みなんだよ。・・・・嬉しい量入れてくれるじゃないの。

 というのは冗談で、量が多い上に、そんな良い酒じゃないんだ。匂いが強くてけっこう一気に飲むのは大変だったが・・・辛口だったのが幸いである。

 その後、なんか色々グッズ詰め合わせみたいなものを頂いた。なぜか、お茶漬けの元が入ってるのが気になったが・・・。

 

 さて、ひと段落して家に戻ってきて、トップの写真の更新準備にとりかかった。明日、あるいは明後日完成予定である。明日はムリ臭いけど。

 ちなみに、実はあまり知られていないのだが、私は流行に流されるタイプなので、またまた流行にあわせて髪型まで変えてしまう予定である。

 去年、一昨年あたりは、くちばしピンで髪をアップにするのが流行っておったので、そんな髪型にした。実は、今のトップ写真にするときも、バルーンスカートにしようかどうかけっこう悩んだ・・・のだが、割とすぐに廃れそうな気がしてのでやめておいたのだ。立体感を表現するのが難しすぎて挫折したって言う話もあるがな。

 まあ、見事にバルーンスカートは姿を消したな。去年、いっぱい買っちゃった子は、今どーしてるんだろうか。ざまぁみろである。

 で、今の髪型もいいかげん、廃れてきたので、今年は髪型を改める事にした。

 何にするかは内緒というか何と言うか・・・割と、この髪型をしている場合、つけマツゲなどが必須になるタイプとも言える髪型である。

 さらにせっかく愛知県に住んでおるのだからな・・・愛知県のとある都市の名称のついておる髪形を取り入れてみたりとかしたりしなかったり・・・も、計画している。

 ついでに流行を取り入れて、今年はカラータイツに挑戦である。カラータイツ。今年は、モノトーンやグレーを筆頭に、彩度の低い色で全体をまとめる傾向にあるので、そんな中で紫とかピンクのカラータイツはかなりアクセントになって可愛いので採用である。採用。

 どーしても、この業界・・・まあ、私の場合は絵じゃなくて写真だが、二次元絵描き界隈は、ある種のステロタイプ的な「萌え?」に準拠した服装を追いがちである。たとえば制服だとか、ニーソックスだとか(これは去年大流行してたけど)、メイド服とか、裸ワイシャツだとか・・・いつの頃からか、そっちの方角に疑問を持ってしまったのである。

 なので、去年あたりから、流行を意識しつつ・・・という方向にシフトしてきた。言ってしまえばある種の・・・スイーツ(笑)的な発想だがな。

 世間じゃ、絶対領域なんて言葉がいまだに廃れず流行っておるが、確かにニーソックスも可愛いとは思うのだが、カラータイツの可愛さには今一歩及ばない気がする。ニーソックスは明らかに男ウケ狙いだが、カラータイツは両性から支持される強さを持っておる・・・とか、そんな深い考えがあったり無かったり。

 ただ、最近・・・普段話をする相手がやたらと、ギャルギャルしい連中が多いのである。アイプチで二重にして、付けマツゲ貼って・・・髪を巻いたり盛ったりして・・・。ちょっと、影響されてる可能性もなきにしもあらず。

少なくとも、金髪くらいまでなら「まあ、そんな派手じゃないじゃん」と、思うようになってしまったのは微妙なところである。

 髪を赤く染めてきた子に「金よりは地味で綺麗に染まってるし良いね」とか言えちゃうあたりは少し危機感を持ったほうが良いかもしれない。派手な環境にいると、マヒする。

 

 天の神様

 今年も、みなが平安に過ごせますように、かしこみーかしこみー

 父と子と聖霊の御名に於いて、お祈り申し上げます。

 えいめーん。

元日

謹賀新年

 新年明けましておめでとうございます。

 本年もよろしくお願いします。

 とりあえず、明日は意味も無く秋葉原でも物色して、初売りの様子でも見てこようかと思っておる。鬱袋とかには手を出さぬがな・・・。

 そういえば、鬱袋といえばパンヤが恒例であるが、今年はどうなのだろうか。 レアアイテムで釣りながら、残虐なまでのクソアイテム詰め合わせの鬱袋。早い話が、ガチャの凶悪版である。それを販売して、各 スレで凄惨なまでの戦死報告が飛び込んできたというパンヤの鬱袋である。

 今年もがんばって、鬱鬱しておるのだろうか。

 さて、それはそうと今年度の予想である。どんな年になるか!

 RO2:復活する。これは復活する。あくまで形式的にだが・・・。で、また過疎ったりバグったりBOT天国してみたりと ボロクソになって人々から忘れられていくであろう。

 北斗オンライン:最初だけ流行る。うわらばしてみたり、汚物を消毒してみたり、ネタ的なプレイが新鮮なうちは流行る。だが結局は最終的には、古ぼけたMMOとして消えていく。

 MIXI:今年も炎上多数。炎上に恐れをなして、一般ユーザのMIXI離れが進行。MIXIも体制を維持しようと、いろいろな方向に手を広めるが結果的に複雑化を招いてしまってユーザ離れが進む。つぶれはしないが、影響力は希薄化。

 ニコニコ:なんだかんだでがんばる。著作権云々の問題はあるが、意外とグレーゾーンでのらりくらりやっていけるのが日本の良いところ。

 RO:まだまだ終わらない。海外IP制限→国内からの接続障害が多数→直せませんごめんなさい→接続制限の無期限延期。というスーパーコンボが見える。

 FEZ:私のウォーリアが40レベルまで育って、本業がスカなのかヲリなのか解らなくなって、最終的に新職に落ち着く。新職不具合祭り勃発。

 オリンピック:グダグダ。もう最悪。国家の威信もズタボロ。オリンピック終了後に、台湾近海で大規模な軍事演習とかしそう。

   

 と、いうわけで、天の神様も、父も子も聖霊も、今年もよろしくおねがいします。  えいめん。