シノン開拓民とはなんなのか

2018/5/5

 ロマサガ3のリマスターを控えて、ロマサガ3の話をここぞとばかりに書き続ける。

 さて、主人公たちのうちエレン・サラ・ユリアン・トーマスの4人もの比率を占めるシノンの開拓民とはなんなのか・・・。

 そもそも、彼らはシノンの生活に未練は無いようだったので、ユリアン・エレン・サラについては、「開拓民の子」と捉えるべきであろう。

 つまり、自らそこの開拓に赴いた者ではないということである。

 特に、彼らはその環境に飽き飽きしている節があり、ストーリー中でもシノンに戻ることはできない。

 トーマスについてだが、彼の家は資産家であり、ピドナを拠点にしている事がうかがえる。

 これらのことから、トーマスは3人とは立場が違う事が考えられる。
 彼は産業資本家層の人間である。

 このことから、トーマスに関しては、シノン地域の寄生地主のような形で、シノンの開拓についても、ベント家(トーマスの家)による、荘園開発でもあるのではないだろうか。

 となると、トーマスの立場は何だろうか。
 他の3人のリーダー的立場である。このリーダー的立場というのが曲者である。本来であれば、産業資本家層である彼が、シノンで生活して開拓に精を出す必要はない。

 そう、彼の本来与えられている任務は「代官」としての任務かもしれない。

 つまり、巧みに、シノンの開拓民の人間関係の中に入り込んで、彼らをコントロールしている。小作人たちに自らの不利な立場を気づかせないためのコントロール役なのである。

 となれば、サラをやたら手懐けているのも頷ける。
 いざとなれば、カーソン姉妹の間において、離間の計によって団結を割く事ができるのである。

 しかしながら、彼はそうした役割を嫌っていたかもしれない。

 だからこそ、ゴドウィンの反乱により、皆が新たな道を歩き出したのを機に、シノンを離れて自らも好き勝手に生き始めたのかもしれない。

 

 と、勝手にベント家をネタに妄想をしてしまった。
 私はトーマスは好きであって、特に悪意は無いのであしからず。

 

 ちなみに、トーマスでプレイするなら、個人的に、トーマス タチアナ フルブライト ミューズ モニカみたいな、高貴な家系パーティとか組んでみたい気がする。

 

 天の神様
 トーマスといえば、トレードです!
 リマスター版でも、トレードがあのすばらしさのままでありますよう、

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

ガンダムゲーはクソゲーの法則

2018/5/4

 バンナムの出すガンダムゲーはもれなくクソゲーという定説が論じられ始めたのは、いつの頃からだろうか。

 おそらく、PS3が出た時期くらいから、そのような定説がささやかれ始めたと記憶している。
 ちなみに、この理論はさらに悪化している。

 クラクラが流行ったと思ったら・・・まるパクりで、課金要素と課金無双を強化した感じの、ガンジオを出す。

 クラロワが流行ったと思ったら・・・まるパクりで、即応戦線を出す。

 

 間違いなく、偉い人が「最近流行ってるアレみたいの作ってよ」と言ってる系のやつである。

 ジオニックフロントとか、コロニーの落ちた地でとか、名作が多かった時期もあるのに、今やガンダムゲーはクソゲーの見本市状態である。

 コロ落ちなんかは、「ガンダムに乗れないガンダムゲー」で、逆にここが評価が高かった。
 ワンオフ機であり、一般人が触れられるようなMSではないという設定を守った結果である。

 逆に、ガンダムを安売りすると失敗する傾向にあるのかもしれない。

 

 個人的には、ガンダムオンラインも、ワンオフ機を出して、お祭りゲーに路線変更するまでは、割と好きだったのである。現在は、ZZガンダムはジ・Oが乱れ飛ぶ凄い戦場になっている。

 

 特に、宇宙世紀ものの根底には「戦争をめぐる人類の罪業」みたいな思いテーマが流れている為、ガンダムだらけのお祭り状態の世界観では興ざめしてしまう。

 量産型MSを支給されて戦うような、質実剛健なガンダムゲーの方が、評価が高いのは、ガンダムが好きというより、ガンダムの世界観を大事に思っているユーザが多いからであろう。

 

 以上のことから、ガンダムゲーとして理想的なのは、
 量産機メイン。
 ワンオフ機はプレイヤは使えない。

 ここらへんを守っているものである。
 ガンダムオンラインは、一度色々見直して、競技性を高めたクラシックサーバとか作ってもらいたいものである。

 ジム・ガンタンク・ガンキャノン・ジムスナ VS ザク・グフ・ドム こんな構図で良いのである。

 実弾が飛び交い、ザクやジムが死屍累々と積み重なる戦場が懐かしい。

 

 天の神様

 ガンダムを大事にするガンダムゲーが、また増えますよう、父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

ジェィタイの帰還

2018/5/2

 安倍首相は憲法に自衛隊についての内容を明記しようとしている。

 一方、野党はこれを阻止しようとしている。

 阻止する理由を考えるのがなかなか難しいところである。
 そもそも、我が国は法治国家であり、天皇陛下を戴く立憲君主制の国家である。

 で、あるならば・・・自衛隊ほどの力を有する組織の位置づけが憲法において明文化されていないというのは、一刻も早く是正しなければならない異常事態のはずである。

 日本においては憲法導入の歴史が違う為、そういう意識が薄い点はあるが「憲法は国王の権力を制限するためのもの」である。

 天皇陛下が親政を敷けないのは、当然であるが憲法においてその旨が書かれているからである。

 それくらい大事なものが憲法なのに、そこに位置づけが書かれていないなんて、普通であれば許せないはずである。

 

 明治憲法の頃の「護憲派」というと、立憲政治を守ろうとした、民主主義の為に戦った人々の事を指すが、現在の「護憲派」という言葉は、憲法の字面を一言一句変えさせないという、ただの意地みたいな、何の利益ももたらさない連中の事を指す。

 

 同じ言葉なのに、ここまで内容が変わっておる単語というのも珍しいものである。

 逆に、護憲派とか名乗らないでいただきたいものである。
 誤憲派とか、護字派とか、そんなんで良いのではないだろうか。

 

 自衛隊について明記するな!という事は、じゃあどうするんだ?というところである。ふんわりとした存在のまま、深く考えないでおこうという事であろうか。

 

 実際には「違憲だから解散すべき」とか「災害救助以外やってはいけない組織にしろ」とか、言いたいところだが、それを大声で言うといろんなところから叩かれるので、ふんわりにしておきたいのであろう。

 

 本来であれば、明記するという方向は歓迎で「どう明記するか」で戦うべきところである。
 それができないのは、彼らが求めている明記したい内容が、到底世間の理解を得られないものだからであろう。

 

 とりあえずヤダヤダ言ったり、審議拒否という「単なる欠勤」をしている連中を、国民は見過ごしてはいけない。
 審議拒否とかかっこつけてないで「欠勤」と表現するべきである。「欠勤」。

 

 天の神様

 欠勤議員に次がありませんよう、父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

 

タチアナ・ラザイエフの文学性

2018/05/02

 ロマサガ3における重要人物。タチアナである。

 彼女について考えたい。

 何度も言っているが、私がロマサガ3のなかで一番好きなキャラである。
 家出少女である彼女は、出会うたびに名前を変える。

 そして、リブロフに近づくと「この町キライ!」とか言ってパーティから抜けてしまう。

 リブロフでラザイエフ家に行くと、末娘のタチアナが家出をしている事を知ることはできるが、それだけなのである。ストーリー上、明確に彼女がタチアナだと語られることは無い。

 状況証拠が語っているだけで、実はタチアナではないかもしれない。

 

 このゲームには、時間の関係ではしょられたのか何なのか、タチアナを語るストーリーはそれ以上、どこにも無いのである。

 ミューズについてもそうなのであるが、語られない部分の多さが、名作として、ロマサガ3を昇華させていたようにも思える。ミロのビーナスのように。

 

 さて、ストーリー中において、彼女がラザイエフ家に戻ることは無いし、彼女の家を取り巻く環境が何か改善するという事もない。

 だが、彼女は懸命に共に戦っているのである。
 世界の危機に瀕して、家を捨て、街を捨てた彼女が、その街や家を内包する「世界」を救うために「怖いけど戦う」のである。

 このキャラだけ、大きく一線を画しているのである。

 彼女の世界は何も解決していない。
 家族の事、自分の先行きの事、家のこと、そこに渦巻く解決しがたい自分の感情。

 だが、彼女はその中にあって、破壊するものに立ち向かうのである。

 

 プレイヤーは思い描く。
 世界を救ったのち、彼女はラザイエフの家に戻るのか。あるいは戻らないのか。そして、彼女自身の境遇にいかにして決着をつけるのか。

 

 普通のゲームであれば、事の原因をたどり、和解するイベントがあって、親と分かりあって、「でも、今は彼らと旅に出たい!」とか言って、家族もそれを応援してなごやかに旅が続くところである。

 おそらく、ロマサガ3のキャラのなかで、最も語られるエピソードが無いキャラのひとりでもある。

 だからこそ、タチアナはあんなにも魅力的なのである。
 ちなみに、毎回街で避けるのが面倒くさいと思っているプレイヤも少なくないのであるが、思い切って一度仲間にしてみてほしい。

 固定装備クマちゃんも良い味を出している。

 着の身着のまま家出してきた彼女が、唯一手にしてきたのが「クマちゃん」なのである。
 幼き日から、苦楽を共にしてきた存在だったのだろう。

 家出、放浪という過酷な選択の中にあって、本来であれば、何の役にも立たないであろうクマちゃん。

 だが、このクマちゃんが、どれほどタチアナの支えになったかと思うだけで、多くの物語を思い描くことができる。幼き頃、幸せで笑顔があふれていた家族との日々。そんな思い出を見守ってきたクマ。

 そんなクマちゃんとともに、御しえぬ感情を抱え、彼女は破壊するものに挑むのである。怖いけど戦うのである。

 ぜひ、タチアナをもっと使ってもらいたいものである。

 リマスター版では、真っ先に仲間にしてほしい。

 

 天の神様
 「ちょっとこわいよ・・・でも戦う」なんていう彼女なりの決意の言葉が素敵でした。
 リマスター版で、彼女が壊されることがないよう

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 

 えいめん!

〇〇RPGの限界

2018/05/01

 パズドラ以降、爆発的に増えたジャンルに「〇〇RPG」がある。

 パズドラはパズルだが、パズルだったり、何らかのカードだったり、クイズだったりという、トリガーとなる行動のクオリティに比して攻撃に倍率がかかって敵に殴りかかるタイプのゲームである。

 一時期私も、クイズ好きなので黒猫をやっていたのだが、この手のゲームには一つ欠点がある。
 それが「最良手を選んでいって負ける」というものである。

 ゲームである以上、キャラが育っていなければ戦闘で負けるのは当たり前の事である。
 たとえば、グラブルみたいなRPGで、ボスに負けても「ああ、装備もキャラも育ってないしな」と、あきらめがつく。

 が!

 黒猫だとなぜかこれが、我慢ならなかった。
 「なんで全問正解しとんのに、負けなあかんねん!ナメくさるのもたいがいにせぇや!」と、なるのである。

 パズルならまだ、落ちコンとかのせいにできるのだが、クイズだとそうはいかない。
 ここらへんが納得いかなくて、私は黒猫をプレイすることを、ある日突然やめた。本当に突然だった。

 

 不思議な所である。
 キャラが揃っていなかったし、客観的に見て、仕方ない敗北なのだが、トリガーとなる行動が「クイズである」というだけで「全問正解なのに!?」と理不尽さを感じてしまう。

 〇〇RPGというのは、ここらへんの危険性を孕んでいる。

 そういう意味では、純粋に戦闘に特化したグラブルは先見の明があったと言えるかもしれない。灯台下暗しという方が正しいであろうか。

 ちなみに〇〇RPGという時、RPGという単語は「ターン制コマンドバトルを採用しているステレオタイプ的なJRPGの戦闘部分」の略で「RPG」である。間違いない。

 パーティ全員ガチャキャラ美少女でロールプレイもへったくれも無いゲームでも、〇〇RPGであるのは、きっとそういう理由である。

 ちなみに一つ思いついた新〇〇RPGがある。

 「RPGRPG」という、〇〇RPGへのアンチテーゼのようなジャンルはどうだろうか。

 パズルRPGのパズルが表示されている部分にコマンド制RPGのバトル画面があって、そこでのバトルの結果を評価して、倍率がかかった攻撃を、上の画面のキャラがするという・・・。 

 天の神様

 何かまた画期的な〇〇RPGが出てきますよう、父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

 

JKを家に

2018/04/30

 TOKIOの山口勃也が淫行容疑で話題になっている。

 同じジャニーズでも、だれも居ない公園で全裸ででんぐり返しをしていただけの草薙くんが、どれほど善良な人物だったかと思い出された。

 

 そんな男の家にホイホイついていった女子高生を批判している連中もいるが、基本的には、男が悪いのである。

 

 それに、基本的には「捕まるのはたいてい、累犯者」である。
 世の中、初犯で露見している犯罪者なんて、ごくわずかで、たいていは犯罪を重ねていくうちに露見するというパターンである。
 彼もおそらく、余罪がゴロゴロあるのであろう。

 

 ダッシュ島で男5人、なにもおきないはずがなく・・・的にイチャイチャ楽しく開拓してるのを見て、ほほえましいゆるホモ具合を楽しんでいたが、普通にただのエロオヤジだったというわけである。

 

 女が悪いという連中は、何かしら「女性に対するコンプレックス」があるか「若い女に対する嫉妬心がある」のどちらかのパターンが多い。

 前者は男性、後者は女性である。

 

 女性解放の成果として、女性が出歩いたり、誰かのところに行ったりという自由を勝ち得たにも拘わらず、貞操観念の部分において「襲われるのは気のゆるみ」的な、前近代的な発想が残っている為、このような論調になってしまいがちである。

 襲われたのは気のゆるみでも何でもなく、信頼関係の悪用に他ならないはずである。

 こういうオス豚(久々にこの言葉使った・・・ていうか思い出した)は、どうせまた同じことをやらかすので、TOKIOから切り離すというリーダーの判断は立派であると思う。

 

 ところで、全然関係ないのだが・・・
 初代ときメモで、古式ゆかりと植物園にデートにいくと食虫植物を見て「お父様が男はみんな食虫植物みたいな事を言っていた」的な話をしたような気がする。

 そんな誰も覚えていないような話題で今日は締めくくりたいと思う。

 というか、今日は昼間から、三ちゃん食堂というところで昼飲みしていたので頭が回っていない・・・

 

 天の神様

 被害にあう女性が減りますよう

 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

 

ドラゴンボールが金になる

2018/04/29

 ドラゴンボールが金になるという事を発見した点において、ドラゴンボールコラボという企画をやったパズドラの功績は捨て置くことができないものであろう。

 かつて、ガンホーは明らかにオッサン層を狙って「北斗オンライン」をやって失敗している。

 しかしながら、同じオッサン層を狙ったとき、短時間でプレイできるソシャゲというのは、比較的有効だった。

 

 一般的な萌えオタからすると、ドラゴンボールコラボガチャの魅力はサッパリ分からない。
 孫悟空のたくましい胸筋よりは、たゆんたゆんの可愛い子のおっぱいを装備した売女のような恰好をしたSSRレアキャラが必要であるというのは、作り手側からしても当たり前の意識だったはずだ。

 だが、実は静かにプレイを続けていたオッサン達の心は惹きつけられた。

 ドラゴンボールコラボは大成功となる。

 

 そして、この成功により「ドラゴンボールは金になる」ということが分かったのであろう。
 ドッカンテーブルで有名なアレだけではなく、他にもドラゴンボールのゲームが出てきている。

 

 昔からのゲーマーにしてみると「原作が漫画のゲームは9割がたクソゲー」というイメージがどうしてもある。
 ただそれは、コンシューマの話であり、ソシャゲには大いに向いていたようである。

 

 電車の中でドッカンとかやってる人を観察していると、設定したであろう顧客のペルソナがなんとなく見えてきた。

 30台後半~50台

 MMOをやる時間は無い。
 ゲームは好き。
 でも新しい事にチャレンジする気力があまりない。(日本社会における仕事のストレスの闇!)
 金はまあまあある。
 →短時間で気軽にできて、知ってるキャラで安心なもの。

 

 まさにぴったりである。

 

 今雨後の筍のように、オッサン向けっぽいものが出てきつつある。

 

 なんだか、ジャンプ系ゲームというと、ファミコンジャンプみたいな壮絶なクソゲーを想起させられるところだが、頑張ってほしいものである。

 

 天の神様

 オッサンたちを奪い合うゲーム業界に幸多かれと
 父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 

 えいめん!

爆死マギア

2018/4/28

 クロノマギアという、ガンホーの当たらなそうなカードゲームが、やっぱり当たらずに大爆死。お通夜状態になっている。
 様子を見て、面白そうならプレイしてみようかと思っていたが、スルー安定である。

 爆死の原因は、色々あるだろうが・・・そもそものパック配布の渋さと、パックの高さと、その他もろもろ・・・

 ググると色々出てくると思うが、
 チュートリアルクリアでもらえるのが1パック。
 1パックが高い&枚数少ない。
 デジタルTCGで当たり前の、分解・生成のレートが異常にキツい上に、生成用の粉が属性別。
 マスターがアンロック要素。しかもアンロックに粉を使う。

 

 当たる要素が皆無である。
 仮に1~2万課金しても、マトモなデッキは組めないというのが大方の見方である。

 もっとも、TCGにおいて、たとえば「パララクス補充」みたいな超絶金満デッキが存在し、そこに金を投じる人が居るのは事実である。 

 だが、大部分はカジュアルプレイヤであるし、トーナメントレベルのプレイヤであっても、そこまでの金満デッキを組むとは限らないわけである。

 

 それが・・・始まったばかりのデジタルTCGが、そこまで強気な価格設定。
 先輩ゲーム達を見て、何を考え、何を学んだのか謎である。

 

 だが、逆に考えてほしい!

 ひょっとしたら、逆転の発想なのかもしれない。

 TCGを始めたころ、お互いにメタゲームとか解らず、そもそも強いデッキレシピも知らないし、カード資産もなく、一生懸命考えて組んだデッキ同士で、友達と対戦した事があるだろうか?
 色が足りなくて、無理くり基本土地で2色とか。

 たまたま手に入れたフィニッシャー級の強力ファッティを使いたくて、タッチカラーを入れるとか。

 この上なく楽しい体験ではないだろうか。

 だが、普通これは長く続かない。
 少しずつカード資産も知識も増えて、テンプレデッキを組めるようになり、それを回すようになってくると、この時代は終わりである。

 あの頃の楽しさがずっと続けば・・・

 

 そう、クロノマギアならね。

 

 という事ではないだろうか。マトモに数万課金した程度では、デッキが組めないようにしておけば、皆ありあわせの自前カードで工夫したカジュアルデッキで戦う環境にできる。

 そういう事なのではないだろうか。

 デッキのテンプレートがあり、メタゲームがあり、それにのっとってデッキビルドするという当たり前の常識。これが違うのである。

 何もかも無いなかで、ありあわせで作ったデッキで戦う楽しさを提供しよう!

 e-sportsなんかとは対極を行く、地元の友達との初心者同士対戦を目指したゲームなのかもしれない。

 

 天の神様

 ガンホーサイコーマンクルポであります。
 これからも、マンクルポなゲームを出していきますよう、父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 

 えいめん!

グラブル-ロマサガコラボの可能性

2018/04/27

 まずはこれを見ていただきたい。

 グラブルの公式漫画「ぐらぶるっ」の最新1036話からの引用である。

 

 この「ぐらぶるっ」という漫画は、単なるギャグ漫画ではなく「その後を予言する要素」があると言われている。たとえば、ここで突然、取り上げられたキャラが、次のガチャで別verで新規実装されることが多いといった具合である。

 で、上記の三すくみである。

 

 

 イルカ像を取りに行ったときのこいつらである。
 三すくみによって、互いに動けない状態になっているのが特徴的な彼らであるが、本来その動けない状態を利用して均等に倒していくべきところだが、割とフォルネウスに挑むころには戦力が相当上がっており、力でねじふせられる事が多い。

 個人的なイメージだが、アラケス→アウナス→ビューネイ→フォルネウスのイメージがある。
 アウナスが先派も多いと聞き及んでいるが、前提イベントの面倒くささや、魚鱗の鎧を用意しないといけないハードルから、フォルネウスは後回しのイメージがある。

 

 と、話がそれたが・・・

 この漫画は「ロマサガコラボ」の可能性を示唆しているのではなかろうか。
 ちょうど、ロマサガ2の舞台化もあるし、3のリマスターもある。時期としては今なのである。

 ただ、問題は彼らには「ボイスがない」という事であるが・・・。良く知らないが、インペリアルサガはどうなんだろう。そっちで声があるなら、そっちの声優を使えるので、アリかもしれない。

 

 敵がビューネイで、手に入る召喚石がSSRグウェイン。召喚時の攻撃は「ツインスパイク」。SSRモニカとユリアン配布でどうだろうか。
 武器は火SSRで竜槍スマウグ 奥義はもちろんラウンドスライサー。と、
 風SSRで七星剣 奥義はもちろんスターバースト→ストリーム(サラーサ的なモードチェンジ)

 と、今のうちに妄想垂れ流しで予言してみる。

 

 まだ、あまりロマサガコラボの可能性と気づいている人が少ないので、自称一番乗りである。

 後から当たったらドヤ顔しまくってやるつもりである。
 外れたらそっとしておこう。この記事は。

 

 天の神様
 ロマサガコラボが来ますよう

 今日に限っては、死蝕と子と聖王の御名においてお祈り申し上げます。

 えいめん!

アピールポイント

2018/04/26

 競合他社がいる環境においては、自社のサービスを明確に差別化して、特徴として売り出していくことが必要である。誰でもわかっていることだ。

 

 

 やたらと禁煙アピールの強い「碁」

 仕事で行った二俣川での発見である。

 

 

 禁煙アピールが非常に強力である。
 碁よりも上に、しかも「赤」で禁煙。相当に禁煙アピールをしたいのは間違いない。

 

 ひょっとすると「禁煙」という店名の可能性すら考えさせられる看板である。

 

 しかしながらだ、この看板と支柱の年季の入り方は、なかなかの古さである。
 という事を考えると、この看板ができたころは、喫煙人口が非常に多く、碁会所とかも一般的なところは灰皿があって、ヒマをもてあましたジジイがタバコを吸いながら世間話をしつつ碁に興じる空間だったと想像できる。

 そんな中で、開明的な思想の持ち主である店主は、嫌煙時代がやってくることを予見し「禁煙」を前面に出して、子供でも通いやすい健全な碁会所を作ったのではなかろうか・・・と、全部想像である。

 

 喫煙が当たり前の時代に、タバコ嫌いの店主は碁会所を営む。禁煙の店づくりをしたものの、やってくる客は口々に問う。「マスター、灰皿ないの?」

 「すみません、うち禁煙なんすよ」

 「ちっ!禁煙?気取りやがって」

 毒づきながら対局を放棄して店を後にする利用客。
 温厚なマスターはニコニコしながらも、心の中で、喫煙者たちへの怒りを募らせていく。
 そして彼は決意した。

 「こんな看板で、ほんとにいいんですか?」
 看板屋の主人は、怪訝そうに問いかけた。

 「構わんよ…私がアピールしたい事は、その2点だけなんだ」

 「そっすか・・・」
 施工を終えた看板屋は、上を見上げた後、思い出したようにポケットから煙草を取り出して、口にくわえるとライターで火をつけ、一仕事片づけた後の至福の一服に目を細めた。

 「ゴホッゴホッ!す、すまんがタバコは」

 「あ、あぁ・・・そうかそうか。すまないね」

 看板屋は慌ててタバコを地面に投げ捨てると、足で踏みつけて火を消した。

 そんな二人を、禁煙 碁 と掛かれた看板が、そっと見下ろしていた。
 この二文字が、囲碁人口減少の受難の時代を救う道しるべになるとは、この時誰も思いもしなかった。

 

 という想像をすることができる。素敵な看板である。

 こういう看板はこれからも大事にされていってもらいたいものである。

 

 天の神様

 シンプルで面白い看板が、これからも見つかりますよう、父と子と聖霊の御名においてお祈り申し上げます。

 

 えいめん!