枕かへしの見る夢

キャラクター紹介・世界観紹介

世界観及び、前作(RE収録)までのあらすじ。

バフォメット達魔族との戦いは、六英傑と呼ばれる冒険者達が、闇のエンペリウムを破壊し、彼らの地上での力の源を断った事により完全に終結した。

それから3年。世界からは魔法の発動に使われる精が徐々に失われ、魔法はごく一部の人間のみが、かろうじて極小の威力で発動できるのみとなった。魔法に代わり、科学の時代が訪れる中、民主化の気運は高まり、プロンテラに革命が訪れる。

旧弊的な善悪の概念に縛られた冒険者達は、世界の変化に対応できず、あるものは死に、あるものは国を去り、冒険者という種類の人間そのものがほぼ消えうせた。

そんな中、革命勢力と教会との関係は悪化し、悲惨な事件が巻き起こったが、レイホウ達の尽力により事件は解決をみた。

それからさらに一年後。革命はさらに進展し、ルーンミドガズ王国は王国ではなく、帝国として歩み始めた。

皇帝は今までの制度を打ち破り、中央銀行の設置や、文化、芸術、学術の育成に努め、プロンテラの街は再び栄華を取り戻しつつあった。
また、世界から精は完全に失われ、何人たりとも魔法を発動することは出来なくなった。これにより、本格的な科学の時代が始まる。

そして、革命中に悪化した国家と教会の関係の回復のため、皇帝との間に宗教協約(コンコルダート)が結ばれ、再び教会はその地位を取り戻した。

宗教協約を取り付け、プロンテラにレイホウが帰着した所から物語は始まる。

人物紹介

レイホウ:23歳

特に昇進などもせず、プロンテラ司教座の大司教を続けている。魔法の衰退に伴う科学技術の発展に、鈍器の限界を感じ、まいにちあゆみに特注した拳銃を使用している。大司教の服自体は、何度もマイナーチェンジをして多少変わっている。

魔法はもはや完全に使うことは出来ず、その穴を補うべく、拳銃を二挺使った特殊な格闘術を習得している。
ATKが120%上がったり、DEFが63%向上したりするらしい。好きな色は赤。下着は基本的に赤。でも嫌いな思想は赤。

23歳になって若干髪型を変え、ちょっとシャープになった(?)

宗教協約に出席したのは教皇だったが、万が一に備えて、護衛がつとまり、なおかつその場に相応しい地位にいる者として随伴することになったが、その場で偶然にフォルミスと居合わせる。

画像準備ちう

フォルミス・ツチミカド・ルッセリア:25歳

アマツの名門である土御門家の出身のセージ。一年前は、外科的に体にエンペリウムの欠片を埋め込むことで強力な魔法を発動させていたが、今ではそれでも魔法は発動しない。
数学・天文学から文学・芸術に至るまで、多方面に深い造詣をもつ、まさに「賢者」。六英傑の一人。教科書にも載っている。

同じく六英傑の一人である、まいにちあゆみとは親友で、二人が話し始めると、常人の理解を超えた話を延々と続ける事となる。

国家が全く一新されたことに伴い、これまでにアマツとルーンミドガズ王国で締結されていた各種の条約が、今後帝国との間でも維持されるという条約の締結のため訪れた。 

補足トリビア
土御門家:アマツの名門の家系。天文博士の地位にあり、国の祭祀から政局まで、さまざまな場面で卜占や方位術によって活躍している。実在する。

その他の人々:(現在登場分)

-マルチェリノ修道院の人々-
フェリクス司教:聖・マルチェリノ修道院修道院長。エウフラシアの育ての父。
トゥリビオ司教補:聖・マルチェリノ修道院副修道院長。
マルコ司祭:聖・マルチェリノ修道院修道士。
エウフラシア:聖・マルチェリノ修道院修道女。フェリクスの娘。
ジゲムント:聖・マルチェリノ修道院居候。

-ロージアン家-
モーリス・ロージアン:イロリナの兄。元はプロンテラ騎士団所属の生粋の騎士。甘党。
イロリナ・ロージアン:モーリス・ロージアンの妹。非常に賢い。革命で父と親友を失っている。紅茶はストレート派。
ガートルード:前作で不幸にも名前の無かったメイド。今回名前がついた。
セルバンテス:同じく不幸にも名前の無かった執事。今回名前がついた。
トリストラム・ホールグレン:モーリスの古くからの親友。自殺したホールグレンの息子。いわゆるホールグレンjr腕は父親より遥かに良い。精錬より、作刀を生業としている。紅茶は良し悪しが解るほど飲みなれていない。

-光輝の会-
フランチェスカ・ザベリオ:強烈ともいえる託宣をする新興宗教のトップ。
アリスティア・レストナック:光輝の会の助祭。

ヴィクター・ホールグレン:トリストラムの弟。装具職人。

-その他の人々-
まいにちあゆみ:今回は名前が出てくるだけ。レイホウ以外の唯一の実在キャラ。天才。